コロナウイルス、株価暴落でも愛犬達がいれば幸せ

  • 2020.03.09 Monday
  • 21:58

今日はサンちゃんの美容院の日。

 

キュート君も一緒にお店まで行きました。

 

トリマーさんには懐いているはずの愛犬達ですが、今日は逃げ回ります。

 

どうしたのかな。

 

サンちゃんがトリミングしてもらっている間、キュート君だけで公園までお散歩。

 

公園は平日とは思えないくらいの人で賑わっていました。

 

キュート君だけでお散歩していると、私をひっぱたり他のワンコに吠えたりしません。

 

サンちゃんが来てから吠えるようになったんですが、一人だと吠えません。

 

自宅に帰って休んでいると、いつもそばにいる弟がいないためかキュート君はしょんぼり。

 

ボールで遊んでくれと、クーンクーンも言いません。

 

IMG_1232.JPG

 

2時間ほど経ってからサンちゃんをお迎えに行きました。

 

腰を痛めたというかみさんに頼まれた湿布を薬局で買ってから美容院へ。

 

トリマーさんに抱っこされたサンちゃんは私の顔を見ると暴れて下に落ちそうになりました。

 

危ない、危ない。

 

でもそれほどまで私を慕ってくれるサンちゃんが愛おしい。

 

トリマーさんに、

 

「キュート君だけで散歩するととてもおりこうさんなんですよね」

 

と言うと、

 

「それはサンちゃんを外敵から守るために周りを警戒しているから」

 

だそうです。

 

なるほど。

 

キュート君も愛おしくなりました。

 

美容院を出たサンちゃんは自宅まで私を引っ張って一直線。

 

早くお兄ちゃんに会いたくて「ついて」もできなくなったんでしょうね。

 

 

 

目の周りの毛が目に入らないように短くしてもらったサンちゃん。

 

とっても可愛くなりました。

 

IMG_1234.JPG

 

保護犬だったサンちゃんの預かりボランティアさんに写真を撮って送って差し上げました。

 

「サンちゃんは愛嬌が良いから可愛いね」

 

と返事がありました。

 

保健所から引き出して里親が決まるまでの1カ月を一緒に過ごしたサンちゃんと預かりママさん。

 

譲渡の際に大泣きした預かりママさんはずっとサンちゃんのことを覚えていてくれるでしょうが、サンちゃんは覚えてるかな。

 

 

コロナウイルス騒動で家に籠って、また株価の大暴落で落ち込んでしまいそうだけど、愛犬達の可愛い姿を見ているとそんな時でも幸せな気持ちになれます。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

世界一ハンサムで可愛い愛犬達

  • 2020.03.06 Friday
  • 23:33

先日の主治医の言い付けを守って、今朝も愛犬達とお散歩。

 

植物公園に行くと、そこに女性モデルと大きなカメラを持った男性。

 

男性は愛犬達を見て、

 

「うわっ、あんなかわいい服、俺が小さい時には買ってもらえなかった」

 

と大声。

 

でも服がかわいいんじゃなくて、世界一ハンサムで可愛い愛犬達は何を着ていても可愛いんです。

 

 

家に帰ってソファーに寝っ転がっていると、必ず私の上に飛び乗ってくるのがサンちゃん。

 

IMG_1222.JPG

 

キュート君はサンちゃんに遠慮して近くに座って羨ましそうに見ています。

 

IMG_1221.JPG

 

サンちゃんは前回のトリミングから二カ月弱。

 

そろそろ美容院に行かねばなりません。

 

来週の月曜日に予約がとれました。

 

 

夕方は近所の薬局に主治医から郵送してもらった処方箋の薬を受け取りに行きました。

 

いつも薬局に行くのが大好きな愛犬達ですが、今日はキュート君が拒否。

 

娘がいたので暖かいお家にいる方が良いと思ったんでしょうね。

 

なのでサンちゃんだけを連れて薬局へ。

 

薬局のおばちゃんに、「アルコールスプレーってありますかね」と尋ねると、アルコールではないけど、それより強力な次亜塩素酸のスプレーが一本だけ残っているとのこと。

 

かみさんの手芸教室では沢山消毒薬を使うので早速購入。

 

IMG_1224.JPG

 

それでも自宅の在庫はこれを入れて5本ほど(詰め替え用を含む)。

 

マスクも3箱ほどしか残っていません。

 

コロナの流行が5月以降も続けば厳しい。

 

 

ところで安倍政権のコロナ対策。

 

遂に、韓国・中国の実質入国禁止措置に出ました。

 

1月初旬にやるならともかく、何故既に国内感染が蔓延している今なのか。

 

安倍は、一斉休校の時と同様、専門家会議に当件を諮っていないそう。

 

それどころか、あの頭のおかしい有本香の助言によるものだとか。

<LITERA>

https://lite-ra.com/2020/03/post-5293.html

 

もはや狂人としか言いようがありません。

 

 

そしてあの加計学園。

 

入学試験で韓国人の面接評価を全員0点にして落としていたそう。

 

さすがに加計は嫌韓・嫌中の安倍と腹心の友です。

 

 

安倍とその取り巻きは、みな極右の危険人物だらけ。

 

狂人を総理大臣に据えている国、それがわが日本です。

 

コロナウィルスより安倍ウイルスの方が余程恐ろしい。

 

*内閣府にバイトで雇われた人からのコメントはすぐに削除するから無駄ですよ!

 

 

 

さて、私の数少ない趣味の一つのクルマ。

 

かねてより噂されていたベンツEクラスのビッグマイナーチェンジ車がワールドプレミア。

 

安全装備、自動運転機能が更に強化されたようです。

 

IMG_E1218.JPG

 

フィンランド ヘルシンキ大学のジャン・エリック教授が、ベンツ、BMW、アウディー、レクサス等の高級車に乗っている人間は「嫌な性格」か「そうした車に乗って嫌な性格になる」との論文を発表したそうな。

 

他方で、反社会的な人間を嫌う人たちも高級車を好む傾向にあるのだそう。

 

いったいどっちなのか訳の分からない論文ですね。

 

ただ、私に限って言うなら、私がベンツを選ぶのは圧倒的に安全なクルマだから。

 

他車が道を空けてくれる“オラオラクルマ”だからでは決してありません。

 

軽四に乗ったおばちゃんの様に、交差点の信号を避けるためにコンビニの駐車場を横切るなんて絶対にしません。

 

一時停止などの交通法規を遵守するし、高速道路では自動運転に任せたまま。

 

他のメーカーがベンツレベルの安全なクルマを安く作ってくれればいつでもそれを買って良いと思っています。

 

他のメーカーのクルマもどんどん安全装備を充実してきているけど、側面衝突を自動的に回避してくれるのは現時点でベンツのみ。

 

その他の安全性能に関しても、YouTubeで比較テストをしているのを見るとベンツがダントツ。

 

富山のサ高住に入居する母に会いに行くのに、楽に安全に到着できるのはこれまで乗った沢山のクルマの中でベンツが一番。

 

外に出られないと暇にあかして次に買い替えるクルマのことを考えてしまいます。

 

ヤナセがイベントをやっている今週末は久々にショールームに出掛けてみようかな。

 

行くと素敵なプレゼントがもらえるし。。。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

老後に保護犬は如何ですか

  • 2020.01.27 Monday
  • 00:29

今日は義父母孝行。

 

義母はお買い物に連れて行って欲しいだろうと思ってかみさんが電話すると、お買い物は生協から宅配で取っているので必要ないけど、お昼ご飯を食べにおいでとのお誘い。

 

それを聞いた私はちょっと嫌な予感。

 

前回お昼ご飯をご馳走になった時は、お寿司だと聞いて楽しみに行ったのに、中身は鮭のほぐしたものと錦糸卵、椎茸の煮物、キュウリだけ。

 

お刺身がいっぱい乗っているのを想像していたのでかなりがっかり。

 

なので、今日は途中のスーパーで、鰻とマグロ、生のサーモンを買って持ってきました。

 

鰻は義母の要請で買ったものだけど、マグロとサーモンは私達が気をまわして買ったもの。

 

ところがそれを見た義母は、そんなもの要らないと言います。

 

なぜなら、今日はホタテとイクラが沢山用意してあったから。

 

ホタテとイクラがたっぷりのチラシずしを頂くことができました。

 

 

今日は愛犬達も連れて行きました。

 

若い時からずっとワンコを飼っていた義父母は愛犬達と会えてうれしそう。

 

脳梗塞の後遺症で手足が不自由な義父だけど、愛犬達に声を掛けたり手を伸ばしたりしていました。

 

いつもむっつりしている義父も愛犬達が無邪気に遊ぶ姿を見て頬が緩みっぱなしです。

 

義母は帰りにサンちゃんを抱っこして駐車場まで送ってくれました。

 

義父母にとっては、私たち夫婦だけで行くよりも愛犬達も連れて行った方が喜んでくれるんだと改めて思いました。

 

 

やっぱり、ワンコの力って凄いと思います。

 

以前テレビで、ワンコと人間が見つめ合うと幸せホルモンのオキシトシンが沢山出ると解説していましたが、本当にその通りだと思います。

 

昨日の志村どうぶつ園を観ていたら、サンちゃんと同じシーズーが出ていました。

 

身体が大きくてちょっと斜視があるとの理由でブリーダーが手放して保護されたんだそう。

 

我がサンちゃんも皮膚病が酷くて、かつ狼爪が一本余分にあったために、ブリーダーから山中に遺棄された可能性が高いとのことでした。

 

そんな理由で遺棄するなんてまともな心を持った人間にできることじゃありません。

 

番組では若いタレントがトリミングとシャンプーをして、毛むくじゃらのワンコが可愛く変身していました。

 

出演していた保護団体の方の話によれば、シーズーは毛が目に入ると角膜を傷つけて失明してしまう子もいるんだそう。

 

サンちゃんも1カ月に一度はトリミングし、2〜3日に一度はお風呂に入れてやらないと目やにが毛にこびりついて目を傷つけてしまいます。

 

今朝もお風呂に入れてやりました。

 

サンちゃんだけを入れるとキュート君が寂しがるので一緒に入れました。

 

サンちゃんには目の周りの目やにを取るために顔にシャワーをかけてやります。

 

以前は相当に嫌がっていましたが、少しずつシャワーにも慣れて来てくれました。

 

お風呂は愛犬達の為だけじゃなくて、一緒に入る私も楽しみ。

 

足を洗うときに一本ずつ足を上げてくれる姿、ドライヤーをかけてブラッシングしている時にじっと座って私の目を見つめてくれる姿は本当に食べちゃいたくなるくらいに可愛い。

 

私は一日中オキシトシンが出っ放しです。

 

 

かみさんの実家で愛嬌を振りまいてくれた愛犬達は家に帰るとぐったり。

 

IMG_1105.JPG

 

愛犬たちなりに、おじいちゃん、おばあちゃん孝行をしてくれたんですね。

 

愛犬達を家に迎える前は、ワンコがこれほど賢くて優しい感情を持っているとは思っていなかったけど、今では愛犬達がいろいろ考えて行動してくれているのが手に取るように分かります。

 

 

楽しい老後を過ごす方法として、ワンコやにゃんこを迎えると言うのはとても良いことだと思います。

 

60歳を過ぎた方でも、シニアの保護犬ならなんとか終生面倒を看ることも可能です。

 

残念ながら我が国では、殺処分が迫っている保護犬が沢山います。

 

もし、飼いたいと思っている方がいれば、是非↓のサイトをご覧になってください。

https://www.pet-home.jp/dogs/

 

サンちゃんもこのサイトで見つけた子です。

 

保護犬だから可愛くないなんてことはありません。

 

IMG_0053.JPG

 

保護犬だった我がサンちゃんは、世界一可愛いい自慢の子です。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

家に帰ってからつかみ合いの大喧嘩

  • 2020.01.20 Monday
  • 00:25

今朝は母の顔を見てから自宅に向かいました。

 

母は一昨日の久々の外出で少々疲れた様です。

 

ベッドに横たわったまま「気をつけていかれ」と私を送り出してくれました。

 

母と別れる時は毎回「これが今生の別れになるかも」と考えてしまいます。

 

昨年11月に意識不明のまま救急車で運ばれ、医師から「覚悟してください」と言われてから、余計にそんな思いがよぎってしまうようになりました。

 

帰省の度に外食三昧だったのだけど、今回はカフェに一度入っただけ。

 

来週、病院で嚥下機能の検査をして、その結果が大丈夫ならまた以前の様に外食できるのですが…

 

 

家に帰ると、愛犬達が飛びついて来てくれます。

 

ほんの数時間留守にしただけでも大喜びで飛びついてくれる愛犬達。

 

4日も留守にした後は、愛犬達にすればとんでもなく嬉しいんだと思います。

 

 

交互に顔を舐めさせてやって、サンちゃんを抱きしめている時に、突然キュート君が吠えてものすごい形相でサンちゃんを前足で押さえつけました。

 

サンちゃんもガウガウ吠えて大喧嘩になりました。

 

日頃は大人しくてサンちゃんには遠慮がちのキュート君ですが、この時は本当に怒っていました。

 

身体の大きいキュート君がサンちゃんを傷つけないかと心配しましたが、幸い噛みつきはしなかったようです。

 

二人のあまりの大喧嘩にちょっとびっくりしてしまいました。

 

二人とも私を独占したくてやきもちを焼いたんですね。

 

 

ワンコの良いところは大喧嘩をした後でもすぐに仲良くなれること。

 

この辺りは人間も見習うべきかもしれません。

 

 

しばらく休んでから、かみさんも一緒に愛犬達をお散歩に連れて行きました。

 

近所をぐるっと回って家の前についたらいつもの様に家の中に入ろうとするのかと思ったら、なんと愛犬達は家の前を素通り。

 

ちょっとお散歩の時間が足りなかったのかな。

 

その後、別の道をぐるっと回ると、今度はいつもの様に家に向かって一直線に私達を引っ張ってくれました。

 

 

夕ご飯はお土産で買った鱒寿司と牛肉と牛蒡の炒め物。

 

愛犬達にもお寿司を沢山上げました。

 

いつもは白いご飯はまったく食べようとしない愛犬達ですが、美味しそうに食べてくれました。

 

 

そしてふと床を見ると、ワンコ用のおもちゃが二つ。

 

娘がネットで買ったものだそう。

 

 

私が留守の間、愛犬達はかみさんの両側で寝てくれてとっても暖かかったそう。

 

でも、今夜はきっと私のベッドで寝てくれるだろうな。

 

 

我が家はみんな愛犬達に首ったけです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

お正月も愛犬達と一緒

  • 2020.01.03 Friday
  • 21:37

IR事業に関して中国企業から賄賂を受け取っていたとして、東京地検は更に岩谷元防衛大臣らの事情聴取をしたそう。

 

IRは米国企業が中心と言われていたのに、どうして中国ルートだけに検察が手を入れたのかについては、利権を独占したい米国CIAの指示だと噂されていますが、案外真実はそのあたりにあるのかもしれませんね。

 

ここ数年、従来は陰謀論で片づけられてきたようなことが、次々と真実だと暴かれ始めています。

 

安倍政権になってからは、ことごとく米国の言いなりになっていることから、日本は実質的に米国に支配されていることも明らかになってきました。

 

我々国民は、テレビや新聞で外交と言う名の茶番劇を見せられているに過ぎません。

 

米国に逆らって国際社会で生きていくことはなかなか困難であるのは確かだけど、以前の経世会の政治家の様にせめて「面従腹背」で日本の独立をかろうじてでも良いから保って欲しい。

 

 

昨日の街の混雑に懲りて、今日は愛犬達といつもの公園に。

 

公園のベンチに到着すると、すぐに愛犬達はベンチに飛び乗ってキュート君はかみさんに、サンちゃんは私にくっつきます。

 

かみさんもそんな愛犬達が可愛くて仕方がないようです。

 

3カ月ほど前から、これまで私の役割だった愛犬達のご飯をかみさんが用意するようになりました。

 

愛犬達があまりにも私にべったりなので、それに嫉妬したかみさんが愛犬達を手懐けようとしてご飯を作るようになったんです。

 

その甲斐あって、最近ではキュート君はソファーではかみさんの膝の上、夜はかみさんのベッドの中が多くなりました。

 

サンちゃんは相変わらずパパっ子だけど、それでもかなりの頻度でかみさんの膝の上に座るようになりました。

 

先日娘が、

 

「この子達がいない時って、私達ってどんな会話をしていたんだろうね」

 

と言いましたが、確かに我が家の会話の半分以上は愛犬達のこと。

 

家の中の仕事も半分は愛犬達の為。

 

3日毎にお風呂に入れて、ブラッシングし、ご飯を作って、お水を替えて、ペットシーツは日に何度も交換。

 

お散歩だけじゃなくて、日に1〜2度は遊んでやらなければなりません。

 

なにしろ、キュート君は私の目の前にボールをポトンと落としてくーんと甘えた声で遊んでくれと迫るんだからそれを無視するわけにはいきません。

 

手間がかかるけど、おしっこは必ずシートの上でしてくれるし、夜は先に寝室に行ってベッドを温めておいてくれるなど、愛犬達もそれなりに考えていてくれます。

 

愛犬達がいなければ、きっと寂しい毎日だったろうなあと思います。

 

定年後にかみさんが楽しみにしていた海外旅行には行けなくなったけど、それでも愛犬達との生活を選んで良かったと思います。

 

今年は5年に一度のショパンコンクールが開催される年。

 

いつかは行ってみたいと思っていたけど、生憎会場の席は全て完売。

 

でもショックはありません。

 

それより愛犬達と国内旅行でもする方が楽しいから。

 

 

今日のお昼ご飯はご馳走に飽きてきたので、コンビニでシャキシャキレタスサンドを買ってきていただきました。

 

愛犬達には、パンの部分をちぎってあげました。

 

美味しそうに食べてくれました。

 

やはりご飯は愛犬達と一緒に頂く方が美味しい。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

小さいけど勇敢な用心棒

  • 2019.12.19 Thursday
  • 23:42

安倍の周りの疑惑に関して司法、検察が動き始めました。

 

まずは、森友疑惑に関する情報開示訴訟で、値引きしたことを開示しなかった国を訴えた大阪市議が勝利したこと。

 

そして、安倍友の山口の伊藤詩織さん準強姦の民事訴訟で伊藤詩織さんが勝利したこと。

 

IR(カジノ)に関して、東京地検が外為法違反の疑いで自民党秋山氏を家宅捜索したこと。

 

これまでの安倍政権に手心を加えてきた司法、検察の姿勢とは明らかに方針転換しています。

 

今話題になっているジャパンライフ問題に関しても、被害者弁護団が安倍に説明を求め始めましたが、ここまで事が大きくなってくれば、安倍政権のジャパンライフに対する警察・検察への不当介入にもメスが入ることになるかもしれません。

 

そうなれば待ちに待った安倍退場が現実のものとなります。

 

これまでサラリーマン根性丸出しで安倍を守ってきた哀れな官僚達にも司直の手が及ぶでしょう。

 

ここで一気に膿を出し切ってもらいたいものだと思います。

 

腐り切った日本がまともな国に立ち直る大きなチャンスです。

 

 

今日はまずまずのお天気。

 

愛犬達を連れていつもの公園に行きました。

 

公園でマルチーズとヨーキーを連れたおばあちゃんと知り合ってちょっとご挨拶。

 

これが愛犬達が苦手な柴やトイプーなら黙礼するだけですれ違っていただろうけど、向こうは愛犬達の親友にもいるマルチーズとヨーキー。

 

私も思わず近寄ってみたくなりました。

 

それでもサンちゃんは吠えて飛びつきそうになります。

 

おばあさんは、

 

「この子は小さいなりにパパさんを守ろうと必死になっているんだね」

 

と言ってくれました。

 

そうか!サンちゃんは小さな体で私を守ろうとしてくれているんだね。

 

 

その後は自宅までの道を大きく遠回りして帰りました。

 

気のせいか、サンちゃんは初めての道に来ると、時々私の顔を見上げて様子を窺ってくれます。

 

昔、中国の皇帝はシーズーを最後の砦の用心棒として飼っていたそうだけど、サンちゃんはそのDNAを引き継いでいるのかな。

 

サンちゃんは我が家の小さいけど勇敢な用心棒です。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

オキシトシン

  • 2019.12.07 Saturday
  • 22:32

桜を見る会問題から出てきたジャパンライフ疑惑。

 

先日亡くなった中曽根元総理や、安倍の父である安部慎太郎氏までもがジャパンライフとただならぬ関係であったことが暴かれました。

 

安倍は国会答弁で、

 

「ジャパンライフの山口会長とは個人的にあったことがない」

 

と言い切りましたが、それも大ウソであったことが暴かれています。

 

ネットで調べていると、2017年に当時の民進党がジャパンライフ問題に関して厳しく政府を追及していますが、政府の答弁は今と同じでのらりくらり。

 

↓のような当時の国会中継の動画もありました。

 

 

ジャパンライフへの天下りや、多額の政治献金などで、自民党、政府もがんじがらめになっていたんでしょうね。

 

次々と出てくる疑惑に、これまで毅然として対応してきた菅も記者会見でしどろもどろ。

 

元々彼の答弁は決して理路整然という訳でもなく、活舌もよろしくなかったけど、強面&能面で何事も自信たっぷりに言い切る態度でなんとか乗り切ってきました。

 

それが支離滅裂。

 

もはや、哀れとしか言いようがありません。

 

ところがサイコパスの安倍は、様々な証拠を突き付けられても自分は悪くないと言い切る厚顔無恥さに変わりなし。

 

自ら辞任することなんてしないだろうから、自民党内部の良心ある議員からの反乱でもない限りはそのまま総理の座に居続けそうです。

 

安倍をなんとなく支持し続けてきた国民は、今こそ政治に興味を持って、安倍が極右の修正主義者でかつ対米隷属、そして頭が悪いということだけじゃなく、犯罪者の片棒を担ぐ共犯者であるということを知るべきです。

 

 

今朝は愛犬達をお風呂に入れてやりました。

 

くたくたになった私はこの数日の疲れもあってその後はボーっとしていましたが、夕方は愛犬達のワクチン接種を受けさせに動物病院に行きました。

 

以前その病院に入院したことのあるキュート君は、病院に入るとガタガタt震えて診察台に乗るとおしっこをちびってしまいましたが、サンちゃんは平気。

 

二人とも痛ーい注射を打たれました。

 

看護師さんに抱かれて注射をされている間、愛犬達はずっと私の目を見て助けを求めていました。

 

可哀想だけど、病気にならないためなんだから仕方がないね。

 

代金は二人で11000円。

 

春に処方される2万円以上もする薬代と比べるとかなりお安く済みました。

 

 

ところで娘が録画しておいてくれたNHKの番組。

 

老人になってもワンコと一緒の生活ができる環境がごく一部だけど整いつつあるそうです。

 

愛犬と一緒に入居できる特養、入院したり亡くなったりして面倒を看られなくなった愛犬を終生預かってくれる制度などができているそうです。

 

そんな特養を作った男性がその経緯を語っていました。

 

ある老人が一人で生活できなくなり特養に入居せざるを得なくなって止む無く愛犬を保健所に連れて行ったのだそう。

 

そのワンコは殺処分されました。

 

男性は時々その老人の様子を見に行きました。

 

するとその度に、老人は愛犬を保健所に連れて行って殺処分してしまったことを悔やんで泣き続けたんだそうです。

 

毎日のように愛犬を思って泣き続けた老人は、特養に入居してから半年余りで亡くなられたとのこと。

 

そんな経験がワンコと一緒に入居できる特養を作った動機なんだそう。

 

 

数ある動物の中で、ワンコはやはり人間にとって特別な存在意義があるんだそうです。

 

だからこそ、何万年も前から人間とワンコは家族として一緒に暮らしてきたという訳です。

 

人間とワンコが見つめ合うと、お互いにオキシトシンという幸せを感じるホルモンが分泌されるんだそう。

 

 

私も愛犬達の可愛い姿を見ると、頬が緩んで何とも言えない幸せな気持ちになります。

 

IMG_0342 (2).JPG

 

IMG_0344.JPG

 

IMG_0909.JPG

 

IMG_0910.JPG

 

ソファーで横になっていると、すぐに私に寄り添ってきてくれる愛犬達。

 

IMG_0921.JPG

 

本当に可愛い。

 

前回の記事で、老後資産が沢山あっても使い道がないと書きましたが、そう言えば私がもっと年老いた時に愛犬達と一緒に入居できる老人ホームという使い道がありました。

 

社会から孤立しても、愛犬達がいれば寂しくなることなんて絶対にないだろうと思います。

 

毎日、たくさんオキシトシンが出て幸せな気持ちでいられるんだろうと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

今日も書くことがいっぱい。愛犬のこと、ギターのこと、母のこと等など

  • 2019.11.08 Friday
  • 23:39

昨日あたりから、テレビでは千葉県森田県知事の業務懈怠の話題で持ち切りですね。

 

彼の言い訳を聞いていると、舛添氏のみっともない言い訳を思い出します。

 

元々、森田氏は民主党から自民党に鞍替えして衆議院議員になったという裏切り者。

 

そんなことをする男にはロクな奴はいません。

 

そもそもの話で言えば、元有名俳優だからという理由だけで彼に票を入れた千葉県民の責任。

 

政治家は国民の鏡なのだから、我々国民はもっと勉強しなくてはなりません。

 

 

そんな森田氏の話題に隠されてしまったのか、あるいは意図的に隠されたのか、相変わらずアホの安倍はまたまたとんでもないことをしているのにテレビではあまり取り上げていません。

 

その一つがここ数日の国会の答弁。

 

一番痛い加計学園問題を突かれた安倍は狼狽して汚いヤジ。そして何を言っているのか意味不明の言い訳。

<LITERA>

https://lite-ra.com/2019/11/post-5074.html

 

そして、税金を自選挙区民の接待に使っていたことを突かれて、また意味不明の答弁。

<LITERA>

https://lite-ra.com/2019/11/post-5079.html

 

これほどまで明確な国家公務員法違反と公職選挙法違反をしている安倍をなぜ国民は信任しているのか、私には到底理解不能です。

 

 

今日は防音工事4日目。

 

今日は、壁に厚いゴム板を貼ったうえに、更に防音板を貼っていました。

 

壁の厚さは7〜10僂曚匹盡くなり、その分部屋は狭くなってきました。

 

工事の音が響く中で、今日はサンちゃんを美容院に連れて行きました。

 

またショートカットにしてもらいました。

 

寒くなってきたのでもう少し長めにしてもらおうと思ったけど、トリマーさん曰くお洋服を着るのなら短い方が良いとのこと。

 

そして脂漏症で2〜3日おきにお風呂に入れなければならないサンちゃんは短い方がシャンプーが楽。

 

なので今回もショートカット。

 

とっても可愛くなって美容室からの帰り道では沢山の人の注目を浴びていたサンちゃんです。

 

IMG_0802.JPG

 

IMG_0799.JPG

 

IMG_0794.JPG

 

IMG_0793.JPG

 

その後はギター教室へ。

 

今日もダイアトニックコードの続き。

 

トニック、サブトニック、ドミナントの組み合わせの模範演奏で解説してもらいました。

 

本で読んで理解していたつもりだったけど、先生に実際に即興でコード進行の例を示してもらうと良く分かります。

 

後は6弦ルートでの〇M7に関する私の疑問。

 

〇M7は5弦ルートで押さえるのが普通だけど、自在に演奏できるためには6弦ルートでも弾けるようになることが必要だそうです。

 

ところが6弦ルートでコードを鳴らすと、きれいに聴こえる5弦ルートと違ってちょっと不快な感じがします。

 

それは押さえ方が悪いのではなく、音の順番によって印象が違うのと、ちょっと不安定な7thがオクターブ内にあるか否かで感覚が違ってしまうんだそう。

 

うんうん、今日も勉強になりました。

 

 

教室の帰り道にある公園で、ワンコ友達にばったり会いました。

 

14歳になるマルチーズ君は、耳が聞こえなくなり、目も白内障が進んであまり見えなくなってきたそうです。

 

これまでは私が呼びかけるとすぐに近寄ってきてくれたのに、今日は知らん顔。

 

でも近くに行くと私の気付いてくれたのかすぐに鼻を寄せてくれました。

 

いずれは我が愛犬達も老犬になっていくのかと思うと悲しくなります。

 

今日行った美容室のトリマーさんと話していると、自分の飼い犬を美容室やワンコホテルに預けたまま放置してしまう人が後を絶たないそうです。

 

そんな時は警察に届け出たり、飼い主を探し出したり、保健所に行ったり、里親を探すなどで大変だそう。

 

信じられないですね。

 

その美容室では、時々ブリーダーから仔犬販売の委託をされることもあって、沢山のブリーダーを知っているそうだけど、どんなに良心的な優良ブリーダーを名乗っていてもほぼ全てが遺棄や虐待をするなのど悪徳業者だそう。

 

こんな国民にしてあんな政治家あり、が今の日本なんでしょうね。

 

ちなみにトリミング料金は消費増税を機に、従来の7000円から7700円に値上げされていました。

 

それでも、今日の株式市場の上げを受けて私の持ち株の含み益も随分増えていたので、あまり痛くは感じなかったので良かった。

 

 

夜は姉に母の様子を確認。

 

今日も点滴を受けたけど、検査結果では肺炎の疑いもなく元気は元気。

 

それよりも、姉は過去の検査結果も処方も覚えておらず訳の分からない説明をする主治医に不信感。

 

そこはクリニックの院長が、サ高住とグループホームとデイサービスを全て一か所で経営しているから、主治医を変えるわけには行きません。

 

ちょっと呆けてきて自分の自慢話ばかりする老医師が姉にとってはストレスになっている様です。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

老犬たちの涙

  • 2019.10.27 Sunday
  • 09:32

このところ、愛犬家達が集まるSNSでワンコの訃報が続いています。

 

我が愛犬サンちゃんの保護ママさんのところでも…

 

その中で、保護ママさんが1カ月ほど前に保健所に収容されていて殺処分寸前でレスキューしたというチワワ。

 

保護ママさんのSNSによると、おそらく里親は見つからないだろうから自分の子供として畜犬登録をするつもりで預かりボランティアにも頼らず、自宅で飼っていました。

 

お腹が異常に膨れ上がっていて重病が疑われていたけど、麻酔に耐えられないとしばらく薬で様子を見ていたそう。

 

先日、嘔吐や血便が続くので遂に手術に踏み切って一時は回復したように見えたけど、翌日には亡くなってしまいました。

 

その子がどういう経緯で保健所に保護されたのかは不明だけど、おそらく一般飼い主かブリーダーが医療費を払いたくなくて遺棄したのだろうとのことでした。

 

 

なんでこんな可愛い子を遺棄することができるのか。

 

世の中では老犬の遺棄が絶えないそうです。

 

↓はSNSで見つけた記事。

 

73016920_2161109937327620_4821495415650123776_n.jpg

 

悲しそうな顔をしたワンコの顔を見るのは本当に辛い。

 

 

昨夜、娘が録画しておいてくれた「坂上忍の動物王国」を観ました。

 

9年間連れ添った盲導犬が老犬になって、盲導犬協会に返却するという話でした。

 

飼い主さんは、愛犬との最後の旅だと言ってフェリーに乗って北海道まで旅をし、二日間愛犬と一緒の時間を過ごしました。

 

協会への道のりで、飼い主さんはついに涙腺が崩壊してしまいました。

 

9年間も一緒に暮らしてきたのですから別れが辛くない訳がありません。

 

でも、役目を終えたそのワンコの終の棲家は、盲導犬協会に併設された老犬ホーム。

 

沢山の仲間たちがいて、優しい職員さんに介護されながら穏やかな余生を送ることができるそうです。

 

一時は生涯その子を飼いたいと思っていた飼い主さんもそれを知って、我が子を老犬ホームに預けることに納得したそうです。

 

老犬ホームまで愛犬を連れて行った飼い主さんの姿、そして飼い主さんが去ったドアをじっと見つめ続けるワンコの姿には目頭が熱くなりました。

 

 

冒頭に書いた遺棄されるワンコとは対照的ですね。

 

我が愛犬のサンちゃんも山中に遺棄されていました。

 

おそらく膿皮症が酷くてブリーダーが遺棄したのだろうと思われます。

 

つまり、売り物にはならないからと遺棄された訳です。

 

脂漏症のサンちゃんは2〜3日に一度はお風呂に入れてやらなくてはならないし、それをしないブリーダの元では皮膚は酷い状態だったのだろうと思います。

 

それでもこんな可愛い子を山中に遺棄するなんて信じられません。

 

IMG_0342 (1).JPG

 

眠っている間に、その時の怖い夢を見ているのかもと思うと可哀想でなりません。

 

IMG_1881.JPG

 

 

私が先か愛犬達が先かは分かりませんが、私が生きている間はずっと家族として愛してやります。

 

私が先でも、私と同じように愛犬達を溺愛しているかみさんと娘が終生面倒をみてくれるはずです。

 

 

遺棄が絶えない現状、そして盲導犬協会の老犬ホームを観ていて、なにか我が国の老人社会と似ているなあと感じてしまいました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

無国籍料理じゃなく多国籍料理だな

  • 2019.10.26 Saturday
  • 23:46

今朝は5時半に目が覚めてしまいました。

 

なぜなら早起きしたかみさんが朝からテレビを観ていてその音で起こされたから。

 

まったくいい迷惑です。

 

朝ご飯をいただいてから愛犬達をお散歩に連れて行こうとしたけど、かみさんが一緒に行かないと分かった愛犬達は家の前を断固として動こうとしません。

 

まったく困ったものです。

 

お昼ご飯をいただいたら、睡眠不足の為か3時間近くも午睡。

 

午睡すると、どうしようもないくらいに体が怠く感じます。

 

これじゃあイカンと思って、私一人で愛犬達を連れて遠くの公園までお散歩へ。

 

最初はスタスタ歩いてくれた愛犬達ですが、途中でキュート君がストライキ。

 

仕方がないのでキュート君を抱っこしてしばらく歩くと観念したのか、後は公園まで素直に歩いてくれました。

 

 

今日の公園はワンコが沢山。

 

身体が小さいくせに他のワンコにはぎゃんぎゃん吠えるサンちゃんはこんな日は大変。

 

あんな小さい身体で大きなワンコにも向かって行くのはどうしてなんでしょうか。

 

若い時のやんちゃでけんかっ早い私と似たのかなあ。

 

帰り道では大きな柴犬とすれ違いましたが、柴犬の方が隅の様に隠れて私たちが通り過ぎるのを待ってくれたので助かった。

 

 

今日の夕食は、娘がテレビ番組の懸賞で当ててくれた5000円の割引券を持って近所のレストランへ。

 

無国籍料理と聞いて、お味には全然期待していなかったのだけど、これがなかなかのもの。

 

ベトナム料理に、イタリア料理、オーストラリア料理、インドネシア料理と多種多様で、それぞれが美味しい。

 

一般的に無国籍料理を謳うお店は、適当な和洋折衷の家庭料理を出すお店が多いけど、ここは無国籍料理というよりも多国籍の料理を出すお店。

 

IMG_0417.JPG

 

IMG_0418.JPG

 

IMG_0419.JPG

 

IMG_0420.JPG

 

IMG_0421.JPG

 

IMG_0422.JPG

 

ナシゴレンにはインドネシアの様にカリカリに白身を焼いた目玉焼きじゃなくて、私の大嫌いな温泉卵だったのが残念だったけど後は全てが美味しかった。

 

シェフに聞くと、カリカリ目玉焼きを付けたら評判が悪くて、日本人向けにアレンジして温泉卵にしたのだそう。

 

それが評判が良いんだそう。

 

卵の生っぽい白身が苦手なのは私だけなんでしょうか?

 

 

これだけ頂いてお値段はたったの8千円弱。

 

懸賞でもらった5千円割引券を使ったので3千円未満で済みました。

 

店内の雰囲気もなかなか良くて、お値段も手ごろで、かつ店員さんもなかなか愛想が良い。

 

女性店員さんはワンコと猫の両方を飼っていて好きな旅行にも出かけられないのだそう。

 

定年後の海外旅行を諦めた私達とも意見が一致しました。

 

気に入ったので、12月に予定しているギターとヴォーカルの先生との食事会の場所はここに決めてシェフと料理のこと等いろいろと打ち合わせして予約しておきました。

 

 

海外旅行に行けなくても可愛いワンコがいる方が楽しい。

 

来週は、ちょっと遠くまで愛犬達と一緒に旅行に出かける予定です。

 

半年ほど前に購入した会員制のリゾートホテルの会員権は、海外旅行に20回以上は出かけられるお値段だったけど、愛犬達のいない海外旅行より、愛犬達と過ごす国内旅行の方が余程楽しいから後悔はありません。

 

世界中の料理だって、今日のお店なら本場より美味しいものがいただけるということが分かりましたしね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM