気を取り直して良い話

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 10:35

このところ、政治も社会も暗い話ばかり。

 

昨日は書き掛けのまま公開してしまったブログにリンクを貼った前川喜平氏関連の記事。

 

精力的に後援会活動をこなしている前川氏は、「歴史や法律を学ばなければ、国民主権、民主主義、人権尊重を進めていく国民としてダメだ」と述べています。

 

人権は生まれてきたものが全て持つ権利だけど、国民主権、民主主義は与えられるものではなく、国民自身が作り上げていくものだとも言っています。

 

そう言えば、学生時代に憲法や国際政治史なんかの講義で習った記憶があります。

 

 

米国のエルサレムへの大使館移転を契機とした昨日のイスラエルの暴挙などは、まさに歴史の流れの中で起こったこと。

 

第一次世界大戦中に英国、フランスが行った三枚舌外交や、ドイツのユダヤ人迫害が100年経った今でも悲劇的な事件を起こし続けています。

 

そんな中で、米国が行った米国のイスラエル大使館をエルサレムに移転するとの暴挙。

 

それに対して国際社会は反対の声をあげて、我が国も反対はしたものの、それ以外は米国に情けないままに隷属している日本。

 

それなのに、いまだに安倍内閣の支持率が38%もあるのだから、いかに日本人の民度が低いかということです。

 

 

 

そんな嫌なニュースばかりだけど、昨日は嬉しいニュースも2つ。

 

一つ目は、このブログでも何回か取り上げた保護犬のポメラニアン君のこと。

 

10歳と言うシニア犬であること、保護ママさんが譲渡先の選定に厳しいということもあってなかなか里親さんが決まらなかったポメ君。

 

それが先日、突然お見合いが決まって即トライアル。

 

そして二週間のトライアル期間終了を待たずして昨日正式譲渡。

 

保護ママさんから、ホームページ更新依頼があったのですぐに幸せそうな写真と共に記事を掲載して差し上げました。

 

送られてきた写真を見ると、上品な女性と豪華なご自宅。

 

別荘をお持ちになっていて、週末は家庭菜園をしに週末移住をされているそう。

 

早速、先週もポメ君を連れて行ったそうです。

 

山の中に遺棄されていた可哀想なポメ君ですが、待った甲斐があってとっても良いお家のおぼっちゃんになることが出来ました。

 

32558018_2334819326745093_7133749213308911616_n.jpg

 

ただ、そのポメ君のファンだった私もかみさんも、そして娘もちょっと寂しくなりました。

 

是非、里親さんには時々幸せ便りをして欲しい。

 

 

もう一つは、やはり保護犬のトイプーちゃんのこと。

 

1391904_th320.jpg

 

保護された時は冬用の汚れたお洋服を着たままで、毛玉だらけ。

 

ペットサロンさんが預かりボランティアに名乗り出てくれて、すぐに全身丸坊主にされたので、写真を見るととてもトイプーには見えません。

 

それでも、ホームページに掲載すると同時にあっという間に里親希望者が二人も。

 

ただし、4年間ずっとおばあさんと二人だけで過ごしていたので、他のワンコとは上手く行かないそう。

 

だから保護ママさんの譲渡条件は、「先住犬がいないこと」。

 

里親さんになる人の多くは、二匹目に保護犬を迎えようと考える人なので、その時点で嫁入り先が限定されてしまうのがちょっと心配です。

 

 

そんなことを思うと、ワンコを飼ったら、人間とはもちろん、他のワンコとも仲良くなれる様に躾けることが重要です。

 

先日Lineでつながった元職場の女性職員のワンコ二匹はとっても仲が悪くて一緒に散歩に行けないし、他のワンコにはずっと吠えてしまうのでドッグランにもドッグカフェにも連れて行けないんだそう。

 

私の愛犬達の仲良く遊ぶ写真を見て、羨ましくて仕方がないそうです。

 

 

ペットショップで安易にワンコを飼うと、保護ママさんからのアドバイスや、先住犬との相性確認もできないのだから、余程慎重にならなければならないと思いました。

 

自分だけは愛犬を遺棄するなんてことは絶対にないと思っていても、本人が病気になったり施設に入るようなことになればその飼い犬は路頭に迷うことになるし、運よく保護されても社会性がなければ里親も中々見つかりません。

 

 

トイプーちゃんには、なんとか良いお家が見つかれば良いなあと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
>

幸せと健康維持の半分以上は愛犬達のお陰

  • 2018.05.09 Wednesday
  • 00:07

昨日ハーネスを外して脱走し、探していた飼い主さんの目の前でクルマに跳ねられた柴ちゃん。

 

骨盤を二か所骨折していて、運び込んだ病院では手に負えず大きな動物病院を紹介されて手術を受けることになったそう。

 

保護ママさんからは、普段の躾や飼い方についてしっかり指導があった様です。

 

 

今日は一日雨模様だと聞いていたけど、午前中は薄曇りだったので、いつもの公園まで愛犬達とお散歩。

 

すぐに雨が降りそうな空模様だったけど、公園には多くの老人達が夫婦で散策したり、今流行っているらしい水彩画を描いていたり、保育園から集団でお散歩に来ている沢山の子供達。

 

私は愛犬達と一緒にベンチに腰掛けて本を広げたのだけど、子供達をカートに乗せた保育士さんが前を通るたびに、

 

「ほら、ワンちゃんだよ。可愛いねえ」

 

と子供達に呼びかけるので、その度に私は子供達に愛想笑い。

 

なかなか読書に集中できずに読み進めることが出来たのは10ページほど。

 

読みかけているのは、「池上彰の宗教が分かれば世界が見える」という本。

 

仏教のことが書いてあるページまで進んでいるのだけど、子供たちが気になって中身は全く頭に入ってきません。

 

それでも、池上彰氏がもの凄い博識だということは彼のどの本を読んでも良く分かりますね。

 

書店に行って膨大な書籍を見渡すと、「まだまだいっぱい知らないことがあるままで人生を終えてしまうんだ」という恐怖にかられることがあります。

 

でもどんな高名な学者でも、書店にある膨大な書籍に書かれてあることのすべてのことを知らずに死んでしまうのだからと思うと気が楽になります。

 

 

家に帰ってからはサンちゃんをお風呂に入れました。

 

シーズーの多くは脂漏症体質で、それが原因でマラセチア菌が増殖して脱毛してしまったり、痒みで掻きむしって湿疹になったり、体臭が強くなってしまいます。

 

だから1〜2日おきにお風呂に入れてあげています。

 

シャンプーで充分にマッサージして、シャワーで流した後は、湯船に一緒に浸かって石鹸分を十分に落としてやります。

 

上がったら、乾いたタオルで充分に水気を拭き取り、ドライヤーを皮膚を傷めない様に遠くから当てて乾かしてあげます。

 

かなり手間がかかるのは確かだけど、シャンプーの時は一本づつ脚をあげて洗わせてくれる姿が可愛いし、湯船の中で気持ち良くなって目を閉じてうっとりしている姿も可愛い。

 

タオルで拭かれるのは苦手だけど、ドライヤーで乾かしてあげている時に、お顔を上に向けて胸を乾かしてとせがむ姿も可愛い。

 

だから1-2日おきのお風呂も全く苦になりません。

 

 

お風呂から上がると、キュート君が扉の前で待っていてくれました。

 

そして、二匹でお風呂上り恒例の追っかけっこ。

 

そんな姿を見ているのも楽しい。

 

 

愛犬達の大騒ぎがひと段落したら、いつもの躾。

 

今日はなんとサンちゃんがこれまでできなかった「お手」が4回中3回もできました。

 

最後の4回目は、代わりに横からキュート君が手を斜めに伸ばして「お手」をしてくれます。

 

これがまた可愛くて堪りません。

 

 

 

今日の万歩計は6000歩。

 

家の中ではiPhoneを机の上に置いていて市販の万歩計よりも2-3割少なく表示されるので、実際には8000歩程度だと思います。

 

よく一日一万歩が理想だと言われますが、主治医に言わせると6000〜8000歩ぐらいがちょうどいいとのこと。

 

それ以上になると、老人の場合は膝を痛めて歩けなくなってしまって、ますます血糖値や血圧が悪くなってしまうリスクがあるそうです。

 

それでも一日6000歩でも、余程意識して歩かなければそこまで行きません。

 

もともと出歩く趣味がない私は、愛犬達とのお散歩が無ければ一日2000歩程度しか歩けなかったのだろうと思います。

 

 

私の幸せと健康維持の半分以上は愛犬達のお陰。

 

そんな愛犬達が万が一にも交通事故にあったりしないよう、これからも精一杯気を配ってやろうと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

交通事故で骨盤骨折の重傷

  • 2018.05.07 Monday
  • 23:13

今朝、突然保護ママさんから電話。

 

いつもはLineかFacebookのコメント欄を使っているので、何事が起ったのかと一瞬ドキリ。

 

預かりボランティアが見つからないので、私にやってくれないかという依頼かも…

 

私には何カ月も預かったワンコを里子に出すなんて、辛くて寂しくて絶対にできません。

 

 

そんな予想は外れたけど、不安な予想は別件で大当たり。

 

先日里親が決まったばかりの柴犬ちゃんが散歩中に脱走して行方不明になったとのこと。

 

脱走した時の場所は、以前私達が住んでいた郊外の住宅地。

 

ここに住んでいる里親さんが、柴ちゃんを連れてお散歩している最中に、ハーネスが取れてしまってダーツと走って行ってしまったそう。

 

里親さんはパニックになっているので、私の知り合いの人に声をかけて探して欲しいとのことです。

 

早速、手持ちの柴ちゃんの写真でFacebookに掲載してシェアと保護をお願いしました。

 

するとあっという間に、何十人もの人がシェアしてくれたり、探してみてくださるとのコメント。

 

ところが、間もなくして「見つかったのでシェアストップしてください」との連絡。

 

 

私のFacebookやワンコサイトにその旨をアップしていたら、また保護ママさんからLine。

 

なんと、柴ちゃんは飼い主さんの目の前でクルマに跳ねられて骨盤骨折の重傷だそう。

 

 

私はその飼い主さんの名前も住所も一切知らなかったのだけど、見つかったという連絡が保護ママさんのFacebookにコメントとして投稿されていたので、飼い主さんのFacebookの投稿も見ることができました。

 

それを見ていると、柴ちゃんを脱走させてしまったのがさもありなんという飼い方。

 

もともと柴は躾がしにくい犬種としてしられているけど、これまでにもハーネスやリードを噛みちぎったり、ケージを破壊して家の中だけど脱走した前歴があるそうです。

 

そしてなんと先住犬のシニア犬の柴ちゃんも数カ月前に脱走したばかり。

 

さらにFacebookの過去の投稿を見てみると、二匹をロングリードをつけたままで飼い主さんが手を離して、公園で自由に遊ばせている動画までありました。

 

このブログでも何回か記事にしたけど、家の外でリード無しでワンコを離すなんてとんでもない暴挙です。

 

他のワンコに驚いて脱走してしまうこともあれば、大型犬に襲われてしまうことも、他のワンコを傷つけてしまうこともあります。

 

我が愛犬のキュート君は、公園で放たれていたダルメシアンに突然襲い掛かられてリードを引きちぎって道路に飛び出してしまったこともあります。

 

公園で小さい子供が遊んでいたら、なにかの拍子に咬傷事故を起こしてしまう可能性もあります。

 

そして咬傷事故を起こしたワンコは、保険所送りになって殺処分されることになってしまいます。

 

 

そんな投稿を見て、起こるべくして起こった脱走だと思いました。

 

「親バカ」は大いに結構だけど、「バカ親」になってはなりません。

 

どんなことがあっても悪いのはワンコではなく、飼い主です。

 

 

骨盤骨折で手術をすれば、ペット保険に入っていなければその費用は4〜50万円。

 

それぐらいは、愛犬を助ける為なら安いものだけど、それがバカ親の薬にもなってくれれば良いと思います。

 

 

そんな話を知ったばかりの私は、大雨だったせいもあるのだけど、家の中で愛犬達の躾。

 

「お座り」「待て」「おいで」「ついて」「お手」を念入りに繰り返しました。

 

これができれば、万が一リードが離れた時にも呼び戻しができるからです。

 

キュート君はほぼ完ぺきにできるけど、我が家に来て5カ月のサンちゃんはまだまだ。

 

「待て」をして私が遠ざかると後を付いてくることもあるし、そんな時に「お座り」「待て」と言うと「伏せ」になってしまうこともあります。

 

それがまた何とも言えずに可愛いくて笑ってしまうのですが、私が笑うと「おいで」の前に二匹とも私の所に走り寄って来てしまいます。

 

 

そんなサンちゃんはこれまでできなかった「お手」が少しだけできる様になってきました。

 

そんな時には、いっぱい褒めてやります。

 

可愛くて堪らなくて抱きしめて頬すりしてやります。

 

それでも、「お手」ができるのは10回に1回ほどなのでまだまだ根気良く躾をしなければなりません。

 

 

そんなサンちゃんはなんでもキュート君の真似をします。

 

キュート君は私がソファーに寝そべっていると顔をペロペロ舐めてくるんですが、最近はサンちゃんも一緒に舐めてくるようになりました。

 

可愛いのですが、私は息ができなくて大変です。

 

サンちゃんはそんなところばかり真似しないで、「待て」「お手」もキュート君の真似をしてくれればいいのになあと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

出戻りを期待したり心配したり

  • 2018.05.06 Sunday
  • 09:54

保護ママさんのところに約半年間いたポメ君。

 

syunnsuke.JPG

 

先日トライアルが決まりました。

 

 

山中に捨てられていて保健所に収容されていたところを保護ママさんにレスキューしてもらったポメ君。

 

推定年齢10歳と高齢で、噛みがあって、虐待されていた為か人に懐くことが出来ないポメ君はそのままでは殺処分になっていました。

 

保健所では一般譲渡にあたって様々な試験をするそうだけど、保護ママさんがレスキューするのはそんな試験に落ちて一般譲渡不可と判定された子達。

 

我が愛犬のサンちゃんも噛みはなかったけど皮膚病が酷くて一般譲渡に落ちた子。

 

IMG_7990.JPG

 

時々我が家に遊びに来てくれるヨーキーちゃんも噛みがあって一般譲渡に落ちた子でした。

 

IMG_8092.JPG

 

BWAK4507.JPG

 

ポメ君は、サンちゃんの預かりママさんのところで育てられました。

 

サンちゃんは預かって2カ月ほどで我が家に里子として迎えられたのですが、その後すぐに同じ預かりママさんがポメ君の預かりを引き受けてくれました。

 

そしてすぐに里親希望者が現れてトライアル。

 

ところが里親を申し出た壮年独身男性の息子の母親が「いつ引き取ってくれるの」と言ってきました。

 

サンちゃんの時の様にそのまま里親さんに譲渡されるだろうと思っていた預かりママさん、パパさんはがっくり。

 

定期的にその預かりママさんとLine交換していた私には、「心が折れます」との悲痛なメールが入りました。

 

預かりママさん宅ではもう預かれないとのことで、また保護ママさんのところで里親を待つことになりました。

 

失意喪失の預かりママさんは、それ以降預かりボランティアをしなくなりました。

 

それから少しして、

 

「これまで先住犬2匹に加えて合計3匹もいて大変だったけど、いざ2匹だけになってしまうととっても寂しいくてまた心が折れそうです」

 

という内容のLineが届きました。

 

 

 

その後、タレント犬のしゅんすけくんとそっくりで名前も同じ可愛いポメ君には里親希望者が沢山名乗り出てくれました。

 

syunsuke.JPG

 

その数10件。

 

高齢犬としては異例の人気でした。

 

ところが、保護ママさんが家庭環境調査、お見合いをすると、いずれも先方の環境や年齢、飼い主としての素養に問題がある人ばかり。

 

そんな様子を保護ママさんから時々Lineで聞かされていた私は、なんとか良い人に巡り合って欲しいと願い続けていました。

 

ポメ君は保護ママさん宅の先住犬たちや他の里親さん宅のワンコ達ともとても仲良くなって、いつも楽しそうにお散歩をしていました。

 

保護ママさんのブログには、ポメ君に対する愛情が伝わってくる写真と文章。

 

すっかりポメ君に感情移入してしまった私は、保護ママさん宅の最高齢の先住犬が18歳になって先が長くないということもあって、そのまま保護ママさんの家族になっても良いのかなあと思っていました。

 

 

そのポメ君に突然、とても良い方が里親として名乗り出てくれました。

 

写真を見ると、ポメ君を抱いた女性はとっても嬉しそうな顔をしています。

 

でも、ポメ君の顔はなんだか寂しそう。

 

31906810_2328029914090701_5916463509192835072_n.jpg

 

保護ママさんのブログにはこんな記事が掲載されていました。

 

 

そして今日、トライアルへと出発しました
行く前にシャンプー
シャンプーが嫌いなしゅんすけは
シャワーヘッドに何度も噛みつき…笑

 

 

ドライヤーで乾かすのも一苦労

これがしゅんすけだから仕方がないのであ〜る
○○君とのとのお散歩納めをして
いざ出陣

 

仕事へ行く時に必ず見送ってくれたしゅんすけ
仕事から帰るといの一番に飛んできてくれたしゅんすけ
朝ごはんのカリカリご飯を残すしゅんすけ
郵便屋さんに吠えまくるしゅんすけ
お散歩が大好きなしゅんすけ
他犬が大好きなしゅんすけ
車でお出掛けが大好きなしゅんすけ
抱っこすると固まるしゅんすけ

こんなしゅんすけがお母さんは大好きです

 

 

 

 

 

 

里親を募集していたんだから、トライアルが決まったのは嬉しいことに決まっているのだけど、それ以上に保護ママさんは辛くて寂しいんだろうと思います。

 

Facebookに、

 

「嬉しいけど寂しいですよね」

 

とコメントすると、

 

「保護犬たちを出すときはいつも寂しくて泣いています」

 

「でも今回も出戻りになったら、今度は私が正式な家族になってあげようと思います。まあ、大丈夫だと思いますが笑」

 

との返信がありました。

 

娘を嫁に出すときの親の気持ちとまったく同じなんだと思いました。

 

 

 

そんな我が娘の住処は、私のビルの上階。

 

毎日、それもしょっちゅう下に降りて来て愛犬達と遊んだり、台所から食材を持って行ったり、自分の洗濯機が壊れたと言って私達の洗濯機を使いにきます。

 

そしてポメ君の里親も保護ママさんの家からそう遠くないところだそう。

 

それなら、里親に出しても時々会いに行くことができますね。

 

 

それを知ってちょっと安心した私です。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

幸せになるための方法

  • 2018.05.02 Wednesday
  • 23:27

今日は一日雨模様でしたね。

 

そんな日は愛犬達を連れてお散歩に行くこともできません。

 

母と姉の義母のことが心配なのでこのゴールデンウィークはなんの予定も立てていない私達家族ですが、それでも雨よりは晴れている方が良い。

 

そんな日に、かみさんは炬燵布団をコインランドリーで洗いたいと言い出しました。

 

小さい炬燵なのに肩まで潜り込みたい私達が選んだ炬燵布団はかなりの大判。

 

それに12月に迎えたサンちゃんがおしっこを何度かしてしまったので、きれいに洗いたかったんです。

 

キュート君には毎年新しい炬燵布団を破壊されていましたが、サンちゃんの場合は破壊こそしないけど粗相をして汚されてしまいました。

 

洗濯するならクリーニング店に頼めばいいと思っていましたが、かみさんはコインランドリーの方が安いはずだと言います。

 

私もそうなんだと思っていましたが、実際に行ってみると1回600円の洗濯機には炬燵布団が入りきらず、となりの1000円の洗濯機を使わざるを得ませんでした。

 

これに乾燥機代がさらに数百円掛かるのだから、どちらが安いのかは疑問です。

 

待ち時間は31分とのことだったので、私達は昼食へ。

 

ところがその近辺にはレストランがなく、結局ちょっと離れたとんかつ屋へ。

 

食事を終えてコインランドリーに戻ると、完了時間を30分も過ぎていました。

 

それから乾燥機に突っ込んで21分、300円。

 

それでも完全に乾いた感じがしないので、家のホールに広げて干しました。

 

 

コインランドリーの帰りは、久々にワンコ達を連れていなかったのでイオンにでも行こうかと私から提案しましたが、かみさんはそれなら100均の方が良いと言います。

 

地元の大型スーパーの100均に行ってかみさんは掃除用品などの雑貨と、そして私はワンコの携帯用の水飲みを二つ買いました。

 

最近どこに行ってもかならず愛犬達のものを飼っているような気がします。

 

 

家に帰ると、愛犬達は10年ぶりに再会したかの様に私達に飛びついて来てくれます。

 

本当に可愛いなんてもんじゃありません。

 

 

少し休んでいると、サンちゃんの保護ママさんからLine。

 

昨日、彼女のFacebookで新しいワンコをレスキューしたことを知った私は、すぐに彼女のホームページを更新してあげていたのですが、今日のラインは別件。

 

先日保護した二匹のチワワを二匹同時に引き取ってくれる里親を希望していたのだけど、なかなか希望者が現れないので、別々に里親募集をすることに変更して欲しいとのこと。

 

それと、彼女の作った保護犬活動啓発チラシや募金箱を置いてくれている事業者を紹介するページを新設して欲しいとのこと。

 

ところが、彼女が次々とLineで送ってくる情報は、名刺を写真で撮ったものだったり、住所も電話番号も書いていない店舗名。

 

さらにそのホームページのURLの記載も無し。

 

チラシだけ掲示してくれているところ、募金箱も置いてくれているところもあったり、動物病院あり、ペットサロンありで、協力内容もバラバラ。

 

標記事項とそれらの事業者のマトリックスを作成するのに時間が掛かりそうだったこともさることながら、どのように紹介させていただいたら良いかも少々検討が必要です。

 

なのでこちらは後回しにして、チワワちゃんの里親募集のページだけ更新して連絡しました。

 

このあたりの仕事の進め方は、かみさんとそっくり。

 

中身も整理せずに文書もデータも示さずにホームページを更新してくれと頼むのは、保護ママさんもかみさんも同じです。

 

大体、女性はこんな人が多い。

 

男性にももちろんそんな人はいるけど、圧倒的に女性が多い。

 

文章の読解力も低くて、誤解したり、自分の都合の良いように解釈するし、自分の考えや物事を整理して伝えることがちゃんとできる女性はほとんどいません。

 

そんな場合は自分に影響がなければ無視するに限るけど、仕事として(無償のボランティアも仕事の内)やる場合はそうもいきません。

 

私の方で整理して、向こうが納得するようなものを作らなければなりません。

 

今回の場合は、他の協力者の気持ちにも配慮しなければならないので、少し時間が必要です。

 

 

昨日保護ママさんがレスキューした子は4歳のプードルだそう。

 

一人暮らしのおばあさんが飼っていたのだけど、施設に入ることになって、息子に世話を頼んだけどその息子が飼育放棄。

 

おばあさんの家の取り壊しを請負った建設業者がその子の面倒を見ることになったのだけど、4カ月間もプレハブの建物の中に入れっぱなしで、毛玉だらけで小豆大のダニまで寄生していたそう。

 

どういう経緯かは分かりませんが、県の方でその子を保護して収容。

 

県から保護ママさんにレスキュー要請があったそうです。

 

 

飼い主が入院したり、老人ホームに入って飼い犬が放置、遺棄されるというケースは結構多いそうです。

 

このケースは、高齢にもかかわらず子犬を買ってしまったために起こったもので、ペットショップが安易な生体販売をしなければ防げた案件。

 

更に、息子が薄情な人間でなければおばあさんが大事にしていた愛犬を飼ってあげることができたはず。

 

保護ママさんが、高齢の里親希望の人の場合は、たとえ後見人がいてもちゃんと面談してその人となりを確認しなければならないというのはそんな案件に何度も遭遇しているから。

 

保護犬活動と言うのはそんな点で気苦労が多いんだと思います。

 

「お見合い」「家庭環境調査」「トライアル」「正式譲渡」という面倒な手続きが必要だし、この人はダメだと判断したらお断りすることも沢山あるそうです。

 

家庭環境調査の際は、ある程度の経済力があるかどうか、家の中がきちんと整理整頓されているかも評価基準になるし、家族とも面談して人間的に問題ありそうだと判断すれば、お断りということになります。

 

結果、里親を申し出た人とぶつかることもあるし、保護犬サイトで「悪い保護活動者」と評価されてしまうこともあります。

 

さんちゃんの保護ママさんは、まさにこれらのステップをきちんとやっている人。

 

初めて会った人にとってはなんて厳しい人なんだろうと思われることもありそうです。

 

実際、私もそう思いました。

 

でも、そんな彼女は保護犬を正式譲渡した日の帰り道は、クルマの中でずっと号泣しながら家に戻るそうです。

 

私が紹介したヨーキーちゃんの里親さん宅でも、里親さんが借りていたお洋服やおもちゃを返そうとしたら、

 

「このお洋服やおもちゃを見たら毎日泣き続けなきゃならなくなるから差し上げます」

 

と目を真っ赤に腫らしながら話していたそう。

 

そんな彼女は、里親さんから「幸せ報告」が来るのがなによりの楽しみだそう。

 

 

保護犬活動はお金の面でも工数の面でも精神面でも大変だし、里親に出すことになって別れる時の辛さ・寂しさもあるけど、頑張れば頑張るだけそんな「幸せ報告」が沢山来るとことでもあります。

 

 

是非、ワンコを飼いたいと思っている人は保護犬を迎えて、そして1カ月に一度は保護ママさんに幸せ報告をしてあげて欲しい。

 

そうすれば、きっと自分自身も幸せになれると思います。

 

IMG_2322.jpg

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

仲が良い理由

  • 2018.05.01 Tuesday
  • 11:12

一昨日の夜遅くに、Lineに友達申請が届きました。

 

LineやFacebookにはこうしてしょっちゅう友達申請が届くけど、殆どは怪しげなもの。

 

写真集に載っている様な美人さんの写真をつけたひっかけ、宗教・スピリチュアルビジネス、時にはちょっと頭のおかしい人等など。

 

ところが名前を見ると、前職場の女性職員と同じ名前。

 

それで、愛犬達の写真を送ってみると、彼女の愛犬達の可愛い写真が直ぐに返信されてきました。

 

2年振りなので懐かしい。

 

彼女がワンコを飼い始めたのは、私が愛犬を飼い始めて自慢話をするようになってから間もなくのこと。

 

子供がいない彼女は、旦那さんとワンコの奪い合いになってしまったので、その後すぐに二匹目のワンコを迎えました。

 

多頭飼いという点では彼女が大先輩です。

 

ところが、私の愛犬達が仲良く並んでいる写真を見た彼女は、

 

「仲良くて羨ましい。我が家のワンコたちは仲が悪くて、横に並ぶのはご飯の時だけ。それでも可愛いけど…」

 

とのこと。

 

そう言えば、先日公園で偶然にあったセレブママさんも、

 

「すっごく仲が良いねえ。うちはダメなの」

 

と言っていたっけ。

 

 

我が家のキュート君とサンちゃんも、保護犬のサンちゃんがトライアルで来たばかりの時は、とんでもなく相性が悪くて、おとなしい先住犬のキュート君がしょんぼりして可哀想だったくらい。

 

キュート君を知る知り合いからは、

 

「それは無理だね。返したら」

 

と言われました。

 

二匹一緒に散歩に連れて行ってもお互いに嫌がってリードはぐちゃぐちゃに絡まるし、キュート君はすっかり元気がなくなってソファーの裏でうずくまったり、大好きなボール遊びもしなくなりました。

 

サンちゃんはブリーダー若しくはペットショップで男性に虐待された経験があるのか、かみさんにはすぐに懐いたけど、私にはワンワン吠えて警戒しまくって、ちっとも懐いてくれません。

 

そんな時には、一瞬「返した方が良いのかなあ」との思いが脳裏をよぎったのも確かです。

 

それが、トライアル三日目に突然ソファーに寝ていた私の胸の上に飛び乗って来てくれたサンちゃん。

 

その翌日には、お散歩に行った公園のベンチで離れ離れに座っていたサンちゃんが突然キュート君にくっついて甘えてくれました。

 

それ以来、二匹は一時も離れることのない本当の兄弟の様。

 

サンちゃんは時々キュート君の耳を噛んで、キャンと言わせてしまうけど、それもワンコ同士のじゃれ合いの一つ。

 

殆どの場合は、乱暴なサンちゃんに対してキュート君が寛容な対応。

 

先日、サンちゃんをトリミングに連れて行って、キュート君と私の二人だけでお散歩に出掛けた時は、キュート君が寂しがって元気がまったくありませんでした。

 

昨日は、かみさんと愛犬達を連れて、百貨店に行って、帰りに公園によりましたが、そこでも二人は仲良し。

 

IMG_8970-(1).jpg

 

そして、他のワンコが沢山いる公園でも無防備なサンちゃんに対して、キュート君は家族を守るために周りへの警戒を怠りません。

 

二匹のそんな様子を見ていると、キュート君の方がいつもサンちゃんのわんぱくさを寛容に受け止めてくれていること、身体の大きいキュート君がいつもサンちゃんを守ってあげていることが仲良しの理由だと思います。

 

そんな愛犬達を見ていると、なんだか私達夫婦ともよく似ています。

 

もちろん、かみさんの我儘を受け止めている私がキュート君。

 

我儘は言うけど、年齢の割にスマートで美人のかみさんがサンちゃん。

 

こんなこと言うと、かみさんに叱られるかな。

 

これから娘も一緒にちょっと遠くの公園まで出発です。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

家族でウルウル

  • 2018.04.26 Thursday
  • 23:30

今日はなにも予定が無いので、おじいちゃんみたいな顔になってしまったサンちゃんをトリミングに連れていくことにしました。

 

先日内覧会に出掛けた新規オープンの美容室に電話をすると、何時でもOKだとのこと。

 

ゴールデンウィークを控えてどこも混んでると思っていたのに、すんなり予約が取れてちょっと拍子抜け。

 

 

そこは家からクルマで20分ぐらいのところ。

 

サンちゃんもキュート君も連れて向かいました。

 

トリミングの所要時間は2時間半とのことなので、美容室にサンちゃんを預けて、私はキュート君と久しぶりの二人だけのお散歩へ。

 

私を独占出来たキュート君はご機嫌で知らない道を歩いてくれます。

 

1キロ程歩くと、かなり大きな公園がありました。

 

小さな子供を連れたお母さんたちも沢山来ていて、ブランコをしたり、ピクニックをしたりとっても楽しそうです。

 

IMG_8911.JPG

 

ワンコを連れた人も何人かいました。

 

ベンチに座ってキュート君の様子を見ると、なんだか元気がありません。

 

いつもは私の横に飛び乗ってくるのに、今日は地面に立ったまま遠くを見つめています。

 

IMG_8904 (1).JPG

 

IMG_8905 (1).JPG

 

IMG_8907 (1).JPG

 

なので公園の中をぐるっと回ってみることにしましたが、いつもの様なスピードで歩いてくれません。

 

IMG_8908.JPG

 

IMG_8910 (1).JPG

 

そうだ!キュート君はいつも隣にいるサンちゃんがいないので寂しかったんだ。

 

それに気づいた私はちょっと目頭が熱くなってしまいました。

 

どうりで自販機で買ったお水も飲もうとしなかったわけです。

 

 

なのでお散歩は1時間半ほどで切り上げて美容院に戻ることにしました。

 

キュート君はサンちゃんの姿を確認すると、安心したのか店員さんが出してくれたお水をがぶがぶ飲んでくれました。

 

ただ、私達が早く帰ってきたことがトリマーさんには迷惑だったらしい。

 

それまで大人しくトリミングさせてくれていたサンちゃんが急に落ち着きがなくなって暴れ始めたんです。

 

IMG_8914 (1).JPG

 

IMG_8928 (1).JPG

 

あわてて私の顔を見せない様に待合室の奥の方に隠れましたが、店員さんと話す私の声が聞こえる様でずっと落ち着きがなかったそうです。

 

結局2時間半以上たってもサンちゃんのトリミングは終わらず、じゃあと思ってキュート君の肉球マッサージをしてもらうことにしました。

 

キュート君はサンちゃんと同じ部屋の中に入れてすっかり落ち着きました。

 

IMG_8918 (1).JPG

 

それでも肉球マッサージは僅か10分程で終了。

 

それから30分以上もサンちゃんが終わるのを待つことになりました。

 

 

そしてようやくサンちゃんがトリマーさんに抱えられて待合室に。

 

ピョンピョン飛び跳ねて私に甘えてくれました。

 

そしてなんとキュート君までがサンちゃんに再会して大興奮。

 

たった3時間ほど会わなかっただけなのに、ちょっとした感動の再会となってしまいました。

 

 

トリミングの終わったサンちゃんはとっても可愛くなっていました。

 

IMG_8936.JPG

 

IMG_8930.JPG

 

まつ毛が長い所もとっても可愛い。

 

IMG_8933.JPG

 

家に帰ると、かみさんも娘もどうだったかと私に聞きます。

 

キュート君は私と二人だけでお散歩に行ったけど寂しそうにしていたこと、トリミングが終わって再会した時にはキュート君も大騒ぎしてサンちゃんに飛びついて行ったことを話すと、かみさんも娘もウルウル。

 

家族みんなが親バカです。

 

 

今日行った美容室ですが、お客さんの獲得に苦労しているそう。

 

大手の会社の新規事業で始めたフランチャイズですが、ワンコの飼育頭数が減っている中、トリミングで7000円も取られるのだから新規参入はなかなか厳しそうです。

 

写真サービスや・・・

 

 

会員特約などで新規客を獲得しようとしているのですが、どうなんでしょうか。

 

それにしても、私の散髪代が1600円なのに、ワンコが7000円って高過ぎますね。

 

その内、過当競争でダンピングが始まることを期待したいですね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

中島みゆき似の美人に声を掛けられた

  • 2018.04.25 Wednesday
  • 22:10

昨夜は大雨だったけど、今朝は晴れ。

 

愛犬達をいつもの公園まで連れて行ってやりました。

 

愛犬達とベンチに座って本を読んだりスマホをいじっていると、突然声を掛けられました。

 

顔をあげるとチワワ君二匹を連れた中島みゆき似の美人さん。

 

歩いている途中で美人さんに声を掛けられることはしょっちゅうあるけど、ベンチに腰掛けていてというのは2カ月ぶりぐらい。

 

福田氏じゃないけど、美人さんに声を掛けられると自然と笑顔になって、かつ饒舌になるのは男のサガ。

 

でも、「縛っていい?」なんてことは勿論言っていませんよ。

 

 

7歳になるチワワ君は体重5キロのデカチワワ。

 

デカすぎてペットショップで売れ残ったチワワを見て不憫に思って買ったのだそうです。

 

小さい方は保護犬だそう。

 

IMG_8894.JPG

 

以前にサンちゃんと同じシーズーを飼っていたのを亡くしてしばらくしてからデカチワワ君を買ったそうです。

 

そして小さいチワワ君は、繁殖犬だったのを保護団体から譲り受けたのだそう。

 

そんな話から始まって、話題は自然と保護犬のことに。

 

ペットショップやブリーダー、そして飼い犬を遺棄する大馬鹿どもへの義憤をお互いにぶちまけていると、あっという間に時間が過ぎていきます。

 

彼女はサンちゃんが以前飼っていたシーズーとそっくりだと言ってくれました。

 

やはり脂漏性湿疹が酷かったそうで薬を飲ませていたそうですが、頻繁にシャンプーをしてやっている内にきれいに治り、投薬もやめることができたのだそう。

 

そしてキュート君のことをとってもハンサムだと言って、撫でたりキスしたりしてくれました。

 

IMG_8899.JPG

 

楽しいお話をしているとあっという間に30分程も経ってしまいました。

 

こうしてワンコを連れてお散歩をしていると、全く知らない人ともすぐにお友達になれるのが楽しい。

 

 

帰り道では、何人ものすれ違う人が愛犬達の可愛い歩き姿を見て目を細めてくれます。

 

ざっくりと言えば、4人に一人ぐらいが目を細めてくれます。

 

女性だけじゃなくて、男性でもにっこり笑ってくれる人がいます。

 

そんな人はきっと優しい、良い人なんだろうと勝手に想像しています。

 

 

 

家に帰ってからサンちゃんをお風呂に入れてやりました。

 

あまり好きではなかった湯船の中ですが、今日は気持ちよさそうに目をつぶって前脚を私の胸においてじっとしてくれていました。

 

お風呂から上がってタオルで拭いてドライヤーで乾かしてから外に出ると、ドアの外にキュート君が待ち構えています。

 

きっと一人で寂しかったんでしょうね。

 

そしてお風呂上り後に恒例の追っかけっこ。

 

そんな愛犬達の姿が可愛すぎて可愛すぎてどうしようもありません。

 

 

夕方からはヴォーカル教室へ。

 

前回からAnother dayに取り組んでいるんですが、今日は歌詞を旋律をつけずに読む練習。

 

Another dayは早口言葉の要素もあるのですが、まずはゆっくりと正しい英語の発音練習。

 

いきなり最初のeveryで何度もやり直し。

 

そしてmorningでも何度もやり直し。

 

相変わらずVとRの発音が全然できていません。

 

この曲は早々に仕上げて秋の発表会の課題曲であるWhile my guitar…にと思っていたのですが、先生曰く英語の発音だけでなくそれを早口言葉で正確に発声するだけでもかなりの練習が必要だとのこと。

 

Let it beよりはカンタンだと勝手に思っていたのですが甘かった。

 

 

 

ところで安倍さんは早期の衆議院解散を目論んでいるそう。

 

国民を愚民だと思っている安倍さんは、今解散しても自民党が大負けするようなことはないだろうと踏んでいるそうです。

 

佐藤栄作内閣の黒い霧解散の再現ですね。

 

我々国民は賢くなって安倍さんの甘い見通しを破壊してやらねばなりません。

 

これだけウソつきばかりの安倍政権をよもや支持するなんてことになってはなりません。

 

我々国民はこの1年間で充分に学んだはずです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

小さな命にメロメロになった人達

  • 2018.04.24 Tuesday
  • 23:28

今日は月1回の糖尿病検診日。

 

町内会長さんと一緒に行くのはこれで4回目。

 

会長さんの今日のA1Cは7.5。

 

先月よりまた0.2の改善です。

 

なんとこれで3回連続の改善。

 

対する私は先月と同じ7.0。

 

会長さんは麦ごはんにしたりクルマを使わずに歩く様にしたりと頑張っているそうです。

 

対する私はそこそこお散歩はしているものの、母が入院して帰省した時にはお散歩もせず、炭水化物中心の外食だったのが影響したらしい。

 

目標の6.2がだんだん遠のいていきます。

 

主治医は6.2になれば1カ月に一度の通院を二カ月に一度で良いと言ってくれているので(正確には8週おき)、何とかしたいのですがなかなか節制が徹底できていません。

 

 

会長さんはA1Cは改善著しいけど、血圧が上が168と相当高い。

 

対する私は120と適正値。

 

会長さんは血圧を私並みにしたいと言い、私はA1Cの改善度合いを会長さん並みにしたいと思いました。

 

こうして二人で数値を競い合うのも励みになって良いかもと、主治医に言われました。

 

 

家に帰るとまもなく、保護犬だったヨーキーママさんから「これからランチに来ます」とのLINE。

 

家を出る時にLineをくれたのかと思っていましたが、それから3分もしない内に娘のカフェに到着。

 

久しぶりに見たヨーキーちゃんはやっぱり可愛い。

 

IMG_8888.JPG

 

人間にはとっても懐いてくれるヨーキーちゃんですが、ワンコ同士はまだまだ苦手。

 

サンちゃんが近づくとママに助けを求めます。

 

IMG_8884.JPG

 

 

彼女は自分でも「とんでもない大親バカ」と自認するようになりました。

 

どこかに買い物に行っても、足が向くのはペット用品売り場ばかりだそう。

 

あちこちのドッグカフェにも家族で出かけているんだそう。

 

そしてまだまだ他のワンコとの協調性が無いヨーキーちゃんのことを心配でしょうがないと言います。

 

だからもう一匹保護犬を迎えたいと思っているそうですが、京大を目指している娘さんの高校受験を控えているので、それは大学に合格してからの楽しみにしているそうです。

 

 

そのあと、話題は自然と保護犬の話になりました。

 

今通っているワンワン幼稚園では、やはり保護犬を預かっていて、そこで十分な躾を終えたワンコから里親に出しているのだそう。

 

それでもドンドン増えていく保護犬を見て、遺棄する人間の神経が信じられないと憤ります。

 

また、ある時公園を散歩していてワンコ友達になった人にワンコの年齢を聞くと「推定9歳」だと言うので、「保護ママさんですか」と聞くと、個人で保護ママさんをやっている方だったそう。

 

ネットでもちょっと探すと保護犬活動をしている人が沢山いますが、案外身近にもそんな方がいるのかもしれませんね。

 

保護ママさんや預かりママさんと言えば、大事に育てた保護犬を里親に出すときの辛さ。

 

なんどもこのブログに書いたけど、サンちゃんの正式譲渡の時に預かりママさんが号泣した姿は今でも忘れられません。

 

 

今日はサンちゃんの保護ママさんのブログが更新されていました。

 

内容は、保護犬たちの様子。

 

どの子も可愛くて、なんでこんな可愛い子を捨てることが出来るんだろうと思います。

 

そして預かりママさん、パパさんはその子にメロメロになってしまっています。

 

預かりママさんがそのまま里親になるケースが多い理由が良く分かります。

 

なかでもパパさんがその子に首ったけになってしまえば、そのまま里親になってしまうこと間違いなしです。

 

不幸な過去を持った保護犬が自分に懐いて膝の上に乗って来てくれればメロメロにならないはずがありません。

 

 

それでも、中には保護犬の里親になってすぐにその子を遺棄したり保健所に持って行くアホもいるそうです。

 

わざわざ虐待するために保護犬を求める頭のおかしい奴も少なからずいるそうです。

 

ヨーキーママさんはワンワン幼稚園でそんな話を仕入れて来て私に話してくれました。

 

世の中には本当に頭のおかしい輩が沢山います。

 

もりかけ疑惑でこれだけ状況証拠や物的証拠も揃っているのに、いまだにすっとぼけて、外交で点数を稼ごうとして逆に相手に袖にされて、それでも政権にしがみついているような人間が総理大臣をしている我が国ですから、国民にもそんな頭がおかしい奴がいても仕方がないのかもしれません。

 

少子高齢化が進もうとも、経済的に貧困国になったとしても、小さな命も大事にする、ウソをつかない、そして社会貢献に参加するような人ばかりの国になれれば良いのにと思いました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

幸せな思い出作り

  • 2018.04.23 Monday
  • 00:14

今朝はかみさんに義母から電話があってお買い物に連れて行って欲しいとのこと。

 

ちょうど、我が家のホールをイベント業者に貸し出していて、子供の走る音や嬌声がやかましいので外出しようと思っていたところ。

 

愛犬達も連れて5キロ程離れた家に義母を迎えに行き、ホームセンターに。

 

義母の目的は義父のおむつ。

 

つい数日前に足の指を怪我して、また歩けなくなってしまったそう。

 

楽しみにしていたデイサービスもお休みしているとのことです。

 

買い物を終えて義父母の家に着くと、いつもは毒舌だけど良くしゃべる義父が一切口をききません。

 

また夫婦喧嘩をしているのでしょうか。

 

ずっと家に籠りっきりで夫婦でも会話が無いとすれば昨日の記事に書いたように孤独な老後になってしまいます。

 

男と言うものは往々にしてそんな風になりがち。

 

現役時代にはわき目も振らずに仕事をして、そこそこの蓄えを得て経済的貧困にならずに済んでも、コミュニケーション能力と老後の趣味がなければやはりつまらない老後になってしまいます。

 

義父には早く怪我を治して、デイサービスに出掛けられるようになってもらいたいものです。

 

 

ホームセンターに行った時に、サンちゃんと同じシーズーを連れた女性に声を掛けられました。

 

お店の中にあるペットショップでシャンプーとトリミングをしてもらいに来たそうです。

 

全身白一色のそのシーズーは、目ヤニが流れ出た痕が沢山あって目の下3センチぐらいが完全に茶色に変色。

 

目ヤニが多くて困っているとのことですが、そもそも家ではあまりシャンプーをしてやっていないそう。

 

サンちゃんも目ヤニが多いのだけど、1日おきにシャンプーをしてやっているので目ヤニ焼けは一切していません。

 

今日も出がけに、サンちゃんもキュート君も一緒にお風呂に入れて、湯船の中でお顔を何度もお湯で洗ってやりました。

 

 

そんなサンちゃんですが、つい1か月ほど前にトリミングに行ったばかりなのに、もうボサボサ。

 

IMG_2012.JPG

 

ほぼ同じ時期に私がカットしてやったキュート君がまだすっきりしているのと対照的です。

 

IMG_2008.JPG

 

IMG_2024.JPG

 

そろそろサンちゃんをトリミングに連れて行ってやらなければなりません。

 

 

義父母の家の帰りにお気に入りの中華料理店に行きました。

 

IMG_8867.JPG

 

今日はいつも注文するユーリンチー、トンボンロー、餃子はやめにして、酢豚定食とチンジャオロース定食と、ワンタンメンにしてみました。

 

IMG_8869.JPG

 

IMG_8868.JPG

 

チンジャオロースの写真は撮り忘れです。

 

これらもとっても美味しかった。

 

家から20キロ以上は離れていますが、これ程美味しくてワンコも一緒に入れるのですから本当に助かります。

 

 

家に帰ってからは、歩いて近所の商店街へ。

 

かみさんの服や私の靴下などを買って、たまに行くお店でソフトクリームのおやつ。

 

愛犬達にもあげましたが、美味しそうに食べてくれました。

 

IMG_8873.JPG

 

IMG_8876.JPG

 

こんな可愛い愛犬達がいれば老後も寂しいなんてことにはならないと思いました。

 

 

今日もワンコのSNSを覗いていると、愛犬が亡くなったとの記事が数点アップされていました。

 

愛犬を亡くした人は、あまりのペットロスでもう二度とワンコは飼わないという方もいるようですが、そのSNSのコメントを見ると、やはり愛犬を亡くされた経験のある方も沢山いらっしゃいます。

 

そんな方は、愛犬と過ごした15年前後のことが懐かしい思い出として残っているそうです。

 

亡くして数年はペットロスに陥るけど、その後は一緒に遊んだこと、旅行に出かけたこと等が良い思い出になっているんだそうです。

 

その後に新しい愛犬を迎えられた方は、以前の愛犬の生まれ変わりだと思うようになるんだそうです。

 

 

私も愛犬達との思い出を沢山作りたいと思いました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 国民のことを真剣に考えてくれる政治家を選びたい
    porter (04/28)
  • 国民のことを真剣に考えてくれる政治家を選びたい
    鳳凰 (04/28)
  • 幸せそうな老いた男性と老犬
    porter (04/05)
  • 幸せそうな老いた男性と老犬
    sara (04/05)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    porter (03/22)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    porter (03/22)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    鳳凰 (03/22)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    北の国から (03/22)
  • 加計問題でも公文書偽造発見
    porter (03/11)
  • 加計問題でも公文書偽造発見
    鳳凰 (03/11)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM