専業主婦で有閑マダム

  • 2018.07.19 Thursday
  • 09:27

橋本徹氏が、「西日本豪雨被害に際しての安倍らの宴会を批判している人は『論理力無し』」と自身のメルマガで述べているそう。

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/橋下徹赤坂自民亭に怒る人は論理力なし/ar-AAAe2Wp?ocid=spartandhp#page=2

 

一見、筋が通っていそうだけど突っ込みどころは満載。

 

そもそも、我々国民が怒っている観点を彼が勝手にすり替えている。

 

そのすり替えた観点を論理力無しというのは、如何にも橋下らしい。

 

弁護士の彼だけあって、どちらの側に立ってもそれなりの屁理屈を建てられるのが彼の能力の凄いところ。

 

その彼が安倍側を擁護をしているのは、なんらかの政治的意図があると思って間違いないでしょう。

 

 

 

それにしても毎日暑い暑い。

 

昨日はバイトの子が出勤してくれたので、娘のカフェににわかマスターとして立つことはなく済んだけど、と言ってこの暑さではどこに出る気にもならない。

 

家の中でワンコと遊んだり、ギターの練習をしていたら、カフェに愛犬達のお友達が来たとの連絡。

 

下に降りると、ワンコたちが3匹。

 

やはり暑くてどこにも出かけられないので涼みに来たようです。

 

退屈だったワンコ達に、我が愛犬達も加わってしばし大騒ぎ。

 

良い気分転換になったことだろうと思います。

 

 

そのお客さん達は皆さん有閑マダム。

 

毎日お友達と連れだってドッグランや躾教室やドッグカフェを巡っています。

 

娘のカフェにも週2回は来ています。

 

女性も社会進出すべしという社会風潮があるけど、日中は遊んで朝夕は家を守るという生き方も良いものだと思います。

 

 

そう思ったのは、先日かみさんが会った大学時代の友達の話を聞いたから。

 

スッチーだった彼女は次々と恋人を乗り換えて、最終的には病院の勤務医と結婚。

 

その内に旦那様は開業して、しばらくしてから老人介護施設の経営にも乗り出しました。

 

そして彼女は病院の会計、人事等の仕事を手伝うように。

 

毎日資金繰りの心配をしたり、女性職員の愚痴を聞いたりで大変だそうです。

 

超多忙で好きな趣味のこともなかなかできないし旅行にも行けない。

 

勤務医や大学の教授とかなら奥さんは有閑マダムをやっていれば良いけど、開業医になると奥さんも大変です。

 

開業医は定年もないのだから、そんな生活がいつまで続くのかも分かりません。

 

 

お嬢さん女子大を卒業したかみさんの友達の殆どは偶然かもしれないけどお医者さんと結婚。

 

サラリーマンと結婚したのは、かみさん以外には数人だけ。

 

かみさんもお見合いをしていれば、お医者様と結婚できた可能性は高い(と、本人は言っている)。

 

そんなことからかみさんには申し訳なかったと思ったこともあります。

 

でも、開業医夫人の大変な話を聞くと、専業主婦をやった後は好きな手芸教室をやっているかみさんはそれなりに幸せなのかなあとも思います。

 

 

いすれにしても「女性は社会進出すべき」という主張には専業主婦を見下している心理が見え見えで気持ちが悪い。

 

専業主婦だって地域のコミュニケーションに役立っているし、子育てや企業戦士の旦那さんを支える立派な仕事なんだから、何が何でも社会進出をと騒ぐのは如何なものか。

 

そんなことを思った昨日でした。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM