虹の橋

  • 2019.09.18 Wednesday
  • 00:38

今日は娘が先日観た「僕のワンダフルジャーニー」について話してくれました。

 

娘は、主人公の女の子に自己投影して泣けたんじゃなくて、イーサン(女の子の祖父)とベイリー(輪廻転生を繰り返してきた主人公のワンコ)が一緒に虹の橋を渡るシーンに泣けたんだそう。

 

その話を聞いて、娘は私をイーサンに、キュート君とサンちゃんをベイリーに投影して泣いてくれたんだと思いました。

 

つまり、愛犬と私が死んで虹の橋で再会した時のことを想像して泣いてくれたのかな。

 

 

 

娘は小さい時にピーちゃんという名のインコを飼っていました。

 

それはそれはたいそう可愛がっていました。

 

8年ほど生きてくれましたが、ある日旅行から帰ってくるとかごの中で冷たくなっていました。

 

娘は大泣きしました。

 

そんな娘の姿に、私たち夫婦も息子ももらい泣きしてしまいました。

 

それからすでに18年ほど経っていますが、娘はいまだに時々ピーちゃんのことを思い出して話してくれます。

 

 

動物を家族として迎えてた人達は「虹の橋」の物語を信じています。

 

信仰心のかけらもない私も「虹の橋」は必ずあるんだと信じています。

 

今日の娘の話を聞いて、久しぶりに「虹の橋」の物語を思い出しました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM