年金制度変更がお盆の帰省シーンも変えるかも

  • 2018.08.12 Sunday
  • 09:33

お盆の帰省ラッシュのニュースを見ていると、おじいちゃん、おばあちゃんの待つ故郷に帰省する家族の姿が微笑ましいですね。

 

私達も若い頃は子供を連れて渋滞する高速道路を使って帰省したものです。

 

帰省するとまだ若かった私達にはとても行けなかった高級フレンチに連れて行ってもらったり、姉夫婦の子供達と一緒にプールに行ったり、そして帰りには沢山のお土産を持たされたものです。

 

両親とも公務員だったので、共済年金もたっぷりあったのでそんなことが出来たのでしょう。

 

戻る時に駅で娘が母と別れたくないと言って泣いていた姿も懐かしい。

 

父が亡くなり、母がサ高住に入った今は、帰省して大家族で一緒に過ごすということは無くなったけど良い思い出です。

 

 

さて、森永卓郎氏が最近のラジオ番組で年金制度が危機的状況にあることについてコメントしていました。

 

政府が無制限に財政赤字を増やし、日銀が市中銀行を経由して国債を買い漁っていることを問題なしとする彼の主張には到底頷くことはできないけど、係数処理が得意な彼のいろんなコメントについては一目置いています。

 

彼の年金についての予想は、

 

1.現在の支給レベルは4割程度削減する

 

2.支給開始年齢を70歳にする

 

だそうです。

 

そう言えば、政府は先程、国家公務員の定年を65歳に延長する方向で調整を進めているそう。

 

そうなったら子供たちが孫を連れて帰って来てくれても高級フレンチにいくなんてことはできなくなってしまいますね。

 

 

思い出すのが、先日年金事務所に行った時に隣の窓口で大きな声で相談していた男性と職員との会話。

 

支給開始繰り下げの話だったと思いますが、職員は、

 

「制度が突然変わることもありますからね」

 

「でも既に受け取っている人は既得権があるので影響は少ないと思います」

 

と言っていました。

 

 

マクロ経済スライドだって、考えてみれば突然でした。

 

今は物価が横這いにあるからほとんど影響はないけど、もし物価がドンドン上がるようになれば年金支給額のアップが物価上昇率以下に設定されているから、大幅な目減りになるはずです。

 

非婚化が進み、高齢社会になるにつれて、お盆の帰省ラッシュも見られなくなってくるかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM