言論の自由は結構だがポジショントークや詭弁には騙されてはなりません

  • 2020.05.12 Tuesday
  • 23:27

我が国では憲法97条で基本的人権が認められ、国際人権法ではその基本的人権における言論の自由が規定されています。

 

だから日本では一部の例外(名誉棄損、侮辱罪)を除いては言論の自由が認められているとされています。

 

だから誰が何を言っても自由なのだけど、それがためにおかしな話がそれらしく語られて我々市民が騙され、混乱させられてしまうことも度々。

 

検察庁法改正を巡って猛烈な政府批判が巻き起こっていますが、これに対しても「おかしい」「間違っている」という言質が飛び交っています。

 

だから本件の前後関係をきちんと読み解かないとそうした言質を信じ込んでしまう人もいます。

 

曰く、改正法の施行日は先の話だから黒川氏の話とは無関係だとか、内閣に検察庁の人事権がないと検察の暴走を許すなどおかしいことになる(今人気の大阪府知事)とか。

 

安倍政権に寄り添ってなんらかの対価を得ている人間のポジショントークだとしか思えません

 

よくよく前後関係や背景を読み解けば分かることだけど、当件は、安倍内閣が法律を無視し、従来の法解釈を変えて黒川氏の定年延長を閣議決定したこと。そしてそれが後ろめたい安倍内閣が、法改正することによって閣議決定が合法だとしようとしているところが問題なんです。

 

それも安倍を巡る沢山の犯罪疑惑がある中で、そしてコロナ禍に紛れての法案。

 

安倍の取り巻きの官僚連中はそうした誹りを免れようと、あの手この手で国民を黙らせようとしています。

 

そして国会で野党から追及されても、「全く当たりません」「国会がお決めになること」と理由も示さず言下に否定するだけ。

 

テレ朝やTBSは頑張っているけど、安倍広報紙の読売や産経を読んでいれば公平な判断もできなくなるかもしれません。

 

 

今日は私の主治医のクリニックにN95マスクと防護服を届けに行きました。

 

外出自粛の中でストレス解消の為もあって、かみさん、娘、そして愛犬達も連れて行きました。

 

娘はこんな状況下で頑張っているスタッフの為にと言ってお菓子の差し入れを沢山用意してくれました。

 

クリニックに着くと、25台駐車できる大きな駐車場がほぼ満車。

 

電話診療も受けてくれるはずなのに、この混雑ぶり。

 

やっぱり連休明けから自粛が緩んでいるように思います。

 

電話して駐車場に出て来てくれた看護師さんは、目に物々しいゴーグルを付けていました。

 

あんなものを一日中つけていると痛くて大変だろうな。

 

 

帰りはKFCのドライブスルーでフライドチキンを買ってそれを昼食にしました。

 

ドライブスルーも結構繁盛していました。

 

気が緩んだ人がいる一方で、まだまだ気を付けている人も沢山いるんだろうと思いました。

 

 

話はもう一度コロナの件に戻りますが、こちらも専門家でもない人間がいろいろと勝手なことを語っています。

 

一番質(たち)が悪いのが武田邦彦。

 

ネトウヨや若い人たちに一定の人気があるから看過できません。

 

新型コロナなんてインフルエンザと比べて感染者数も死者数も数百分の一だから全然大したことではないと言い続けています。

 

恐ろしいのはコロナではなく、国民の恐怖を煽りまくっているテレビ番組だとも。

 

彼の言論の問題点は、インフルエンザは大したことがないという前提に立っていると言うこと。

 

とんでもない話です。

 

科学者の看板を持つ男の詭弁の典型です。

 

 

母が入居しているサ高住では、インフルエンザが流行り始めるとすぐに面会禁止措置が取られます。

 

昨年も3か月間も面会禁止措置がとられました。

 

熱中症で入院していた時には、インフルエンザの院内感染が発生し、病院中がびりびりしていました。

 

インフルエンザは「大したことがある」んです。

 

そしてなんといっても、致死率が0.1%のインフルエンザに対して、新型コロナは6〜7%。

 

ワクチンもなければ治療薬もありません。

 

高齢者だけでなく、若い人で感染して亡くなっている例も沢山あります。

 

我々60代で、かつ糖尿病や高血圧などの基礎疾患を抱えていればなおのこと他人事ではありません。

 

他国に比べて我が国の死者数が少ないというのも本当なのか。

 

安倍は必死になってそんな偽装などないと否定していますが、インフルエンザの様に超過死亡数(平常時に亡くなる人と比べて多い場合に超過死者数をインフルエンザ関連死と推定する)の統計もどういう訳か出ていません。

 

また、ひょっとして日本で流行しているウイルスの型が欧米のものとは違うのかもしれませんが、コロナウイルスはRNAだけの脆弱構造だからいつ何時変異して強毒になるかもしれません。

 

そしてその性質の全てがわかったわけではもちろんありません。

 

そもそも東京オリンピック、習近平の来日などで、感染状況を隠していた政府の発表などとても信じることはできません。

 

 

現役時代に担当していた新規事業の関係で原発・放射線について多少の知識があった私は、福島原発事故の際も毎日不安で仕方がありませんでした。

 

原子力村と言われる重電メーカーや旧帝大を中心とした学者、経産省の言うことはウソが見え見えでその分余計に不安になりました。

 

当時の総理大臣だった菅直人氏はいろんな評価があったけど、こと原発事故に関しては本当に頑張っていたと思います。

 

彼が東電の撤退を許さなかったから今の日本があるんだということは間違いありません。

 

それに対して、安倍の政策や態度を見ていると不安で仕方がありません。

 

検察庁法の改正の酷さを知り、コロナ禍の中にあって国民一人一人がもっと政治に関心を寄せてくれることを祈るのみです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

コメント
政権に批判的な芸能人は、ネトウヨや成功体験のない哀れな人によってネット上で叩かれます。
「#検察庁法改正案に抗議します」のツイッターを発信したきゃりーぱみゅぱみゅさんは「ファンの人同士での私の意見が割れて、コメント欄で激論が繰り広げられていて悲しくなり消去させていただきました。」と該当ツイートを削除しました。
石田純一さんが感染した時もネットで大炎上しました。もともと彼は原発反対で都知事に立候補すると言ったあたりから安倍政権をあがめたてまつる人々の標的になりました。
安倍政権に賛同すると自分の価値が上がった気分になるのでしょう。そして困ったことにそういった人たちは一定数いて、ネット上で政権批判する芸能人を叩いては自分のつまらない人生に初めて生きがいを見出しているのです。
石田さんは確かに自粛が叫ばれている中行動がうかつだったかもしれません。それでも感染したことでこんなに非難されることなのでしょうか?
今日退院された折に「この度 私 石田純一が新型コロナウィルスによる肺炎に罹患したことで多くの方々にご迷惑をおかけし、不快な思いにさせてしまったことを深くお詫び致します。大変申し訳ありませんでした」と謝罪しています。病気にかかったうえに謝罪し失職までしそうなこのバッシング。気の毒でなりません。
富川悠太さんもテレビ朝日のアナウンサーということでさんざん悪く言われています。フジテレビや日テレ、NHKのアナウンサーであればこんなに叩かれなかったでしょう。富川アナはあまりのバッシングで復帰は難しいとさえいわれています。かかりたくてかかった人は誰もいません。そもそも安倍が2月からまともなコロナ対策をとっていればかかっていなかったかもしれないじゃないですか。
医療従事者や介護士施設の方への偏見や差別が広がっていると言います。福島の原発でも偏見や差別が起きました。こんな日本人が本当に嫌いです。そして安倍政権が国民の分断を広げているのは確かです。
貴殿のブログを拝見していて同感することばかりです。これからも拝読させていただきます。
  • ちーすけ
  • 2020/05/13 6:33 PM
ちーすけ様
確かに野党を批判する人、安倍政権を擁護する人、差別や私的リンチに励む人はは、自民党政治で美味しい蜜を吸っている人・組織や創価学会の人だけでなく、社会の底辺にいるルサンチマンも多いような気がしますね。
だけど、彼らは安倍が政権についてから増殖したように思います。鯛は頭から腐るの図式で…
だから安倍が辞めて、次のリーダーにまともな人が付けばきっと良くなると信じるしかありません。

  • porter
  • 2020/05/13 9:49 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM