嫌韓を煽る安倍

  • 2019.01.07 Monday
  • 23:01

小平は日中友好条約を締結する際にこう語ったそうです。

 

「尖閣諸島を中国では釣魚島と呼ぶ。名前からして違う。確かに尖閣諸島の領有問題については中日間双方に食い違いがある。国交正常化の際、両国はこれに触れないと約束した。今回、平和友好条約交渉でも同じように触れないことで一致した。中国人の知恵からしてこういう方法しか考えられない、というのは、この問題に触れるとはっきり言えなくなる。こういう問題は一時棚上げしても構わない、次の世代は我々より、もっと知恵があるだろう。皆が受け入れられるいい解決方法を見出せるだろう」

 

その時代は日本と中国は良好な関係であったと言えます。

 

条約締結時の日本の首相は福田武夫。

 

彼は、田中角栄率いるリベラル派経世会に対する右翼の清和会の創始者だけど、清和会の後継者である安倍とは違ってなかなか度量の深い男だったのだと思われます。

 

ところが、その後の日中両国の政治家と一部の国民は、小平のこうした考え方を無視して、お互いに無益な論争を繰り返してきました。

 

特に安倍は、米国には日本人として恥ずかしくなるくらい尻尾を振る一方で、中国・韓国に対しては敵意丸出し。

 

今の中国・韓国の態度も確かに子供じみているけど、まるで子供の喧嘩。

 

 

 

そして、目下の話題の韓国軍の自衛隊機へのレーダー照射問題。

 

防衛省は証拠動画の公開をすべきではないとしたけど、安倍が鶴の一声で公開に踏み切らせたのだそう。

 

文民統制としては正しいのだけど、その「文」が安倍の様にアホで子供だととんでもないことになってしまいます。

 

韓国のメディアは、この件を「嫌韓政策でナショナリズムを煽る安倍の戦線拡大だ」となじっているそうだけど、その通りだと思います(韓国メディアにそう言われるのも不愉快だけど)。

 

そんな安倍に乗っかって、早速安倍友のジャーナリストや自民党議員達も、「国交断絶だ」等と騒ぎ立てています。

 

 

新年早々、こんな風だと日本の将来は本当に不安です。

 

その安倍は、NHKのテレビ番組でまた大うそを平然と語りました。

 

辺野古埋め立てにあたってはサンゴを他の場所に移したと、やってもいないことを国民の前で語ったんです。

<LITERA>

http://lite-ra.com/2019/01/post-4475.html

 

こんな男を信任するなんて我が国民もアホ。

 

救いは、国民の僅か20%弱の信任で安倍自民党が政権を握っているということ。

 

80%の国民は、選挙に行っていないか、喧嘩ばかりして共闘ができない野党に票を分散させているだけ。

 

小沢一郎氏が言うように、野党が共闘して、国民が投票に行けば安倍内閣なんて簡単に倒せるんです。

 

7月の参院選(或いは衆参同一選挙)が楽しみです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM