イラン危機で年金云々どころではなくなる危険性

  • 2019.06.15 Saturday
  • 11:54

ホルムズ海峡で日本籍船が砲撃にあったとのニュース。

 

いろんな見方があるけど、どうもまた米国の仕掛けた罠の匂いがプンプン。

 

そうした話は陰謀論だと片づけてしまうのがいわゆる常識人だそうだけどそうする論もかなり怪しい。

 

陰謀論は本当に沢山あってインチキ陰謀論も多いけど、その中には本当のものもあります。

 

9.11は今ではイラク侵攻を正当化するための偽旗事件であることが濃厚(トランプ氏が大統領選の際にばらしそうになった。多数のジャーナリスト、研究者がビル崩壊の原因が小型核爆弾であったと証明している等)だし、ボストンマラソンの爆破事件についても米国の大手メディアでさえ様々な証拠写真をあげて偽旗事件だと報道しています。

 

イラクに大量破壊兵器がなかったことはその後の調査でも判明しましたが、CIAは「イラクには核兵器がある」とでっち上げてブッシュにイラク侵攻を進言しました。

 

主権国家であるイラクに大量の爆弾を投下して、民間人を多数殺害し、正当な理由なしにフセイン大統領を殺害した米国。

 

そしてそれを支持した小泉政権(当時の幹事長は安部晋三)。

 

本当に恐ろしい。

 

そもそもアーリア人(白人)の世界侵略の歴史をたどれば、そうした陰謀で先住民を皆殺しにして他国を乗っ取ってきました。

 

アメリカ大陸のインディアンを騙して土地を搾取し、それに抗議する人々を皆殺ししてついには国土を自国のものだと宣言。

 

南米大陸でも先住民の殺戮を繰り広げ、男は皆殺し、女は子供を産ませて混血の国家を作り上げてしまいました。

 

豪州でもそれは同じ。

 

崖の上に立たせて銃を向け飛び降りろと命じて、先住民が死んでいくのを見るのを娯楽にしていたそうです。

 

侵略先は更にフィリピン、そして日本へと進みます。

 

殆どの有色人種の国は白人の言いなりになってしまいましたが、その中で唯一抵抗を見せたのが我々日本人。

 

白人からアジアの黄色人国家を守ろうとして太平洋戦争を行いました。

 

それを主張するのが歴史修正主義者と呼ばれる人々。

 

そんな人々には自民党、日本会議などの右翼団体が多い。

 

そんな人たちを私は決して支持しないけど、他方で白人に世界中が侵略されてきたのも厳然たる事実です。

 

 

今回のイランの件についても不可思議な話がいっぱい。

 

そもそもハメネイ首相に、米国隷属が明確な安部が会って何を説得できるのか。

 

朝日新聞の報道によると、安部のイラン訪問はトランプに要請されたものではなく自ら「両j国の橋渡しができるのは私だけです」とうそぶいて手を挙げたそうです。

 

これに対し、安部と会談を終えたハメネイ氏は以下のように不快感を表明したそうです。

 

我々は、安倍晋三の善意と真剣さは疑いません。しかし、あなたが米大統領から伝えられたことについていえば、私はトランプをメッセージのやり取りをするにふさわしい相手とは思っていない。トランプへの返答はありませんし、彼に答えるつもりもありません。
安倍晋三氏よ、アメリカ大統領は数日前にあなたと会って、イランについても話した。しかし、日本から帰国した後、彼はすぐにイランの石油化学産業に制裁を科しました。これが誠実なメッセージですか? これで彼が嘘偽りのない交渉をする気があるということが示されると?
安倍晋三氏よ、あなたは、トランプは米国との交渉がイランの進歩につながるだろうと話していたと、そう言いましたね。我々の進歩は、交渉や制裁解除がなくとも、神の恵みによってなされゆくのです。

 

 

ハメネイ氏にしてみれば、自国への侵略を狙っている米国は強盗犯と同じ。

 

その米国にヘラヘラとへつらっている安部が「核武装を止めてほしい」と言われてほいほいと従うはずもありません。

 

民間ベースではせっかくイランと友好関係にあった日本ですが、安部の訪問をきっかけにおかしな方向に行く危険性も出てきました。

 

そんな中での日本籍船への砲撃事件。

 

戦争をしたくてたまらない米国の軍産複合体&CIAの陰謀だと考えても全然おかしくありません。

 

不幸中の幸いは、トランプ氏が軍産複合体とは一歩間を取っていること。

 

口げんかが得意なトランプだからいろいろと過激発言もしているけど、戦争に至る可能性は少ないだろうと言われています。

 

だけど、米国軍産複合体の圧力にトランプ氏が屈する可能性もゼロではありません。

 

そうなったら原油価格は急騰し、年金が少ないなんてことを言っている場合ではなくなるかもしれません。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

政治に無関心でいるといつかは戦争になるかもしれない

  • 2019.06.13 Thursday
  • 20:30

今日は晴天。

 

その割に暑くはなく、適度な風も。

 

なのでいつもの公園まで愛犬達とお散歩。

 

ベンチに座ってキンドルで読書していると、隣のベンチに小さい子供を連れたお母さんが座ってパンを食べ始めました。

 

可愛い男の子でした。

 

小さい子供が好きな私はチラチラと子供がお母さんにパンを食べさせてもらう姿を見ていました。

 

するとその子も私の顔をずっと見てくれています。

 

私が視線を外してもずっと子供がこちらを見ているのが分かりました。

 

すると愛犬達がやきもちを焼いたのか、突然ガウガウ。

 

でも小さい子供もお母さんも全く怖がることなく笑顔で「ワンちゃん可愛いねえ」「うん、可愛い」と話しています。

 

あまりにも可愛い子供だったので声をかけたかったのですが、お父さんのいない母子に声を掛けると変質者と間違えられるかもしれません。

 

だから愛犬達のリードを持ってベンチを立ち、歩きながらできるだけさりげなく、

 

「ママと一緒にご飯良いねえ」

 

と声掛けしました。

 

するとお母さんが満面の笑顔で、

 

「ごはんじゃなくてパン食べてます。ワンちゃん可愛いですね」

 

と答えてくれました。

 

さらに母子で、

 

「ワンちゃんバイバイ」

 

と言って手を振ってくれました。

 

小さい子供がぎこちなく手を振る姿は本当に可愛い。

 

母性愛溢れる母親と小さい子供の姿って心が癒されますね。

 

 

家に着いたら愛犬達はぐったり。

 

やはり小さいワンコには今日のような日でもアスファルトの照り返しが少々暑くてばてたのかもしれませんね。

 

うとうとしながらも必死に目を開け続けようとして、そして最後にはこてっと寝てしまう愛犬達は狂おしいほど可愛い。

 

 

ところで最近話題の年金話についでだけど、無職の配偶者の妻の年金の見直しが検討されているそう。

 

健康保険に関しても、一時取りやめていた妊婦加算がまた復活しているんだそう。

 

少子高齢化対策が急務だと言いながら全く矛盾した政策です。

 

今日のような幸せそうな母子がもっと増える政策が打てないものですかねえ。

 

安部は先日の国会で、

 

「財源がなけれな出とバランスを取らないと年金制度は成立しないんですよ」

 

と野党の追及にまともに答えないで、当たり前の分かり切った話にすりかえましたが、他方で法人税減税を継続し、高額所得者の累進性を緩め、そして米国から1兆円以上もの軍備購入を約束している口でよくそんなことが言えたものです。

 

やはり年金制度は近いうちに崩壊してしまいそうです。

 

GPIFは現在でも積立金が年金債務の2〜3年分しかない上に、その多くを株式投資に回してしまっています。

 

株価が下落すれば年金債務は支払い不能になってしまいます。

 

最悪は税金で補えば良いのだけど、こんなバカげた対米隷属の歳出をし続ければその財源もなくなってしまいます。

 

もともとの制度設計が甘いうえに、グリーンピア等の無駄な厚生年金施設をあちこちに作って結局民間に激安で売却して多額な売却損を出し、厚生官僚は事務所にマッサージ機を買ったり公私混同も甚だしい無駄使いをしてきたのだから、破綻も当然の運命です。

 

それを徹底追及した民主党政権は、米国と官僚、マスメディアの罠にかかって政権の座を追われ、もはやそれを徹底的に追求されることも無くなってしまいました。

 

そして国民の方も「年金だけでは足りないのは分かり切ったこと。野党はそれを蒸し返して政局の材料としている」なんて言っているのですから自民党は楽なもんです。

 

我々の世代はそれなりの貯えもあって、年金なんてそんなもんだと悟り切ったことを言ってしまいがちですが、

少なからずの国民が「100年安心年金」のスローガン(小泉政権時。安部は幹事長)に騙されていることも忘れてはなりません。

 

香港の国民は政府が何かしようとすると国民の多くが立ち上がって命を懸けたデモをしているけど、日本人はおとなしいものです。

 

 

哲学者のアーレントは、

 

「悪とはシステムを無批判に受け入れることである」

 

と言っています。

 

悪はそれを意図して行う者によってなされるのではなく、むしろそれを意識することなく無批判かつ受動的になされることに本質があると言いました。

 

戦争もそんな状況の中で行われてしまうそうです。

 

↓は「戦争jの作りかた」と題されたアニメ。

 

 

先日偶然見つけたビデオですが、ホルムズ海峡で日本船が襲撃にあったとのニュースを聞いてそのビデオを思い出してしまいました。

 

自分は関係ないから、と傍観者を決めこむべきではありません。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

話題の金融庁レポート(老後資金は自己責任で2千万円)の功績

  • 2019.06.11 Tuesday
  • 20:44

麻生が金融庁のレポートをなかったものにすると決定したそう。

 

本当に酷い話です。

 

その前まで安倍は、

 

「今年の年金支給額は0.1%上がったんです。」

 

「年金制度を安心なもととして維持するためにマクロスライド制を導入したんです」

 

とか苦しい答弁をしていたのに、その元のレポートを無かったものにするなんて、とんでもない話です。

 

 

どうも共産党小池氏の論理明快な追及によって安部も麻生もぐうの音も出ずにこれ以上議論すれば参院選にも影響があると考えたようです。

 

その動画は↓。

 

 

 

私自身はそもそも年金制度はいずれは崩壊するものだと思っていたけど(崩壊せずとも支給額はがた減り)、安部と麻生の見苦しい言い訳は本当に腹が立つ。

 

 

経済学者の森永卓郎氏は、こんな時代を生きていくためには「都下田舎(大都市近郊)」に引っ越すべきだと言っています。

 

金融庁のレポートでは、「田舎に引っ越すのも一方法」とありますが、彼の言うのは便利な大都会の郊外だそうです。

 

その動画は↓。

だけど本当にそれがすべての国民に可能な方法とは思えません。

 

高額所得者の森永氏は埼玉県に住んでいるそうですが、確かに東京圏の郊外なら公共交通機関も便利だし、郊外といえどそれなりの人口密度もあるだろうからスーパーや病院などの社会インフラも整っているだろうと思います。

 

だけどあくまでそれば東京、大阪圏の話。

 

それ以外のところだとそうはいきません。

 

本当に田舎に行けば、年をとってもクルマが手放せなくなってペダルの踏み間違いで事故の加害者になってしまうリスクもあります。

 

そもそも年を取ってから長年住み慣れた街を離れるなんてなかなかできるものじゃあありません。

 

土地が安いところだと、頭がおかしい隣人がいてとんでもない目に合うこともあります。

 

そして、森永氏は埼玉や千葉の郊外なら数百万円で中古の一戸建てが買えると言っていますが、不動産業者に支払う理不尽なほどぼったくりの仲介手数料(売っても買っても3%)、不動産取得税や登録免許税、引っ越し費用を考えるとある程度まとまったお金がなければなりません。

 

 

年金だけでは十分な生活が成り立たないというのはある意味間違いありませんが、それでも収入に見合った支出を心がければなんとでもなります。

 

「入りをはかりて出を制す」をやれば良いだけです。

 

 

お金がなければ趣味も娯楽もできないという人もいますが、お金が掛からない趣味や娯楽なんていくらでもあります。

 

たとえば、音楽。

 

電子ピアノ、初心者用のギターなら5万円程度で買えます。

 

音楽教室に通わなくても、1000〜2000円の教則本を買ってきて独学すればそれなりに上達できます。

 

ワンコを飼えばただの散歩もとっても楽しい毎日のルーティーンになります。

 

予防接種代やシート・フード代は掛かりますが、外食1回分を我慢すればOKです。

 

郊外に住んでどこにも出かけられなくなってパチンコでするよりは余程ましです。

 

 

そんな生活は嫌だ、ゴルフもしたいし、たまにはフレンチも食べたい、パチンコもしたい、キャバクラやスナックにも行きたいというなら、やはり若い内から貯蓄に励み、そのお金の一部を投資に回しておくしかありません。

 

今回の金融庁のレポートは、我々高齢者には不安しかもたらさないけど、若い人にとってはとても良いレポートだと思います。

 

安部内閣にとっては致命傷ともなりかねないレポートだけど、国民が安部の無能に気づき、若い人が投資を学ぶためにはとっても良いレポートだったのではないでしょうか。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

我々国民は安部に舐められっぱなしで良いのか

  • 2019.06.10 Monday
  • 18:17

昨夜はテレビで映画「シンデレラ」を観ました。

 

子供向けのおとぎ話で、かつ身分制度が明確だった欧州の封建制が舞台だし、「女は顔、男は金」というのが露骨なストーリーでしたね。

 

まあ、そんなことは別として「身分を超えた愛の物語」と割り切ればなかなか面白かった。

 

 

今朝は月に一度の交通安全街頭立哨の日だったけど、交通安全の帽子とベストを身に着けて幟を持って外に出ると大雨。

 

雨の日は街頭立哨活動は中止です。

 

なので家に入ってテレビを眺めていましたが、外では警察官が鳴らす笛の音が凄かった。

 

ニュースによれば、スマホのながら運転を重点的に取り締まっていたそうです。

 

ながら運転の取り締まりをすると百人単位で検挙者がでるとのこと。

 

こんなに悲惨な事故が発生しているなかでスマホを見ながら運転するアホが沢山います。

 

公園にお散歩に行く途中でもスマホを見ながら歩く人、人、人。

 

我が国の民度の低さには本当にあきれ返ってしまいます。

 

 

ところで今日の参議院決算委員会。

 

予想通り、「老後資金2千万円は自己資金」の金融庁のレポートが議題になりました。

 

安部や麻生、そして根本厚労相の答弁は酷かったですね。

 

それでも野党の質疑に対して臆面もなく無責任で意味不明のテキトー答弁を繰り返すのですからあきれてものが言えません。

 

 

 

こんな失態をさらしたんだから衆院を解散することはおそらくないでしょう。

 

更に、モリカケ問題で安部を庇い続けた財務省の顔を立てるためなのか、消費増税の延期はないとも公約で明言しています。

 

それでも参院に関しては安部は勝てると考えているのか?

 

だとしたら国民が舐められているとしか思えません。

 

 

そんな中にあっても、安部退陣を求める国民も。

 

かなりの人が集まって「年金返せ」「安倍は辞めろ」「戦争するな」「嘘をつくな」と盛大なデモを行っています。

<阿修羅>

http://www.asyura2.com/19/senkyo261/msg/712.html

 

ところがメディアは完全スルー。

 

香港のデモは報道するくせに、なぜ自国に起こっているデモは報道しないのか。

 

 

来る参院選では自分の意思を明確に示さねばなりません。

 

自分の生活に直結する年金や消費税のことなんだから、忙しいとか興味がないと言ってはいけません。

 

我々一人一人が、我が国の主権者なんですから。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

「老後の生活は自己責任で」を覚悟した方が良い

  • 2019.06.08 Saturday
  • 23:03

金融庁のレポート「金融審議会市場ワーキング・グループ:高齢社会における資産形成・管理報告書案)」の余韻が止まらないようですね。

<全文はこちら>

http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/market_wg/siryou/20190522/01.pdf

 

<当ブログ内参考記事>

http://老後資金は2千万円必要だから資産運用しなさいという政府

 

立憲民主党枝野氏はこのことを参院選の争点にすると言っているそうです。

 

 

こんな話になるたびに私は「入りをはかりて出(いずる)を制す」という格言を思い出します。

 

そして、小沢一郎氏の「日本改造論」の冒頭の一文を思い出します。

 

それは、欧米では観光地の危険な場所には柵がないけど、日本には柵があるという話。

 

欧米では個人が危険な場所に立ち入るのは自己判断&責任、日本では柵がないと危険だからと行政に柵を作るのを求めるのだそう。

 

小沢氏は日本でも国民一人一人が自己責任を持つことが必要だと言っています。

 

私は全くその通りだと思いますが、日本人の多くはそう思っていないのだそうです。

 

だから道路に関しても日本ではやたらと標識や停止線、信号が多いんだろうと思います(それでも守らないアホが大勢いますが…)。

 

そして、現憲法下では国民主権が定められているにも関わらす、政治は政治家に任せておけば良いと思っている人が多いんだろうと思います。

 

 

それにしても現在の日本の財政、政治の状況では、全てが自己責任であるとは言えない状況にあるのも確かです。

 

なにしろ、政府は「徴税権」という強力な権利を持っているからです。

 

そして安倍政権になってからというもの、無駄使い、不公平のオンパレード。

 

だからと言って全てを政府の責任だと言ってもどうしようもありません。

 

そもそも、民度が低い(国民主権の意識がない)日本では、こんな無茶苦茶な政治であっても政権交代のハードルは極めて高い。

 

「自己責任で入りをはかりて出を制す」が自分と家族を守る唯一の方策です。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

農産物の関税引き下げはもうすぐ来る

  • 2019.05.27 Monday
  • 23:57

幇間。

 

別名、太鼓持ち、男芸者、茶坊主。

 

支配者や上司のご機嫌を取るために一所懸命に芸をする人のことです。

 

 

現役時代にも幇間は大勢いました。

 

役員が担当部署が変わるときには部員から会費を徴収して盛大にパーティーを開き、イベントやオフ会などの写真・動画を編集して壁面に投影したり、次々と歯の浮くようなお世辞だらけの送別の辞を述べたり、10万円以上もする記念品を贈るのが慣例でした。

 

幇間達は、仕事を放り出してその準備に勤しんでいました。

 

役員の中には「そんなことをしている暇があったらちゃんと仕事しろ」という人も僅かながらいましたが、あくまでも僅かです。

 

大半の役員は幇間達のおだてに乗って楽しそうにしていました。

 

出世するのはそうした幇間達ばかりです。

 

 

安部がトランプ氏の幇間であることはもちろんですが、官僚やメディアの安部に対する幇間も酷い。

 

寿司友の田崎史郎などは、トランプと安部の密約「参院選後に農産物の関税引き下げ」について、「狙い通りに先送り成功」とはやしたそうです。

<LITERA>

http://lite-ra.com/2019/05/post-4737.html

 

そんな人間ばかりの我が国の将来は真っ暗です。

 

 

 

ところで農産物の自由化については確かに農業従事者以外の我々にとってはメリットが大きい。

 

牛肉や豚肉や穀物が安くなって食糧費が下がるからです。

 

例えばコメ。

 

10キロで4〜5千円はしますが、これが米国産になると1千円程度に下がるそうです。

 

現在でも、米国産の小麦で作られているパスタなどはコメに比べて1/3程度の価格。

 

テレビでやっていた節約生活などでは、必ずパスタが活躍します。

 

そうなるとコメ農家の経営は大変なことになりますが、一部を除いてコメ農家の多くは兼業農家。

 

補助金をもらい、あるいは農作業の一切をJAに委託したりしているのが実態です。

 

それで得られる利益は僅か。

 

それでも農家は食っていけます。

 

兼業だから他に収入があるからです。

 

農家は低所得だから可哀想だという人もいますが、そんなことはありません。

 

それどころか専業化して大規模化、近郊都市に直接販売してサラリーマンの何倍もの利益を稼いでいる人も沢山います。

 

現役時代に会社命令で農業の事業化を検討していた私は多少農業に関しての知識があります。

 

そんな農家を訪問すると、みなベンツのSクラスやランドローバー、レクサスのLSに乗っていました。

 

JAを通すとせっかく作ったものであっても安く買いたたかれて、かつJAが多額のマージンを取り、JAが卸す原材料である農薬や肥料も高額です。

 

それでもJAを通すのは、その方が楽だからです。

 

息子がJAに勤務している例も多くて、息子の給料分だからと悟っている人もいます。

 

そしてうまく行けば高速道路ができて農地を買い上げてもらえば大ラッキー。

 

公用に供される場合は税金も掛かりません。

 

 

もう下火になりましたが、大企業が新規事業として農業に進出しようとするケースが沢山ありました。

 

私も、一時期事業化の検討をさせられました。

 

大企業のトップは、膨大な農地を収容して工場用地に変え、農民を工員として採用し、結果として日本の農業を衰退させてしまったとの自責の念を持っています。

 

ところが成功事例を調べれば調べるほど、農家は大企業のトップが憂うような貧困にあるわけではありません。

 

食料自給率はカロリーベースで40%と先進国でも最下位クラスですが、実際の農家はそんなことはありません。

 

というか、なにもせずに時流に任せていた農家は淘汰され、賢明で努力した農家が残ってリッチな暮らしをしているという構図です。

 

 

安部の姑息なやり方には決して賛同するわけには行きませんが、農産物のある程度の関税引き下げは避けて通れないと思います。

 

その時は農家の一層の淘汰は避けられそうにありませんが、賢明で努力する農家は生き残ることができるはずです。

 

 

問題は食料自給率。

 

万が一にでも戦争が起こったりすれば日本はたちまち飢えてしまうことになります。

 

石油危機が起きてもそれは同じこと。

 

機械化された現在の農業は石油がなければなにもできないからです。

 

そうならないためにはいろんな国と良好な関係を結んでおくこと。

 

安部の対米隷属べったりの姿を他国が見て日本と良好な関係を結びたいと思うでしょうか。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

安部及び官邸は稀代の詐欺師

  • 2019.05.27 Monday
  • 10:59

トランプ氏がツイッターで、安部との会談で関税に関する密約があったことを暴露しました。

 

その内容は↓

 

「日本との貿易交渉で非常に大きな進展があった。農業と牛肉でとくに大きなね。日本の7月の選挙が終われば大きな数字が出てくる、待ってるよ!」

 

要は日本の農業に大打撃を与える農産物の関税撤廃に日米は概ね合意しているがその発表は参院選前には行わないということ。

 

安部が「参院選終了後までは待ってください」とトランプ氏に頼んだのは間違いないでしょう。

 

ふざけるのもいい加減にしろ!

 

貿易の自由化(関税の撤廃、または引き下げ)は国際社会がうまく行く上では必要なことではあるけど、それを民意を問う前に、そして自民党の議席数に大きな影響を与えないように合意するなどもってのほかです。

<LITERA>

http://lite-ra.com/2019/05/post-4735.html

 

トランプ氏には米国内でも賛否両論があるけど、彼は公約通りのことをやっているだけ。

 

良し悪しは別として、彼は大統領選にあたってそれらの公約を掲げ米国民の民意を受けて当選し、それを実行に移しているだけ。

 

それが結果として良くないと国民が判断すれば次の選挙で彼を落とせば済む話です。

 

対する安部自民党。

 

数年前の衆議院選で「TPP断固反対」を公約に掲げておきながら、議席獲得後はTPPを積極的に推進。

 

そして今度は、「関税撤廃はするがその発表は参院選後」。

 

稀代の詐欺師とは安部の為にある言葉です。

 

 

先日の天皇退位式の時の国民を代表して述べた安部。

 

私も生放送で聞いていましたが、なんととんでもない読み違いをやらかしました。

 

天皇皇后両陛下には、末永くお健(すこ)やかであらせられますことを願っていません

 

その動画はこちら。

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201904/30taiirei.html

 

本来は、「願って已みません」だったのを「願っていません」と読んでしまった訳です。

 

ネットでは「已む」という漢字を読めなかったのだと騒がれていました。

 

その部分で一瞬言葉が詰まって読み直していたから、その指摘は当たっているだろうと思います。

 

国民の象徴としての天皇の退位式の際のことだから私はことを荒立てるのは如何なものかと思うし、私もブログでそれについて書くつもりはありませんでした。

 

マスメディアも日刊ゲンダイ以外はそのことを取りあげることはありませんでした。

 

ところがつい先日、官邸からわざわざ、

 

「現行では『已む』は漢字ではなくて平仮名で書いてあった」

 

「確かに『やみません』と言っている」

 

との発表。

 

ごく少数のメディアにしか取り上げられていないにも関わらず、異例の発表です。

 

これも酷い。

 

誰がどう聞いても、あれは「已む」という漢字が読めなかったか、原稿がひらがなで「やみません」とあっても、「やみません」の意味が分からなくて「いません」と読み替えてしまったということが明らかです。

 

百歩譲って彼の活舌の悪さのせいだとしても、わざわざ官邸がそうした発表をするのは見苦しい。

 

日刊ゲンダイの指摘に関しては無視を決め込めば済む話です。

 

稀代のアホ総理に対して官邸が要らぬ忖度をしたということでしょう。

 

 

5月に入って我が国の経済は悪化の兆候を見せているけど、参院選で自民党が勝利すればもっと酷いことになるのは火を見るよりも明らかです。

 

経済の悪化はまだ耐えることもできるけど、米国隷属がさらに進むこと、民主主義が崩壊すること、米国の傭兵となって戦争ができる国になることは更に深刻な問題です。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

今日から4日間は忍び難きをしのぶ日になりそうだ

  • 2019.05.26 Sunday
  • 01:06

ワンコは本当に可愛い。

 

かまってやろうとすると、尻尾をブンブン振って近づいてきてお腹を見せてくれます。

 

話しかけてやると、真剣なまなざしで私の言うことを聞き取ろうとしてくれます。

 

IMG_1228.JPG

 

IMG_1226.JPG

 

おやつがなくても同じです。

 

なんらの対価も求めない純粋な無償の愛です。

 

 

対する我が国の総理大臣。

 

相手が宗主国の米国だとブンブン尻尾を振って媚まくります。

 

それは無償の愛ではなく対価を求める意図が見え見えです。

 

安部はまだオバマ氏が大統領の地位にいる時から、次期大統領選に勝利したトランプ氏に会いに米国に飛んでいきました。

 

オバマ氏はそんな安倍の態度を見て、この男は信頼できないやつだと判断したはずです。

 

安部はその後も何度も訪米して尻尾フリフリで媚を売り続けます。

 

日本人として本当に情けなくなります。

 

米国は世界一の軍事&経済大国だから、敵対しろとは言いません。

 

だけど卑屈なまでに隷属して欲しくありません。

 

 

米国に国際法違反の空襲、原爆投下を受けて数百万人の国民を虐殺され敗戦した日本。

 

戦後の日本政府は社会党が政権をとったこともあったけど、米国はソ連との接近を警戒して自民党を作りました。

 

米国は政治資金として自民党に15年間にわたるお金を渡し、その見返りとして米国と自民党間で密約を結びました。

 

表面上は講和条約で独立を果たしたはずの日本ですが、以降ずっと米国の実質植民地であり続けました。

 

米国のエージェントとして暗躍した一人が岸信介。

 

言うまでもなく、安倍晋三の祖父です。

 

遊び好きなボンボンは勉学に励むこともなく三流大学に入って、そして憲法もろくに勉強せずに卒業しました。

 

教養も法律の専門知識もない安部がどうして自民党総裁に上り詰めることができたのか。

 

そして1次政権をたった1年ほどで放り出したのにまた政権の座に就くことができたのか。

 

それは戦後の歴史をみれば明らかです。

 

祖父の岸信介を見習って米国に隷属することによって総理大臣の地位にいられるわけです。

 

米国の家来である自民党はもちろん、官僚組織もマスメディアも一体になって世論を操作し国民をだまし続けているのです。

 

 

トランプ氏の滞在期間中は、メディアはそのニュース一辺倒になるんでしょうね。

 

我々日本人の多くも、アジア人を下に見る一方で白人には弱い。

 

確かに、白人(アーリア人)は頭が良くて体格的にも優れています。

 

科学技術、金融、芸術、ビジネス面でも優れていると思います

 

でも日本人を始めとする黄色人種にも良いところは沢山あります。

 

そう思いたいのですが、交通マナーすら守れない人、詐欺を働く人、政治を勉強しようとしない人があまりに多すぎるのも事実。

 

そんな日本は、米国に隷属するしか他に生きる道はないのかもしれません。

 

今日から4日間は忍び難きを忍ぶ日になりそうです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

介護認定

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 00:45

今日の日経平均は相変わらず冴えない状況だったけど、私がメインで保有している株はまあまあ。

 

ただし、小型株だけに上下変動が激しいからこれからも大丈夫だと安心はできません。

 

GDPは1-3月で0.5%アップだそうだけど、それは国内消費が低迷したために石油やガスの輸入量が減ったためで、それ以外の経済指標のほとんどはマイナス。

 

5月以降に大幅に経済が悪化するとの観測はどうも当たっているんじゃないでしょうか。

 

そうなると社会保障費の圧縮のために国民負担が増え、賃金は減少を続け、我々の暮らしはますます厳しくなっていきそうです。

 

 

今日の夕方は義母を拾って義父の入院するリハビリ病院へ。

 

医師を始めとする治療スタッフとのミーティングに参加するためです。

 

義父はかなり回復していて自宅にも戻れそうです。

 

叔父は相変わらず老人ホームに入れるべきだと義母にアドバイスしている様ですが、本人はもちろん義母も、そして娘であるかみさんも老人ホーム入りには反対という気持ちがはっきりしてきたようです。

 

同席したケアマネさんは、現在要介護2を3に上げて訪問介護やデイサービスを充実させたいと言いました。

 

が、医師は良い顔をしません。

 

今は介護認定が厳格になっていて、今の状態であれば介護度が下がる可能性の方が高いからだそうです。

 

そうなれば介護サービスを受けられる範囲も狭くなるからそのままにしておいた方が良いとの考えの様です。

 

確かに、私の両親のケースに照らし合わせてみれば、義父はどう見ても要介護どころか要支援2程度。

 

脳梗塞で入院したばかりの頃は要介護2〜3はあったと思いますが、リハビリでかなり良くなりました。

 

だから実際に面談して審査されれば確実に要介護は外れるだろうと思います。

 

 

義父の場合はこれで良いのだけど、介護認定が厳しくなって大変な苦労をしている人も沢山いるんだろうと思います。

 

これから日本経済がますますだめになっていく中で、介護保険制度そのものが崩壊する可能性だってあります。

 

麻生氏が高額な白血病の新薬について「余命数カ月の人の為にそんなお金をかけても良いのだろうか」と話したことがニュースになっていました。

 

政治家としてそんな本音を堂々と述べるのもどうかと思いますが、他方で介護保険や医療保険制度がどうしようもない状況にあるのも確かです。

 

税金の無駄使いは腐るほどあるけど、そこで節約してもどうにもならない状態に陥っているのも間違いのない事実です。

 

それを思うと、我々は国を頼るのではなく自助努力でなんとかすることを考えなければならないのだとも思います。

 

消費増税も受け入れて、我々の生活がより一層厳しくなることも覚悟しなければならないのかもしれません。

 

ただし、それは安倍政権の無駄使い、使途の公平性を正してから。

 

7月に予想される衆参同日選挙はますます重要になります。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

リベンジ

  • 2019.05.20 Monday
  • 21:29

先日、わざわざ高速道路を使って食べに行ったうな丼。

 

本当に不味かった。

散々な一日になるかと思ったけど最後に僥倖

 

そんな私の頭の中は、美味しいうな丼を食べたいという欲求でいっぱい。

 

かみさんも同じ気持ちだそう。

 

だけどミシュランガイドに掲載されたお店は多分お客さんでいっぱい。

 

ところがかみさんが電話すると簡単に予約が取れてしまいました。

 

 

おバカ夫婦の頭は美味しいうな丼のことでいっぱい。

 

着替えて出かけようとすると愛犬達が気配を察して、情けない顔をして前足で私にトントン。

 

本当に可愛い。

 

なのではやる気を抑えて愛犬達を近所にお散歩に連れて行きました。

 

ただし、その道のりは500mぐらい。

 

それでも満足したのか、玄関先でお座りして私たちを見送ってくれました。

 

キュート君一人の時はこんな時とても置いていけなかったけど、サンちゃんが来てからは二人で結構仲良くお留守番をしてくれます。

 

それでも、愛犬達に申し訳ないという気持ちは変わりません。

 

 

そんな罪悪感を心の奥に押し込めてウナギ屋さんに向かいました。

 

そのお店はお昼時にも関わらずそれほど混んでいませんでした。

 

過去2回はいずれも随分待たされたのだけど、ミシュランガイドに掲載されて混雑しているだろうと敬遠されたのかもしれませんね。

 

↓がそのうな丼。

 

やはりとんでもなく美味しい。

 

皮はパリパリ、中はふっくら。ウナギの香りもプンプンします。

 

そして陶器の丼も熱々で、ご飯ももちろん熱々。

 

IMG_1217.JPG

 

本当は関西焼きではなく関東焼きが好みなのだけど、これなら関西焼きでも十分ありです。

 

ああ!美味しかった!

 

先日のリベンジができました。

 

 

なお、「リベンジ(revenge)」は本来は復讐、報復、仕返しという意味だけど、日本ではそうした恨みを晴らすとか仕返しという意味で使われることなく「借りを返す」「雪辱」という意味で使われているのだそう。

 

本来の意味より、日本的解釈の方が平和ですね。

 

 

ところで安部は衆院本会議でサイバー攻撃を受けただけで自衛権を発動して相手国を攻撃しても良いと言ったそう。

http://lite-ra.com/2019/05/post-4723.html

 

それはもはや防衛と呼べるものではなく「報復、仕返し」です。

 

「先制攻撃」と言ってもいいくらいです。

 

丸山穂高が領土を取り返すには戦争しかないと言ったけど、安部も根っこの部分では同じです。

 

メディアでは決して放送されない日本会議での安部や稲田らの発言を聞けばそれは明らかです。

 

そんな安倍内閣の支持率が急回復して不支持を大きく上回ったんだそうです。

 

支持するとした国民は、安部の正体を知らないのだと思います。

 

安部の「アンダーコントロール」にあるテレビや読売新聞しか情報源のない国民。

 

そもそも自分は政治とは無関係だと思って政治を知ろうとしていないんだと思います。

 

日本人が苦労して手に入れた民主主義の歴史や原則を理解していないんだと思います。

 

我々国民一人一人が主権者。

 

間接民主制で代議士に任せてはいるけど、国民に主権があるということを分かっていないんだと思います。

 

 

安部が韓国や中国をrevengeの本来の意味「報復、仕返し」の対象として考えているのは間違いありません。

 

国際法違反(空襲、原爆投下で非戦闘員を虐殺)で国民を殺害した米国にrevengeしたいというなら分からないでもないけど(もちろんやってはいけないけど)、そんな米国にはヘラヘラと屈辱的な外交。

 

祖父の岸信介の対米隷属姿勢をそっくり引き継いだ安部。

 

主権者である私たちは、歴史を学び、寛容な心を持ってrevengeの虜から脱却しなければなりません。

 

・・・・・・・・・・・・・

良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM