許せない人間

  • 2018.06.16 Saturday
  • 00:04

つい先ほど、保護ママさんから飼育放棄のワンコ2匹をレスキューしたとの連絡。

 

すぐにホームページに追加して更新して差し上げました。

 

 

一匹は、飼い主が逮捕、勾留され、家に残されていて弁護士から救って欲しいと連絡があったもの。

 

もう一匹は、若い女が友達のところに「もういらん。保健所に持ってこうと思っとる」と連れて来て、可哀想に思った友達が保護ママさんに里親を見つけて欲しいと相談したとのこと。

 

本当にいろんな事例があるんだと思うのと同時に、酷い人間がいるものだと改めて思わされます。

 

更新された保護ママさんのSNSのコメントには「飼い主、許せん。まして女性ですよ」とありました。

 

でも、どうも飼い犬を遺棄するのは女性の方が多いような気がします。

 

ノンフィクションの保護犬に関する動画を見ていると、保健所にカップルで飼い犬を連れてきて職員から、

 

「もう一度考え直してみてあげてください。どうしても飼えないのならご自身で引き取り先を見つけてあげてください」

 

と言われて素直に耳を傾けるのが男性。

 

「なんで保健所が引き取りを拒否するのよ。税金でやってるんでしょ」

 

と逆切れするのが女性。

 

殆どの飼い主は愛犬のことを愛してやまないけど、旅先で知り合いになった人で、

 

「もしこの子が死んでしまったらと考えると…」

 

と涙を浮かべながら話してくれたのは全員男性。

 

女性の飼い主も愛犬が死んだ時のことを心配する人はいるけど、愛犬を亡くす悲しみよりも、自分はこの先どうして過ごしたらいいのだろうと考える人が多いような気がします。

 

もちろん殆どの女性は母性本能に溢れていて我が子だけでなく、ワンコを可愛がる人が多いのだけど、DNAのどこかに欠陥があって母性本能が欠落している女性もそこそこいるような気がします。

 

それに対して男性には飼い犬を捨てる様な人は少ない様な気がします。

 

ワンコの物語の主人公となっているのは大抵の場合、男性。

 

全ての映画を見た訳ではないけど、名作中の名作と言われる、

 

「南極物語」

 

「フランダースの犬」

 

「忠犬ハチ公」

 

の主人公は全員男性(男の子)

 

昨年封切された、

 

「僕のワンダフルライフ」

 

も男性。

 

なんとなく、孤独な男性と忠実でさみしがり屋のワンコって相性がピッタリコンという印象があります。

 

 

おっと、でも、悪徳ブリーダーは写真や動画で見る限り全員男性。

 

それから保護犬活動をしている人の大半は女性。

 

やっぱり、男性だから女性だからってことは一概には言ってはならないですね。

 

どうしようもないアホは、男性にも女性にもいるってことですね。

 

 

今日はサンちゃんがどことなく元気がないし、小雨も降っていたのでお散歩は裏の公園を回っただけ。

 

その代わり、愛犬達をトリミングしてやりました。

 

キュート君はトリミング中は大人しくしてくれているか、私の顔をペロペロしているので簡単にできます。

 

そもそもキュート君はトリミングがほとんど必要ないシャンプー犬種。

 

だから衛生面の為にお尻とお腹にバリカンを当てて、後は脚の先をきれいに切りそろえてやるだけでOK。

 

問題はサンちゃん。

 

カット犬種は定期的なトリミングが必要不可欠で、目の周りの毛が伸びると見えなくなるし、ボサボサでみっともなくなります。

 

だけど、顔を触られるのが嫌なサンちゃんははさみやバリカンを近づけられると徹底拒否。

 

仕方がないので、疲れて寝ている時にそっと、そして少しずつ目の周りの長すぎる毛をカットするだけ。

 

そもそも1週間後に保護ママさんが譲渡会をする会場のトリミングサロンに予約済みなので、それまでは他のサロンに連れて行けないんです。

 

シーズーは脂漏症が多く、その為か毛が目に入ると目ヤニも多くなって可哀想。

 

1週間後のトリミングがこれほど待ち遠しいのは初めてです。

 

 

それから今日はギター教室はお休み。

 

課題のWhile my guiter…のソロは、上手か下手は別として一応できるようになりました。

 

左手の指先はかなり固くなって来てチョーキングをして激痛が走るということもなくなりました。

 

なので、今日はずっと前に、前の先生にどういう訳かコピーを貰ったTruthの楽譜があることを思い出して、それをファイルから引っ張り出して練習。

 

耳コピでやっていた時は運指が自己流の為に上手くできなかったけど、楽譜通りの運指で行うとまあまあ。

 

超絶テクと言われる早弾きのソロ部分もちょっとだけ触ってみたけど、絶対に無理という訳ではなさそう。

 

ピアノでもとても弾けそうにないと思っていた別れの曲の中間部や幻想即興曲、愛の夢なんかもそれなりに弾けるようになったんだから、ギターでもTruthのソロだってできるようになるはずだと思います。

 

ギターを練習していると、下の階から仕事を終えたかみさんがTruthの主旋律を練習している音が聴こえてきました。

 

半年後ぐらいには二人で合わせができるようになれば良いなあと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM