肺癌を恐れて喫煙を禁止するくらいなら原発廃止が先

  • 2017.05.19 Friday
  • 01:11

近年、煙草を嫌う人が増えてきました。

 

街中では吸えるところがどんどんなくなってきます。

 

さらに厚労省は、飲食店でも全面禁煙にしろと言っています。

 

私の様な喫煙者にとってはとっても住みにくい世の中になってきました。

 

 

ところで、5-6年前に某旧帝大医学部の腫瘍学の権威と言われる教授と会食をしたことがあります。

 

今やがん治療はDNAレベルになっているそうです。

 

外科的治療や放射線、抗癌剤には、それぞれなかなか越えられない限界があって、これ以上治癒率を大きく上げるためには遺伝子レベルでの治療が必要だそうです。

 

手術すれば、全身に微細な癌細胞が飛び散って、免疫機能が弱った身体の中で増殖してしまうケースが多いそうだし、抗癌剤は人のDNAが全て異なっているのと同様、癌細胞も人によって異なっているためにそれに薬がなかなかピタッと当てはまらないとのこと。

 

血液癌には抗癌剤が有効なことが多いけど、固形癌にはなかなか効かないのはその為だそうです。

 

 

そうした中で、癌化した細胞を自死させるP53という遺伝子部分を活かす研究や、個人単位で抗癌剤を作成するオーダーメード治療などが有効視されているとのこと。

 

そんな話の中で、喫煙と肺癌の関係についても聞かせていただきました。

 

これは元々の個人が持っている遺伝子と密接な関係があって、喫煙しても全く肺癌にならない人、喫煙しなくても肺癌になるひとがいるそうです。

 

特に、西洋人は喫煙によって肺癌になる遺伝子を持った人が多く、日本人は相対的に少ないそうです。

 

それを聞いて、

 

「多分私の遺伝子型は喫煙しても肺癌にならないタイプですね」

 

と言うと、その教授は苦笑いしていました。

 

 

ところでアーネスト・スタングラス博士の研究によれば、やはり喫煙率と肺癌の死亡率には全く相関関係がないそうです。

 

↓は博士の論文から引用したもの。

 

そのサイトはこちらからご覧いただけます。

 

http://fujiwaratoshikazu.com/2011disaster/

 

 

そして肺癌の発生率は、むしろ大気中の放射性物質の量と完全に比例していると言います。

 

お時間があれば、上記のサイトをじっくりとお読みいただければ良いと思いますが、確かにグラフを見ると一目瞭然です。

 

 

まあ、愛煙家の私の我田引水かもしれませんが、エキセントリックに嫌煙権を主張する人には是非このことを知らしめたい。

 

 

そもそも社会への悪影響という意味では、喫煙より飲酒の方が余程害が多いのは間違いのないところ。

 

飲酒運転による事故で数千人の命が奪われているし、のん兵衛の旦那さんに家庭内暴力を振るわれている女性も多いし、飲み屋街で暴力バーにお金を巻き上げられたり、お酒に酔った勢いでという言い訳で浮気をしたり、酔っぱらって喧嘩になって殴り殺されたりと数え上げるときりが無い。

 

特に、飲酒運転で人を殺した奴なんかは、未必の故意による殺人罪を適用してもおかしくありません。

 

さらには下流老人になった人の何割かは、飲み代に使ってしまって老後資金を貯められなかったという人も多いはず。

 

 

だからと言って禁酒令をとは言いませんが、飲食店で全面禁煙にするなんて言う恐ろしいことはやめて欲しい。

 

飲酒も喫煙もルールを守ってやるのであれば、目くじらを立てて禁止することはないはずです。

 

 

むしろ、通常運転でも放射性物質を環境に放出し続け、ひとたび過酷事故が起きれば人類が全滅するかもしれない原発は是非やめて欲しい。

 

既に先進国ではコストが合わないことがはっきりしている原発は、すでに斜陽産業。

 

東芝があんな状況になっているのも、斜陽産業の原発産業に首を突っ込み過ぎたからです。

 

東芝は米国にまんまと騙されてウエスティングハウスを買わされて酷いことになってしまいました。

 

そんな経済性も安全性もない原発をインドや中国、ベトナム等に輸出して外貨を稼ごうと言う安倍政権の考えは、どう考えてもおかしい。

 

 

と最後には結局、安倍さんに対する批判になってしまいました。

 

まあ、それほどこの男は無茶苦茶な政策ばかりやっているということなんでしょう。

 

安倍さんへの批判は置いておいたとしても、どちらにしても核兵器廃絶の為にも、原子力はやめるべきだと思います。

 

福井の原発が再稼働する様ですが、これが過酷事故を起こしたら本当に日本は全滅してしまいます。

 

北朝鮮の核ミサイルをここまで恐れるなら、それと原理が同じ原発だって恐れなければならないはずです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

「最初から金目」の福井県

  • 2016.12.22 Thursday
  • 00:18

福島第1原発事故後に福島県が設置した県民健康調査検討委員会の委員で、子供の甲状腺検査を評価する部会の清水一雄部会長が、「甲状腺がんの発生は放射線の影響とは考えられない」とした部会の見解に反発して辞表提出したのは先々月の10月のことでした。

 

「福島原発事故と甲状腺がんの関係は証明できない。過剰診療の為に多く見つかった可能性がある」

 

などととんでもないロジックを展開する原子力村とは、いくらなんでも付き合い切れないと言う思いだったのでしょう。

 

彼には医師としての矜持、人間としての良心が残っていたということです。

 

 

他方で、心臓系の病死が急増していることに対して「震災によるストレスで亡くなる人が多かったため」というトンでも論文を書いた東北大の教授もいましたっけ。

 

学部は違うけども私の母校の教授がそんな発言をするなんてとても恥ずかしい。

 

 

日本の人口が2011年を境に急減しているのは、その年が人口ピークだったから という説には到底同意できません。

 

低線量放射線による健康被害は、確率的影響なのでなかなか実生活では実感できないのですが、原発ではもちろんのこと、病院などでも細心の注意を払っている放射線が、あれだけ大量にまき散らされて身体になんの影響もないことなんてありえません。

 

たまたま出向先の財団で工学系の教授達と一緒に仕事をする機会があった私は、彼ら全員が「とんでもない恐ろしいことだ」と言っていたのが忘れられません。

 

 

こんなことを言うのは、「放射脳」だとさげすむ人もいます。

 

経済評論家の三橋氏は「原発の危機を煽るのは恐怖プロパガンダ」などと言って、彼の係数処理能力の低さと地頭の悪さをわざわざ白日の下にさらけ出しました。

 

政府やマスコミに対して媚びを売っているのでしょう。

 

そういう輩によって、あれほど日本中が恐怖で震撼した原発の恐ろしさが薄められようとしています。

 

 

高速増殖炉もんじゅの廃炉が決まったことに対して敦賀市長が大変遺憾なことだと言ったそうです。

 

廃炉するなら使用済み核燃料などの放射性廃棄物は福井県外に持って行って欲しいとも言っているそうです。

 

アホの石原伸晃が反対派の人々に「所詮は金目」と暴言を吐きましたが、彼の言葉を借りれば推進派は「最初から金目」だったことをこれも白日の下にさらけ出しました。

 

そして、松野文科相がもんじゅ廃炉の責任を取って大臣賞与と給与を返還するとのニュース。

 

金額を聞いて呆れました。その金額はなんと66万円だそうです。

 

 

原子やそれ以上小さい粒子、粒子以外のダークマターなどを研究するのは科学者としてはやりがいのある研究分野でしょうし、遠い未来を考えればやっておくべきかもしれません。

 

でも、福島原発事故で明らかになった様に放射性物質のコントロールは現在の人間の手には負えるものではありません。

 

政府は引き続き高速増殖炉の研究開発を続けると言っていますが、せめて実験室内での実験炉程度に留めておくべきです。

 

また実証炉でもんじゅのような事故が起きれば、今度こそ日本どころか世界が全滅するかもしれません。

 

「最初から金目」の輩たちに利権を与える様な目的でやって欲しくはありません。

 

 

金目で原発を県内に呼び込んだ福井県民には、それでいいのかと大いに考えて欲しいものだと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

国民すべてが原発、核武装について考える時

  • 2016.12.06 Tuesday
  • 09:58

我が家の愛犬は今朝もお散歩に出ると直ぐに大きなウンチ。

 

一日に2回から3回も固くてきれいで大きいウンチをするようになりました。

 

2カ月前には下痢をしたり便秘だったりと大変だったのですが、獣医師の勧めで食事を手作りの鶏の水煮からフードに変えてからは順調そのもの。

 

安物の国産のフードはなかなか食べてくれなかったのですが、英国製のものと国産のものを半々に混ぜると食いつきもよくて美味しそうに食べてくれます。

 

愛犬の散歩は、かみさんと私がそれぞれ連れていくのですが、家に帰るとお互いに

 

「ウンチした?」

 

「うん。凄く大きくて健康そうなウンチが出たよ」

 

という会話をするのが習慣になってしまいました。

 

 

それほど動物にとっては食べ物というものが大事だということなのでしょう。

 

 

 

ところで、多くの人々の記憶から消えそうになっている福島原発事故による健康被害。

 

放射線が身体を外部から直撃する外部被曝よりも、経口吸入や食事からとる内部被曝の方がはるかに危険でおそろしいということは広く国民にしられることになりました。

 

それでも政府やマスメディアは街頭の放射線量だけを問題にして、大分低下したから大丈夫だとか言って、内部被曝の怖さには口を閉ざしたまま。

 

原発そのものに関してもマスメディアでは取り上げることがめっきりと少なくなり、時々地震が起きた際に「○○電力によりますと今のところ原発には異常が認められませんとのことです」という話が出てくる程度。

 

現役時代に新規事業としてエネルギー事業などを検討していて放射能の怖さについてある程度知識があった私は、事故当時原発の動向を固唾を飲んで見守っていましたが、今ではやはりどこか記憶の片隅に追いやられてそうになっています。

 

そんな中で、私が時々チェックしている、東大工学部を出て東京電力に入社したものの原発の危険性に気が付き退職し、その後熊本大学医学部に進んで開業している小野氏のブログ。

 

彼の最近のブログには、原子力村の輩たちがこれほど多くの小児甲状腺癌が発症している中にあっても原発の影響とは考えられないとうそぶいている様子や、反原発を掲げて鹿児島県知事に当選した三反園(ミタゾノ)氏の変貌について書かれていました。

 

http://onodekita.sblo.jp/article/177936107.html

 

つい先日も、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働に強硬に反対していた新潟県泉田知事が再選を回避する(させられる)など、やはりこの国には原発を進めなければならない大きな力が働いているものとしか思えません。

 

福井県にある高速増殖炉もんじゅも多額の費用を掛けながら全く実用化ができずに事故ばかり起こしていて、ようやく廃炉に向けての動きが出てきたものの、他方で高速増殖炉の研究は続けるという方向性も出てきています。

 

この高速増殖炉は確かに一面ではプルトニュウムを拡大再生して無限にエネルギーを生み出すという、資源のない我が国にとっては夢のような技術ではありますが、他方では核爆弾に使用可能な純度90%のプルトニュウムを生産するという側面もあります(通常の原子炉は60%程度)。

 

これさえあれば核爆弾を作るのは非常に簡単だそうで、ネットにも核爆弾の製造方法が掲載されている位です。

 

そして人工衛星技術も、大陸間弾道ミサイル技術と表裏一体の関係。

 

 

つまり自前で純度の高いプルトニュウムを作れればあっと言う間に核弾頭を積んだミサイルが製造できるということです。

 

 

 

安倍さんや稲田氏をはじめとする多くの閣僚が所属している日本会議では、核武装すべしと言う考え方です。

 

元ニュースキャスターで旧ソ連のチェルノブイリ原発事故の悲惨さを紹介していた櫻井よしこ氏も、全国のあちこちで数万円の入場料を取って核武装論を含む右翼思想を広める講演会を開いています。

 

 

こうした核武装論は表に出ることなく、一部の右翼的発想を持った人達の間で密かに検討され、そして政権のトップである安倍さんや防衛大臣の稲田氏も核武装に明言を避けながらも、核武装を前提とした原発再稼働を推し進めています。

 

 

私自身も核武装については検討すべきだと思っています。

 

先の大戦の戦勝国である連合軍だけが核武装は許されて、北朝鮮やイラン、インドの核武装はけしからんと非難されるのはおかしいとも思います。

 

もちろん人類を滅亡させることができる恐ろしい核兵器は全廃すべきですが、本質的には侵略国家である米国や英国をはじめとする白人の連合国や北朝鮮が実際に核を保有して日本にも標準を合わされているのですから、現実的にはなんらかの対応が必要となってきているのも事実。

 

 

ただ、私は一部の核武装も辞さない危険な右翼思想を持った人たちが、仮面をかぶったままで政権についていることが気に入りません。

 

常にどこかの国を敵国として見做しているそうした人間達はそもそも危険だし、核の平和利用という欺瞞で核武装の目的をひた隠し、そして原発事故で多くの人が被曝し、放射能を避けて避難生活を余儀なくされているのには納得できないのです。

 

 

小池都知事は、情報公開に力を入れています。

 

個人的には風見鶏でパフォーマーの小池氏が好きではなかった私ですが、こうした点では大いに頼もしい。

 

旧来の政治家たちの「寄らしむべし、知らしむべし」という上から目線はもう時代遅れです。

 

 

北朝鮮や中国の脅威が迫っている現状では、「核武装」について一部の右翼思想に凝り固まった政治家達だけの議論に留めるのではなく、広く我々一般国民も入った議論とすべきです。

 

その結論が、「核武装断固反対」であっても「核武装すべし」ということになっても、それが民意なのですから。

 

そんな民意もなしに、放射能汚染で健康を害されたり、とんでもない額の税金を投入されるのはごめんです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

日本を全滅から救った泉田知事

  • 2016.09.01 Thursday
  • 23:21

反原発の旗手である新潟県の泉田知事が4戦出馬を取りやめた件はネット上で大いに波紋を呼んでいます。

 

テレビやネットのメジャーサイトではそれほど大きく取り上げられていませんが、私が今日一番のブログ記事で取り上げた様に、原発政策に疑問を持つ人達には大変な驚きのニュースです。

 

 

全国最年少の42歳で新潟県知事に当選した彼は、就任前日に中越地震を体験しました。

 

東京電力管内ではない新潟県にある東京電力柏崎刈羽原発でも無傷では済まず、東電のメンバーはドアの開閉ができなくなった本館の対策室から屋外に場所を移して会議をしたと言います。

 

そんな経験をした彼は、東京電力に需要免振棟の設置を強く要請しました。

 

結果、東京電力は3.11の8カ月前に重要免振棟を完成しました。

 

もし、これがなければ英雄視されている東電吉田所長も指揮を取ること等できず、社員は全員福島原発から退避せざるを得ず、対策を打てずに東日本全体が高度放射能汚染によって誰も住めなくなっていたはずです。

 

炉心溶融を免れた福島第二原発だってコントロールが効かなくなって、第一原発同様の事故になっていたでしょう。

 

そうなれば、日本は全滅でした。否、世界中が全滅したかもしれません。

 

つまり、日本を全滅から救ったのは泉田知事だった訳です。

 

 

彼は、柏崎刈羽原発の再稼働には強固に反対し、世界中から注目を浴びました。

 

なにしろ、自民・公明の後押しを受けて知事に当選した彼が、政権の意向に反して原発再稼働反対を唱えたのですから、これは大変な驚きです。

 

そして彼は有楽町の外国人記者クラブで↓の様な記者会見を行っています。

 

 

<関連発言抄>

「緊急連絡を確保する必要があると判ったことから、地震が来てもちゃんとドアが開くよ­うな免震重要棟の建設を当時求めました。これはむろん規制基準にはないものですが、(­事故当時)連絡がとれなかったことから、経験則上、必要と言うことで、要請したもので­す。結果としてつくってもらうことになりました。携帯電話があれば十分なのではないか­という話もありましたが、これを○○につくってもらうことによる安全確保を優先しまし­た。同じ東京電力の原子力発電で、○○にだけあって、福島にないのはおかしい……とい­うことになって福島にも免震重要棟をつくることになって完成したのが東日本大震災の発­生の8ヶ月前です。」
「もし、あのとき、新潟県が免震重要棟の建設を求めなければ、当然、福島にも免震重要­棟がなかったですし、結果として、東京にいま人がすめていたかは疑わしい」

 

<動画>

 

 

彼は、別の機会に「私は絶対に自殺することなんてありません」とも言い、暗に「私が死んだら、それは誰かに殺されたということだ」とほのめかしました。

 

そんな彼が直前まで4選に出ると言っていたのに突然取りやめたのには、報道されている以外の事情があるとしか思えません。

 

 

 

福島原発事故以降、全国の原発が稼働を順次停止した時に、政治家や政府、電力会社、さらにマスメディアまでもが、

 

「電力が足りない」

 

「電気料金が大幅に上がる」

 

「エネルギーセキュリテイー上、大問題だ」

 

「突然の停電に陥る可能性がある」

 

「縄文時代に戻ってしまう」

 

とウソを並べ立てましたが、全原発が停止して電力ピークの夏を迎えても、何事も起こりませんでした。

 

それどころか東電の元社員で現在開業医をしている人や、大学教授の一部までもが、実は原子力発電が一番コストが高いことを暴きました。

 

エネルギーセキュリテイーにおいても、核燃料は輸入に頼っていることも明らかになり、完全に原発神話は崩壊。

 

原発立地県の人や若者を中心に再稼働反対デモもあちこちで起こりました。

 

国会前でも連日デモが起こりました。

 

それでも、消費税で大嘘をついた当時の野田首相は「大きな音だね」と知らぬ顔。

 

安倍政権になって以降は、再稼働がドンドン進められていることは皆さんご承知の通りです。

 

 

我々の生活に必要不可欠ではないことが既に白日の下にさらされた原発の維持に何故政府はこだわるのか。

 

ネット上ではいろんな観測がされ、従来は陰謀論として片付けられるような説も今の状況を見れば、決して陰謀論ではないとも思われます。

 

そしてそんな陰謀論を置いておいたとして一番、明白で分かりやすいのが、原子力村の利権です。

 

東芝、日立、三菱、富士通、NECを始めとする原発関連メーカー、そして法人格のない電事連から上手いこと献金を受け取っていると疑われる政治家、官僚の利権の為に原発が必要だからです。

 

泉田知事、そして古賀正明氏が、いずれも原子力を管轄していた経産省のOBであることはとても興味深い。

 

 

名も無い市民が声をあげてもなかなか変わらない日本の政治において、彼らの果たす役割は大きい。

 

泉田氏には知事退任後も、是非国政に打って出て頑張ってほしいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

300年続く企業も10万年続く国家もない

  • 2016.09.01 Thursday
  • 10:40

先月末、原子力規制委員会が放射性廃棄物の処分方法について基本方針を決定したそうです。

 

「原子炉の制御棒など放射能レベルが比較的高い廃棄物(L1)の処分の基本方針を決定した。地震や火山の影響を受けにくい場所で70メートルより深い地中に埋め、電力会社に300〜400年間管理させる。その後は国が引きつぎ、10万年間、掘削を制限する」

 

こんな無責任な基本方針が一体許されるんでしょうか。

 

会社の寿命は30年と言われます。

 

市場の変化、技術革新、競合出現などによって、企業は新規参入し、退場します。

 

テレビの旅番組なんかで紹介される老舗といわれるお店もせいぜい100年〜200年です。

 

なかには300年、400年と言う老舗もありますが、余程のことが無ければ企業は新陳代謝を繰り返します。

 

 

国家だって10万年もったためしなど一度もありません。

 

3000年の歴史と言われる中国だって、中国共産党が政権を握ったのが1949年。わずか、70年ほど前です。

 

10万年前と言えば、ようやくホモサピエンスが誕生して石器時代に入った頃。

 

そんな気が遠くなるような先まで国家が続くわけがありません。

 

 

さらに、いまだに冷え切っていない地球ではマグマが蠢いており、マグマが生み出すプレートは年々活動していて、10万年の間には必ず地殻変動が起きているはずです。

 

地震や火山の影響どころではありません。

 

 

 

汚染度が高い放射性物質が危険性が無くなるまでに要する期間が10万年ということから計算したのでしょうが、こんな発表をする原子力規制委員会のメンバーの気がしれません。

 

 

このブログでも時々記事にしていますが、放射能のことを勉強すればするほどその恐ろしさが分かります。

 

原子力村の連中やそこから利益を得ている連中は、放射能のことを心配し声を上げる人を「放射脳」と呼びます。

 

福島の多くの子供たちが甲状腺がんを発症しても、過剰診断のためと強弁を張ります。

 

内部被曝によって国民に癌や心臓病、内分泌疾患が増えても、証拠がないのでしらを切ります。

 

低線量被曝の健康被害は「確率的影響」なので、放射能の影響との決定的証拠がないのを良いことにしらを切られて、我々国民も正常化バイアスが働いて「そんなの大丈夫」と思い込んでしまいます。

 

 

起こってしまった事故、まき散らされてしまった放射能はある意味仕方がありません。

 

我々は汚染された世界で生きていくしかありません。

 

多少汚染された食料を食べていくしかありません。

 

 

でも、二度と事故は起こしてはなりません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

新潟県泉田知事が4選出馬を撤回、その裏は・・・

  • 2016.09.01 Thursday
  • 00:48

新潟柏崎刈羽原発の再稼働に強硬に反対していた、新潟県知事泉田氏が4選出馬の意向を示していたが、この度撤回したそうです。

 

報道によれば、彼の政治手法に対して他の首長から不満が上がっていたことや、県が出資する事業の失敗が背景にあるとのことですが、真相は他にありそうです。

 

なにしろ、経産省OBという経歴を持ちながらも、安倍さんが推し進める原発再稼働に対して、理路整然と反論して来たのですからあちこちから彼を引きずり降ろそうという力が掛かっていたのは想像に難くありません。

 

彼のツイッターや記者会見での話しぶりは、極めてロジカルでかつ紳士的。

 

ただし、その内容は安倍さんが聞いたら目をむいて怒りそうなもの。

 

 

他方、稼働中の川内原発を抱える鹿児島県知事の伊藤氏。

 

なんと、こんなトンでも発言をしています。

 

「熊本地震の様な揺れは起きないと思う。万が一起きても自動停止するから大丈夫。」

 

「但し、心配する人もいるので丁寧に対応しなければならない。」

 

これがラサール→東大法学部→自治省のエリート街道を歩んできた男の口から出た言葉だと知って、開いた口が閉じません。

 

 

なんで熊本地震の様な揺れが起きないと思うんでしょうか。

 

熊本だって、誰も地震が起こるなんて思っていませんでしたが、震度7の地震が二度も起こっているのです。

 

そもそも、これまで起きた地震は、学者連中が危険だと言っていたところとは全て違う地域で起きています。

 

加えて、鹿児島には活発に活動を続けている桜島があります。

 

万が一起こっても自動停止するから・・・に至っては原発立地県の知事の発言としては完全に失格です。

 

福島原発だって、自動停止したにも関わらず、炉心溶融を起こし水素爆発(と3号機の核爆発…との疑いが濃厚)によって放射能を世界中にばらまいたのです。

 

そして、心配する人もいるので丁寧に・・・との発言は完全に上から目線。

 

学業に関しては秀才だった彼ですが、こんな発言をしているとはかなりおつむが悪いとしか思えません。

 

自治省に入省するまでは勉強熱心だったのに、入省した途端勉強するとを忘れてしまったのか、それとも安倍さんの意向を汲んでアホのふりをしているのか・・・

 

伊藤知事は現在3期目だそうですが、こんな知事をまさか鹿児島県民は再選するなんていうことなどしないでしょうね。

 

 

泉田知事の出馬断念で、また日本の黒い影が深くなってしまいました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

気になる表現

  • 2016.08.29 Monday
  • 10:58

少し前の話ですが、安倍さんや麻生さんが間違った漢字を書いたり、読み方を間違えたりしていて、なんて情けないことかと思ったことがあります。

 

それ以降、マスメディアのテロップにも誤用漢字が平気で流れるようになったような気がします。

 

人間同士の意思疎通で使うものですから、年々変化するのも当然ですし、従来は誤用だったものが、現在では間違いではないとされるものも増えて来ています。

 

ブログを書くときにほとんど読み直しをしない私も、結構漢字を間違えていたり、ぎこちない文章や助詞の使い方や送り仮名の間違いをしていて、そのまま放置していることが殆どなのですが、それでもテレビで流れている誤用漢字で特に気になるのが次の2点。

 

・「目処」を「目途(本来の読みは「もくと」)」と書いて、「めど」と呼んでいること。

 

・「一所懸命」と「一生懸命」と書いていること

 

「目途」は湯桶読みであり、小学校で習った日本語の文法からしておかしい。

 

「一所=ひとところ に懸命になる」のならわかるが「一生、懸命になる」というのは勘弁してほしい気持ちになります。

 

それもテレビで発言している人の発音を聞くと、あきらかに「いっしょーけんめい」と言っているのにそれを「いっしょうーけんめい」と勝手に解して「一生懸命」とわざわざテロップで流しているのは如何なものかと思うのです。

 

言葉に細心の注意を払っているマスメディアが使っているのですから、それらの言葉は現在では誤用ではないとされているのかもしれませんが、この2点についてはその度に私の癇に障ってしまいます。

 

 

ところで大型の台風が東北に上陸しそうです。

 

未だ収束していない福島原発(アホの野田はずっと前に収束宣言を出し、対米隷属の安倍さんは「アンダーコントロール」とのたもうたが・・・)で地下の汚染水が大雨によってまた海洋に放出されないのだろうかと心配です。

 

こんなことを書くと「放射脳」と批判されるそうですが、小児甲状腺がんが170名もの子供に発症し、内部被曝によって引き起こされる内分泌疾患が大量に増えているという現実を前に、「放射能の影響は無い」と断定的な発言をする人達の気がしれません。

*この場合の言葉も正確に言えば「放射性物質」であり、「放射能」というのは誤用ですけどね。

 

伊方等の原発も再稼働が進められていますが、本来稼働40年を過ぎた原発は廃炉にするという約束はどこへ行ってしまったんでしょうか。

 

特例で40年を超える延長を認めるとの文言もありましたが、安倍さん他原子力村の連中は「現実にはそのような延長はほとんどありえない」と言っていたはずです。

 

かように一度発した言葉がいとも簡単に詭弁を弄して翻えされマスメディアも追求しないのは、どうも「目途」や「一生懸命」といった誤用と無縁ではないような気がします。

 

私自身も何度も経験していますが、公務員やこうした学者連中は、詭弁を弄して自分の間違いを隠し通すのが本当にうまい。

 

私自身も議論には強いので彼らの詭弁を論破することもありましたが、かなわないと察した彼らは今度は一転して逃げ回ります。

 

本当にどうしようもない人種です。

 

 

戦後、灰に化した日本はとっても良い国になりましたが、ここ数年の腐敗振りは酷い。

 

言葉を大切にする、約束は守るということを徹底すれば、沈没しかかっている日本もまだ助かるはずです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

無駄に過ごした4日間

  • 2016.08.18 Thursday
  • 23:22

ここ数日は、先日自宅ホールで開催したコンサートの映像を加工してDVDに焼く作業にかかりきりでした。

 

以前のパソコンには有料で買った動画編集ソフトがあって、慣れるまでには時間はかかりましたが、この優れもののソフトだと自由自在に映像の編集とDVDの作成が簡単でした。

 

ところが2年前にパソコンを買い替えた際に、そのソフトを新しいパソコンにインストールしようとしたらIDが書かれたシールがない。

 

それでも新しい方には無料のソフトがプリインストールされていたのでまあ良いかと思っていました。

 

ところがこのソフトが具合が悪いこと悪いこと。

 

操作方法はちょっと覚えれば済む話ですが、編集中に何度もフリーズするし、ようやく編集が完了してレンダリングしようとするとまた何度もフリーズ。

 

どうもウインドウズ10に対応していない為だと思って調べましたが、情報が全く載っていない。

 

東芝のサイトに行って調べたけど、なんの情報も無し。

 

そしていろいろといじっている間に、なんとそのソフトはパソコンから跡形もなく消えてしまったのです。

 

 

大変なショックを受けましたが、なんとか気を取り直してネットで無償配布している動画編集ソフトをダウンロード。

 

こちらの方は商用利用は有料ですが、個人が楽しむためなら無料。

 

かつ、東芝のパソコンに入っていたソフトよりはるかに使い勝手がよろしい。

 

ここまで、約4日間程費やしてしまいました。

 

そしてようやく編集もレンダリングも完成し、DVDに焼き終わったのですが、なんと画面と音声にプチプチと雑音が入って、とても聴けたものではありません。

 

なんと4日間も無駄にしてしまいました。

 

 

どうせ毎日がとんでもなく暑いので、愛犬を連れて散歩にも行けないし暇つぶしにはなったのですが、なんとも言えない徒労感。

 

 

だいたい、以前使っていた、IBMやDELLには全くと言っていいほど不具合が起こらなかったのに、東芝に買い替えてから無線LANやプリンタとのLAN接続も頻繁に切断するし、だいたいにしてキーボードの感触も良くなくてブラインドタッチがやりにくくて、ファンが壊れて修理代が3万円もとられたりと、ロクなことがありません。

 

 

かつてはノートパソコンと言えば、東芝が人気NO1だったし、会社で使っていたダイナブックも使いやすかったのに、今の東芝は少なくとも私には不満だらけ。

 

本当に機械の為に気を使わされるのはバカらしくてたまりません。

 

そう言えば、よく壊れると言われるベンツ。

 

それが、今の新型は一度も壊れたことがないし、4年乗った前車もモニターに意味不明の警告が出たこと以外に一度も壊れたことがありません。

 

その前のクラウンは、当たりが悪かったのか、たった2年半乗ってただけでなんと修理工場入りが7回もあったのと比べると雲泥の差です。

 

それも数カ月乗るとヤレテくる国産車の場合、その内だんだん嫌になってくるのですが、ベンツの堅牢なボディーと足回り、ステアリングは惚れ惚れするくらいに気持ちが良い。

 

 

工業製品はすべからく頑丈なドイツ製。

 

そんなドイツでは原発からの脱却を決意しているのに、軟弱な工業製品しか作れない日本では伊方原発の再稼働が始まっています。

 

その日本の原発メーカーにあの東芝や日立が名を連ねているのですから恐ろしいことこの上ありません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

大地動乱。地震頻発で原発は大丈夫?

  • 2016.04.16 Saturday
  • 09:18
テレビでは熊本地震で倒壊した家屋の映像を写しています。

阪神淡路大震災時に西宮に住んでいた私は、そんな映像を見ると当時の恐怖が思い出されてぞっとします。

被災された方には、深くお見舞い申し上げると共に、不幸にも命を落とされた方には哀悼をささげたいと思います。


阪神の時は、大阪と神戸を結ぶ3線(阪急電車、JR、阪神電車)沿いの建物が見事に倒壊して、断層の上の建物のもろさを思い知らされました。

幸い私のマンションは大丈夫でしたが、すぐ裏の3階建てのマンションは1階を残して2,3階がひっくり返ってしまいました。

あらわになった1階と2階部分の接合を見ると、なんとも頼りない鉄骨が入っていただけで、コンクリートとコンクリートの間の殆どの部分は、なんの接合材も入っていなかった様に見えました。

阪神高速道路も倒壊していて、鉄筋が入った柱もバラバラになっていました。

きちんと地下深くまで基礎工事がしてあるビルや高速道路まで倒壊しているのですから、殆ど基礎らしきものがない一戸建てなどひとたまりもないとないと感じました。

熊本の様子をテレビで見ると、戸建ては1階部分がぺしゃんこに潰れています。

基礎が地表部分にちょこっと作られているだけの戸建ては、経年変化で強度不足となったり、元々の設計や工事が手抜きだったりしていればひとたまりもありません。


今回の地震で、九州四国地区の原発は被害がなかったと言っていますが、本当でしょうか。

原子炉そのものは丈夫でも、配管や電源等の部分はそんなに丈夫であるとは到底思えません。

基礎工事だって、配管部分や電源部分の強度は原子炉本体より丈夫なのか疑問です。

福島原発の事故も、最初は原子炉部分には被害は無かったと言いますが、配管部分はかなり壊れていたといいます。

それに津波による非常用電源の喪失も加わってステーションブラックアウト。結果、丈夫なはずの原子炉部分も爆発して大量の放射性物質を環境中にだしてしまいました。

原子炉自体は丈夫だとしても、配管や電源がやられるとひとたまりもないのが原発です。


そんな中で、九州広域で地震が続発している今、川内原発を稼働させ続けてている神経が信じられません。

唯一稼働している川内原発を止めれば、本格的な原発廃止の流れになるということを恐れているのでしょうか。

偏西風が吹く日本列島においては、西日本の原発で事故があれば日本全体が壊滅すると警告する学者も大勢います。


福島原発事故で今なお帰還できない住民が多くいて、子供に甲状腺がんが多発するなど、まったく復興が進んでいない中で、更に原発を推進しようとする安倍さんは、頭がおかしいとしか言えません。


次は、南海沖かもしれないし、東海沖かもしれないし、関東かもしれません。

我々は、個々人として家具の倒壊防止装置の設置や非常食の備蓄に努めると共に、安倍政権に対して原発反対の声を一層上げていくべきだと思います。




・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

   

また地震。大地動乱の時代

  • 2016.04.15 Friday
  • 08:59
昨夜の熊本地震のニュースには、全身が震えてしまいました。

私達家族は、西宮市で阪神淡路大震災に遭っているので、地震のニュースを聞くたびに当時の恐怖が蘇ります。


学生時代にも宮城県沖地震に遭った私は、当時の売れっ子地震学者の石橋克彦氏の「大地動乱の時代」という本を読みました。

他の学者の本も沢山読みました。

殆どの学者は、関西も危ないと述べていましたが、まさに大阪赴任中にあの地震に襲われてしまいました。


テレビで解説している学者さん達は、

「今回の地震は南海地震、東海地震とは関係ありません」

「火山の爆発が地震につながることはありません」

と言っていますが、本当でしょうか?


統計的に見て、太平洋沿岸ではそれこそ無数の地震が起きていて、たまたまそれが日本列島の中で起きたとか、震源が浅かったということだという説明は理屈としてはあっているのでしょうが、本当にそうなんでしょうか。

1945〜6年の南海地震、三河地震以降、しばらく大きな地震がなかったのに、1979年の宮城県沖地震以来、頻繁に地震が発生しています。

石橋克彦氏が予想した東海地震は結果、大外れとなって多くの人から非難された訳ですが、「大地動乱の時代」はやっぱり到来していると思わざるを得ません。

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 幸せそうな老いた男性と老犬
    porter (04/05)
  • 幸せそうな老いた男性と老犬
    sara (04/05)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    porter (03/22)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    porter (03/22)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    鳳凰 (03/22)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    北の国から (03/22)
  • 加計問題でも公文書偽造発見
    porter (03/11)
  • 加計問題でも公文書偽造発見
    鳳凰 (03/11)
  • 加計問題でも公文書偽造発見
    porter (03/10)
  • 加計問題でも公文書偽造発見
    鳳凰 (03/10)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM