政治・行政に頼らずまず自分でできること

  • 2018.06.25 Monday
  • 14:59

減ったとはいえ、まだまだ多い保護犬猫の殺処分。

 

統計データによってかなりの差異があるけど、いまだ年間3万〜5万匹もの殺処分がされているそうです。

 

その行政を担当する環境省。

 

その環境省が1カ月ほど前に呆れる様な殺処分数の基準案を発表したそうです。

 

それは「譲渡に適さない犬猫は殺処分してもカウントしない」というもの。

 

いやはや、呆れるばかりです。

 

3.11以降の福島原発由来の放射能汚染、そして小児甲状腺がんについてもまやかしばかりの説明を繰り返す無責任官庁の環境省らしい。

 

 

一見、「譲渡に適さない犬」と聞くと、噛み癖があって人に危害を及ぼす可能性のあるワンコと思いがちだけど、そんなことはありません。

 

我が愛犬のサンちゃんも、脂漏性湿疹が酷くて愛護センターの審査に落ち、一般譲渡不可と判断された子。

 

それが、今ではこんなに皮膚もきれいで可愛い子になってくれました。

 

 

因みに同時期に同じ場所に兄弟と思われるシーズーが3匹見つかって、サンちゃんはその内の1匹でしたが、その内一般譲渡可となったのは1匹だけでした(もう1匹の女の子も脚に僅かな奇形と膿皮症がひどく別の保護団体さんにレスキューされました)。

 

 

私達夫婦が里親さんを紹介したヨーキーちゃんも、噛み癖があって一般譲渡に落ちました。

 

それが今ではこんなに可愛くていい子になりました。

 

初めてワンコを飼った里親さんは、生活が一変したけどヨーキーちゃんとの生活が楽しくて楽しくて堪らないと言います。

 

 

私達家族も、ヨーキーちゃんの家族も、こんな可愛い子にどれだけ癒され、幸せをもらっていることか!

 

どちらの子も、保護ママさんかレスキューしてくれていなければこの世にいなかったかもしれないと思うと胸が締め付けられます。

 

 

環境省と言うと、福島原発事故にあたってしたり顔で出鱈目を語っていたモナ男のことを思い出して気分が悪くなるけど、最近はすっかり影を潜めていたと思ったらこんな出鱈目な行政を行っていました。

 

 

殺処分を本当に減らそうと思うのなら、ペットショップでの生体販売を禁止し、悪徳ブリーダーを取り締まるのが一番です。

 

それをさせないのが、市場規模が1兆4千億円あるというペット業界。

 

 

我が国民は、命を預かるにあたってロクな覚悟も経済的準備も無しに、安易にペットショップで可愛い犬猫を買ってしまうというアホばかり。

 

 

そんな中で、頑張っているのが松山基栄氏が代表理事をしている公益財団法人 動物環境・福祉協会Eva。

 

松山基栄氏と言っても知っている人はいないだろうけど、その芸名は誰もが知っている杉本彩さん。

 

民間保護団体への寄付や動物福祉の啓発活動、政治への働きかけをしています。

http://www.eva.or.jp/

 

アホの環境省や警察庁も一応当団体の意見を聞いたり、政治家の中には超党派で動物愛護議員連盟を結成し(56名)、動物愛護法の改正に頑張っている人もいるらしい。

 

ところが、ペット業界の利権が絡んでなかなか本格的な法改正も進まない様です。

 

そして実際の市町村の現場においても、冒頭に例を挙げたようにとんでもなくアホでテキトーな対応。

 

一般譲渡に適さないワンコは確かに一定数はいるのだけど、それを見極める目が濁っていれば、サンちゃんのような可愛い子も殺処分されてしまったかもしれない訳です。

 

 

結局しわ寄せは民間の保護団体に来るんです。

 

そして保護ママさんは、保護犬を里子に出すたびに寂しくて号泣しながら帰って来なければならないんです。

 

1匹でも多くの保護犬を救うためとは言え、懐き始めたワンコを里親に出すなんてやりたい仕事ではありません。

 

 

でも不幸な犬猫を減らすには、あてにならずスピード感も無い政治や行政に頼らずとも簡単です。

 

私達国民一人一人が、ペットショップで仔犬を買うのを直ちにやめれば良いだけです。

 

ペットショップで売れ残ったワンコが可哀想だから…という理由でペットショップでワンコを買えば、結局堂々巡りになってしまいます。

 

皆がペットショップで買わなくなれば、ペットショップは業績悪化で倒産するか、生体販売をやめて用品販売に特化せざるを得ません。

 

売れ残ったペットはどこかの保護団体に預けられて、生き残ることができるだろうと思います。

 

生体販売がなくなれば、人々は安易にペットショップで犬・猫を飼うことができなくなります。

 

 

若し、読者の方の周りでワンコを飼いたいという人がいれば、是非共保護犬の里親になることを勧めて欲しい。

 

 

これまで10万匹もの里親を仲介した「ペットのおうち」を覗けば、可愛いワンコやネコが沢山新しい家族を待っています。

 

そして万が一飼い犬を手放そうとしている人が周りにいれば「ある犬のお話し」を見せてあげて欲しい。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ほぼタダで一日遊べました
    porter (11/06)
  • ほぼタダで一日遊べました
    s (11/04)
  • 沢田研二の行動は彼のファン以外の音楽好きにとっても不快です
    porter (10/20)
  • 沢田研二の行動は彼のファン以外の音楽好きにとっても不快です
    たまてばこ (10/20)
  • 娘のネット懸賞生活。僅かな稼ぎだけど楽しい
    porter (09/29)
  • 娘のネット懸賞生活。僅かな稼ぎだけど楽しい
    Simple10 (09/29)
  • 女性を見る目
    porter (06/06)
  • 女性を見る目
    おさむ (06/06)
  • 国民のことを真剣に考えてくれる政治家を選びたい
    porter (04/28)
  • 国民のことを真剣に考えてくれる政治家を選びたい
    鳳凰 (04/28)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM