愛犬がいなくなった昨夜 ・・・追記あり

  • 2017.10.20 Friday
  • 09:07

昨日の夕方から愛犬が家からいなくなりました。

 

いつもそばにいる愛犬がいないと寂しくて堪りません。

 

ソファーに寝ていると私の上に乗っかってきて顔を舐めてくれる愛犬、ご飯を食べていると前足で私の腕をカキカキしてお裾分けをねだる愛犬、ボールを私の目の前にポトンと落として遊びをせがむ愛犬。

 

そんな愛犬がいないと寂しくて仕方がありません。

 

 

実は昨日、私の不注意でキシリトールの入っているヨーグルトを与えてしまいました。

 

ヨーグルトが大好きな愛犬。これまでも何度もヨーグルトを美味しそうに食べてくれました。

 

そのヨーグルトにまさか大量にキシリトールが含まれているなんて思っても見ませんでした。

 

キシリトールは体重10キロのワンコが僅か1gで死んでしまうほどの危険な甘味料です。

 

低血糖症状を起こして全身にグルコースが供給されなくなってしまうそうです。

 

そんなものが、まさかヨーグルトの中に入っているなんて・・・

 

 

娘が容器に書いてある内容を読んでキシリトールが入っているのを発見してくれました。

 

私は頭が真っ白になりました。

 

すぐに掛り付けの動物病院に向かいました。

 

愛犬はセンターコンソールの上に座ってぶるぶる震え始めました。

 

途中でかみさんから電話があり、動物病院は17時まで休診であること、ヨーグルトのメーカーに問い合わせて1コに6.6グラムものキシリトールが含まれていることを教えてくれました。

 

時刻は3時。まだ休診中です。

 

でもそんなことに構わずに病院に駆け込んで、緊急だから診て欲しいと大声で頼みました。

 

 

すぐに獣医師が出てきてくれて診察室に案内してくれました。

 

診察台に乗ると、愛犬は更に身体を震わせています。

 

 

医師は注射器で愛犬の口にオキシドールを挿入しました。

 

食べたものを吐くようにするためだそうです。

 

少しでもキシリトールを身体から排出させるためだそうです。

 

ところが5分待っても吐きません。

 

もう一度オキシドールを飲まされました。

 

それでも一向に吐きそうな気配がありません。

 

 

医師は、愛犬の前足の毛を刈り取って血管を浮き出させ、そこに注射針を刺しました。

 

愛犬は恐怖で暴れました。

 

私が抱いても暴れました。

 

休憩中の看護師さんが来てくれて抱いてくれて、私が顔を抱えてようやく針が入りました。

 

なんとか注射針が刺さると、血液を採取し、そして低血糖にならないようグルコースを血管に入れてくれました。

 

 

その後、愛犬は突然ゲーゲーと胃の内容物をはき出してくれました。

 

シートの上の内容物をみると、白いヨーグルトが沢山ありました。

 

でも、医師はすでに胃を通り過ぎて腸に行っているものもあるので油断はできないと言います。

 

私はパニックに近い状況になりました。

 

心臓が爆発しそうになり、身体が震えて、涙も出てきました。

 

すると、医師は、

 

「低血糖を防げば死ぬようなことはありませんから、一定時間毎に血糖値を測定し、必要であればグルコースを投与します。」

 

「絶対に大丈夫だとは言えませんが、万全の体制で治療しますから安心してください」

 

と言ってくれました。

 

1日から2日の間、入院して様子を確認すると言います。

 

夜中も血糖値をチェックする必要があるからだそうです。

 

 

一応の措置が終わってから、私は愛犬と待合室で血液検査の結果を待ちました。

 

右の前足に注射針を刺したままの愛犬の姿が痛々しい。

 

私は愛犬のそばに腰掛けて、ずっと愛犬に、

 

「痛かったね。パパの不注意でごめんね」

 

と声をかけ続けました。

 

IMG_6723.JPG

 

正常値は人間と同じで100前後。70から120あれば大丈夫だそうです。

 

結果は114と正常範囲。

 

グルコースを投入する前の数値です。

 

ブルブル震えていたのは、私の不安が愛犬に乗り移ったのと、いつも痛い思いをさせられる病院を覚えていたからだと看護師さんに言われました。

 

 

愛犬にヨーグルトを与えてしまってから、ここまで約40分。

 

それでも、医師によれば、キシリトールの影響が出てくるのは早くて1時間、遅ければ1日だそうなので油断はできないとのこと。

 

心配な私はずっと付き添ってあげたかったのですが、ワンコの病室には付きそう場所がないそうで、医師は私に帰宅するように言います。

 

もう一度愛犬にキスをして、後ろ髪を引かれる思いで病院を後にしました。

 

 

昨夜8時に病院に電話をしました。

 

血糖値は徐々に低下して正常低値ぎりぎりの71だそうです。

 

それでも医師は、万全の体制で診るから安心してくださいと言います。

 

それでも、その夜は、心配で心配で堪りませんでした。

 

 

今朝は、診察時間の15分前に病院に電話しました。

 

時間外のテープが流れていました。

 

ますます心臓がドキドキしました。

 

 

するとまもなく病院から折り返し電話がありました。

 

愛犬は元気な様子で、今日の夕方には退院できるかもしれないとのことでした。

 

もう一度お昼頃に血糖値を計って、その結果を見てから判断するとのことです。

 

「ご飯はちゃんと食べていますか」

 

と聞くと、あまり食べていないそう。

 

「いつも家ではおかずをトッピングしているので」

 

と言うと、

 

「いろいろトッピングを変えて与えてみますから大丈夫ですよ」

 

と言ってくれました。

 

人間でも病院食は不味いのだから、ワンコも同じなんだろうな。

 

 

でも愛犬が元気だと聞いて少し安心。

 

退院したときの為に、スーパーでサツマイモを買ってきて茹でておこう。

 

愛犬に食べ物を与えるときには成分表をきちんと確認して細心の注意を払おう。

 

そして、家に帰ってきたら思いっきり抱きしめてキスしてあげよう。

 

 

<追記>

医師より電話があり、血糖値は一度も下限を下回ることもなく、そして時々見られる肝機能障害も検査結果では異常がなかったので、今日の夕方には退院できるそうです。

病院食は一切食べなかったのですがプリンをあげると全部食べたそうなので食欲も問題ないそうです。

お家で美味しい食べ物を与えてあげてくださいとのことでした。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 音楽をやるなら小さいときからの方が良いに決まっているけど
    porter (10/23)
  • 音楽をやるなら小さいときからの方が良いに決まっているけど
    ローズマリー (10/23)
  • 選挙結果を見て改めて思うこと
    porter (10/23)
  • 選挙結果を見て改めて思うこと
    鳳凰 (10/23)
  • 明日の我が国のため、孫子のため選挙にいきましょう
    porter (10/22)
  • 明日の我が国のため、孫子のため選挙にいきましょう
    happy (10/22)
  • 明日の我が国のため、孫子のため選挙にいきましょう
    Porter (10/22)
  • 明日の我が国のため、孫子のため選挙にいきましょう
    鳳凰 (10/22)
  • 「こんな人達」という「こんな男」を総理大臣にして良いんですか?
    porter (10/22)
  • 明日の我が国のため、孫子のため選挙にいきましょう
    porter (10/22)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM