別れ

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 00:05

今朝姉から電話。

 

姉から電話があると、なにかあったのかとドキッとします。

 

そして姉は落ち着いた声で、

 

「お義母さんが亡くなった」

 

と私に告げました。

 

95歳の義母は11月ごろから中心静脈に栄養点滴を受け始めました。

 

中心静脈点滴を受けるようになると、半年ほどしか持たないと聞いていましたが、それより2か月長く生きてくれました。

 

義兄は以前お母さんとの仲が険悪でしたが、3〜4年前に老人ホームに入った頃からとっても優しくなりました。

 

毎日老人ホームに行って床ずれしない様に足腰のマッサージをし、入院してからも殆ど意識が無いお母さんの元に毎日通いました。

 

姉の話によれば、義兄は最後の時に立ち会えたそうです。

 

 

地元でNO.1 の進学校に入り、旧帝大の工学部に進んだ義兄は東京の一流企業に就職しましたが、10年ほどでUターン就職。

 

病で倒れたお父さんの最後にも立ち会えたそうです。

 

 

お母さんはなかなか厳しい人で、嫁に入った姉もそれなりに苦労した様です。

 

それでもたまに私が姉の家に行くと、お母さんはニコニコと笑いながらお茶を入れてお話をしてくれました。

 

足腰が弱ってきた時には家をリフォーム。お母さんの部屋はリビングと続きのとっても素敵な内装になりました。

 

お母さんも快適に暮らせたと思います。

 

入院していた間も、意識はほとんど無かったけど、毎日息子が会いに来てくれて幸せだったと思います。

 

 

 

今日は一日気分が沈んだままでした。

 

大学3年の時に亡くなった祖父母のこと、7年前に亡くなった父のことを思い出し、そして92になる母のことを考えました。

 

そこそこ高齢になったかみさんの両親のことも考えました。

 

今年亡くなった私達夫婦の仲人さんのこと、昨年亡くなった出向先でお世話になった会長さんのこと、10年前に亡くなった高校時代の恩師のことも思い出してしまいました。

 

 

考えていても仕方がないので、夜11時になってから愛犬達をお散歩に連れて行ってやりました。

 

可愛い愛犬達が歩く姿を見ていると、愛犬達もいずれ寿命がくるのだと考えてしまいました。

 

私がもし平均寿命まで生きられるとすると、これから沢山の人と愛犬達を見送らなければならないことになります。

 

 

明日からはかみさんと一緒に富山に帰省して、お義母さんと最後のお別れをしてきます。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM