愛犬同居可の老人ホーム。お墓も一緒に入りたいけど・・・

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 00:29

今日はすぐ近所の機械式墓地の墓誌ができたというので、見に行きました。

 

2階のフロアのブースは8か所あって、どのブースを使うこともできます。

 

IMG_4066.JPG

 

カードを入れると、中で自動倉庫が静かに回って扉が開き、私のお墓が出て来ました。

 

IMG_4068-1.jpg

 

「倶会一処」の横書き文字の下に、祖父母の姓と私の姓が縦書きで入っています。

 

なかなかきれいにできていました。

 

共通のお墓の部分にあるお花はちゃんとした生花でした。

 

お焼香もできるようになっていて、ひとつまみ入れるとちゃんとヒーターで熱せられて煙も出てきます。

 

 

お墓の横には液晶画面もあって、ここに写真や戒名をデータで入れておけば、表示される様になっています。

 

IMG_4067.JPG

 

ここに入れる画像データは、お墓の業者に作ってもらうのは嫌だったので自分で作ることにしています。

 

でも、どの写真を使うかで迷っていて、まだ作っていません。

 

祖父母が一緒に映っているものが良いか、一人づつの方が良いかを決めかねているからです。

 

でも、液晶画面は比較的大きいので祖父母二人の写真が良いかなあと思いました。

 

 

まだ、誰も入っていないお墓ですが、手を合わせてお参りしました。

 

 

帰りにフロントに何度かお話したことのあるお坊さんがいて、私を見て立ち上がってこちらに近づいてきます。

 

お坊さんは暇そうで私と話がしたい様子でしたが、かみさんと一緒だったので会釈だけで済ませました。

 

ちょっと可哀想だったけど、かみさんが暑さでバテ気味だったので仕方がありません。

 

 

夕方は、かみさんと娘のお買い物の運転手。

 

暑くてお散歩ができない愛犬もドライブぐらいしたいだろうと思って連れていきました。

 

クルマの中で愛犬は、後席の娘の方を見つめたり、外の景色を見たりで、その度に娘は「可愛い」と言います。

 

ドライブが大好きな愛犬も楽しそうだし、私達も愛犬の話題で会話が尽きません。

 

 

10キロ程のドライブを楽しんだ愛犬ですが、家に帰ると私に遊んで欲しくて「クーン」とすり寄ってきます。

 

なのでロープで綱引きをしてやりました。

 

IMG_4073.JPG

 

私とはボールやロープで遊んで欲しい愛犬ですが、かみさんと娘だと一緒にソファーでゆったりくつろぐ愛犬です。

 

IMG_4853.JPG

 

 

我が家では初めてのワンコですが、正直それなりに世話をするのは大変です。

 

家に来たばかりの頃は、トイレの場所もなかなか覚えないし、リモコンや電器のコードをかじったり、靴や壁紙、ドアなんかを破壊したり、噛み付きもなかなか治らなくて苦労されられました。

 

なので毎週しつけ教室にも半年ほど連れていきました。

 

その甲斐あってか、2歳半の今はとってもお利口さん。

 

 

ワンコを飼うと、フード代や、予防接種等の病院代に結構なお金が掛かるし、海外旅行にも出かけられないし、国内旅行だってワンコ宿泊可のホテルに限られるので大変は大変です。

 

それに加えて、愛犬の様に若い間はとにかく元気なので、一緒にいるとずっと遊びを迫られますから、ゆっくりもできません。

 

 

それでも我が家では愛犬がいない生活なんてとても考えられません。

 

ある時は愚痴を聞いてくれるし、こちらが具合の悪い時はそっと寄り添ってくれるし、糖尿病の私には毎日欠かせないお散歩にも付き合ってくれます。

 

お散歩に出ると、世界一ハンサムで可愛い愛犬に沢山の人が声を掛けてくれるので、ワンコ友達も沢山できました。

 

 

英国の諺に「犬は人間の最良の友だ」というのがあるそうですが、本当にそうだと思います。

 

今日のお散歩は、夜の9時過ぎに出掛けました。

 

日中と打って変わって涼しくて気持ちが良い。

 

 

帰ると、サックス奏者さんから次回のコンサート日程の調整のメール。

 

なかなか都合が合わないのだけど、彼女は私のホールでの演奏が楽しくて仕方がないのでどうしてもやりたいと言って、何度もやり取り。

 

若い彼女に、そう言ってもらえるのは嬉しい。

 

そして、次々回に予定が決まっているライブのギタリストさんからも、チラシ内容について何度かメールのやり取り。

 

こちらも、ユーモアのあるメールをもらえるので楽しい。

 

 

音楽と愛犬がなかったらきっと定年後の私の人生は無味乾燥なものだったに違いありません。

 

私が死んだらお墓の中にはギターを焼いた灰を入れて欲しいと思っていてそれは可能だろうけど、ワンコの骨は一緒に入れてもらうことはできないそうです。

 

 

今日の昼は、かみさんとランチをしにご近所を歩いていて、建設中のペット同居可の独立型老人ホームを発見。

 

要介護度が上がれば、別の老人ホームに移らなくてはならないのかもしれませんが、いずれはペット同居が可能な老人ホームが沢山出来てきそうです。

 

そんな流れの中で、お墓にも人間と愛犬が一緒に入れるようになれば良いなあと思っています。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM