防げない不測の出費と防げる投資損

  • 2017.09.11 Monday
  • 22:27

昨日はちょっとばかり寂しい思いをした愛犬。

 

せっかくの3歳のお誕生日だったのに、私が主催するコンサートで忙しく、お祝いもできず、構ってやることも出来ませんでした。

 

だから今日は疲れていてもちょっと離れた公園までお散歩に連れて行ってやろうと昨日から思っていたんです。

 

わんこを飼っていない人には分かってもらえないけれど、わんこは話せないだけで気持ちは人間と一緒。

 

喜怒哀楽の感情がしっかりあって、それを一所懸命に表現しようとします。

 

家族が病気だとそばにそっと寄り添ってくれるし、楽しいことがあると一緒に喜んでくれます。

 

 

今日の朝はゆったりしてから公園に連れて行ってやりました。

 

IMG_5935.JPG

 

公園のベンチに座ると、そばに他のわんこが近づいてきたのを発見した愛犬。

 

それを一所懸命に私に報告します。

 

そのわんこたちとお友達になりたいけど、ちょっと怖いなあという揺れ動く気持ちも人間と同じ。

 

「僕どうしたら良いんだろうね。パパ」

 

と私の膝に前足をかけて尋ねます。

 

 

昨日は一日いろんな人とおしゃべりしたのであまり知らない人と話したくなかった私は、

 

「今日は疲れているから良いよ。今日はもう帰ろう」

 

と言うと、素直に家の方に向かって歩き出しました。

 

IMG_5937.JPG

 

 

かみさんが帰ってきてからは、恒例の1週間分のお買い物にちょっと遠くのスーパーに行くことに。

 

ところが一昨日突然壊れて動かなくなってしまったオーブンレンジを買いに行くのには愛犬は足手まとい。

 

でも、すでに愛犬は行く気満々。

 

なので家電店に行くときも愛犬と私とで一緒にクルマの中で待っていることにして、愛犬も連れて行くことにしました。

 

 

家電店に着くと、もう愛犬はママにおいて行かれてしまうと不安になって大泣き。

 

そんな愛犬の声を聞いたかみさんは、あっという間にレンジの箱を抱えてご帰還。

 

壊れたオーブンレンジは11年の寿命でした。

 

買った当時は、娘がパンやお菓子作りの専門学校の通信教育を始めた頃だったのでそのために10万円以上したものを買ってしまいましたが、今度買ったのは3万円弱のもの。

 

わずか3万円ではあるけど、これからいろんな家電品が壊れ始めると出費がかさんでしまうのが心配ですね。

 

今日もネット記事で、老後の蓄えは3000万円あれば十分だとの記事があったけど、不測の出費もあるし、平均寿命の85歳で蓄えが底をついて年金だけになるというのも心理的にはきつい。

 

やはり年金生活に備えて、3000万円と言わずできる限り沢山の資産を貯めておくべきです。

 

うちは大企業の企業年金がたっぷりもらえるから大丈夫と思っていても、会社が倒産して企業年金が精算されたり、業績悪化で企業年金が減額することだって十分起こり得ます。

 

といって下手に債券や株式で増やそうと思うのも危険。

 

今日も証券会社からかみさんにインドルピーの債券はどうですかという電話がありました。

 

私はその女性営業に「証券や債券投資はこれ以上一切しないから電話してこないで」と言ってあるのですが、かみさんなら話を聞いてもらえると思ってかけてきたのでしょう。

 

でも、横で私が首を振ると、かみさんは「主人がやめとけ」と言っていますと返事。

 

するとすぐに電話を切ってくれました。

 

だいたいからして、ある程度金融知識のある私に対してならともかく、仕組み債やらクーポン債やら社債やらETFなど、なにがなにかも分からないほとんどのお客さんに対してインドルピー債権を進めてくるなんて詐欺同然です。

 

それでも欲に駆られて買ってしまう人も沢山いるから証券会社や銀行が成り立っているんでしょうね。

 

でも、現役時代なら知らず、定年後に大事な老後資金を訳の分からない金融商品に投資するなんて止めた方が良い。

 

世界的にGDPが増加を続けて高成長が期待できるならともかく、大半の国で成長が止まっている中でそんなうまい話があるわけがありません。

 

相場ですから儲かることもあるけど、全体で見ればお客さんの大半は負け。

 

儲かっているのは、リスクなしで手数料を取る銀行と証券会社だけです。

 

 

家電店の次は激安スーパーへ。

 

やはりかみさんがクルマから出て行く時には、愛犬は大泣き。

 

IMG_7062.JPG

 

子供達が小さいときに、かみさんが離れるとぎゃあぎゃあ大泣きして、どれだけ私があやしても止まなかったことを思い出してしまいます。

 

でも、愛犬の場合はかみさんが店の中に姿を消すとすぐに泣き止んでくれるから、1-2歳の人間の子供よりしっかりしているのかもしれません。

 

 

ところで私は「犬」という言葉が大嫌い。

 

どうも犬という言葉はあまり良い意味では使われないことがあるのに加えて、人間が犬という種の差別をしている様な感じがするんです。

 

だから、私は「わんこ」とか「わんちゃん」という言葉を使うようにしています。

 

そんな私は愛犬に向かって、

 

「これなんていう犬」「犬ですか?お店の中も大丈夫ですよ」

 

とか言われるとちょっとムカッとします。

 

そんな時、

 

「あんたよりはウチのわんこの方がよほど可愛いし、あんたよりずっと賢いよ」

 

と心の中で言ってやります。

 

 

明日か明後日には、実家に帰省しなければならない私ですが、きっとその間愛犬はまた寂しい思いをするのだろうなあ。

 

でも、再会したときのうれしさもまたその寂しさの数倍。

 

再会したときの愛犬の嬉しそうな顔を想像しながら帰省の途につこうと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM