風邪と安倍・加計のゲスな言動で気分が悪い

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 22:41

大阪が大変なことになっているのに、昨日も国会が開催されました。

 

共産党の辰巳議員が森友学園に関する新文書を入手した翌日でした。

 

テレビでも新聞でも当然大阪の震災が大きく報道されて、国会については注目度が低くなることを狙ったものだと思われます。

 

もともと大阪の震災を受けて国会を中止しようと提案したのは立憲民主党。

 

それが自民党側が開催すると押し切ったものだそう。

 

そして辰巳議員が国会質問に立った時の動画が↓。

https://youtu.be/deq_d-dU3Iw

 

辰巳氏は、官僚達が安倍さんの森友学園への関与を隠すために、省庁を超えて相談していた時のメモを入手していました。

 

かなり有力な証拠です。

 

ところが安倍さんをはじめとした閣僚連中は「質問通告がない」「見ていない文書についてなんとも言えない」と答えるばかり。

 

官僚側もそのあたりの文書は出せないと強硬姿勢です。

 

 

 

そして、今朝の加計学園の理事長の記者会見。

 

大阪の震災で混乱している時期を図ったようなタイミング。

 

そして、東京、大阪の優秀な記者たちが参加できない様に岡山での開催。

 

会見に間に合った記者達もいたようですが、会見場には入れませんでした。

 

 

 

こいつらはどこまでゲスなんでしょうか。

 

こんな内閣を支持する人が38%もいるって本当なんでしょうか。

 

 

今日は朝から身体がだるい。

 

あちこちの関節も痛むし、明らかに風邪の症状。

 

だから一日中ソファーで寝ていました。

 

一日中外に出られないだけで気が滅入ってしまうのに、さらに安倍内閣のゲスどもの見苦しく卑怯な言動。

 

本当に気分が悪い。

 

それでも、サンちゃんの目薬は一日3回きちんと点してやらねばなりません。

 

 

目薬が効いたのか、若いサンちゃんの回復力が凄いのか、サンちゃんの右目は随分輝きを取り戻してくれました。

 

一昨日までは薄目しか開けられなかったのに、今日は大きい目を開けています。

 

夕方は、私に代わってかみさんが二匹をお散歩に連れて行ってくれました。

 

ウンチもし、リードも引っ張らずにお行儀よくお散歩してくれたそうです。

 

そんなお利口さんの愛犬達のお散歩する姿を見てみたかったなあ。

 

 

今週末は保護犬の譲渡会。

 

それまでには風邪が治ってくれますように。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

偏った知識しかない高齢者が支える安倍政権

  • 2018.06.18 Monday
  • 01:04

森友問題や「日本会議の研究」で一躍有名になった菅野完氏によれば、YouTubeにアップされている差別動画が、この数日でなんと数万アイテム、それらを作っているアカウント600件が一斉に削除されたそうです。

 

彼自身も被差別部落の出身だということもあってか、それは大変歓迎すべきことであり、国際的に見てもこうした差別動画が氾濫しているのは日本だけだったのが、ようやく改善し始めたのは良い傾向だと述べています。

 

そう言えば、パソコンでYouTubeを開いても、そうした類の動画が少なくなってきた様に思います。

 

差別動画の大半は、韓国や中国を差別し、敵国視して嫌韓・嫌中を煽るもの。

 

そうした動画の多くは、安倍さんやその取り巻きの似非学者やジャーナリストを礼賛しています。

 

安倍さんをはじめとする彼らも嫌中・嫌韓派ですから、当然のことです。

 

 

 

驚くべきは、そんな動画を見ている人はなんと50〜70代の壮年、高齢者ばかりなんだそう。

 

確かに私達の年代では、戦中派の父母や祖父母の影響を受けて韓国人や中国人に差別意識を持つ人が多いから、そんな言葉がすんなり心に入ってくるのかもしれません。

 

小中学校にも在日の人が沢山いたけど、友達のお母さんたちから「あの人は〇〇人だ」と耳打ちされたて距離を置くようにと助言されたことも度々ありました。

 

就職にあたっても、当時の民間企業は在日の採用をしていなかったから、在日の人達は一所懸命勉強をして医師や弁護士を目指したり、零細家業を継いだり、〇〇団に入る人が多かった記憶があります。

 

そんな年代に育った私ですが、それでも私自身は在日の人にそれほど差別意識を持つことはありませんでした。

 

だから、大阪に転勤になった時は、地元の人たちの在日への差別意識が根深いことに大きなショックを受けました。

 

同和問題と同じく、とっても根の深い問題だと認識したのはその時です。

 

 

だから、菅野完氏の「YouTubeの差別動画を見ている人は高齢者が多い」という解説には納得してしまいました。

 

そして視力が弱くなった高齢者が本やネット上の文字も読まなくなって、その代わりにYouTubeの差別動画で情報を得ているそう。

 

 

そうしてみると、右翼で嫌韓、嫌中の安倍さんがどれだけウソをつこうが、民主主義を無視しようが一定の支持率を得ていることにも納得できます。

 

受験生の時には、出題頻度の低い近代史、現代史などほとんど勉強しないし、覚えているのは年号ぐらい。

 

フランス革命の年号は覚えていても、それがどんな変遷を経て現在の民主主義に至ったのかを理解している人なんてほぼ皆無。

 

大学の教養課程で憲法や法制史なんかをとっても講義中は上の空で、試験はカンニング。

 

そもそも殆どの大学の教授は学生が適当な答えを書いても「可」の評価。

 

そして社会に出れば勉強することなどなく、定年間際になって暇ができても本を読むことなどせず安倍さんと同じ右翼思想のYouTube動画を見て、それでなんでも分かったようなつもりでいる。

 

そんな人がろくな見識もない評論家やコメンテータが安倍さんを擁護し野党を無責任だと批判するテレビ番組や、安倍さんの広報誌の産経、讀賣を購読して差別動画を観る。

 

そんな高齢者が知った顔で安倍さんを支持しているんですね。

 

 

なんだか、お先真っ暗な気分になってきました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

拉致問題に真剣に取り組むことがなかった安倍さん

  • 2018.06.15 Friday
  • 09:34

拉致問題に関する産経新聞の見事なまでの安倍さんよいしょ記事。

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/【日朝首脳会談】安倍晋三首相「次は私の番だ」「私はだまされない」-拉致被害者家族に決意-日朝会談「拙速にはやらない。被害者すべて帰すならば行く」とも/ar-AAyFjgP?ocid=spartandhp

 

 

哀れな安倍信者はこれを読んで「安倍さんは頑張っているんだ」と思ってしまうかもしれません。

 

だけど、「拉致問題解決が私の最大の政治課題だ」と言っている割には、彼が首相に就任して以来なんの進展も見せていません。

 

私も拉致被害者の蓮池薫さんの兄である透氏の弁を聞くまでは、色々とやっているけど難しいのだろうなあと思っていました。

 

 

ところがです。

 

ここでも、もりかけ問題と同様に安倍さんがウソをつきまくっていることが明らかになってきました。

 

詳細は↓の動画を見てもらえれば分かると思いますが、ヤッターマンの虚偽PRとウソばかりだったということが良く分かります。

 

透氏がウソを言っているとは到底思えない臨場感漂う話です。

 

安倍さんのテキトーな行動とトンデモ発言が沢山紹介されていて、それがもりかけ問題の話と重なるところが多くて思わずうなずいてしまいます。

 

聴衆からは何度も笑いがこぼれているので、漫才でも聴くつもりで覗いてみるのも良いと思います。

 

*音声状態が悪いのですが頑張って聞きましょう。

 

 

因みに、こうして安倍さんを批判する人を「左翼だ」とレッテル張りをする人が沢山いる様で、働き方改革法案で出鱈目なデータと強弁を繰り返した加藤厚労相までが、彼を左翼呼ばわりしたそうです。

 

安倍信者たちのこうした悪質で卑劣な印象操作には決して惑わされてはなりません。

 

この動画のコメント欄には、安倍信者達(自民党に雇われた工作員?)の笑うしかないコメントも沢山ありますので、如何に彼らが低能で卑劣であることを知っておくのも良いと思います。

 

 

ただ、安倍内閣を支持する38%の人の中でこんな人はほんの一部。

 

殆どの人は、政治に興味が無く、こうした真実に目を向けずになんとなく「頼りない野党よりまし」と思っているだけなのだと思います。

 

 

沈没しかけている我が国を救うには、国民一人一人が勉強するしかありません。

 

我が国がまともな国であり続けるために必要な「人権」「国民主権」「民主主義」の内、「国民主権」「民主主義」は国民自らが求め続けなければ失ってしまうものなのです。

 

我々国民は、今一度、フランス革命以降の民主主義の苦悩の歴史を読み解くべきだと思います。

 

そうすれば、如何に今の安倍政権が危険であることが良く分かるはずです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

米朝会談の次に来る日本の恐ろしい未来

  • 2018.06.14 Thursday
  • 10:21

今日は私が関わった保護犬のヨーキーちゃんが遊びに来てくれました。

 

骨と皮だけのガリガリの状態で遺棄されていたヨーキーちゃんが、優しい家族に迎えられて幸せになっている姿を見るのはとても嬉しい。

 

そもそも愛護センターからレスキューされた時点の写真を見て、私も一目ぼれした程の可愛さ。

 

もし以前のように郊外の一戸建てに住んでいたら、3匹目の家族に迎えていたかもしれません。

 

IMG_9312.JPG

 

 

IMG_9315.JPG

 

IMG_9319.JPG

 

IMG_9323.JPG

 

すっかり私に懐いてくれたヨーキーちゃん。

 

IMG_9332.JPG

 

こうして抱き着いてくれる姿は本当に可愛い。

 

こんな可愛い子を遺棄した元飼い主を見返してやることができたね。

 

 

 

 

ところで、羽鳥慎一モーニングショーでとうとう米朝会談を受けて在韓米軍、在日米軍の撤退についての報道を始めました。

 

これまでも、いわゆる陰謀論と言われる説の中で、在日米軍が存在し続けることは実は米国の軍産複合体とそれに隷属する自民党の強い要請であったことや、北朝鮮、中国の脅威を悪戯に煽ることで米国内と日本に軍備予算を増やしてきたこと等が語られてきました。

 

どう見てもおつむが悪い安倍さんが未だに首相でいることや、過酷事故を引き起こした原発を6割の国民の反対を押し切って再稼働させていること、民主党があっという間に崩壊したこと、小沢一郎氏が失脚させられたこと、米軍辺野古基地の建設、オスプレイの全国への配備などについても、それらの陰謀論はそれぞれが見事に論理的に符合する分析をしていました。

 

それらの説はマスメディアで報道されることはほとんど無く、また殆どの人は荒唐無稽な作り話として片付けていました。

 

それが、9.11、イラク戦争以降の米国の政治的動き、さらにトランプ氏の大統領就任で様々な変化が起き、それらが見事に連なり始めています。

 

陰謀論のすべてが100%正しいとは思えませんが、その中でも主流派(?)の陰謀論の多くは正しいのだろうと思われます。

 

私が時々覗いている田中宇氏のブログ

 

普通の人が読むと陰謀論的なものだと思われるでしょうが、その田中氏がなんと今朝の羽鳥慎一モーニングショーにビデオ出演。

 

テレビ朝日だから…とうがって見る人もいると思いますが、マスメディアにも田中氏が登場したというのはちょっと驚きです。

 

それだけ、これまで陰謀論だと片付けられてきた恐ろしい真実が次第に正体を現し始めたということなのだと思います。

 

 

さて、田中氏が主張する米朝会談から朝鮮戦争の終戦、そして在韓米軍の撤退、更には在日米軍撤退の予想を受けて我々国民は如何に対応すべきなのでしょうか。

 

おそらく我が国は、米国の軍産複合体とそれを距離を置くトランプ氏の狭間に立って政治的、経済的に相当混乱するだろうと思います。

 

北朝鮮の脅威がなくなることで、米国の真の狙いの中東侵略が本格的に進んで原油価格が高騰するかもしれないし、安保法制を根拠に米国の侵略戦争に自衛隊が駆り出されるかもしれません。

 

対して安倍さんが大嫌いな韓国、中国は更に大発展するかもしれません。

 

 

こんな時に、いつまでも嫌韓、嫌中の安倍さんを首相に据えていることが本当に我が国の国益に適うのでしょうか。

 

戦後70数年経っても米国の実質占領下にある日本が真の独立国になる機会を失うことになるかもしれません。

 

 

もりかけ問題ばかりやっていては肝心の北朝鮮問題、経済問題に取り組めないと主張してきた一部の国民。

 

見事に安倍さんの戦略に引っ掛かって、北朝鮮のミサイルに怯え、Jアラートに過剰反応していた哀れな国民。

 

木を見て森を見ない愚かさ、陰謀論を下らないと切り捨てる見識が我が国にどれだけの災難をもたらすのかを知るべきです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

鰻屋の看板が泣いている

  • 2018.06.11 Monday
  • 22:05

毎日のように目を背けたくなるような悲惨な事件が発生していますね。

 

江戸時代末期に黒船がやってきて武士たちが攘夷運動を始めた頃に、庶民は「ええじゃないか」と開き直って踊ったそうです。

 

色んな苦難が満ち満ちている今の日本だけど、そんな時には能面を決めずにええじゃないかと明るく振舞った方が気が滅入ったり、更には狂ったりせず、良いような気もします。

 

 

今日は市役所に国民健康保険料の減額申請に行ってきました。

 

かみさんが仕事で通うカルチャーセンターの隣に市役所の出先があるので、かみさんの提案に乗って、一緒に車で出掛けました。

 

かみさんの仕事の所要時間は約2時間半。

 

かみさんは、役所の手続きなんてすぐに終わるはずだから、その間は百貨店で暇を潰したら良いんじゃないと言いますが、私にはそんな暇つぶしが苦手。

 

結局、約二時間もの間、まったく無為に過ごしてしまいました。

 

因みに、先週役所に電話で確認した時には、家族全員の保健証と印鑑が必要とのことでしたが、今日行った窓口では私の保険証だけで良く、印鑑も不要でした。

 

ソフトバンクショップでは間違いを教えられたし、無謬性が売りのはずの役所もいい加減。

 

何処もアホばかり。

 

よくそんなテキトーな仕事で給料をもらえるものだと思います。

 

 

テキトーな役所にちょっとムカッとして、二時間もの間することがなく暇で仕方がなかった私の不機嫌そうな顔を見たかみさんは、お昼に私の大好物の鰻をご馳走してくれると言います。

 

それでカルチャーセンターの入っているビルの飲食街の鰻屋さんに入ったのですが、これが大外れ。

 

鰻の香りは一切しないし、ただの焼き魚。

 

更にタレは醤油臭いし、香の物は酸っぱい。

 

これで鰻屋の看板をあげていて恥ずかしくないのかと思いました。

 

ソフトバンクショップも、役所も、鰻屋も全部ハズレで散々なここ数日です。

 

 

 

ところで、NHKの世論調査では安倍内閣の支持率はいまだに38%もあるんだそう。

 

明らかなウソの加計学園側の説明に大いに納得できるとする人も13%もあると聞いて、びっくりしてしまいます。

 

このところ、役所も企業も仕事のレベル低下が目に余るけど、そんな仕事をしている人達が我が国の国民でもあるのだからしょうがないのでしょうか。

 

三代目の世襲議員で、頭も悪く、知性も教養も無く、人格もおかしい安倍、麻生が総理、副総理をしている日本。

 

「政治家は国民の鏡」

 

正鵠を射ている言葉かもしれません。

 

・・・・・・・・・・・・・

良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

昨日の安倍、麻生、財務省の記者会見には反吐が出た

  • 2018.06.05 Tuesday
  • 09:49

安倍さんが以前の街頭演説で放った「あんな人達」。

 

昨日の安倍さん、麻生さん、財務官僚達の記者会見を見ていて、

 

「あんな人達に政治を任せているんだ!」

 

と思った人も多いんじゃないでしょうか。

 

 

もはやもりかけ問題に関して、安倍さんが関与したことは様々な状況証拠から明らか。

 

ごく一部の安倍信者さん達は、それでも安倍さんの関与を否定し続けていて、ネットやYouTubeを見ると安倍擁護記事が氾濫しています。

 

「こんな人達」が安倍さんを擁護する動機はどこにあるんでしょうか?

 

 

「野党が頼りないから安倍さんに任せるしかない」

 

と言うけど、

 

「野党が頼りない」「信用できない輩も多い」のは確かだけど、だからと言って「安倍さんに任せるしかない」という論理は飛躍しすぎでしょう。

 

 

確かに森友問題での8億円、加計問題での240億円は我が国の100兆円の国家財政規模からして大したことはないかもしれません。

 

これがまともな政治を行っている宰相なら、多少の悪事には目を瞑っても良いかもしれません。

 

ただ、安倍さんの場合は、安保法制、特定機密保護法等の憲法違反の悪法に加え、海外から失笑を買うような幼稚な外交、稚拙な経済政策、そして民主主義、国民主権をないがしろにする国会運営、行政への不当な圧力等、とても近代国家では考えられない様な悪政のオンパレード。

 

我々老人の今後の生活も、子供たち世代の将来も真っ暗です。

 

 

「野党が頼りないから自民党と公明党に票を入れるしかない」「どうせ自民党が勝つのだから選挙には行かない」という人は考え直した方が良い。

 

自民党と野党が拮抗するような状態になっていれば、こんな独裁政治にはなっていなかったのだから、今の野党に政権を委ねることができなくても野党の議席数をもっと増やさねばなりません。

 

 

烏合離散を繰り返しているアホな野党議員達よ!

 

本当に国民のことを思うならそんなバカなことばかりするのは止めて、野党連合に真剣に取り組みなさい。

 

僅か国民の25%の得票数で自民・公明の独裁を許しているのはあなたたちのせいでもあるんです。

 

「平和の党」を標榜する公明党・創価学会の人達も、自民党の金魚の糞であるのを止めなさい。

 

信者の人達も、学会の指示に盲目的に従うのではなく、個々人の意志に基づいて投票しなさい。

 

 

そして、選挙にすら行かない50%の国民よ。必ず選挙に行きなさい。

 

 

さもなくば、本当に日本は終わってしまいます。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

この国民ありてこんな政治家あり

  • 2018.05.29 Tuesday
  • 23:42

今日は、同病の町内会長さんをお連れして一緒に病院へ。

 

1月から私の主治医の所に通い始めて3カ月連続でA!cが改善した会長さんだけど、流石に今回は前回より0.1の悪化。

 

私は前回と変わらずでした。

 

数年前に甲状腺にのう胞が見つかった私は、今日が半年に1回のエコー検査。

 

検査技師は初めて見る人だったのですが、なかなか検査が終わらず、ひょっとして前回よりのう胞が大きくなっているんじゃないかとドキドキ。

 

30分ほどもぐりぐりと撮影した後に主治医が来てくれてもう一度検査。

 

でも結果は前回と大きさが変わっていないと聞いて一安心。

 

前回検査の時には、次回は細胞診になるかもしれませんよと言われていたのを覚えていたのでずっとドキドキだったんですが、ほっとしました。

 

そこには報ステの小川彩佳さんとそっくりなスタッフさんも立ち会ってくれていましたが、彼女も主治医の言葉を聞いてにっこりしてくれました。

 

 

会長さんは検査結果がちょっと悪化していたけど、予め覚悟はしていたらしい。

 

ここに掛る前にはA1cが8.3と重症だったのだけど、7.5まで下がるには服薬だけでなく運動も頑張ってきたそう。

 

でも、流石に半年近くも節制していると疲れが出て来てしまいます。

 

私も一時はA1cが10台まで上がって、徹底的な糖質制限食で6.5まで下げることが出来たのだけど、糖質制限食は私には半年が限界でした。

 

でも、会長さんも私もまだまだ正常値には遠いのだからもう一息頑張らなければなりません。

 

 

昨日、会社の剣道部のマネージャーから名誉顧問の訃報が届きました。

 

彼は剣道部の先輩であると同時に、私達夫婦の仲人もやっていただいた方。

 

私が現役二年目には既に子会社の社長に転籍されていましたが、よく社長室まで遊びに行ったり、ご自宅にもお邪魔しました。

 

その恩人が亡くなったとの知らせには私もかみさんもしばし茫然としてしまいました。

 

確か94歳という高齢でしたから、大往生ではありますが、やはりショックです。

 

葬儀には是非行きたかったのですが、奥様が認知症の為に身内と極親しい方だけで執り行われたとのことで、連絡は葬儀終了後の翌日でした。

 

昔彼の直属の部下だった私の元上司にも連絡しましたが、やはり参列をお断りされたとのことでした。

 

 

昨年も、出向先の財団でお世話になった某大企業の会長さんが91歳で亡くなられたばかり。

 

こうして、お世話になった方が亡くなられるのは順番と言えばそうなんだけど、やはり寂しい。

 

それでも人望があった方達ばかりだから、きっと幸せな人生を過ごされたんだろうと思います。

 

 

夕方、保護ママさんからLine。

 

近々、初めての保護犬達の譲渡会を開催することになったとのことで、その旨をホームページで告知して欲しいとの内容でした。

 

相変わらず、文章も写真も送ってこない保護ママさんなので、私の方で適当に文書を作って、彼女のFacebookからダウンロードした写真で新しいページを作って差し上げました。

 

参加予定のワンコたちはいずれもシニア犬。

 

若いワンコはすぐに里親さんが見つかるけど、シニア犬の場合はなかなか里親さんが現れません。

 

今は、預かりボランティアさんのところで幸せに暮らしているけど、あくまでも預かりが前提だし、役所への飼い犬登録も出してないので本当の家族という訳ではない状態。

 

シニア犬の場合は、預かりママさんがそのまま里親になってくれるケースも多いのだけど、現在の預かりママさん宅はいずれも既に多頭飼い。

 

1匹でも大変なのだから、それが二匹、三匹、あるいは4匹となるととっても無理だというのは私の経験からも想像に難くありません。

 

なんとか優しい里親さんが見つかることを祈っています。

 

 

今日の娘のカフェには、ワンコ連れの4人組。

 

いつもお洒落なお洋服を着せてもらって、きれいにトリミングしてもらって、テーブルにはとっても贅沢なわんこ用鹿肉ジャーキーなんぞが置いてあります。

 

とっても幸せそうです。

 

それに対して、毎日何百匹と出てくる遺棄犬。

 

7割ぐらいが殺処分になっているそうです。

 

幸せなワンコとあまりに対照的です。

 

人間の場合は不幸になるのは多分に本人の問題のせいだけど、ワンコの場合はワンコに罪はありません。

 

自分は一所懸命に躾けたのにどうしても言うことを聞かないと言って保健所に持ち込んだり遺棄する輩がいますが、そんなアホはなんでもかんでも他に責任転嫁するような人間なんだと思います。

 

遺棄される膨大な数のワンコがいるということは、それだけアホな人間がいるということ。

 

呆れかえるほどの厚顔無恥な態度をとり続ける安倍政権の面々を国会中継で見せつけられる毎日だけど、ワンコを遺棄するようなアホが沢山いる国民だから、そんな政治家を選んでしまうんでしょう。

 

「政治家は国民の鏡」

 

この言葉が心に突き刺さる昨今です。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

TRUTH

  • 2018.05.28 Monday
  • 11:17

昨夜は娘が母の日のプレゼントでくれたTsquareのコンサートに行ってきました、

 

IMG_9234.JPG

 

ジャズは苦手な私だけど、彼らの音楽はジャズと言うよりポップスに近い。

 

演奏技術も素晴らしいので、ジャズボーカルやジャズピアノを聞いて胸が気持ち悪くなるようなこともなかったし、アンコールのTRUTHは最高でした。

 

TRUTHでは、ずっと右手を振り上げていたので肩が痛くなってしまったほどです。

 

それにしても、ほとんどこのTRUTH一曲で超メジャーバンドになったのだから凄い。

 

娘のおかげで楽しいひとときを過ごさせてもらいました。

 

 

 

TRUTHと言えば、もりかけ疑惑の真実はいつ白日の下に明らかにされるのでしょうか。

 

愛媛県の「安倍首相も新しい獣医学部は良いね」と加計学園側が言ったとの文書。

 

これまでほとんど沈黙を守っていた加計氏が「あれは自分達がでっち上げたウソだ」とするファックスを報道機関に送り付けたそうです。

 

これはウソにウソを重ねるという典型。

 

LITERAが早速、このウソを暴いています。

http://lite-ra.com/2018/05/post-4034.html

 

高橋洋一や上念司などが、相変わらず安倍さん擁護の意見を発信し続けていますが、こんな奴らのいうことを信じている国民がまだまだ沢山いるのだから呆れます。

 

ある人の分析によると、安倍さんを信じ続ける国民の中には我々老人も結構たくさんいるそうです。

 

定年退職して時間が出来たネット初心者が、高橋洋一や上念司などが書いた記事や、ネットに無料で掲載される産経新聞の記事を読んで安倍さんが正しくて、安倍さんを追求している野党には「ほかにもっと大事なことがあるだろうに」と思ってしまうんだそうです。

 

サラリーマン時代にも。御用新聞の産経や日経を読んでいた人達には、これらがとんでもない御用新聞だということも分かっていないんでしょうね。

 

私も現役時代には、日経、産経、ポン工あたりを読んでいたのですが、3.11を機に地方新聞に変えました。

 

 

今も、YouTubeで国会中継を聞きながらこの記事を書いていますが、本当に安倍さんのウソ、厚顔無恥ぶりには反吐がでそうです。

 

 

朝は愛犬達を連れて、以前行ったことのある公園までお散歩に出掛けてきました。

 

前に会ったことのある、19歳になる老犬にまた会うことができました。

 

昨年7度もがんの手術をして体力が落ちてフラフラだった老犬ですが、今日は比較的元気に歩いていました。

 

IMG_9239.JPG

 

前回はおじいさんに連れられていましたが、今日は奥さんに連れられていました。

 

お互いに挨拶して少しお話しました。

 

サンちゃんの誕生日を尋ねられて「保護犬なので正確な誕生日は分かりませんが…」と返事したのをきっかけに保護犬の話題になりました。

 

奥さんは、ペットショップやブリーダーがこうした保護犬をたくさん産んでいること、そしてさらには餓死、病死させていることも沢山あるとのことをご存じありませんでした。

 

サンちゃんも山中に遺棄されていて、それはおそらくペットショップかブリーダーの仕業だと話すと、

たいそうショックを受けられた様です。

 

 

ことごと左様に、人には知らない世界が沢山あります。

 

原発や、現在のもりかけ疑惑についてもほとんど知らない人、体制側の言うことしか知らない人も沢山いるんだろうと思います。

 

前川喜平氏が言うように、「国民主権」の為には国民自らが学び、考えなければならないと改めて思いました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

平然とウソをつき続ける日本の総理大臣と、可愛いワンコを平気で遺棄する国民

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 22:26

愛媛県が国会に提出した加計学院側との打ち合わせ議事録の全文。

 

これほど決定的な証拠が出ても、いまだに逃げようとしている安倍さん。

 

これまで国民にウソをつき続けてきたから、今更認めることはできなくなってしまったのだろうけど、ここまで証拠が揃ったのだから「容疑者否認のまま裁判に…」とでもならなければ、本当に日本はお終いです。

 

いまだに安倍内閣の支持率は38%もあるというのですから、38%の国民はいったいどんな神経をしているんでしょうか。

 

 

先程、私が更新のお手伝いをしている保護ママさんのホームページの管理者ページを開くと、こんなメールが。

 

「経済的事情で飼い犬が飼えなくなりました。よろしくお願いします。勝手な言い分で申し訳ありません」

 

メールアカウントを見ると、携帯電話キャリアのメール。

 

アカウントを見ると、激安キャリアのものではなく、第一種通信事業者のもの。

 

これがスマホなら月に8000円は掛かっています。

 

経済的事情でワンコを飼い続けることができないという前に、なぜ携帯電話を解約しないのか。

 

保護ママさんが、どんな返事をしているかは私にはわからないけど、腹が立って仕方がありません。

 

自分が病気になったとかならまだ分からなくも無いけど、経済的事情でというのは許せません。

 

 

昨年12月に保護犬のサンちゃんを我が家に迎え、保護ママさんのホームページのお手伝いをするようになってから、こうした保護犬が沢山いることが分かりました。

 

当地ではペットショップやブリーダーの遺棄も多いけど、個人による遺棄も相当数あります。

 

人気のない山中に遺棄されていたサンちゃんは、食べ物も無く真っ暗な夜に一人ぼっちで捨てられてどんなに不安だったことか。

 

公園に捨てられていた知り合いのヨーキーちゃんは、どんなに飼い主が恋しくて、お腹が減って辛かったことか。

 

 

たかが犬と思う人も沢山いると思うけど、ワンコは話すことはできないけど喜怒哀楽の感情は人間と変わることはありません。

 

私が熱を出して寝ている時には、そっと背中に寄り添ってくれて身体を暖めてくれます。

 

旅行に連れていくと、クルマの中でも旅先でも本当に嬉しそうにしてくれます。

 

そしてワンコは決してウソはつきません。

 

悪戯してモノを壊した時に、「こら、誰がやったの?」と言うと、目の前に座っていかにも申し訳なさそうに首をうなだれます。

 

お散歩に行くよと言うと、尻尾をブンブン振って喜びます。

 

「犬」という言葉はいい意味に使われないことも多いけど、少なくとも国民の前で平気でウソをつき続ける誰かさんより、ワンコの方がはるかにまともです。

 

 

今日は旅行疲れもあって旅を思い出しながら幸せな気分で昼寝していましたが、安倍さんの厚顔無恥な態度、保護ママさんへのメールで気分が悪くなってしまいました。

 

ウソをいっぱいついた人は老後もずっと後悔することになるし、愛犬を遺棄した人は死ぬまで後悔しながら生きていくことになることが分からないんでしょうか。

 

こんな政治、可愛い飼い犬を遺棄する様な社会を放置しておけば、日本の未来は真っ暗です。
 

・・・・・・・・・・・・・

良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

残業代泥棒と労働搾取者との戦い

  • 2018.05.18 Friday
  • 09:38

私とほぼ同年代の西城秀樹さんの突然の死。

 

彼の歌は私の好みではなかったし、もてない私にはモテモテ男の彼は憎たらしい存在だったけど、同年代の突然死にはやはりショックを受けました。

 

若い時にも脳梗塞を起こしていたとのことなので、死因は急性心不全と言っているけど動脈硬化が進んでいて心筋梗塞を起こしたのでしょうか。

 

 

ところで毎日加計学園問題と働き方関連法案をめぐって堂々巡りを続ける国会。

 

加計学園問題に関しては、またまた内閣府の愛媛県出張時に加計学園側のクルマで送迎されていたという「加計ありき」を証明する事実が明らかになりました。

 

それを質問された安倍さんはしどろもどろ。

 

もし私がそんな状況にあったなら耐えきれなくて全て吐いてしまうのは確実だけど、それでもなんとか誤魔化そうとしている安倍さんの見苦しい態度。

 

先日前川喜平氏から「私の名前を使うのはやめて欲しい」と言われたばかりなのに、また前川氏の名前を出して自分の潔白さを証明しようという姑息さ。

 

前川氏は、「安倍さんが潔白だ」などと一言も言っていないのに、「安倍首相から直接指示を受けたことはない」との一言だけを切り取って自分は悪くないと強弁する姿には怒りさえ覚えます。

 

 

そして働き方関連法案をめぐる問題。

 

ウソと改竄だらけの調査結果をもとにした法案を強行採決しようとする安倍政権の独裁政治です。

 

ただし、この法案の問題の本質についての野党側からの言及がないのはちょっと不満。

 

この問題の本質は、

 

「残業代泥棒」の労働者側と、「労働搾取」の経営者側の綱引きだと私は思います。

 

 

労働者の多くは残業代を頼りに生活をしています。

 

もともと基本給が低いのだから残業代で稼がないと十分な収入を得られないのです。

 

私の元職場でも、生活残業している人が沢山いました。

 

日中はダラダラ仕事して、定時が終わると残業を始めるという人も大勢いました。

 

随分前からみなし労働時間制が適用されている外回りの営業職においては、喫茶店やパチンコ店でサボるのは日常茶飯事。

 

定年退職してから、平日昼間にカフェに行ったり、時々パチンコ店を覗いてみたりできるようになった私ですが、そんな場所には背広を着てネクタイを締めたサラリーマンがいっぱい。

 

オフィスワーカーにおいては、明らかな勤務時間中にSNSにログインしたり、さらに投稿している人すらも沢山います。

 

そんな社員が沢山いることを知って、残業代やみなし残業代を削りたいと思うのは経営者としては当然です。

 

もちろん、ずっと寸暇を惜しんで真面目に仕事をしている人も沢山いるけど、そんな人ほど仕事を早く仕上げて残業代も貰っていません。

 

そんな残業代泥棒を沢山見ていた私は、早く管理職になって残業代がなくなれば良いのにと思い続けていました。

 

仕事が早かった私は少しでも早く退社したいのだけど、周りの社員が夜遅くまで残っているとなかなか帰り辛かったのです。

 

そんな時は殆どの管理職は定時を少し過ぎると早々に退社していましたが、非管理職の殆どはダラダラ残業していたんです。

 

 

幸い、私のいた会社では、20年程も前から、管理職手前で「みなし労働時間制」が採用されてタイムカードも無くなって、残業時間の多寡にかかわらず一定の残業代が払われました。

 

そして管理職になってからはその残業代は無くなったけど、そこそこの給料がもらえるようになりました。

 

だけど、部下の残業管理をする立場になると、その時間管理の仕事が結構精神的に辛かった。

 

明らかに生活残業で稼いでいる部下に「早く帰れ」と言うのは仕事だけど、彼らが残業代を欲しがっているのは明らかだったからです。

 

 

働き方関連法案には、こんな背景があります。

 

労働者を支持層とした野党側は、なんとか残業代が払われ続ける現行制度を維持したいという本音があって、過労死という極々少ない事例をもとに反対しているのだけど、与党側は残業代泥棒をなくしたいという経営者側の本音を受けてなんとか強行採決したいという訳です。

 

 

だから、ことの本質は基本給の少なさです。

 

労働者の年収平均400万円と言うのは明らかに少なすぎ。

 

派遣社員だとフルタイムでも200万円と言うのは論外です。

 

労働分配率を低くして内部留保を貯め続ける大企業はケチすぎます。

 

 

そしてもう一つの問題の本質は労働流動性が低すぎること。

 

転職をすると不利になる日本の雇用環境ではそうなるのは必然なのだけど、もっと労働流動性が高くなればブラック企業で働くのが嫌なら転職することも容易になるし、経営者側も自社に合わない社員、給料泥棒の社員に首を言い渡すことに大きな良心の呵責を伴うこともなくなります。

 

 

一日8時間を密度濃く仕事をこなして、残業代が無くても十分な給料を得られることになれば、経済成長もできるだろうし、余った時間を文化・芸術活動、ボランティア活動に使って経済面でも心の面でも豊かな社会になることが出来るんだろうと思います。

 

これらを解決するのはなかなか難しいだろうけど、働き方関連法案を「過労死」「データの不備、改竄」だけで云々するのは如何なものかなあと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM