年の瀬に嬉しい出来事があった

  • 2017.12.30 Saturday
  • 00:37

今日は私達夫婦がちょっと関わった保護犬のヨーキーちゃんのお見合い日。

 

一度もあったことのないヨーキーちゃんなのに、私は気になって仕方がありません。

 

夕方にはお見合いも終わっているだろうと思って保護ママさんにどんな具合だったかメールで問い合わせをしました。

 

すると、里親さん候補の母娘に抱っこされたヨーキーちゃんの写真が。

 

IMG_7827.JPG

 

特にずっとワンコが欲しかったというお母さんは満面の笑み。

 

もう、公園でお散歩している写真もありました。

 

IMG_7828.JPG

 

お見合いは完璧な成功だった様です。

 

我が家でサンちゃんとお見合いをした時、トライアルに迎えた時は不安でいっぱいだったけど、当事者ではない今回はとにかく嬉しいだけ。

 

年間15万頭も殺処分されている中でたった1匹の命が助かっただけだけど、その1匹の小さい命が助かったことがもの凄く嬉しかった。

 

そして、可愛い保護犬を迎えることになるだろう里親さん候補の家族には、我が家と同様の笑いが増えるだろうことも嬉しかった。

 

トライアル期間は2週間あって、その間になにかあれば里親縁組も無しになる可能性はあるけど、家族の笑顔を写真で見る限りは絶対に大丈夫だろうと思います。

 

 

他方で、きっと今日も保護ママさんはヨーキーちゃんと涙のお別れだったんだろうなあ。

 

私にはつい10日前の、サンちゃんの預かりママさんの涙が忘れられません。

 

このヨーキーちゃんが発見された時は1歳にも関わらず体重は1.8キロとガリガリ。

 

そんな子を愛護センターからレスキューし、栄養のあるご飯を与えて体力を回復させ、噛み癖を直し、シャンプーして、トリミングに連れて行ってくれた保護ママさん。

 

この子の場合は、レスキュー後10日余りだけの保護だったけど、1日でも一緒に暮らせば可愛くて可愛くて我が子同然のはず。

 

それでも次の命を繋ぐためには、保護しているワンコをどんどん里親に出さなくてはなりません。

 

私にはとってもできないことです。

 

 

その保護ママさんのところには、まだ里親さんが決まっていない子が1匹。

 

8歳のパピヨン君だそうです。

 

 

パピヨンはあまり市場に流通しておらず、保護犬としても珍しい犬種だからすぐにでも里親さんが決まると思っていたのに、2週間経ってもまだ決まっていないそう。

 

誰もが年末の忙しい時期だから保護犬を探している人も少ないのかもしれません。

 

ご興味のある方は、↓のサイトでご覧いただければと思います。

http://www.pet-home.jp/dogs/aichi/pn192633/

 

私にコメント欄でお問い合わせいただいても構いません。

 

高齢者も応募可だそうです。

 

 

来年は戌年。

 

可愛い保護犬を迎えて楽しいワンダフルライフを送ることをご検討いただいたら如何でしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

アホババアに会って久しぶりにイラっとした

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 23:56

歳をとってからめっきり大人しくなった私だけど、今日は久しぶりに実際の人間に腹が立ちました。

 

公園に愛犬たちを連れて散歩に行くと、前方からポメとチワワをノーリードで連れたおばはん。

 

もちろんノーリードは県の条例で禁止されているし、公園のあちこちにその旨が書いてある立て看板があります。

 

そのおばはんのワンコがなんと愛犬たちに近づいて来て、びびりのキュート君は逃げようとします。

 

ところがそのババアは私の顔を見て会釈するではありませんか!

 

「ノーリードはダメですよ」

 

と注意すると、そのババアは、

 

「うちの子は絶対大丈夫」

 

「ワンコは自由にさせてやらなくちゃ」

 

「ノーリード禁止なんて、ワンコを知らない人が作ったルール」

 

とほざきます。

 

久しぶりにこのババアに猛烈に腹が立ちました。

 

実際に、1年ほど前に愛犬はノーリードのワンコに襲われてリードを引きちぎって逃げて道路に飛び出しクルマに轢かれそうになったことがありました。

 

その時以外にも首を噛まれそうになったこともあるし、びっくりして私がよろけそうなくらいの力で逃げようとしたこともあります。

 

このババアはそんなことも分からない、無責任で自分勝手なバカ女。

 

「警察に通報しますよ」

 

と言うと、不満そうな顔をして私の元を立ち去りました。

 

この公園には時々そんなアホがいます。

 

殆どが女性です。

 

そして女という生き物は往々にして今日のババアの様に社会常識のない奴が多い。

 

 

その公園からの帰り道では、見通しの悪い駐車場から勢いよくBMWが歩道に飛び出していきました。

 

それは私の目の前、2m程先のところ。

 

顔を見るとやはり女。

 

 

女性のすべてがそうだとは言わないし、男にも頭のおかしい奴が沢山いるけど、今日の様に二度もバカ女に出くわすと女と言う生き物が嫌いになります。

 

 

今日は月に一度の糖尿病の定期検診日。

 

HbA1cは先月より0.1改善の6.5。

 

寒さであまりお散歩に行けなかったけど、その代わりに家の中でダンベル体操をしていたのが奏功したのでしょうか。

 

血圧も、116−62とここ20年ほどで最善の値。

 

上下変動のある血圧だから油断はできないけど、それにしても自宅で血圧を測って116という数値なんか一度も見たことがありません。

 

ここ1年はだいたい125-75前後だったのに、上下ともこんな数値になったのは初めてです。

 

10年ほど前は、何度測っても135〜170の幅だったのと比べると、明らかに改善しています。

 

主治医からも褒めてもらって嬉しかった。

 

 

今日は保護ママさん宅のヨーキーちゃんがトリミングに行く日だと聞いていたのでSNSを楽しみにしていました。

 

夕方更新されたSNSには、とんでもなく可愛くなったヨーキーちゃんの写真が掲載されていました。

 

IMG_7815.JPG

 

コメントも沢山あって、いずれも「キャー可愛い」「お見合い成功間違いなし」というもの。

 

保護ママさんのレスキューの経緯を聞いていただけに、一度も会っていないヨーキーちゃんだけど、なんだかとっても嬉しい。

 

29日のお見合いが万が一失敗したら私が里親になっても良いかなあと思いました。

 

でも、二匹でも大変なのに3匹目は無理かなあ。

 

キュート君とサンちゃんが仲良くなってくれるまでも大変だったし・・・

 

IMG_9888.JPG

 

おすわり、待て、おいでの躾も大変だし・・・

 

IMG_9877.JPG

 

毎日のお散歩も大変だし・・・

 

IMG_7809.JPG

 

でも、そもそも、里親候補さんはこんな可愛い子を絶対に手放したりしないでしょうしね。

 

 

夕方は娘のカフェに常連のチワワママさんが来てくれました。

 

今日の公園のババアの話をしました。

 

お互いにキチガイババアの悪口を言うとすっきりしました。

 

私がメンバーになっているワンコのSNSでも公園でのことを投稿すると、沢山のイイねと私の意見に賛同するコメントを頂きました。

 

ノーリードのワンコに襲われてけがをしたという人も沢山いました。

 

こちらのSNSでもかなりすっきりすることができました。

 

 

ところで、無茶苦茶な政権運営をしている安倍さんについての批判がすっかり影を潜め始めたメディア。

 

もりかけスパ疑惑についても報じているところはほとんどありません。

 

相次ぐ公約破り、安倍友のジャーナリストによる強姦事件の逮捕・起訴中断疑惑隠し、経済運営の明らかな失敗、対米隷属の軍国主義一直線の予算編成等、歴代の大物政治家も危険だと指摘する程の安倍さんの政策を大ぴらに批判するメディアが本当に少なくなりました。

 

米国ではメディアが大統領を遠慮なく批判しているけど、日本ではアホの高市早苗が放送停止をちらつかせてメディアを脅して以来、安倍政権を批判するところがめっきり少なくなってしまいました。

 

 

ワンコのSNSで私の今日の出来事に関する投稿について、

 

「パパさんは勇気がありますね。私はとてもできません」

 

というコメントがありました。

 

でも、誰も声を上げないとアホや権力者はますますつけあがってしまうんです。

 

それとも、やっぱり国民の多くが今日のババアの様にアホだから、安倍さんの政策を正しいと信じているんでしょうか。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

愛犬との触れ合いと音楽で今日も楽しい一日でした

  • 2017.12.23 Saturday
  • 23:16

今朝起きると愛犬たちはまだぐっすり。

 

二人とも私の布団の中に籠ったまま。

 

しばらくしてから起こしに行くと、寝ぼけ眼。

 

あまりの可愛さにiPhoneを取りに行って愛犬たちの姿を写真に収めました。

 

IMG_7773.JPG

 

朝ごはんを食べてから、二人一緒にお風呂に入れました。

 

サンちゃんには目やにがいっぱい付いていたので、シャワーを掛けながら目の周りを優しく入念に洗ってやりました。

 

お風呂から上がった愛犬たちはフワフワ。

 

IMG_7782.JPG

 

身体があったまってエンジンがかかったのか、この後は二人で猛烈なスピードで追いかけっこしてくれました。

 

 

顔の周りの毛が殆ど伸びないキュート君と違って、シーズーのサンちゃんは目やにが付きやすくそして取れにくい。

 

キュート君は私でもトリミングはできるけど、目の周りの毛が多いサンちゃんの場合は難しそうです。

 

YouTubeでシーズーのトリミングのやり方を解説した動画を見つけたけど、鋏が目に刺さりそうで素人がやるのは危険です。

 

1〜2カ月に一度はトリミングに連れて行かなければならないと思うので、その度に7千円。

 

私の散髪代の1800円よりはるかに高い。

 

でも可愛いから仕方がないですね。

 

 

 

お風呂から上がってから、かみさんと一緒に愛犬たちを連れてホームセンターへ。

 

ここはワンコもカートに入れて入れるのが嬉しい。

 

ここでもワンコ用のささみジャーキーを1700円で購入。

 

これで2カ月分ぐらいだから、私の散髪代と同じですね。

 

 

その後はスーパーに寄ってお弁当を買って公園へ。

 

今日もお天気が良くて気持ち良かった。

 

IMG_7784.JPG

 

IMG_7786.JPG

 

IMG_7797.JPG

 

途中でちっちゃなヨーキーちゃんと会いました。

 

明日は、保護犬のヨーキーちゃんの里親候補のお家に環境調査に行く予定なのですが、そんな時にヨーキーちゃんと会うなんて不思議な偶然です。

 

このヨーキーちゃんはきゃんきゃん吠えてかなり元気。

 

保護犬のヨーキーちゃんも、随分元気になって来てお転婆ぶりを発揮している様で、保護ママさんは「里親さん、本当に見つかるかなあ」と心配していましたが、多分大丈夫でしょう。

 

明日は、初めてワンコを迎える里親さんの為に、必要なモノをリストにして、気を付けて欲しいことなんかも書いておこうと思います。

 

 

お風呂に入って、二人で大騒ぎして、公園内をいっぱいお散歩した愛犬たちはぐったり疲れたはず。

 

実は、今日の夜は夫婦でライブに出かける予定なので、愛犬たちには疲れてもらって大人しくしてくれていた方が良いだろうなと思っていたんです。

 

そんな期待に違わず、特にまだ幼いサンちゃんはぐったり。

 

IMG_7804.JPG

 

でも、ライブに出かける時には二人とも玄関に出てきて一緒について来ようとします。

 

そんな姿を見るのはとても辛いけど、きっと二人一緒なら私達が出かけた後は一緒に遊んでくれるはず。

 

キュート君ひとりの時は本当に後ろ髪を引かれる思いで外出したけど、サンちゃんが来てくれたのでその点では少し安心です。

 

 

ライブは楽しかった。

 

クリスマスソングも沢山演奏してくれて、タイタニックのテーマなんかも演奏してくれました。

 

ハイトーンでハスキーな男性ヴォーカルも聴きごたえがありました。

 

ただし、女性ヴォーカルは胸の谷間が見えそうなドレスはともかく、歌にはちょっとがっかり。

 

以前にも彼女のライブを聴いたことがあるけど、ジャズシンガーにありがちな殆ど地声で平坦な歌い方は私の好みではありませんでした。

 

それでも、良く知っているギタリストやドラマーの超絶技巧演奏はやっぱり楽しめたし、楽曲も好きな曲ばかりだったので満足でした。

 

 

演奏が終わると他のお客さんに先立って真っ先に清算して家路を急ぎました。

 

かみさんも愛犬たちと会うのが楽しみで仕方がないと言います。

 

「こうして外出して家に帰っても、大歓迎してくれる愛犬たちがいなければ寂しいもんだよね。せいぜい娘が『どこに行ってたの』という位だからね。」

 

私も同感です。

 

速足で家に着いて玄関のドアをそっと開けると、そこには既に愛犬たちの姿が。

 

尻尾をブンブン振って飛びついて来てくれました。

 

今日も、愛犬たちと沢山触れ合って、そして音楽も楽しめた充実した一日でした。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

保護ママさんの寂しさだけでなく幸せも理解できた様な気がする

  • 2017.12.22 Friday
  • 19:51

私がお世話になった保護ママさんのところの保護犬たちが次々と里親さんが決まっています。

 

10歳の乳腺腫瘍を持ったダックスちゃんも優しい家族の里親に迎えられました。

 

トライアル期間中から旅行に出掛けた写真、お腹を見せて甘えている写真がSNSに掲載されているのを見ると、こちらもとても嬉しくなります。

 

かみさんの手芸教室の生徒さんに紹介したガリガリだったヨーキーちゃんも、少し太って他のワンちゃんと一緒に散歩している写真が掲載されていましたが、とっても幸せそう。

 

お顔もお姫様の様な可愛い目をしています。

 

これならきっと里親に迎えてもらえるだろうと思います。

 

 

 

今日は久しぶりのお天気。

 

愛犬たちを連れて公園へ行って来ました。

 

IMG_7766.JPG

 

IMG_7763.JPG

 

IMG_7761.JPG

 

ちょうど公園事務所に納品のトラックが来て、その若い男性ドライバーが愛犬たちを見て、

 

「わあ、可愛い」

 

「癒される―」

 

と大きな声を出してはしゃいでくれました。

 

男性が横にスキップしながらワンコを見てはしゃぐなんてあまり見たことのないシーンだったけど、そう言ってもらえた私はとっても嬉しかった。

 

キュート君もサンちゃんも人を笑顔にするのに役立っているっていうことですからね。

 

 

 

今日はギター教室。

 

Let it beのソロ部分は余計な雑音をミュートできているかどうかは別として、もうそこそこ指が動くようになったので、今日は後半部分のヴォーカルに対するオブリガート的な旋律の譜面を貰いました。

 

これがなかなか難解。

 

これをヴォーカルとギターでニ声部を同時に奏でようとしているのですからやっぱり無謀なんでしょうか。

 

先生曰く、こんなことはプロでもしない(できるだろうけど、やらない)とのことだけど、ギターだけでもなかなか勉強になる旋律だからまずは同時に演奏するかどうかは別にしてギターをマスターしてみましょうとのこと。

 

教室の帰り道で、歌を口ずさみながら今日貰った部分をエアギターを弾いてみましたが、とっても楽しい。

 

ヴォーカルの先生からは反対されているけど、やっぱりやってみたいと思いました。

 

ロクにできない初心者の私だけど、目標だけは一人前で独創的。

 

前のギターの先生が彼のバイオリニストのお母さんに、

 

「俺の生徒で腕前に合わないとんでもない難しいことをやりたいという生徒さんがいるんです」

 

と私のこと言っていたとそのお母さんから聞いたことがあります。

 

先生からすれば、厄介な生徒なのかもしれませんね。

 

 

家に帰ると愛犬たちが飛びついて来てくれます。

 

毎回のことだけど、本当に嬉しい。

 

 

かみさんの生徒さんも、近いうちにヨーキーちゃんを迎えてそんな幸せな気分を味わえるんだと想像するだけで、それも嬉しい。

 

保護ママさん、預かりママさんも、大事に育てたワンコを里親に出すのは寂しいだろうけど、そんな幸せな家族が新たに出来ることを楽しみにボランティアに励んでいるのだろうな。

 

ヨーキーちゃんは近日中にトリミングに連れて行ってもらうんだそう。

 

保護ママさんはお金が掛かって大変だろうからそこまでしなくてもと思っていたけど、この2,3日はそんな保護ママさんの気持ちが分かってきた様な気がします。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

保護犬ボランティア活動にちょっとだけ参加

  • 2017.12.20 Wednesday
  • 22:14

昨日のブログで書いたヨーキーちゃんのお見合いが決まりそうです。

 

ただし、里親さん候補家庭の環境調査に合格してから。

 

そして、その環境調査の役割が、なんと私に回ってきました。

 

里親候補はかみさんの手芸教室の生徒さん。

 

一刻も早くヨーキーちゃんを見てみたいとのことですが、週に二日しか休みのない保護ママさんと里親候補さんの日程がなかなか合わず、かつガリガリに痩せているヨーキーちゃんをなるべく一人にしておきたくないからだそうです。

 

保護ママさんから私に依頼をいただいた時は正直戸惑いましたが、かみさんが一緒に(というより私は運転手)行ってくれるというので引き受けることにしました。

 

環境調査で私がOKを出せば、29日にお見合い、そしてそのまま2週間のトライアルということになります。

 

 

保護ママさんは、ヨーキーちゃんがあまりにもガリガリなのでお見合いまでに肉をつけさせなければならないと言っています。

 

あまりにも貧相な状態だと、お見合いが失敗するんじゃないかと案じているそうです。

 

でも、私の経験で言えばその子がどんな状態でもお見合いで里親を辞退するってことはないと思います。

 

写真で見た悲し気な表情のワンコの姿は、里親さん候補の頭からこびりついて離れないからです。

 

サンちゃんをネットで見つけた私達も、トリミングなんかしなくて良いから早く会いたいと言って、保護ママさんの考える日程を早めてもらいました。

 

そしてお見合いすればもうその子を絶対に手離したくなくなるはずです。

 

 

 

今日も愛犬たちは仲良し。

 

寒いのでお散歩に出るのは止めて、私はダンベルを持ってのラジオ体操で済ませたし、愛犬たちはずっと追いかけけっこをしたので運動不足の問題はなし。

 

なので、体操をしてからかみさんの指令で年賀状を作成しました。

 

普段はAdobeillustratorやワード、エクセルを使い慣れていて、年に一度だけ年賀状ソフトを使うのはかなりしんどい。

 

年賀状ソフトはかなり機能がシンプルだけど、ちょっとした使い方がAdobeと違うのでややこしい。

 

Adobeでも年賀状を作ることはできるけど、プリンタにつながっているかみさんのパソコンにはAdobeが入っていないので印刷を掛けることができないため、仕方なく使いにくいかみさんのパソコンにある年賀状ソフトを使いました。

 

本当は私のパソコンからプリントできれば良いのだけど、プリンタドライバが破壊されているようで、何度修復してもダメなんです。

 

ドライバをいったん消去して再インストールすれば良いのかもしれないけど、4年以上も使ったプリンタはそろそろガタが来ていて買い替えを検討しているので、それも面倒。

 

そもそも歳をとると、いろんなことが面倒になって来た気がします。

 

 

年賀状を作成してから、サンちゃんをお風呂に入れました。

 

今日はそこそこ長い時間、湯船に浸かっていてくれました。

 

毛がサラサラのキュート君は10日に一回のシャンプーで十分だけど、シーズーのサンちゃんはまだ子犬で新陳代謝が激しいのかすぐに匂いがでるのと、保護された時に皮膚病だったということもあって清潔にしてあげなければならないと思っているんです。

 

以前、ドッグカフェでたまたま出会ったシーズーママさんから、シーズーは匂いがきついと聞いていたので、それがシーズーと言う犬種の特徴なのかもしれません。

 

 

お風呂から上がってドライヤーで乾かしてあげたサンちゃんはフワフワでより一層可愛くなりました。

 

一人で待っていたキュート君は、寂しかったのかお風呂から出て来たサンちゃんにべったり。

 

本当に仲が良い。

 

IMG_7754.JPG

 

定年して一人で家の中にいたら、笑うことなんて殆どなかっただろうけど、愛犬たちの可愛い仕草のおかげで笑ってばかり。

 

お散歩に出ればいろんな人に話しかけてもらったり、ワンコ友達も沢山できます。

 

若い時のかなり尖った私の性格も、ちょっと優しくなれた様な気もします。

 

 

ヨーキーを迎えるお家もきっと今まで以上に幸せになるんだろうと思います。

 

さあ、近日中にある里親候補さんの家庭環境調査では大甘の評価を付けてこなくっちゃ。

 

ただし、電気コードをかじったり、チョコ、キシリトールを誤飲したりしない様に、その辺だけはきっちりと指導させてもらいますけどね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

また幸せな家族が一つ増えるかも

  • 2017.12.19 Tuesday
  • 22:06

昨日のブログに書いた保護犬のヨーキーちゃん。

 

キャリーに入れられたまま駐車場に遺棄してあったそうです。

 

またマイクロチップも埋め込んであったそうです。

 

ところが警察がその情報で飼い主を追っても捕まらず、警察で保護し愛護センターに収容されたとのこと。

 

そして保護ママさんがレスキューして、保護ママさん宅へ。

 

保護ママさんから送ってもらった写真を見るとまさに骨と皮だけのガリガリ。

 

 

ロクな食事も与えられていなかったようです。

 

そんなガリガリの子だけどかみさんの手芸教室の生徒さんが里親に乗り気になってくれたようで、後は保護ママさんと生徒さんでLineでお見合いの段取りをしてもらうことになりました。

 

保護ママさんもお見合いまでには少しでも太って欲しいと栄養たっぷりのご飯をあげているそう

 

なんとかお見合いが成立して、ワンコも生徒さんも幸せになって欲しいものです。

 

 

我が愛犬たちは、今日のお散歩を拒否。

 

外まではなんとか出てくれたものの、最初の角で二人とも踏ん張ったりしゃがみこんだりで断固拒否。

 

仕方がないのでキャリーに乗せて出掛けました。

 

IMG_7745.JPG

 

途中の歩道橋で顔を見ると二人ともご機嫌斜め。

 

それでも、公園に着くと元気に歩いてくれました。

 

IMG_7746.JPG

 

途中で何人かの人に声を掛けてもらいました。

 

声を掛けられるまでには至らないけど、愛犬たちを見てとびっきりの笑顔になってくれる人も沢山いました。

 

山中に遺棄されていたサンちゃんもこうして生きているから沢山の人を笑顔にすることができます。

 

 

すっかり仲良しになった愛犬たち。

 

なので、今夜は愛犬たちにお留守番を頼んでかみさんと久々の回転寿司に出掛けました。

 

IMG_7752.JPG

 

娘も行きたいというので連れていきました。

 

ところが行きも帰りも、食事の最中も話題は愛犬たちのことばかり。

 

急いで食べ終わって家路を急いだことは言うまでもありません。

 

 

帰ると愛犬たちが飛びついて来てくれました。

 

本当に可愛い。

 

私達が留守の間は、綱引きで遊んでいたようです。

 

私達が帰ってからも、「僕たちこうして遊んでいたんだよ」と訴えているかのように、二匹で綱引きをやって見せてくれました。

 

キュート君は、小さいサンちゃんに手加減してくれています。

 

私達だけでなく、キュート君にもサンちゃんを迎えてあげて良かったなあと思いました。

 

 

そんな幸せが、保護犬のヨーキーちゃんと生徒さんの家族でも新たに生まれるかもしれないと思うと、こちらも楽しくなりました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

私の外出制限も解除間近

  • 2017.12.13 Wednesday
  • 22:17

サンちゃんはお兄ちゃんのキュート君と随分仲良くなったけど、先日保護ママさんが連れて来た兄弟犬との遊び方と比べると、それはまるで女の子同士でままごとをしているようなもの。

 

一緒に並んで散歩したり、互いの匂いを嗅いだりはするけど、お互いに飛びかかってじゃれたり、追っかけっこなどは全くしません。

 

そしてそれはキュート君の性格が優しいからだと思っていましたが、ワンコ同士の遊び方としてはちょっと物足りなかったのも事実です。

 

加えてサンちゃんはとんでもない甘えん坊、寂しがりやなので、サンちゃんをおいて外出するのは後ろ髪を引かれる思い。

 

二人でもっと大騒ぎして遊んでくれれば、私も安心して外出できるのですが…・

 

 

今日も外は大変な寒さ。

 

愛犬たちは一昨日予防接種をしたばかりだったし、私自身も寒い中を出掛ける気力がでませんでした。

 

なので、ずっと家の中に籠って愛犬たちと遊んでいましたが、今日は夕方からヴォーカル教室の日。

 

ダウンジャケットを来て教科書と譜面が入ったリュックサックを手に取ると、案の定、サンちゃんは玄関まで出てきて一緒に外に出ようとします。

 

可哀想で可哀想で仕方がありません。

 

分離不安症というワンコの病名もちらっと頭をよぎってしまいます。

 

 

 

外はとっても寒くて手袋が欲しい位でした。

 

やっぱりこんな日にワクチン接種をしたばかりのまだ幼いサンちゃんをお散歩に連れだすことはできないと思いました。

 

 

 

家に帰ると、愛犬たちはジャンプして私に飛びついて来てくれましたが、特にサンちゃんは1年も会っていなかったような喜びよう。

 

なんとか二人で走り回って遊んだりしてくれればなあと思いました。

 

そうすれば、疲れて昼間も寝ている時間が長くなるだろうからです。

 

 

 

夕ご飯を食べてから私達がソファーで休んでいると、そんな愛犬たちに突然変化が起きました。

 

二人で猛烈な追いかけっこを始めたんです。

 

これまでサンちゃんを追いかける様なことは決してしなかったキュート君が、サンちゃんを追いかけてくれたんです。

 

散々走ってからサンちゃんは疲れてソファーに座り込んでしまいましたが、キュート君は優しい目でサンちゃんを見つめてペロペロ舐めようとします。

 

サンちゃんもキュート君に噛み付こうとしましたが、それは甘噛み。

 

甘噛みされたキュート君も全然逃げようとせず、その甘噛みを受け入れてくれています。

 

そんな愛犬たちの姿はとっても嬉しかった。かみさんも娘もとっても喜んでいました。

 

 

実は先日サンちゃんの預かりママさんの二匹のワンちゃんが来た時に、サンちゃん達がプロレスごっこをして遊んでいる姿を見て、かみさんは、

 

「サンちゃんのことを考えるとそのまま預かりママさんのところにいた方が幸せだったのかな」

 

とポツリと言いました。

 

正直、私もそんな思いが心の片隅をよぎったのも確かです。

 

 

だから、今日初めてワンちゃんらしい遊びをしてくれた愛犬達の姿には安心しました。

 

これから二匹でお留守番できる時間も少しずつ長くなってくれるんじゃないかと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

終生面倒を見るという覚悟

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 22:41

とんでもなく寒くなりました。

 

母が住む実家の富山はテレビでは大雪と報道されていましまが、姉に電話するとさほどでもないそう。

 

母は少し体調を崩しているとのことですが、サ高住に入居してから3キロも太ったとのこと。

 

どうも姉の持っていくお菓子を食べ過ぎている様です。

 

正月には、かみさん、娘と母の顔を見に行く予定にしています。

 

 

 

今朝は愛犬たちをお風呂に入れました。

 

二匹同時に入れようとしましたが、お風呂が大嫌いなキュート君は私の目的を察知して私から逃げ回ります。

 

仕方がないので、最初はサンちゃんだけ入れました。

 

浴槽が怖いサンちゃんは30秒も湯船の中にいてくれません。

 

お湯の温度は38度前後が良いそうなので、水を入れてぬるくしてあるので熱いシャワーを壁に向けて出しっぱなしにしてお風呂全体を暖めてやりました。

 

それでも外に出ると寒い、寒い。

 

直ぐにタオルで何度も拭いて、ドライヤーを十分にかけてやりました。

 

その間、私は素っ裸。でもドライヤーを掛けている内に脱衣所が温まってきたのでそれ程寒くありませんでした。

 

 

そしてサンちゃんを出してから、ダイニングの椅子で油断をしていたキュート君を捕まえてお風呂に。

 

風呂に一旦入ると大人しくなってシャンプーもそれほど嫌がりません。

 

ところが、その間にサンちゃんがキューン、キューンと声を上げてお風呂の扉の外で泣いています。

 

仕方がないので、少しだけ扉を開けて中の様子を見せてやると泣き止んでくれました。

 

その後は、二匹並んで仲良くドライヤーの風を浴びてくれました。

 

 

お風呂から上がった愛犬たちはフワフワのモフモフ。

 

IMG_7660.JPG

 

すっかり仲良くなった愛犬たちは毛布を掛けたソファーの上で仲良くポーズ。

 

そんな愛犬たちを写真に撮って、私がダイニングテーブルでお茶を飲んでいると、二匹揃って私の横に。

 

IMG_7663.JPG

 

二匹で私の後を付いてくる姿が何とも言えず可愛い。

 

 

しばらく休んでから、愛犬たちの為に鶏むね肉を煮てやりました。

 

煮るのはカンタンですが、ゆで上がった肉を包丁で細かく刻むのが結構大変です。

 

2キロもあると時間も掛かります。

 

冷ましてから小分けしてビニール袋に入れて冷凍庫にしまいました。

 

 

これだけやると時刻は早12時。

 

疲れてしまってランチに出る気力もなくなったので、鶏の水煮を作ったスープでインスタントラーメンを作りました。

 

キャベツと卵、鶏の水煮、それに先日の夕食材料で余った餃子の皮を5枚ほど投入しました。

 

鶏のだしがたっぷり出たインスタントラーメンは、その辺のラーメン店より美味しかった。

 

 

 

お昼からは少し寒さも和らいだんじゃないかなあと思って、愛犬たちを連れて散歩に出ると、とんでもなく冷たい風。

 

暖かいお洋服を着せた愛犬たちはそんな寒風が楽しいのかスタスタ歩いてくれましたが、私の方は寒くてしょうがありません。

 

なので、町内を1周だけして帰ることにしました。

 

 

家に帰っても、愛犬たちは↓の様な仲の良さ。

 

IMG_7668.JPG

 

IMG_7667.JPG

 

サンちゃんはすっかり我が家の一員。

 

なにをしても本当に可愛い。

 

こんなにも可愛いサンちゃんを棄てることができる人間がいるなんて信じられません。

 

保護ママさんのFacebookにサンちゃんの里親が決まったことを伝える記事が掲載されました。

 

ずっとサンちゃんのことを心配してくれていた方も何人もいた様で、コメントも沢山入っていました。

 

 

保護犬団体の中にはごく一部だけど悪徳団体もある様ですが、サンちゃんの保護ママさん、預かりママさんは本当に良い方でした。

 

ネットでは「保護団体は上から目線で気分が悪い」「譲渡条件が厳しすぎる」などと書きこんでいる人もいますが、これも保護団体の人々が大事に育てたワンコを再び不幸にしないためのもの。

 

それが分からない人には、保護犬を迎えるどころか、ペットショップでもワンコを買って欲しくありません。

 

「保護犬なら安く買える」「幼犬期を過ぎているからサイズが分かる」とか「合わなければ返せばいいんでしょ」と考えている人もいるようですが、そんな心の汚い人には終生面倒を見るなんてことはできないと思います。

 

可愛かったワンコもいずれ歳をとって毛並みも悪くなり、お散歩もままならなくなります。

 

トイレも上手くできなくなって、医療費も嵩むようになります。

 

でも、家族にするというのはそんな覚悟がなければなりません。

 

今朝、保護ママさんから私に「サンちゃんを終生よろしくお願いします」とメールをいただきました。

 

そんなことは私には当然のことです。

 

「分かりました」と返事を返すのも恥ずかしかったので、

 

「サンとキュートで『サンキュー』です。これって運命ですね」

 

と返事をしました。

 

61歳の私は愛犬たちより先に逝ってしまうかも…という気持ちもありました。

 

でも、私が先に逝っても、きっとかみさんや娘が愛犬たちを終生大事にしてくれると思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

ちょっと悲しくてとっても嬉しい素晴らしい一日だった

  • 2017.12.10 Sunday
  • 22:11

今日は、サンちゃんを正式に迎える契約書の調印日。

 

預かりママさんがご自分の愛犬を二匹連れてくるというので湿っぽい雰囲気にはならないと期待していましたが…

 

 

二週間ぶりに預かりママさんに会ったサンちゃんは尻尾をブンブン振って喜んでくれました。

 

IMG_7619.JPG

 

兄弟犬たちも、サンちゃんとプロレスごっこで大騒ぎしてくれました。

 

IMG_7615.JPG

 

大人しいキュート君は、そんな輪の中に入ることができず椅子に上って静観するのみでした。

 

それとも、二週間ぶりのサンちゃん家族の水入らずの場に気を使ってくれたのでしょうか。

 

IMG_7611.JPG

 

IMG_7612.JPG

 

 

サンちゃん達は、やっぱり、1カ月以上も一緒に過ごした家族。

 

誰も忘れていないし、その愛情も変わりません。

 

 

1時間以上もいろんなお話をして、いよいよ帰られることになった時、遂に預かりママさんの涙腺が崩壊してしまいました。

 

私もかみさんももらい泣きしてしまいました。

 

 

そして私に抱かれたサンちゃんは預かりママさんのクルマが見えなくなりそうになると、急にキューン、キューンと泣き出してしまいました。

 

クルマが見えなくなって家の中に入ってサンちゃんを降ろすと、玄関の扉に一直線。

 

そこにずっと座ったまま、キューン、キューンと泣き続けます。

 

私はそんなサンちゃんの姿に声を掛けてあげることもできず、預かりママさんに送ってあげるための写真を撮ることぐらいしかできませんでした。

 

私もかみさんもサンちゃんにかけてあげる言葉が見つかりませんでした。

 

 

結局、今日は涙なしでは迎えることができませんでした。

 

でも、帰りのクルマが出発する直前に、預かりママさんがひときわ大きい涙声で、

 

「サンちゃーん、幸せになってね〜」

 

と心から発する言葉を聞いて、私も絶対にこの子を幸せにしてあげなければならないと改めて固く決意できたので、そんな涙もあって良かったのかもしれません。

 

 

 

預かりママさんに聞いた話ですが、ペットショップに子犬を供給するブリーダーでまともな業者はほんの一部だそうです。

 

多くは養鶏場の様な環境で飼われ、シャンプーなどもせず、可愛がることもしないそうです。

(私は何度か養鶏場を見学しましたが、ただひたすらえさを食べさせ、身体を動かさない様に照明を暗くした工場の様なところです)

 

そして、年に2回も子犬を産ませ、5年以上たつと高齢出産の為に奇形の子供が増えるので遺棄してしまうのだそう。

 

その証拠に、ブリーダーの飼育環境を見たいと申し出ても絶対に見せてくれないそうです。

 

 

これから年末にかけて保護犬が大量に発生するそうです。

 

クリスマス商戦に合わせて3か月以上の子犬を処分してしまうのかもしれませんし、年の瀬を越せないと飼い犬を遺棄するする人が増えるのかもしれません。

 

里親の希望の多い子犬も、全てが救われている訳ではないそうです。

 

こんな可愛いワンコが年間15万頭も殺処分されていると知って本当に悲しくなります。

 

 

サンちゃんの譲渡費用は、治療費・去勢手術費で5万円。

 

それに交通費実費ということなのでプラス15千円ほど。

 

だけど、かみさんは寄付金も含んで10万円お渡ししようよと私に提案しました。

 

もちろん私も異議があるはずがありません。

 

そもそも実際に、治療費や手術費の他に、保護施設へのお迎えの交通費、保護期間のえさ代やおやつ代、おしっこシート代などを含めれば相当な額になるはずです。

 

決して10万円で十分なおつりがくるということはありません。

 

それに加えて、お散歩やトイレの世話などにかかる時間を考えれば、保護ママさんも預かりママさんも本当に大変だと思います。

 

これほど殺処分が多い日本社会の現実に対する義憤と、少しでも可哀想なワンコを救いたいという私情がなければ決してできるものではありません。

 

ただし、私も保護犬活動に意義を感じるけど1カ月以上も預かったワンコを里親に出すなんてことは出来そうもありません。

 

うちで保護ママさん活動をすれば、アッと言う間に我が家に何匹ものワンコを愛犬にしてしまいそうです。

 

 

だからその分も含めて譲渡費用を余分にお支払いしました。

 

それと、これから少しでも保護犬活動の周知活動を行って、会う人ごとに里親になることを勧めてみようと思います。

 

その他にも、微力だけど保護犬活動にお役に立てることがないかと考えています。

 

 

たまたま定年前にキュート君に一目ぼれしてワンコを飼ってしまった私ですが、そのお陰でまた一つ社会勉強にもなり、そしてまた少し優しい気持ちになることができたような気がします。

 

 

今日はちょっと悲しく、そしてとっても嬉しい素晴らしい一日でした。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

明日はサンちゃんが正式に我が家の家族になる日

  • 2017.12.09 Saturday
  • 22:35

この2週間というもの、頭の中は愛犬たちのことばかり。

 

なにしろ、二匹の仲のことで心配をかけられるは、一日何回ものウンチとおしっこの始末、一日二度のご飯の準備と片づけ、お散歩、待て・おいで・お手等の躾、手芸教室の生徒さんやカフェのお客さんへのサンちゃんの紹介等、本当に手間も時間も掛かります。

 

それでもとっても可愛い愛犬たちの顔を見ていると、全然苦になりません。

 

 

今日はかみさんの手芸教室の作品展示会の最終日。

 

お客さん二人にサンちゃんを紹介しました。

 

その中の一人はお会いしたのが1年振り。

 

ワンコを亡くして酷いペットロスにかかって、その後原因不明の病気を発症してずっと教室はお休みだった方。

 

サンちゃんを見たいというので連れて行って抱っこしてもらうと、流石ワンコ好きな彼女。

 

サンちゃんはあっという間に懐いて、彼女もメロメロ。

 

またワンコが飼いたくなったそうです。

 

彼女にサンちゃんを保護してくれた保護ママさんの所にいる10歳のちっちゃなダックスちゃんの写真を見せると、満面の笑み。

 

やはりペットロスを癒すには新しいペットを迎えるのが一番良いと思います。

 

亡くしたペットは虹の橋を渡ってしまうのではなくて、また姿を変えて飼い主さんのところに戻ってくるんです。

 

先日見た映画「僕のワンダフルライフ」はまさにそんなストーリーでした。

<当ブログ内関連記事>

生きる目的

 

彼女は早速家族会議を開いてみると言ってくれました。

 

 

 

明日はいよいよサンちゃんを正式に迎えるための手続き。

 

預かりママさんが自宅まで来てくれることになりましたが、保護ママさんからもかみさんにLINEで連絡がありました。

 

「本当は私が伺わなくてはならないのだけど、どうしても預かりママさんが行きたいというので…」

 

とありました。

 

やっぱり、1カ月以上も大事に育てたサンちゃんだから自分でお別れをしたいんですね。

 

やっぱり明日は涙なしでは終わらないかもしれません。

 

 

正式譲渡が済めば、後は動物病院で畜件登録をして狂犬病の予防注射。

 

丁度、キュート君のワクチン接種の予定日と近いので、二匹連れて行ってこようと思います。

 

 

夕方、愛犬たちとお散歩に出たのは良いけど、とんでもなく風が冷たい。

 

なので裏の公園まで行って直ぐに帰ろうとしたら、その角で娘のカフェのバイトさんの帰りのタイミングとぴったし。

 

彼女はわざわざ自転車を降りて、愛犬たちに近づいてくれました。

 

今日は一日中カフェが忙しくて愛犬たちと会えなかった彼女は、ちょっとの間だけでも愛犬たちと触れ合いたかった様です。

 

実は彼女の実家のワンコも保護犬。ちょっと障害のある子だそうですが可愛くて仕方がないそうです。

 

たまにしかそのワンコに会えない彼女は、私の愛犬たちと戯れるのが日課。

 

そんな彼女に、愛犬たちは大はしゃぎ。

 

リードを付けたまま2匹で彼女の周りを走り回ったり、ジャンプして顔にキスしようとするので大変でした。

 

 

 

多分、明日からの私も愛犬たちのことで頭がいっぱい。

 

このブログの話題も、政治や老後資金のことじゃなくてワンコのことばかりになりそう。

 

でも、ワンコを飼うと老後の様々な不安も消えてなくなってしまいます。

 

どうでもよくなってしまったと言っても良いかもしれません。

 

そんな幸せを与えてくれたキュート君、そしてその幸せを二倍以上にしてくれたサンちゃんには感謝しかありません。

 

 

明日は、いよいよサンちゃんが正式に我が家の家族になります。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM