昨日より今日の自分

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 11:04

昨夜ブログを書いていて気が付いたのが、累計で1000記事を突破していたということ。

 

熱しやすく冷めやすい私がよくここまで続いたものだと思いました。

 

定年を機に始めたブログですが、これだけの記事を書けると言うことは、サラリーマン時代には言いたくても言えなかった政治のことで書きたいことが沢山あったこと、そして音楽のことやワンコたちのことなどの定年後の楽しみがあって、それらが日々いろんな変化をし刺激を与えてくれているからなのでしょう。

 

匿名のブログは、Facebookなどと違って殊更に自分の生活の充実ぶりを無理にアピールするなんておかしな気持ちが働くようなこともないし、自分の日記として日付別、テーマ別にアーカイブされているのが良い。

 

Facebookでは、お金を払って「いいね」を買ったり、一緒に写真に写ってくれる人を雇ったりという人もいるようですね。

 

そこまでしなくても良いと思うのですが、どうなんでしょう。

 

 

 

今日のお昼ご飯は愛犬達にお留守番をしてもらって私一人で外食に出掛けようと思っているので、午前中は愛犬達とたっぷり遊んでやりました。

 

その愛犬達は、昨夜はなんと二人とも私のベッドで一緒に寝てくれました。

 

この1週間は、サンちゃんはかみさんのベッド、キュート君は私のベッドと決まっていたのですが、昨夜はサンちゃんも私の枕元でぐっすり。

 

人間の様な鼾をかいて寝るサンちゃんですが、その鼾も可愛くて私には子守歌の様。

 

朝ご飯を食べた後も、二人は仲良く私にびったりくっついてくれました。

 

 

その後は、キュート君がロープで遊んで欲しいとPRするので相手をしてやりましたが、まだ小さいサンちゃんは周りをうろうろするだけ。

 

サンちゃんが寄ってくるとキュート君は乱暴な遊びは危険だと思うのか、途端に動きを緩めてくれます。

 

流石にお兄ちゃんです。

 

 

モーニングショーを見ていると、話題は相撲の話ばかり。

 

白鵬の横綱としての気品についてコメンテーター達がいろいろと言っていました。

 

相撲はスポーツか武道かという点で意見が分かれているようですが、私はどんなスポーツにおいても相手への尊敬、思いやりが必要だと思っています。

<当ブログ内参考記事>

白鵬の品位と日本人の美学。落合博満、モハメド・アリは素晴らしかった。

 

特に相手を傷つけてしまうことのある格闘技の場合は尚更です。

 

剣道の場合は、たとえ竹刀が相手の小手や面に強く当たったとしても必ずしも一本になりません。

 

気剣体の一致がなく、そして当たった後に残心をせず、引き上げをすれば一本になりません。

 

打突に美しさ、品格がなければ剣道ではありません。

 

その点で、私は白鵬は好きではありません。

 

そんな日本人が多いのは私のような気持ちを持っている人も多いからなのでしょう。

 

 

そんな日本古来の相撲道に異民族を入れてしまった相撲協会の対応がそもそもの間違い。

 

そんなことを言うと、民族差別だとか時代遅れだとか批判を浴びそうですが、日本古来の武道には日本人しか理解できないところがどうしてもあるんです。

 

日本人でさえ、そうした精神を持つことができてない武道家も沢山いるんですから、いわんや遊牧民族や狩猟民族においておや、です。

 

 

そんな偉そうなことを言う私も、剣道を極めたわけでもないし、この歳になってもまだまだ人格が出来ていません。

 

だけど、少なくとも昨日の自分より今日の自分をよりよいものにしようという気持ちだけはもっているつもりです。

 

それに気が付くのが随分遅かったですけどね。

 

そんな私には冷静に昨日の自分を見つめるためにもブログは役に立っていると思っています。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

ほじって良いもの、悪いもの

  • 2017.10.03 Tuesday
  • 23:18

ある事柄に変化が起きたとき、その理由が告げられないととっても不安になります。

 

いろいろと詮索して、不安になったり、心配したり、あるいは楽観的に考えたりと。

 

いずれにしても精神的には良いもんじゃあありません。

 

 

政治においても、新党の政策が抽象的で特定個別の狭い範囲の政策ばかりだととても票を入れる気にはなりません。

 

希望の党はその最たるもの。

 

そんな希望の党の結党メンバーの顔を見ると、皆腹黒い顔をしているように見えます。

 

公認候補を選ぶのは苦渋の選択だったと語る彼らの顔は、なんだか「俺は苦労して仕事したんだぞ」と言いたげですが、やはり腹黒くて自己顕示欲が強いだけじゃなくて、人の心が分からないアホなんだと思います。

 

 

まもなく選挙戦に入りますが、各党の政策を徹底的に「ほじくる」べきです。

 

そうすれば、彼らの本音や本質を垣間見ることができるからです。

 

 

「ほじくる」と言えば、今日の耳鼻科での話。

 

朝から、先週罹ってしまった外耳炎の治療に大病院まで出掛けました。

 

外耳炎そのものはすっかり治っていました。

 

ついでに半年に一度経過観察をしてもらっている耳下腺腫瘍の診察も受けましたが、こちらも変化なし。

 

また半年後の診察を受けるだけで済みました。

 

外耳炎は治っていたものの、耳に点した液薬の為か耳が痒い。

 

医師に、

 

「耳掃除はしない方が良いとテレビに出ていた医師が言っていましたけど、本当ですか?」

 

と聞くと、

 

「耳掃除で傷を付けてしまって病院に来る人が沢山います。」

 

「綿棒で掃除するのも絶対にダメです。耳垢を奥に押し込んでしまってそれが固まって炎症を起こすことがあります。」

 

「耳垢は自然にこぼれてくるから、放っておけば良いんです。気になるのなら外側だけそっと掃除すれば良いんです」

 

と言われました。

 

政策は「ほじくる」べきだけど、耳はほじくっちゃいけないということですね。

 

そして理由を聞いても答えてくれない人にも、その理由をほじくってはならないのでしょうね。

 

それをほじくるようだと、希望の党の連中のように「人の心が分からないアホ」と同じになってしまいますから。

 

 

子供の頃、母の膝に頭を乗せて耳掃除をして貰うのが大好きだった私。

 

ですが、かかみさんに耳掃除をしてくれと頼むと、新婚当時はやってくれたけど、いつのころからかやってくれなくなりました。

 

背中が痒いときは掻いてくれるんですけどね。

 

そう言えば、結婚する前は時々私の背中の毛を毛抜きで取ってくれていた娘が、ここ数年全くやってくれなくなりました。

 

それを時々寂しく思うここ数年です。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

なんだかとっても有意義な気がした一日でした

  • 2017.10.01 Sunday
  • 16:53

昨日は、5歳年下の上司に虐められて鬱になりそうだとメールをしてきた会社の同期と朝食。

 

会ってみると鬱なんてことは全くなくて、ひたすら上司に対する悪口をしゃべりまくります。

 

話を聞いてみると、彼にも悪い点が多々有って、その上司の気持ちも良く理解できます。

 

旧帝大卒の彼は、一流半どころの私大卒の上司を偏差値が低いバカだと貶しますが、卒業後30数年も経っているのにいつまで大学名に拘るんでしょうか。

 

そんな嫌なら、定年まで1年を切っているのだからとっとと辞めれば良いと思うのですが、いざ辞めるとなると決心がつかない様です。

 

「60歳にもなれば、余命は短ければ10年未満という可能性も高いのだから、人を貶したり恨んだりする時間は勿体ない」

 

「それより、少しでも世のため、人のために尽くした方が後悔しないよ」

 

と彼に言ってやりました。

 

「それは分っているけど」

 

と言う彼ですが、60にもなっているのに自分が後10年未満で死ぬかもしれないと言うことすら覚悟が出来ていない様です。

 

これまで3度も癌の可能性が高いと診断されたことのある私ですが(一度は読影医の誤診、残りの二度は良性)、健康診断で一度も引っ掛かっていない彼には死なんて想像したこともないんでしょう。

 

それでも、何かあるたびに私にメールを寄越す彼なので、自分の老後に対して漠然とした不安を抱えているのでしょうか。

 

 

午後からは、愛犬を連れて公園に行きました。

 

すっかり気候も良くなった昨日の公園は人でいっぱい。

 

世界一ハンサムで可愛い愛犬を連れた私は、また美人さんに声を掛けられることをちょっとだけ期待していたけど、この日声を掛けられたのは84歳の男性のご老人。

 

戦時中に飼っていたわんこを、国難の時代だと言う理由で警察に連れて行かれたこと、飼っていた猫が生んだ子猫を川に流した話を聞かされて、ちょっとショック。

 

やはり、戦争なんてなにがあってもやってはなりません。

 

その点でも、極右の安倍さん、ウルトラ極右の小池さんは本当に危険。

 

これからのことを考えるとちょっと暗い気持ちになりました。

 

そんな話を聞いた後に、愛犬とボール遊びをしていると、どんなことがあっても愛犬と家族は守ってやるぞと思いました(ちょっと大げさかも)。

 

IMG_6201.JPG

 

IMG_6195.JPG

 

 

今日は、町内の公園清掃。

 

創価学会の信者のおばさんから、

 

「公明党をよろしくね」

 

と言われました。

 

普段は、笑ってごまかすのですが、この日は、

 

「公明党も自民党も大嫌いなんで」

 

と言い返してしまいました。

 

正確には、「金魚の糞でカルト集団の公明党は論外、自民党の清和会系は大嫌い」なのですが、流石にそこまで言うとご近所さんとの関係が悪くなってしまいます。

 

それにしても、我が国の国民の大半が労働者階級なのに、どうして保守(右翼)政党やそれにくっついている公明党支持者がこんなに多いんでしょうか。

 

資本家や権力者に支配されている今の現状を良しとする労働者階級ばかりになってしまっているのか、中韓嫌いを煽る保守に共感を感じてしまうのか。

 

そうじゃないとすれば、リベラル政党があまりにもだらしないからでしょうか。

 

民進党内で、反小池の動きが加速している様ですが、残ったリベラル派だけで民進党を立て直した方が良いかもしれません。

 

右翼の前原や野田に出て行って貰った方が、政策の違いが明確に出てはっきりしますから。

 

 

午後からは、かみさんと愛犬と一緒にちょっと遠くの中華料理店へ。

 

ちょうどトイプーちゃんの先客がいて、すっかり私に懐いてくれました。

 

IMG_6207.JPG

 

他のわんことはなかなか仲良くなれないはずの愛犬もすぐに仲良くなってくれました。

 

IMG_6235.JPG

 

そこの料理が、予想外の美味しさ。

 

盛りつけも綺麗だし、

 

IMG_6229.JPG

 

味もボリュームもなかなかのもの。

 

IMG_6231.JPG

 

IMG_6214.JPG

 

実はこの店舗は、5年前に私が買おうと思ったことのある物件。

 

駅からはかなり遠いので、手芸材料を沢山抱えてくるかみさんの教室の生徒さんには不便だと思って購入を思いとどまった物件です。

 

だけど、建物がとっても素敵で、すごい厨房設備も整っていたので、カフェにするには最高の物件だったけど、駐車場も1台分しか無いし、あくまでもそのときは直営の手芸教室の開設が目的だったんで止めたんです。

 

その話をお店の中国人のおばちゃんにすると、彼女自身もやっぱり5年前に悩んだ末に一度はあきらめた物件だったそう。

 

その後、別の人が入って綺麗に改装されて2年程経ってから、結局この物件を手に入れることになったそう。

 

以前は、交通量の多いところで繁盛店を開いていたのだけど、歳をとったので儲けは度外視でのんびりと少数のお客さんとのコミュニケーションを図りたいとここに店を開いたのだそう。

 

私達家族と同じ様な経緯をたどってこの店をやっている中国人夫婦に私達も不思議な共感を覚えました。

 

そして、このお店のちょっと離れた駐車場は、なんと私が昔よく通っていた雀荘の駐車場と同じところ。

 

これもとっても不思議な縁です。

 

店の奥さんと隣の席にいたトイプーのご夫婦とも話が弾んで、とっても楽しいランチになりました。

 

 

そして、肝心のお味の方がとんでもなく美味しい理由も分りました。

 

超一流ホテルの中華料理店のシェフを長年やっていて、中国本土の特級調理人の免許も持っているとのこと。

 

餃子一つとっても、その辺のものとは比較にならない位に美味しいし、他の料理も私がこれまで食べた一流の中華料理店と変わらない味。

 

これでわんこと一緒にお食事ができるんですから、私にとっては最高のお店。

 

店の奥さんとも親しくなったし、私の自宅からはかなり遠いけど、これなら月に一度や二度は出かけたいと思いました。

 

 

家に帰ると、長距離ドライブと慣れない場所に疲れた愛犬はぐったり。

 

そんな愛犬をそばに今日を振り返ってブログを書いていると、なんだかとっても有意義な一日だった様な気がします。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

また懲りずに新しい目標ができた

  • 2017.09.28 Thursday
  • 00:17

正常化バイアスに捕らわれている凡人には想像もできなかったこの2日間の政局。

 

でも、考えてみれば大きな変革が起こるのはいつもこうしたパターン。

 

個人的には風見鶏の小池さんは好きでは無いけど、アホで嘘つきで無茶苦茶な経済政策を行い続ける安倍さんが政権の座から下りてくれるならそれはそれで良しと考えたい。

 

少なくとも、原発事故以降、大量のがん患者や心疾患患者を生み出していることは間違いないだろう原発を廃止するという政策を掲げているだけでも良しです。

 

極右とウルトラ極右の二大政党政治になるかもしれないけど、それも大きな変革の中での過渡期的現象。

 

その内、まともなリベラル政党が出てきてくれるでしょう。

 

 

今日はヴォーカル教室。

 

楽器店のフロアに着くと、いつもの店員さんが手を振ってくれます。

 

一応お客さんの私と店員さんが手を振って挨拶するものどうかなあと一瞬思いながらも、私もそんな可愛い店員さんに手を振ってもらえると嬉しくなってしまうので、知らずに頬が緩んで手を振ってしまいます。

 

レッスンでは相変わらず子音の発声練習がボロボロだったけど、先回から課題曲に選んだLet IT beはなかなか上手いと褒められました。

 

その前に選んだBlackbirdは半音で移行する旋律が難しかったけど、極オーソドックスな旋律のこの曲の方が歌いやすい。

 

それでも、細かな英語の発音を沢山修正されて、ブレスの位置を直されたりしてまだまだ練習が必要です。

 

 

家に帰ると雨がパラパラ。

 

愛犬には可哀相だけど、お散歩には行けません。

 

私も外耳炎の影響か、あまり体調が良くないので沢山遊んでやることも出来ません。

 

そんな中で愛犬は玄関に寝っ転がって娘が来てくれるのを待ち焦がれています。

 

あまりにも可哀相だったので少しボールで遊んでやりました。

 

その後、娘が来ると愛犬は尻尾をブンブン振って喜びを表します。

 

娘もそんな愛犬が可愛くてどうしようもない様子。

 

もう、家族みんながメロメロです。

 

 

そんな愛犬を見ていると無性に愛犬との生活をテーマにした小説を書いてみたくなりました。

 

森村誠一氏はサラリーマンでいることに耐えられないから小説家を目指したそうですが、どちらかと言えば動機は不純です。

 

書きたいものがあるから書いて、結果小説家になったというのがあるべき姿じゃないかと思うんです。

 

そんな私の考え方からすると、愛犬をテーマにした小説を書きたいと思ったのは、動機と言う点では正しい。

 

ただし、私にはビジネス文書以外の文章力や構成力などが全くないのが問題。

 

一応数ヶ月前から、わんこ関連のフリーライターとして既に10件ぐらいの記事を投稿し採用されている私ですが、その記事を読み返してみても本当のプロの書いたものとの差は歴然。

 

文書にドキドキさせる様な躍動感もないし、ストーリーの流れもイマイチ。

 

適当に書いているブログなんかと違って、メモ帳で下書きをした上で文書校正ソフトに通したりしているんですが、肝心のおもしろさがないんです。

 

動機は正しくても、そうした能力がなければ話になりませんね。

 

でも、そのうちそんな小説を書いてみたいという新しい目的がまた一つできました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

生きているからこそ。会えない寂しさと会えた嬉しさ

  • 2017.09.22 Friday
  • 00:30

今日はかみさんが大ファンのバイオリニストさんのコンサート。

 

いつもは小さなライブ会場でやるんですが、今日は350人収容できて舞台もでかいそれなりのホール。

 

料金はちょっと高めだけど、ライブハウスに行っても欲しくも無いドリンクやおつまみを取らされるから、それを考えるとほぼ同額。

 

そして、なによりちゃんとした音響設備のあるホールで聴けるのですから逃すわけにはいきません。

 

 

そんな訳で愛犬を夜のお散歩に連れて行けないので、ちょっと早めの夕方にいつもの公園まで連れて行ってやりました。

 

公園ではベンチに座って読書をするのが私の常。

 

今日持って行ったのは、珍しくノウハウ本。

 

それもデザインの基本を学ぶためのもの。

 

自分でライブやコンサートを主催するようになって、チラシやホームページなどを自作するようになった私だけど、どうもデザインがいまいち。

 

プロ用のデザインソフトのAdobeIllustratorの使い方はそれなりに分かるようになったけど、肝心なデザインが下手だと満足するものはなかなか出来ません。

 

そして今はちょうど、かみさんから頼まれた手芸教室の展示会を告知するためのDMの作成にかかっているところ。

 

昨日は、あまりにも拙なかった案内地図を新たに作り直してみたけど、やはりプロの作ったものと比べると酷い出来。

 

そのDM作成には間に合わないけど、これから作るチラシにはなんとか上手くなって少しはまともなものを作りたいと思っているんです。

 

今日学んだのは、フォントとカラーの使い方。

 

文字間の調整はソフトで自動調整できるようになってはいるけど、ひらがな部分だけをハンドで字間を狭くすればかなり見栄えが違います。

 

さらにCMYKという印刷用のカラーのこと。

 

これもなかなか望み通りの色が出来なかったけど、その本の作者がよく使っているというCMYK比率をメモしておけばきれいな色を作ることもできます。

 

なるほど!これだけでも随分実践に役立ちそうです。

 

 

私が本を読んでいる間、愛犬はずっとおとなしくベンチに座って通行人を眺めていました。

 

小一時間程して本をバッグにしまうと、愛犬はすぐにベンチから下りてお家に帰る体制。

 

早く帰りたいのか、リードをどんどん引っ張ります。

 

本当に可愛くてどうしようもありません。

 

 

家に帰ってからしばらく休んでからコンサートに出かけました。

 

バイオリニストさんは、いきなり2曲目に私達夫婦が大好きなカッチーニのアヴェアリアを演奏してくれました。

 

この曲を聴くといつも胸が熱くなります。

 

それ以外にも彼のオリジナル曲もとっても良かった。

 

女性シンガーもとっても上手だったし、ピアニストも良かった。

 

ただ、シンガーさんが呼んだというタップダンサーは、イマイチどころか興ざめ。

 

タップと音楽の拍が全く合わず、むしろせっかくの演奏を邪魔していました。

 

彼なりに一所懸命になっているのだろうけど、一流のピアノ、バイオリン、ヴォーカルと比べると格が違いすぎます。

 

まあ、そのことをべつにすればとっても素敵なコンサートでした。

 

 

家に帰ると愛犬が飛びついてきます。

 

私はこの瞬間がなにものにも代えがたい幸せの時。

 

明日は先日サ高住に入居したばかりの母のところに帰省する予定だけど、長距離を運転して会いに来る私を見て、母も幸せを感じてくれるんだろうと思います。

 

会いたい相手となかなか会えない寂しさ、会ったときの嬉しさ。

 

どちらも生きているから味わえるってことですね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

ハッピーエンドだった武井咲の黒革の手帳

  • 2017.09.15 Friday
  • 19:21

昨夜放送されたテレビドラマ「黒革の手帳」。

 

昨夜はクルマで移動中だった私ですが、娘がビデオを撮ってくれていたので見ることができました。

 

 

視聴者からは様々な感想が寄せられているようです。

 

私の印象はハッピーエンド。

 

高級クラブを手放すことになるだろう元子も、代議士の椅子を棒に振るだろう安島も、どちらも警察に踏み込まれたけど安堵したような笑みを見せます。

 

最後にはお金でも地位でもなく、一番大事な愛を手に入れることになることを連想させてくれました。

 

 

原作は身も凍る様な恐ろしい結末でしたが、武井咲主演の黒革の手帳ではハッピーエンド。

 

後味が悪くなることもなくて、とっても良かったなあと思います。

 

 

そして人間にとって一番必要なことは、お金でも地位でもなく、愛なんだなあって思いました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

長い人生で幸せなのは一時だけ

  • 2017.09.07 Thursday
  • 00:13

今日はヴォーカル教室。

 

教科書にある早口言葉の様な子音の練習。

 

これが上手く出来ない。

 

先生曰く、唇の周りの筋肉が鍛えられていないとできないそうです。

 

特に、子音の発音が大事な英語の歌だとこれができないと上手くきこえないそう。

 

もともと滑舌があまり良くない私ですが、こうやって毎回発声練習をしていれば加齢と共に更に滑舌が衰えるのを防止できるかもしれません。

 

 

今日、週刊誌を読んでいると、我々老人にとっては暗ーい話題の特集がありました。

 

年金支給開始年齢が75歳に伸ばすことが政府で検討され始めていて、これが実現すれば更に悲惨な老後になりかねないという話です。

 

かなりの企業で定年年齢が65歳になりつつありますが、政府はこれを制度的に65歳にして年金支給開始年齢を75歳にしようとしているとのこと。

 

そういえば、公務員の定年も65歳に引き上げられるという記事がつい先日ありました。

 

そうなると、今現在、60歳定年退職後の無収入期間が5年あるわけだけど、これが10年間になってしまうということ。

 

現在でもフィナンシャルプランナーの多くが、65歳までは給料が半分になっても働かないと老後破産していまうと主張していますが、65歳定年で年金開始年齢が75歳となればそのままでは無収入期間が10年間となってしまいますから、極論すれば75まで働かなければならないという結論になってしまいます。

 

 

もともと戦費調達のために1943年からスタートした公的金制度。

 

制度的欠陥を持っている上に、厚生省のアホ官僚のいい加減な管理で年金積立金を無駄遣いされ、100年安心年金などという妄言にだまされ続けてきた国民。

 

その結果が、先に述べた年金制度の改悪論議です。

 

そして少ない年金にも税金がかかり、介護保険料を取られ、一昔前は無料だった老人医療費も自己負担が増える一方。

 

そうしたのは全て我々が選挙で選んできた議員達と、税金泥棒の官僚達です。

 

消えた年金問題では散々騒いでいた国民も、もともと忘れやすい性癖もあって、もはや怒ることも忘れたかのよう。

 

国民の大半が暗い老後を覚悟しているということなのでしょうか。

 

 

 

今日は愛犬を連れてかみさんと和食屋さんへ。

 

話題は子供達世代の将来のこと。

 

人口減の日本において、我々の次世代はもっと苦労するんだろうなあという心配話に終始してしまいました。

 

可愛い愛犬とこうして一緒に過ごせるのは幸せだけど、かみさんが突然、

 

「この子が死んだら寂しくてどうしようもなくなっちゃうだろうね」

 

と言い出しました。

 

グノシーというサイトを見ていると、いろんな理由でわんこを手放さざるを得なくなった人が沢山いるそうです。

 

そんな人達は、自分の犬の幸せを思ってか、先住犬のいない家庭で貰って欲しいと願っている人が多いそうです。

 

だから、目に入れても痛くない愛犬がいる我が家は貰い主の対象にはならないだろうと思います。

 

 

かみさんがそんなサイトを見始めたってことは、やはり私と同様に愛犬に弟を迎えてやりたいと思っているんでしょう。

 

それは愛犬のためでもあり、いつか来る別れの時に自らの寂しさを少しでも少なくしたいと思っている為なのかもしれません。

 

 

実際に多頭飼いをしている人に聞くと、皆さんそういう思いがある様です。

 

 

老後を考えると不安なことばかりですが、愛犬がいれば楽しくて可愛くてそんな不安も忘れてしまうけど、他方で別れの時を考えるとそれはそれで不安になります。

 

つくづく、長い人生の中でなにもかも幸せな時間っていうものは極く短い間なのかなあと思いを馳せた今日でした。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

悔いなき人生を送るのは難しい

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 10:12

定年まで1年を切った会社で同期の男。

 

5歳年下の部長に厳しい叱責を受けて鬱になりそうだと言います。

 

恨みや辛みを綿々と綴ってくる彼のメールを読んでいると、私も暗い気持ちになってきます。

 

嫌なら会社なんて辞めてしまえば良いと思うのですが、35年勤めてきた会社を辞める覚悟もできないらしい。

 

 

私が定年退職後にこれまで縁のなかった音楽業界の人達と付き合うようになって思うのは、個人事業主としてやっている人にはそんな人間界系で悩んでいる人が少ないと言うこと。

 

もちろん、収入が少ない、不安定だという心配事は抱えているのだろうけど、会社の同期の男の様な愚痴は聞いたことがありません。

 

多少の愚痴はあったとしても、それは次のステップに向けた「課題への気付き」であることが多い。

 

40になっても、いずれはメジャーデビューしたい、自分自身の音楽教室を持ちたいと夢を持っている人も多い。

 

 

それに比べ、サラリーマンの場合は30前後で会社内の将来のポジションはほぼ見えてしまいます。

 

出世コースに乗っていた場合でも、ある日へまをやらかして脱落してしまうことも多々あります。

 

そして部長になっても役員になってもトップになれない限りは、人に仕えるという立場に変わりはなく、前川喜平氏のようにずっと面従腹背のままでいなければなりません。

 

加えて、きちんと蓄えや資産運用をしていなければ、60を過ぎて給料が半分以下になっても継続雇用という道を選ばざるを得ません。

 

60から健康寿命の75歳までが人生の黄金期だと言われるけど、そんな時期にお金のためだけに宮仕えをするなんてもったいない。

 

もちろん、その仕事に生きがいを感じてやって行ければ良いのだけど、私の知る限りそんな幸せな人は少ないように思います。

 

 

この年になってつくづく思うのは、若いときには宮仕えして修行をすべきだけど、その後は独立開業した方が良かったなあと言うこと。

 

ただし、独立開業してやっていくには人並み以上の能力と立派な人格が必要。

 

サラリーマンのように多少アホでも怠け者でも人格に多少問題があってもやっていけるものじゃあありません。

 

 

そんなことを考えると、私が59歳までサラリーマンを続けたのは正解だったかもしれません。

 

 

二度とやり直しができない人生。

 

そんな人生を悔いなきように送るのは本当に難しいものだと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

絶品のジェノベーゼ

  • 2017.08.22 Tuesday
  • 16:28

昨日、今日と森友学園の籠池夫妻の再逮捕の報道。

 

本当の問題であるはずの、財務省の格安での国有地払い下げ、それに関する安倍昭恵の関与、財務省佐川氏の国会を愚弄する嘘ばかりの答弁のことは一体どこに行ってしまったのでしょうか。

 

地球温暖化や原発事故で有名になった科学者の武田邦彦氏などは、当該土地に関する様々な客観的事実を無視して「マイナス1億円の土地を1億円で売ったのだから、国にはなんの落ち度も無い」等と戯れ言を言い始めているし、こうしたインチキ評論家を始めとしてマスメディアの側もすっかり問題の本質を忘れてしまったかのよう。

 

そして、FNNの世論調査によれば安倍内閣の支持率は8%も回復したとのこと。

 

 

これに比べて、国民もメディアも政治も日本よりは少々まともな米国ではトランプ氏が火だるま状態。

 

決して好きでは無い米国だけど、この辺りは米国を見習った方が良さそうです。

 

 

右寄りの人達は、そんな風に日本の現状を嘆くと「反日」だとか「左巻き」だと言うのが常ですが、今の日本の政治に対して何とも思わない神経の方がおかしい。

 

と、私は思います。

 

 

昨日は、かみさんと娘でちょっと遠方まで月曜日恒例の買い出しへ。

 

わざわざ遠方まで出かけたのは、家族がお気に入りのイタリアンのお店があるから。

 

半年ぶりに行ったお店のオーナーさんは、私達のことをよく覚えていてくれていろいろと話しかけてくれます。

 

そのオーナーさんは糖尿病。

 

調子を聞くと、一時はHbA1cが正常高値の6.2まで下がったけど、また9台に逆戻りしたそう。

 

糖尿病は一生治らない病気なので、ちょっと良くなったと思うのは禁物。

 

毎日の節制が大事です。

 

小さいお子さんもいらっしゃるまだまだ若い方なので、頑張って血糖値をコントロールしてもらいたい。

 

 

という話を聞いたばかりなのに、私は糖質満載のパスタを頂いてしまいました。

 

3人で行くと、3種類のパスタをとってシェアできるから嬉しい。

 

一番好きなのは、ジェノベーゼ。

 

これほど香りが立つジェノベーゼはこのお店でしか味わえません。

 

IMG_5455.JPG

 

他は、トマトソースのものと、

 

IMG_5453.JPG

 

シンプルなアーリオ・オイリオ。

 

IMG_5454.JPG

 

急激に血糖値を上げないようにと、パスタを頂く前にサラダも沢山いただきました。

 

IMG_5452.JPG

 

デザートのケーキは、私は舐める程度で我慢しました。

 

IMG_5456.JPG

 

帰り際にオーナーさんから、

 

「味はどうでしたか?いつも食べるお顔を見ながらドキドキしてしまいます」

 

と声をかけられました。

 

もちろん、

 

「いつも通りに美味しかったし、こんな美味しいジェノベーゼは他のお店では絶対に食べられませんよ」

 

と答えてあげました。

 

 

お店に行っても店員さんと一言も会話がないと寂しいものですが、こうして顔なじみになると楽しいものですね。

 

ただ、残念なのは愛犬を連れてはお店に入れないこと。

 

もっと、沢山の美味しいお店でワンコが入店できるようになれば良いのにと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

まだ味が落ちていなかった100均の回転寿司

  • 2017.07.01 Saturday
  • 01:06

今日の報ステ。

 

同じテレ朝の羽鳥慎一のモーニングショーでは安倍政権の出鱈目さの追求が緩んで心配していたけど、報ステではしっかりと追求していて安心。

 

それも私の好みにドンピシャの小川彩佳さんも一緒になって厳しい顔で言及してくれているので嬉しかった。

 

それにしても、安倍さんはもちろん、下村といい、稲田といい、「このハゲぇ」と言った豊田といい、どういう訳か全員が清話会。

 

アホは同じ穴に群がるらしい。

 

そして自民党幹事長の二階氏は、マスコミに対して、

 

「落とすなら落としてみろ」

 

と恫喝。

 

でも、稲田の記者経験では、恫喝を恐れずに何度も「憲法違反だ」「説明になっていない」と追求した記者もいて、これにも少し安心。

 

 

60過ぎて、夢も希望も無くなって死ぬのを待つだけの老人だけど、孫子の世代が少しでも良くなるように、そして戦前の暗黒の時代に戻らない様に、少しでも声を上げるのが、おじいちゃんとしての最後の務め。

 

私も非力ながら、ブログを通して無茶苦茶な安倍政権を追求していきたい。

 

 

 

今日はギター教室でした。

 

課題でもらったブルースの練習曲は、確かに練習にはなるけど、曲としては私の好みでは全くないので少々飽き気味。

 

なので、1年ほど前に買った「ギターで弾くショパン」という楽譜を持参して先生に相談。

 

ピアノを習い始めたきっかけは、エチュードの10.3、通称「別れの曲」の中間部を弾いてみたかったからだけど、ギターでもこの曲を弾いてみたいと思い始めました。

 

先生に楽譜を見てもらうと、

 

「うわっ!これは大変だ。難曲です」

 

ピアノでも最高難度のFなのですから、ギター用にアレンジしても難曲であることには変わりがないんでしょうね。

 

聞くと何とも言えず美しいこの曲だけど、中間部は両手共6度の和音の連続で、前半部と後半部も三声部で構成されているという大変難しいこの曲は、ギターでもやはり難曲でした。

 

でも、先生は、

 

「簡単な曲なら、レッスンなしで弾けばよいのだから、やってみましょうか」

 

と言ってくださったので、しばらく取り組んでみようと思います。

 

ピアノでも、全く初心者の私が習いはじめて3年程で中間部を弾けるようになったんですから、頑張ってみようと思います。

 

9月に予定されているミニ発表会では、ポールのブラックバードを弾き語りすることが決まっていますが、ギターは既にほぼ完ぺき。

 

もちろん、先日のブログで書いたように英語の歌はまだまだ酷いもんだけど、ギターは他のことにチャレンジしてみたいですしね。

 

 

今日の夕食は、お寿司が食べたくなって、娘とかみさんも一緒に先日行った回転寿司へ。

 

100均の回転寿司は不味いのが定番だったけど、先日行ってそのクオリティーの高さにびっくり。

 

開店当初だから特別に美味しかったのかもしれないなあと思いながらも、また行ってみることにしました。

 

かみさんが携帯で予約していたので、殆ど待つことも無く席に通されました。

 

そして味は・・・

 

 

これがまた美味しかったんです。

 

沢山いただいてしまいました。

 

IMG_4564.JPG

 

しばらくして周りを見渡すと、金曜日の夜ということもあって超満員。

 

やっぱり、美味しいとお客さんは来るもんなんですね。

 

お勘定は3人で僅か5千円。

 

トータルでも一昨日行ったステーキ店の1/3。

 

一人あたりにすると1/4程度です。

 

糖尿病の私には、糖質の多いお寿司は本当は禁忌なので、頻繁には行けないけど、近くにこうして安くて美味しい回転寿司が出来たのは嬉しい。

 

ただ、残念なのは愛犬を連れて行けないこと。

 

昨日からせっかくワンコの情報サイトのフリーライターとして再就職できたんだから、記事の中でワンコが連れて行けるお寿司店が欲しいなあなんて書くことがあるかもしれません。

 

ワンコが入れる回転寿司ができるまで、待っててね。

 

IMG_4502.JPG

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM