第二の人生のスタートは早い方が良い

  • 2017.05.02 Tuesday
  • 23:37

ポールマッカートニーの公演に備えて、前日の4月29日はゆったり過ごそうと思っていたんです。

 

それが、朝になってから、大学の同窓生で同じ会社の同期から突然のメール。

 

色々悩みがあるから相談に乗って欲しいそうです。

 

彼と最後に会ったのは1年前。

 

海外駐在から帰って本社での仕事がつまらないとか、奥さんとの仲が上手くいっていないとか愚痴られました。

 

その後、特に連絡がなかったので、なんとか過ごしているのかと思っていたのに、突然そんな相談のメール。

 

私は気が進まなかったのですが、同期のよしみで中華料理店で夕食を一緒にすることにしました。

 

 

彼は同期と言っても実年齢は2歳下。

 

定年まではまだ1年あります。

 

そして定年後再雇用を希望すればその後5年間仕事を続けられるのですが、やはりこれ以上仕事を続けたくないと言います。

 

60歳前に定年退職すれば退職金も余分に貰えるし、そこそこの蓄えもあるはずだから、定年後の趣味や生甲斐についての相談かと思っていたら、なんと海外企業への転職の相談。

 

その企業は、生産管理や工程管理のプロフェッショナルが欲しいとのことで、彼と私のいた会社からの引き抜きを活策していて、かなりの高給を支払うと言っているそうです。

 

ところが、彼は文系出身のシステム屋。

 

生産管理や現場の仕事なんてやったことはありません。

 

それも欧州企業の技術ライセンスで事業を行っているので、既にその企業から大勢の技術者が派遣されているそうです。

 

そんな中で、彼が力を発揮できるはずはないし、やりがいのある職場だとは到底思えません。

 

それでも、既に一次面接を済ませてなかなかいい感触だと言います。

 

それを聞いた時点で、今の仕事が嫌だと言う彼が転職して楽しい仕事に就けるかという点で大きな疑問符が付きました。

 

さらに、単身赴任になると聞いて、ますます私の疑問符は膨らみます。

 

しばらく彼の話を聞いてから、私はその疑問符を正直に彼にぶつけましたが、彼もまったく同じ不安を抱えているそうです。

 

それでも彼の気持ちは転職に傾いているそうです。

 

彼は、「ひょっとして1年か2年で首を宣告されて日本に戻ってくるかもしれない」とまで自分自身と環境を冷静に分析しているのに、それでも定年して引退するという生活は考えられないそうです。

 

 

 

転職先の会社を首になったり、嫌になって帰って来たり、あるいは後5年務めたとしても、その先には定年後の引退生活が待っているのだから、彼にそうした生活への覚悟や準備ができていなければ同じことだと私は思います。

 

定年と言うのはその意味で、自分自身で引退が決断できない人の為にある制度ではないかとも思います。

 

それが、定年延長が進み、役職も離れて暇な仕事しか与えられなくなったりするようになったので、彼の様に悩まなければならないことになってしまいました。

 

そして、65歳で現役引退と言うのは、次の老後人生を考えるうえでかなり遅い引退だと思います。

 

60歳で次の人生を歩み始めるのと、65歳から歩み始めるのには、知力や体力の面で相当のギャップがあるはずです。

 

いつかは来る第二の人生に向けてのスタート。

 

第二の人生を楽しく充実したものにしたいなら早い方が良いに決まっています。

 

ボランティアでも良いし、趣味を極めるも良し、家族と旅行に出掛けるも良し、ワンコを飼うのも良しです。

 

そしてその時の為に、しっかりと資産を蓄えておくことです。

 

そんなことを思いながらも、第二の人生の準備が全くできていない彼にそんなことを言ってもしょうがないだろうと言葉を飲み込んで彼と別れました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM