親孝行

  • 2018.05.05 Saturday
  • 01:11

テレビを観ていると高速道路はどこも大渋滞。

 

盆正月とゴールデンウィークぐらいしか旅行に出掛けたり帰省することができなかった現役時代が懐かしい。

 

 

そんな連休真っただ中の今日は、かみさんの親孝行のお手伝い。

 

先日、義父母の家に行った時には一言も発しなかった義父は、きっと精神的にも落ち込んでいたんだろうと思います。

 

全く素直じゃなくて、人に感謝することのできない義父だけど、それでもかみさんのお父さん。

 

実の息子との関係も上手く行っていないのだから、私達夫婦が気遣いをしてあげなければ可哀想。

 

 

朝、かみさんに、

 

「あの後、お義父さんとお母さんはどうしてるんかな」

 

と聞くと、かみさんは、

 

「じゃあ、電話してみる。どこかに連れてってあげてくれる?」

 

と言うのでもちろんOK。

 

電話に出た義母は、お墓参りかお買い物に連れて行ってあげようかというかみさんの誘いに二つ返事でOK。

 

義父ももちろん一緒に出掛けたいそうです。

 

郊外までお墓参りに行くのなら、私達のお気に入りの中華料理店に行ってもいいなと言うと、かみさんもすぐに同意。

 

 

そんな訳で、クルマでかみさんの実家まで義父母を迎えに行きました。

 

脚の悪い義父は、普段も外に出るのを嫌がるので益々歩けなくなっていて、クルマに乗るのもやっと。

 

それでもお墓に供える花を買いに植物公園に出掛けると、義母に支えられながらもなんとか歩いてくれました。

 

IMG_9044.JPG

 

いつもこちらがびっくりするくらいの大喧嘩をしている義父母ですが、それでもこうして義母が義父を支えている姿を見ると50年連れ添ってきた夫婦だなあと思います。

 

義父母はワンコが大好き。

 

ずっとワンコを何匹も飼い続けていた義父母は、どこに行っても愛犬達の可愛い仕草に頬が緩みっぱなし。

 

先日は一言も口をきかなかった義父は、一緒にいる間ずっとしゃべり続けでした。

 

 

そこでお花を買って、お墓に。

 

IMG_9049.JPG

 

愛犬達にも「お参りするよ」と言うと、お墓の前でお座りをしてくれました。

 

そんな健気な愛犬達を見て、私が死んだら愛犬達も私のお墓にお参りしてくれるのかなあと思ったけど、考えてみれば私が二年前に買ったお墓はビルの中の機械式のお墓。

 

ここの坊主に聞いたらワンコは中に入れないとのことです。

 

ちょっと寂しいなあと思いました。

 

 

その後は、渋滞しているであろう幹線道路を避けて、更に郊外の中華料理店へ。

 

IMG_9053.JPG

 

かなりの量を注文したのだけど、義父母も私達とほぼ同量をペロリ。

 

健啖家の私達でさえお腹が一杯になったのだから、80歳を超えて普段は小食の義父母にしては凄い食欲です。

 

やっぱり、家の中での二人だけの食事よりも、子供夫婦と楽しく食事した方が食欲も増すのだろうと思いました。

 

 

家に帰ると、サンちゃんの保護ママさんのFacebookに、ずっと里親さんができなかったポメラニアン君のトライアルが決まったとの記事が。

 

預かりママさんのところに2週間程いたけど、最初のトライアルが失敗に終わって出戻ったポメラニアン君は、ほぼ半年間保護ママさんのところにいました。

 

今日は、朝からシャンプーをしてやって、最後になるだろう先住犬とのお散歩にでかけたそうです。

 

ポメラニアン君の写真を見るとどこか寂しそう。

 

そしてそれ以上に保護ママさんはもっと寂しそう。

 

その後、ブログも更新されていたけど、ポメラニアン君との別れを惜しむ言葉が沢山書かれています。

 

記事の中で彼女は自分のことを「〇〇のお母さん」と何度も呼んでいました。

 

それを読んで涙が出そうになりました。

 

そりゃそうです。

 

半年も一緒に過ごしたワンコを他人に手放すのですから、辛くないはずがありません。

 

 

ところで、ザギトワさんに秋田犬を贈るとのニュース。

 

「Masaru」と言う名前は実は私と同じ。

 

テレビで何度も読まれる名前を聞いて、かみさんはおかしくてたまらないそうです。

 

ただ、心配なのは秋田犬というのは、柴などと同じくとっても躾が難しい犬種(他にはプードル、ボーダーコリー等)。

 

年末にNHK番組ですっかり有名になった訓練士の中村信哉氏によれば、飼い主の手に負えなくなって訓練所に連れてこられるワンコの多くは和犬だそう。

 

中でも大型の秋田犬を忙しいザギトワさんが上手くしつけることができるのかとっても心配です。

 

噛み癖が治らず咬傷事故を起こして遺棄されるワンコ、保健所に持ち込まれるワンコは沢山います。

 

中村信哉氏の様な訓練士が沢山いればともかく、他のトレーナーだと「この子はどうしようもありません」と言われてしまうことも沢山あるそうです。

 

だから、ザギトワさんには軽い気持ちでワンコを飼うんじゃなくて、真剣に愛情を持って育てて欲しい。

 

そうでなければ、ワンコも犬も不幸になってしまうのだから。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 国民のことを真剣に考えてくれる政治家を選びたい
    porter (04/28)
  • 国民のことを真剣に考えてくれる政治家を選びたい
    鳳凰 (04/28)
  • 幸せそうな老いた男性と老犬
    porter (04/05)
  • 幸せそうな老いた男性と老犬
    sara (04/05)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    porter (03/22)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    porter (03/22)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    鳳凰 (03/22)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    北の国から (03/22)
  • 加計問題でも公文書偽造発見
    porter (03/11)
  • 加計問題でも公文書偽造発見
    鳳凰 (03/11)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM