レイノー症

  • 2019.01.10 Thursday
  • 23:10

今日は交通安全立哨当番。

 

とんでもなく寒いので、ユニクロのパジャマの上にシャツとセーターを着て、さらにダウンジャケットに交通安全と書かれた黄色のベストを着けて行きました。

 

そして先日買った厚手の布製の手袋をつけて、その中にホッカイロを入れました。

 

もともと寒がりではないのですが、つい先日から発症したレイノー症が心配だからです。

 

↓が発症した時の写真。

 

IMG_0594(1).JPG

 

主治医に診てもらって血液検査してもらった結果では、その原因として考えられる膠原病ではなかったのは良いけど、それ以外の原発性のレイノー症は原因が不明で有効な治療方法も無く、とにかく指が冷たくならないようにしておかねばならないとのこと。

 

準備万端だったはずですが、それでも外に出ると中指だけがすぐに真っ白になってしまいました。

 

なので手袋の中で指を抜いてホッカイロで温め続けました。

 

血流を改善するためにギュギュと指を動かしました。

 

10分ほどするといつもの赤みを帯びた指に戻っていましたが、こうして頻繁に発症を繰り返すのは良くないみたいですね。

 

 

立哨の途中で、市役所の人が回って来てご挨拶。

 

向こうは仕事でやっているのだろうけど、それでも早朝から寒い中を大変ですね。

 

毎回立哨の日は同じことを書いているけど、本当に交通マナーの悪さには腹が立ちますね。

 

特に自転車が無茶苦茶。

 

そんなことをしていたら事故を起こす可能性が高いことを理解できないアホは、私達ボランティアが旗を持って立っているよりも、徹底的に取り締まって罰金を科した方が余程良い。

 

まあ、国家公務員法違反容疑濃厚な安倍にすら手を出せない司法には、そんなこともできないでしょうけどね。

 

 

家に帰ってお風呂に浸かるとぐったり。

 

外に出る気もしません。

 

なので、昨日買って来たおからを煮ました。

 

おからに人参と長ネギを入れて油とお砂糖(うちはラカント)、しょうゆで味付けしたおからは私の大好物。

 

小さい時によく祖母が作ってくれました。

 

定年してからは、その味を思い出して時々自分で作ります。

 

この2カ月ほど、糖尿病に良いと(高脂血症にも)いうことで食前に大豆を煮たものを30粒ずついただいているんですが、健康番組によれば一日100gの摂取が必要だとのこと。

 

大豆はとても甘くて美味しいのだけど、流石にそれだけで100gは無理。

 

なので納豆もいただく様にしているのですが、おからも一緒に頂けば必要量の100g(本当かどうかは分からないけど)は簡単に取れそうです。

 

そして安くて美味しい。

 

ついでに圧力鍋で煮豚も作りました。

 

皮付きのバラ肉なので、絶対に美味しいはずです。

 

今日の夕食は、その煮豚とおからとマグロのお刺身とトン汁。

 

もちろん、煮た大豆もいただきました。

 

とっても美味しかった。

 

 

ところで、先日フィーバーしたpaypay。

 

20%ポイント還元に釣られて私もかみさんも沢山お買い物をしていまいましたが、ようやくそのポイントが残高にチャージされました。

 

20%還元しか当たらなかった私は50500円。

 

IMG_0595.PNG

 

洗濯機を買って無料になったかみさんは203000円弱の残高になりました。

 

ただし、現在はpaypayが使える店舗は家電量販店以外では僅か。

 

なので、かみさんは銀行口座に振り込んでもらうと言っています。

 

私はファミマでアイコスを買うのに使おうと思います。

 

金額的には大したことは無いし、そもそもポイントを得るためにその5倍の金額を使っているのだけど、なんだか嬉しい。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM