検察庁法のこと、床のリフォームのこと、サ高住のこと等など

  • 2020.05.18 Monday
  • 23:12

今朝は暑かったですね。

 

町内会長さんのマンションまで国勢調査員の受託書をもっていくついでに愛犬達を連れてお散歩へ行ったけど、暑くて頭がクラクラ。

 

コロナが流行り始めてからちょっと身体の具合が悪いと、ひょっとしてコロナに罹ったのかもと不安に囚われてしまいます。

 

家に帰ってから水分補給をして横になっていたら楽になったので、多分軽い熱中症に罹ったのかもしれません。

 

 

午前中は(とりあえずは)良いニュース。

 

安倍が検察庁法改正の今国会での成立を断念したそう。

 

改正法案取り下げと安倍逮捕回避をバーター取引したとの見方もありますが、どうなんでしょうか。

 

このまま安倍が強引に法案成立に突き進んで、それに対して検察が河井克之逮捕、そして安倍逮捕に一気に進んでくれた方が良かった様な気もします。

 

このままだと、安倍は秋の国会でまた改正法案を持ち出してきそうですから油断はできません。

 

ただ、安倍のあまりにも酷いやり方に、国民が政治に興味を持ち、安倍の本質に気が付いたことは良かった。

 

さらに、創価学会員が公明党の無能さに気が付いてくれたことも良かった。

 

信教の自由が保障されているからどんな宗教を信じても構わないけど、政教分離原則を無視した学会・公明党のやり方は許せません。

 

だから全体としてはいい方向に向かっているのだろうけど、わが国民は次期国政選挙までこのことを忘れないでいて欲しい。

 

 

ところで、コロナが流行り始めた時と時を同じくしてシートでおしっこが出来なくなってしまったキュート君。

 

ずっと100%シートの上にしていてくれたのに、部屋のあちこちでしてしまうようになりました。

 

狂犬病予防注射とフィラリア検査に動物病院に行ったついでに医師に相談しましたが、おっさん犬になってあちこちにマーキングするようになったのではないかとのこと。

 

そんな状態が3か月も続いて部屋の中がどんどんおしっこ臭くなってきてしまいました。

 

我が家の床は全てカーペットマット。

 

一枚づつ洗えるのだけど、きりがありません。

 

と言ってフローリングにすると、ワンコにとっては脚を傷める原因になってしまうんだそう。

 

で、見つけたのがカーペットの様な風合いで、防水性があって、かつ滑らないクッションフロア。

 

かみさんが見本を数色取り寄せて、その中の1種類に決めました。

 

IMG_1671.JPG

 

これなら工務店に頼まなくても自分たちでなんとか施工もできます。

 

ただし、我が家はリビングだけで30畳はあるので結構なお値段になります。

 

普通のクッションフロアよりは数倍のお値段。

 

他に寝室やら廊下までやればうん十万円。

 

まあ、先日申請した持続化給付金や個人に給付されるはずの給付金もあるからそれを充当すれば良いかあ。

 

 

そしてかみさんは手芸教室が休みで時間があるので、愛犬達のお洋服を作り始めました。

 

IMG_4301.JPG

 

IMG_4306.JPG

 

IMG_4313.JPG

 

まずはキュート君の分だけですが、サンちゃんの分も作り始めています。

 

キュート君は手作りのお洋服が嬉しいのか、着せてもらうとかみさんの脚の間に顔を埋めて甘えます。

 

ワンコは人間の4〜5歳児ぐらいの知能指数があると言われていますが、そんな愛犬の様子を見ると納得ですね。

 

 

夕方は姉から送ってもらったサ高住のリモート面会の資料が届きました。

 

明日さっそく予約してみようと思います。

 

人口当たりの感染者数、死者数共に際立って多い富山県ですが、それはリハビリテーションホームに集中しています。

 

地元でなければ得られない情報を姉が知らせてくれました。

 

母の入居するサ高住で面会禁止措置がとられたのが3月3日。

 

それがそのリハビリテーションホームでは3月末だったそう。

 

かつ、面会記録もなし。

 

誰がウイルスを持ち込んだかも全く分からず、そして感染者の移送先病院もない中で、ホームの入居者は最低限の食事と水を与えられるだけだったそう。

 

応援の手が入ってからようやく地獄の様な状況は少し改善されたそうですが、どちらにしても管理がいい加減な施設に入ればとんでもない地獄が待っていると言うことです。

 

その点では、医師が経営しているサ高住は管理が徹底しているので良かった。

 

普段から食事の際には一人一人の手をアルコール消毒しているし、インフルエンザが流行るとすぐに面会禁止になり、出入り口では必ず面会票を書かされ、外出の際は外出届も書かされます。

 

10年ほど前にあちこちの老人ホームを見学に行ったけど、どこも糞便の匂いが漂っていたけど、ここはいつも臭いはしないしどこも掃除が行き届いています。

 

それでも感染するときは感染してしまうのだろうけど、管理がしっかりしていれば最低限のリスクに抑えることもできます。

 

親や自分が老人ホームを探す時には、しっかりした医師が経営しているところを選ぶもんですね。

 

 

夜はギターの先生に昨日観たバイオリニストさんのライブ中継のURLを送って、共演したギタリストの様な演奏方法を教えて欲しいとメールしました。

 

先生曰く、そのギタリストはアイリッシュギター、時にはディキシージャズの演奏スタイルだそう。

 

レッスンが再開されたら、さっそくその奏法を教えてくれるそうです。

 

綺麗なストローク&超絶スピードのソロだから簡単にできる様にはならないだろうけど、絶対に無理だとは言わない先生、そしていつかは出来るようになるだろうと楽観的な私。

 

39歳からピアノを始めて幻想即興曲や別れの曲が弾けるようになった私は、楽器に関しては変な自信があるんです。

 

まあその時とは歳が違うだろうから簡単にはいかないのは分かっています。

 

でも、目標は高い方が良い。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

コメント
今日のモーニングショーで秋冬に新型コロナとインフルエンザが、同時流行する可能性があると報道していました。なのでインフルエンザワクチンの備蓄がコロナ第2波に備えて大事だと言っていました。これから冬に向かうオーストラリアでは早めのインフルエンザ予防接種を呼びかけています。
そんな警鐘も出ていますが安倍政権はどうせ後手後手になるでしょう。火を見るより明らかです。こんな政権下の日本に住んでいる限り、自分たちで防衛するしかありません。90過ぎの母も同居していますのでこの秋は予防注射の予備が無くなる前に早めにうつ予定です。加湿器を揃える予定もあります。
また、こんな時に地震が起きないとも限らず避難所生活になり密状態になるのが怖いので、非常食はもちろん家族分のヘルメットも注文しました。
60年生きていますがこんなに政府を信頼できず自分の身は自分で守ると言う決意をしたのは始めてです。こんな日本が悲しいです。
  • ちーすけ
  • 2020/05/19 12:10 PM
ちーすけ様
いつもご覧いただきそしてコメントを頂戴しありがとうございます。
インフルエンザも怖いですね。でも、国民の感染防止習慣のレベルがアップしたのでそれほど心配するほどでもないと期待したいです。
それよりやはり致死率6%のコロナの方が余程恐ろしいと思います。南半球でも夏の時期にコロナが蔓延していたから、夏になれば一安心ということでもないと思います。
今日の記事に、元東電社員で医師の小野出來田氏のブログのリンクを貼りましたのでご参照いただければと思います。
  • porter
  • 2020/05/19 10:20 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM