万葉ブームで富山は大混雑。母に会いに行くにはゴールデンウイーク前が良さそうだ

  • 2019.04.17 Wednesday
  • 10:45

昨日は母の満93歳の誕生日。

 

姉に電話をして母が準備ができたら電話をしてもらうようにしました。

 

この日、定期健診日だった母は、

 

「なんにも悪いところはないって。今すぐにでも死んでも良いのだけど、お医者さんは100まで生きるよと言っていたよ」

 

と報告してくれました。

 

あちこちに病気がある私よりも長生きしてくれそうです。

 

 

母が死にかけたのは合計で7回目。

 

1回目は先の大戦中に富山大空襲の時。

 

祖母と一緒に逃げ回っていた母のすぐ目の前に焼夷弾が落ちたそうです。

 

幸い不発に終わって九死に一生を得ました・

 

 

2回目は10年ほど前に庭で転倒して脳挫傷と脳内出血を起こしたとき。

 

3回目は、入院していたその病院で自分でトイレに立とうとして頭を強打してまた脳内出血を起こしました。

 

4回目は、退院後に自宅で転んでまたまた脳内出血。

 

その度にもう駄目だと言われましたが助かりました。

 

そして5回目は3年前に自宅の前庭で熱中症で倒れて救急車で運ばれた時。

 

この時も医師から覚悟してくれと言われていたのに50日ほどで奇跡的に回復してくれました。

 

一人暮らしは無理だと自分でも分かってサ高住に入居した母ですが、ここでも2回救急車で運ばれました。

 

6回目は脳梗塞の疑いがあり救急搬送。

 

7回目は膀胱炎と軽い肺炎で血中酸素濃度が70%まで下がって今度こそだめだと覚悟しましたが、これも1カ月ほどで回復してくれました。

 

その度に私の家かそばの老人ホームに来るように説得したけど、母は断固拒否。

 

お前たちに迷惑をかけたくないというのが表向きの理由だけど、本音は私やかみさんに下の世話をして欲しくないというのが本当の理由らしい。

 

 

今朝は姉からそんな母の写真を送ってもらいました。

 

IMG_1109.-01jpg.jpg

 

高志の国文学館で撮影したそうです。

 

館長の中西氏は元号の考案者だと言われています。

 

下の写真は大伴家持の像を背景にしています。

 

IMG_1110-01.jpg

 

万葉集を編纂した大伴家持は富山に5年間住んでいて沢山の歌を詠みました。

 

それで富山には沢山の万葉集ゆかりの場所があります。

 

 

10日間もあるゴールデンウイーク。

 

令和効果で富山は大混雑しそうです。

 

母に会いに行くにはゴールデンウイーク前の方が良さそうです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

老後資金は出来るだけ多く、そして健康で過ごすこと

  • 2019.03.26 Tuesday
  • 20:59

お昼前にイオンに出掛けて、私の元職場を退職する女性のお祝いの品を買ってからランチでもしてこようと考えていた矢先に友人からメール。

 

クルマで近くまで来ていると言うので、それならと彼のクルマでイオンまで連れて行ってもらうことにしました。

 

ついて直ぐに入った小物のお店で、可愛いワンコの絵画を発見。

 

ワンコを二匹飼っている彼女なら喜んでくれるだろうと思って、その絵画を二つ買いました。

 

後は、ワンコ用のおもちゃも二つ買いました。

 

かみさんや娘とお買い物に行くとなかなか決まらずにイライラしますが、私一人だとほぼ即決。

 

 

お買い物をした後は、ブッフェスタイルのお店でランチをいただきました。

 

お値段は1400円強。

 

友人はお金をたんまり持っているくせにランチで1400円は高いと言います。

 

いつものランチは大体500円位で済ませているそう。

 

そんなところでケチるくらいなら、高級クラブに行ったり高級車に乗ったりしなければ良いと思いますが、その辺りは価値観の相違ですね。

 

 

彼とはランチの後カフェでお茶してお別れ。

 

家に送ってもらってからは、かみさんと一緒に義母を迎えに行って義父の入院しているリハビリ病院に向かいました。

 

病室に着くとそこは空。

 

看護師ステーションで聞くとリハビリの最中だそうです。

 

5分程待つと車椅子に乗った義父が帰ってきました。

 

前の病院にいた頃は、身体が殆ど動かず認知症も進んでいた様子でしたが、思いの外元気です。

 

理学療法士さんによれば、7〜8歩であれば歩けるそうだし、右手も肩は回せるそうです。

 

そして何より良かったのは認知症の気配は全くなく、口も回ります。

 

これなら退院予定の3か月先にはかなり回復するだろうと思います。

 

とりあえずは良かった、良かった。

 

 

義父の入っている病室は個室。

 

個室しか空きがなかったのですが、なんと料金は1日8000円強。

 

差額ベッド代だけで3カ月で80万円弱になる計算です。

 

義母は保険が適用できるのかどうか確認してみると言っていましたが、考えてみれば老人ホームに入っても1か月25〜35万円は掛かります。

 

富山の母の入っているサ高住もなんだかんだで月に20万円前後は掛かっています。

 

そんな低費用のサ高住でも20年入っていれば4800万円!夫婦二人なら9600万円です。

 

介護保険制度も今後大変なことになると予想されていますから、月に1〜3万円の介護費用が更にアップする可能性もあります。

 

となるとお金のない人は、自宅で老夫婦でなんとか支え合って不便な暮らしを強いられるわけですね。

 

よくメディアで老夫婦が介護疲れで心中を図ったとか、電気ガス水道を止められて餓死したとか、医療費が払えなくて医療に掛れず亡くなったというニュースを目にしますが、それは明日は我が身かもしれないということです。

 

それを考えるとやはり病気になった時、自宅介護ができなくなって老人ホームに入らざるを得なくなった時の為にお金は沢山持っておかなくてはなりません。

 

後は、なるべく元気で自立できるように健康でいることが重要なんだと思います。

 

そうすればその分老後資金も少なくて済みますからね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

今日はお利口さんにしているよ

  • 2019.03.08 Friday
  • 22:35

今日の国会中継を見ていると安倍の呂律が怪しい。

 

もともと饒舌ではないけど、今日はいつも以上におかしかった。

 

参院で自由党の女傑森裕子氏から森友問題を追求されて精神状態が不安定だったためかもしれません。

 

第一次政権の時も仮病だったかもしれないけど体調不良を理由に政権を投げ出した安倍。

 

流石のサイコパスもウソをつき続けていることに耐えられなくなったんでしょうか。

 

もはや6年間の無茶苦茶な政策のおかげで日本はボロボロだけど、一縷の復活の望みのためにも、そして彼自身の健康の為にも総理大臣も議員も辞めた方が良い。

 

 

今日は夕方から義父の見舞いに行くまではゆっくりしようと思っていたのだけど、友人からお茶のお誘い。

 

断ろうと思ったのだけど、なんと我が家のそばの天ぷら屋さんまでやって来てランチをしているとのこと。

 

仕方がないのでちょっとだけ付き合いました。

 

彼の話は、現役時代の上司や同僚の悪口や不満。

 

気持ちは分からないでもないけど、もう定年退職したのだからいつまでも過去の話をするのは精神衛生上も良くないし、これから黄金の老後生活を楽しむ上でも良くない。

 

我々サラリーマンは起きている時間の8割は職場で過ごしていたのだから、なかなかそこの発想から逃れられないのですけどね。

 

 

夕方は義父のお見舞いに。

 

脳梗塞の部位が前頭葉だったとのことで、一昨日は錯乱状態になって暴れていたそうなので心配でした。

 

社会性を司る前頭葉を損傷をすると、感情の抑制が効かずに乱暴になってしまうと医師に聞いたことがあるからです。

 

病室に入ると義父はぐっすり眠っていました。

 

そこに看護師さんが入って来て、取れてしまった鼻のチューブをつけに来ると目覚めた様です。

 

そしてかみさんの顔を見るなり、

 

「今日はお利口さんにしているよ」

 

とジョーク。

 

うまり一昨日暴れたことを覚えていてそれをネタにした冗談も言える位だから症状は比較的軽くて済んだということです。

 

但し、右手右足は動かせなくなった様です。

 

義父は長女のかみさんの顔を見てとても嬉しそうに話しをしていました。

 

呂律が回らなくて聞き取りづらかったけど、嬉しそうに話しをしていることは良く分かりました。

 

しばらくかみさんと義父の二人だけにしておくのが良いと思って、私は外の道路に煙草を吸いに出かけました。

 

20分ほどして帰るとかみさんも安心した顔をし、義父も満足そうな顔をしています。

 

病院食は相当不味いそうで、かみさんから、

 

「リハビリ頑張ってね。頑張ったら美味しいものをいっぱいご馳走してあげるからね」

 

と言われると、

 

「うん、頑張る」

 

と嬉しそうに返事をしていました。

 

 

後は右手右足がどれだけ回復するかですが、とりあえずは思考力や感情面での障害が残らなくて良かった。

 

ただ、私の亡父のことを思い出すと、これから何度もイベントが起こる可能性があります。

 

認知症が進むと本当に大変で心が折れそうになることも度々です。

 

92歳の母も、5度も死にかけました。

 

不死身の母はその度に蘇ってくれてそれは嬉しかったけど、やはり付き添いや介護、老人ホーム探し等で大変でした。

 

義父も、そして今は元気な義母も高齢だけにこれからいろんなことが起こるだろうと思います。

 

 

そういったことも含めてそれが人生というもの。

 

老々介護は大変だという人もいるけど、家族を介護することで喜びを得られることもあります。

 

いつもは憎まれ口ばかり叩く義父ですが、かみさんに見舞いに来てもらって嬉しそうに笑う義父の顔を見て、なんだかとっても暖かい気持ちになりました。

 

人間誰しもいつかは命が果てる運命だけど、それまで仲良く楽しくいっぱいの愛情を育んでいきたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

母と3カ月ぶりの再会

  • 2019.03.05 Tuesday
  • 21:17

先週土曜日から帰省しました。

 

サ高住に住む母とは昨年の11月下旬以来会っていませんでした。

 

サ高住でインフルエンザ患者が出て、面会禁止になっていたからです。

 

ようやく面会禁止が解けたのが3月1日。

 

こんなに長い間母と会っていなかったことはなかったのでとても心配していたんです。

 

 

3カ月ぶりにあった母は心なしか元気がない感じがしました。

 

それでもヘルパーさん達は「息子さんと外出すれば元気になるわよ」と言ってくれたので、車椅子で近くのカフェまで行きました。

 

母は大好きなモンブランとホットコーヒー、そして私がとった豆乳のソフトクリームを半分ほど食べてくれました。

 

IMG_0790(1).JPG

 

その後は少しお散歩をして本屋さんにも寄りました。

 

母は、途中で立山連峰を見て「きれいだね」と言いました。

 

本当にきれいです。

 

IMG_0792(1).JPG

 

サ高住に戻ると、いつもの母なら夕食も外食に出掛けたいと言うのに、この日は「もう帰りなさい」と言います。

 

やっぱり少しずつ弱ってきているんだと思いました。

 

 

実家に戻る前に餃子の王将で夕食を済ませました。

 

ここはミニサイズがメニューにあるので、いろんなものを少しづついただくことができるのが嬉しい。

 

その後はコンビニに寄りました。

 

実家にはテレビもないし、インターネット環境もないので本を買いました。

 

帰省した時は絶好の読書の機会です。

 

 

翌日は姉と甥っ子も来ると言うので、甥っ子のクルマでランチに出掛けました。

 

なんと甥っ子は、これまで姉の軽四を借りて乗っていたのですが昨年末新型ベンツCクラスを買っていました。

 

常々私のベンツを羨ましいと言っていて、その内に買いたいなあと言っていたのですが、本当に買ってしまいました。

 

グレードはC220d。

 

IMG_0794(1).JPG

 

私のC200よりもちょっと高くて総額は800万円。

 

ベンツを買ってから、鳥取を始めとしてあちこちに旅行に出掛けているそうです。

 

甥っ子にとっては初めてのマイカー。

 

嬉しくてたまらないんでしょうね。

 

 

お昼ご飯の場所は、実家の近くの中華料理店。

 

昨日も中華だったけど、中華は大好物なので平気です。

 

そこは以前あったファミレスの跡地に移転していて、とってもきれいな店内でした。

 

注文は最近流行りの端末入力方式になっていました。

 

IMG_0796(1).JPG

 

そして、元々そこそこ美味しいお店でしたが、以前より飛躍的に美味しくなっていました。

 

これなら帰省した時に一人で入っても良いかなあと思ったけど、問題は一人だといろんなものを少しづついただくという中華料理の楽しさがないこと。

 

これなら味は落ちるけど王将の方が良いですね。

 

母は実家のそばに来たのだから家に寄りたいと言いました。

 

車椅子のまま家の中に入るのはちょっと大変だけど、母の希望だから仕方がありません。

 

母は一番奥の部屋に行ってLPレコードを取りたいと言います。

 

そしてガスレンジの火をつけて欲しいと言って、そこでレコードを柔らかくして花瓶を作りました。

 

なかなか素敵な花瓶になりました。

 

 

実家からサ高住は20数キロの距離。

 

クルマで1時間ほどの距離ですが、この日はどういう訳かあちこちが大渋滞。

 

甥っ子の運転だったのでその点では楽でしたが、それでも疲れてしまいました。

 

母も疲れたのか、サ高住に帰るとすぐにベッドに横になりました。

 

なので私達も早々に帰ることにしました。

 

私はすることも無いので半年ぶりぐらいのパチンコへ。

 

最初はあっという間に2万円程すってしまったけど、その後に座った台6連チャン。

 

5千円程儲かってしまいました。

 

今のパチンコは確変になっても当たりまで時間が掛かる様で、確変終了までずいぶん時間が掛かってしまいました。

 

疲れたので外食する気にもならずスーパーに行ってお弁当を買ってクルマに乗ろうとしたら、そこにかみさんの携帯で娘からLine。

 

なんと義父が救急車で運ばれたんだそうです。

 

詳しいことは分からないけどどうも脳梗塞を起こしたらしい。

 

幸い意識はあるとのことですが、病院に飛んで行ったかみさんが携帯電話で繋がらない。

 

自分の携帯の電池が無くなっていたので娘の携帯を借りて行ったのですが、SNS通話のやり方を知らないのか私が何度電話しても返事なし。

 

こんなことも起こるんだから、自分のスマホはいつもフル充電しておくか、モバイルバッテリーを携帯しておかねばなりませんね。

 

夜になってようやくかみさんから連絡があり、ICUに入っているものの命には別条はないので、私が帰ってくる必要はないとのこと。

 

思い起こせば、最近の義父は呂律が回らないし認知症の気配もあったので、それが脳梗塞発症の兆候だったのかもしれません。

 

 

ひとまず安心して、翌日も母のところに。

 

ところが一日中雨なので、どこにも出かけられません。

 

なので母の部屋で買って来た本を3冊読み終えてしまいました。

 

母は私が傍にいるだけで安心するみたいです。

 

 

そして快晴の今日は、母も外出する気満々だったのでショッピングモールまで出掛けました。

 

着いたらすぐに母はコーヒーを飲みたいと言うのでモール内のスタバへ。

 

お昼ご飯前なのに母はケーキが食べたいと言い、小さなケーキを買いました。

 

母はそれを美味しいと言って食べてくれました。

 

その後は店内をブラブラしましたが、母は私の服を買えと言い出しました。

 

ちょうど春物のジャンパーが欲しかったので、なんとかというブランドのものを買いました。

 

母は私とお買い物をしたことが嬉しかったみたいです。

 

1時間半ほどブラブラしてから昼食にしました。

 

最初母が見つけた和食店に入ろうとしたら、順番待ちで20分以上はかかるとのこと。

 

すると母はまた中華料理店に行きたいと言います。

 

今回の帰省で3度目の中華です。

 

中華料理店は3分程待ってすぐに入れました。

 

母が注文したのは、チャーシュー麵とマーボー飯。

 

IMG_0798(1).JPG

 

いつもの食欲が戻ったのかと安心したのですが、ラーメンは半分ほど残し、マーボー飯は手付かず。

 

ちょっと心配になったけど、そう言えば先程ケーキを食べたばかり。

 

それに気が付いてちょっと安心しました。

 

 

母をサ高住に送り届けてから自宅に帰ることにしました。

 

いつも帰る時にはこれが今生の別れになるかもしれないと考えてしまいます。

 

92歳になる母ですが、このまま10年でも20年でも生きていて欲しいと思います。

 

 

家に帰ると愛犬達が大歓迎してくれました。

 

最近とみに甘えん坊になったサンちゃんは特に大歓迎してくれます。

 

キュート君もそんなサンちゃんに負けじと私に甘えてくれます。

 

夜は毛布の引っ張りっこや「訓練訓練ぷっぷぷー」で遊んでやりました。

 

 

母とのしばしの別れの後はこうして愛犬達との再会があるので救われるような気がします。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

ランフラットタイヤから普通の夏タイヤに履き替えられるのは

  • 2019.02.18 Monday
  • 23:48

今日の国会中継。

 

賃金統計、GDP統計の疑惑に、トランプ氏のノーベル賞推薦についてあくまでとぼけまくる安倍内閣だけど状況証拠は真っ黒。

 

だけど残念ながら直接証拠がなくて攻め切れない野党。

 

これが自由心証主義で裁かれる日本の裁判なら安倍内閣の面々はとっくに有罪なのだけど、国会の場では裁判官がいないからとぼけまくって逃げ続ける安倍。

 

ほとんどの国民は国会中継なんて見ていないし、ニュースではそのほんの一部が報道されるだけ。

 

だから内閣支持率も40%もあるんでしょう。

 

そんなことをしているうちに、この国はどんどん国際社会でも信頼を失って、その内に孤立してしまいそうです。

 

 

 

寒さが続いたこの頃だけど、今日は珍しく暖かい。

 

かみさんも手芸教室が休みだったので、一緒に愛犬達を連れてちょっと遠くの公園までお散歩に出掛けました。

 

あまりにも気持ちが良かったので、公園のそばにあるパン屋さんでカレーパンとおかずパンを買って、そしてタダでもらえるコーヒーで公園でお昼ご飯をいただきました。

 

キャプチャ.JPG

 

とっても気持ちが良かったし、幸せを感じるひと時でした。

 

 

家に帰って休んでいると、娘が先日加入したベースギター教室から帰ってきました。

 

楽典なんか一切なしで、いきなりLet it beを習ったんだそう。

 

まだベースギターを持っていない娘は、私のエレキギターを持って来て早速習ったベースラインを弾いて見せてくれました。

 

フレットを押さえる左手がガチガチなので指がスムースに移動できていないけど、最初はそんなもの。

 

基本的にコードのルート音を弾くだけでそれなりに弾けた気分になれるし、弦が太くて指先も痛くならないから、「Fの壁」が待ち構えるギターよりも上達も早いかもしれません。

 

 

今日、姉に母の様子を聞いてみたら、数日前にお腹が痛いと言って夜中に吐いたそう。

 

すぐにヘルパーさんを呼べばいいのに、母はそのまま手で吐いたものを持って我慢していたんだそう。

 

プライドの高い母らしいなと思いました。

 

その連絡を受けた姉は、翌日母をサ高住の隣にあるクリニックに連れて行ったそうですが、今はお腹の調子も収まった様です。

 

診察を受ける時に姉は母に付き添ったそうですが、医師は、

 

「君、建物の中に入ったのか」

 

と睨まれたそう。

 

医師としてはそれほど厳しくインフルエンザ感染防止に熱心なんだと思います。

 

すでにサ高住にはインフルエンザ患者はいないとのことですが、まだまだ一般には患者が多いそうだから、医師としてはなんとしてでも老人に感染させない様にしているんだと思います。

 

先週から今週にかけて特別な予定はなかったので、母の顔を見に行きたかったのですが、今月いっぱいは面会禁止。

 

残念ですが仕方がありません。

 

 

新型Cクラスは納車時からスタッドレスを履いていたのだけど、3月になればもう夏タイヤでも行けるはず。

 

せっかく履いたのに意味がなかったですね。

 

でもランフラットのスタッドレスから普通タイヤに履き替えて実家までドライブしたら気持ちいいだろうと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

30年ぶりに家族のビデオを見た

  • 2019.02.09 Saturday
  • 00:27

今日はギター教室。

 

3分前に着いて前の人がレッスンしている姿を窓越しに見ていると、ギターを持たずに行進の練習。

 

多分、裏拍ができなくて身体で裏拍のタイミングをつかむ練習をしているんだと思いました。

 

私の番になって先生に聞くと、やはり私と同じで裏拍が打てずに大変な苦労をしているんだそう。

 

それほど、我々老人には裏拍というものは難しい。

 

課題曲のTRUTHのリフと旋律部分のオブリガートはかなり感覚がつかめてきましたが、やはり裏拍のタイミングが難しい。

 

先生の模範演奏を聴いて拍を覚えてしまうやり方だと簡単だけど、今は裏拍の感覚を会得する時。

 

楽譜だけを見て演奏し、先生に見てもらいました。

 

TRUTHの場合は、裏拍から入る時にダウンピッキングから入らなければならないなど、かなり難しい。

 

それがスラーが小節をまたいで入ったりしているのでもうボロボロ。

 

ピアノを習っているときもソルフェージュでリズムうちが出来なくて苦労したことを思い出してしまいました。

 

でも、ここを超えれば後は中間部のソロだけ。

 

もちろんここが最難関なのだけど、ちょっとだけゴールが見えてきた様な気がしました。

 

 

教室の帰りは友人と待ち合わせてカフェへ。

 

どうでも良いようなバカ話を1時間ほどして別れました。

 

 

コーヒーでお腹が膨れた私は夕食の時間になっても食欲が湧きません。

 

かみさんはすき焼きのお肉があると言いますが、昨日お寿司をたらふく食べたのでもっと軽いものの方が良い。

 

なので7時半を過ぎてからかみさんと昨年末新規オープンした大型食品スーパーに出掛けました。

 

こんな時間にスーパーに行くなんて我が家では珍しい。

 

お目当ては煮魚とかお刺身。

 

そんなものをちょこちょこっと買うだけだと思っていたのですが、なんと大半の生鮮食品が半額処分。

 

すると、かみさんが突然はしゃぎ回ってあちこちの冷蔵ショーケースを物色。

 

かみさんがこんなに元気にはしゃぎまくったのは、武道館にポールを見に行った時以来。

 

「どうしたの?」

 

と聞くと、こんなに安いと嬉しくなって仕方がないと言います。

 

出来合いの煮魚など、店員さんが半額になったものを二つで同じ値段で良いと言ってくれたのでそれを買った上に、中トロの刺身に赤魚等の干物にたらこに竹輪の揚げ物、そして大量のお肉やフルーツなども買い込んでしまいました。

 

殆どが半額です。

 

結局、持参した大きな買い物袋が3つ共一杯になって、更に買い物袋の中に入っていたレジ袋も使って計4袋。

 

 

帰りのクルマの中ではこんな会話をしました。

 

かみさん「私達って貧乏性だよね」

 

私   「お前の実家は羽振りが良かったのになんで貧乏性なんだよ」

 

かみさん「羽振りが良くなったのは家業が軌道に乗ってから。それまでは貧乏だったから」

 

私   「そう言えば若い頃の俺たちも貧乏だったよね。給料も安かったし」

 

かみさん「そうだよね。でもなんとか二人で頑張って今はそれなりの生活が出来ているよね」

 

 

そんな会話をしていると、結婚した時に汚くて狭い社宅に入っていた頃を思い出しました。

 

外食なんて殆どしたことが無かったし、クルマも姉からもらった中古のカローラ。

 

それでもギリギリまで節約して毎月そこそこの額の貯金をしたし、ボーナスは全額貯金していたっけ。

 

それでも日曜日になるとお弁当を作って子供達と公園に出掛けたりして幸せだったなあ。

 

 

夕食を終えると、そんな夫婦の会話を知る由もないはずの娘が降りて来て、昔のビデオカメラとカセットテープを持って来て、テレビにつないで見せてくれました。

 

結婚して5〜8年目ぐらい、子供達も赤ちゃんから幼稚園ぐらいの時のものでした。

 

腕白な子供たちのはしゃぎ回る様子は、今の愛犬達と同じ。

 

ずっと遊びまくって疲れたら寝てしまうところもそっくりです。

 

自分達でビデオを見ても、私達はとっても幸せそうでした。

 

子供達はとっても可愛かったし、かみさんも山口百恵とそっくりの美人でした。

 

職場N0.1だった記憶はあるけど、こんなに百恵ちゃんにそっくりだっただなんて記憶はないんですけどね。

 

私はと言えば体重が110キロぐらいの頃。

 

そしてその時の私と娘の旦那さんがそっくり。

 

かみさんも昔の私を見て、あまりに娘婿とそっくりなので笑い転げてしまいました。

 

娘は、

 

「別にパパを意識して選んだわけじゃないけど」

 

と言っていましたが、あれほど似ているのだから、やはり結婚相手選びにはなんらかの潜在意識が働いたのかもしれませんね。

 

 

なんだかとっても幸せな一日でした。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

音楽とワンコ

  • 2019.02.02 Saturday
  • 23:39

今日の夕方はかみさんが大ファンのバイオリニストさんのライブへ。

 

実は、今回は彼からかみさんに直々のお誘いがありました。

 

事務所から離れて独立した彼は、ライブ続きで宣伝している時間がなくお客さんが集まらなかったんだそうです。

 

いつも満員御礼の彼のライブなのにどうしたんでしょう?

 

まあ、そんなことはおいて置いて、かみさんは彼直々のお誘いにウキウキ。

 

地図を見ると会場は住宅街だったので、コインパーキングも見つからないだろうと思って電車で行きました。

 

するとそこは駅からはかなり離れた坂の上の個人宅を改装したようなところ。

 

ホームページも貧相だし、Facebookでもあまり個別ライブの予告なんか積極的には行っていません。

 

だから人気者の彼にしては、あまりお客さんが集まらなかったんだろうと納得しました。

 

それでも会場に入るとそこは天井も高くてなかなか素敵なスペース。

 

お客さんも結局はほぼ満席になっていました。

 

 

私達を見つけたバイオリニストさんは早速挨拶に来てくれて、別のライブの招待券をただでくれました。

 

そして、先日かみさんが誕生日プレゼントで差し上げたマフラーをしてきてくれたそうです。

 

それだけでかみさんはメロメロ。

 

 

そして今日は完全なクラシック奏者だけによるライブ。

 

やっぱりクラシック奏者のよる演奏の方が気持ちが良い。

 

ピアニストもピアニッシモとフォルテッシモがきちんとできているし、チェリストの左手は指板上を極めて正確に瞬間移動。

 

「やっぱりこの組み合わせが最高だね」

 

とかみさんと意見が一致しました。

 

 

演奏が終わってからは、かみさんとバイオリニストさんで記念写真。

 

とっても嬉しそうでした。

 

IMG_0717.JPG

 

この会場はどうも老夫婦が二人でやっているらしい。

 

奥さんが受付をしたりトイレの場所を案内したり、旦那さんは控室から会場に入る扉を開け閉めしたり。

 

「夫婦で良いねえ」

 

と私が言うと、

 

「私達だってそうじゃん」

 

とかみさん。

 

確かにそうでした。

 

今は、実家の母のことなんかでライブを開催していないだけなんだ。

 

 

夕食は以前行ったことのある和食屋さんに行きました。

 

私はざるそばとミニ海鮮丼のセット、かみさんはすき焼きとお寿司のセットにしました。

 

ところがかみさんの方はかなりボリュームがあるけど、私の方はかなり量が少ない。

 

それを見たかみさんは「もう一品なにか注文する?」と言ってくれましたが、食後のコーヒーも頂きたかったのでカフェでパンでもいただくことにしました。

 

老夫婦でカフェに入ってそんなに話すこともないだろうと思われる人も多いと思うけど、お留守番をしている愛犬達のこと、音楽のことなんかで話題は尽きません。

 

ただし、音楽の趣味は同じ楽器だと色々とお互いに考え方の食い違いがあったりして良くないらしい。

 

その点、私はギター、かみさんはサックス。

 

TRUTHを合奏するようになると喧嘩が始まるかもしれないけど、今は別々に練習している段階だからまだ大丈夫。

 

 

かみさんは近々にサックス教室のイベントに参加することになっていて、大勢で合奏することになっているらしい。

 

かみさんの様な初心者でも参加できるそうで、腕前に合わせてパートが割り振られるんだそう。

 

そのパート決めの為のオーディションや打ち合わせもあるとのことで、とっても楽しそう。

 

 

夫婦ともに、可愛い愛犬達と音楽のことで頭がいっぱいです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

インフルエンザ感染で母のサ高住がまた面会禁止

  • 2019.01.30 Wednesday
  • 23:16

今朝は愛犬達をお風呂に入れました。

 

サンちゃんは先週のトリミング以来1週間ぶり。

 

トリミングサロンのシャンプーのおかげなのか、脂漏症のサンちゃんが昨日までまったくにおわなかったのですが、今朝になって匂うようになってしまったんです。

 

キュート君は10日ぶりです。

 

二人ともシャワーは嫌がらなくなりました。

 

お風呂に入っている時、タオルで拭いている時、ドライヤーで乾かしている時は大人しくしてくれていて本当に可愛い。

 

お風呂から上がったら恒例の追いかけっこ。

 

そんな姿もとっても可愛くて心を癒してくれます。

 

 

夕方はヴォーカル教室。

 

課題は引き続き「夢の人」。

 

今日はテンポ180で歌った後、200で歌いました。

 

180だと殆ど英語の早口言葉もできるようになりましたが、200だとまだぎこちなさが残ります。

 

それと、早口言葉だと発音がくぐもってしまうので、子音を強調して歌う練習をしまいた。

 

先生によれば、私の歌はお経を唱えているみたいだそうです。

 

それを解決するには、子音をきっちりと出すことが必要なんだそうです。

 

最終目標は原曲通りの210。

 

もう少しです!

 

 

ところでサ高住の面会禁止が解除になったと連絡があった昨日ですが、今日からまたインフルエンザ患者が発生してしまい2月いっぱい面会禁止が決まったそうです。

 

今週か来週あたりに母の顔を見に行こうと思っていたのに残念です。

 

全国でインフルエンザが蔓延していて、老人の場合は死に至っているケースも沢山あるそうだから仕方がありません。

 

でも、昨日母に10日振りに会いに行った姉によれば、どこにも出かけられない母はかなり参っているそう。

 

先日かみさんが送ってくれたお菓子を食べた時に、「お嫁さんにお礼の電話をする?」って聞かれても、「今元気が無いからいい」と弱弱しく答えていたそうです。

 

 

一旦インフルエンザが収まったサ高住ですが、その後に面会者か職員が菌を持ち込んだのでしょう。

 

自分は大丈夫だと思っていても、実は発症していないキャリアということもあるから、特に老人がいる施設への入室にあたっては気を付けてもらわねばなりません。

 

 

気を付けると言えば、ヴォーカル教室に出掛ける直前に腰がビリっとしました。

 

ぎっくり腰が起きる寸前の様な痛みです。

 

出掛ける前に少しストレッチをしました。

 

教室の帰りに、近所の接骨院に寄ってこようと思いましたが、その時頭によぎったのがインフルエンザへの感染。

 

いろんな器材は沢山の人が手や顔を触れているから、そこで移されてしまうかも知れません。

 

なので行くのはやめました。

 

 

家に帰ってかみさんに接骨院に行くのは止めたと言うと、どっちみち今日は休診日だったとのこと。

 

結果論ですがちょっとでも遠回りしなかったのはラッキーでした。

 

 

今日は知り合いの女性サックス奏者からメールが来ました。

 

近々に大きなホールでソロリサイタルを開催することが決まったのですが、私達夫婦で聴きに行くと聞いてのお礼のメールでした。

 

うちのホールでも3年前から3回もライブをしてくれた彼女は感激屋さん。

 

超絶技巧曲の「小さなチャルダッシュ」を聴いたお客さんから満場のスタンディングオベーションを受けた彼女は、ライブ終了後に感激のあまり泣いていた姿を覚えています。

 

帰りに駅までクルマで送った時も、ずっと私と話がしたかった様で駅に着いてもなかなか降りようとしませんでした。

 

そしてその熱演を聴いたかみさんの知人がすっかり彼女のファンになって、その後も仲間を大勢引き連れて彼女のライブに何度も来てくれているそうです。

 

彼女は、そんな縁をもらった私のホールには格別の思いがあるんだそうです。

 

そして姉の義母や実家の母のことがあったりしてもう1年程ライブを開催していないことをとっても残念がってくれました。

 

私も若い音楽家が一流に育っていく過程でちょっとだけでも関わることができたことを嬉しく思いました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

欲しいもの

  • 2019.01.21 Monday
  • 00:39

今日のお昼ご飯はパスタ。

 

どういう訳か、パスタをいただいた日は夕食時になってもお腹が減りません。

 

だからスーパーにお買い物に行って、いろんな食材を見ても食欲が湧きません。

 

そもそも50歳を超えた頃から、「どうしても○○が食べたい」「お腹いっぱい食べたい」という欲求があまりなくなってきました。

 

長い人生でいろんなものを食べてきて食べ物に飽きてきたのかもしれません。

 

かみさんも同じ気持ちだそうです。

 

なのでスーパーの端から端まで歩いても買い物かごは空っぽのまま。

 

ようやくお肉とお魚と野菜を少々かごに入れました。

 

 

そして夕食は塩サバの焼いたものと、おでんとおからの炒ったものという質素なもの。

 

そして食事前には毎食食べている大豆。

 

 

食べ物に限らず、この歳になるといろんな欲が無くなってきた様な気がします。

 

持ち株が上がって含み益が増えても、それは老後の精神安定剤以上のものではありません。

 

食べ物やモノに関しては本当に欲しくて欲しくてどうしようもないものがないんです。

 

 

欲しいものがない代わりに失いたくないものは増えてきた様に思います。

 

それは家族であったり、母であったり、愛犬達であったり、健康だったり。

 

 

今日は、スーパーに出掛けて、愛犬達をお散歩に連れて行った以外は家の中に籠っていましたが、愛犬達の可愛い仕草を見ていると退屈しません。

 

愛犬達は、とにかく私に遊んでもらったり、お散歩に連れて行ってもらえばそれだけで十分に幸せそうです。

 

サンちゃんは私の顔をずっと見続けてくれます。

 

話しかけると首を傾げてくれるのが何とも言えず可愛い。

 

 

キュート君はカメラを向けると目を背けるのでなかなかいい写真が撮れません。

 

それでもカメラを離すと、私の目を見て鬼ごっこを迫ります。

 

IMG_0626.JPG

 

今週あたりは天候次第ですが2カ月ぶりに母の顔を見に富山に帰省しようと思っています。

 

母の顔は見たいけど、愛犬達を置いていくもの辛い。

 

欲しいとすれば、もう一つの自分の身体かな。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

町内会長を引き受けられない理由

  • 2019.01.06 Sunday
  • 21:52

今日の夜、町内会長さんから突然の電話。

 

先日打診された町内会長職についての再打診でした。

 

私の住む町内はとっても良い方ばかり。

 

毎月、公園の清掃と役員会にも沢山の人が集まって来るし、町内旅行や新年会など楽しい。

 

60歳近くになって郊外から街中に引っ越してきた私達家族も温かく迎えてくれました。

 

だけど、町内会長というのはちょっと荷が重い。

 

月に1度は学区全体の会合があって、町内の人達からの陳情をまとめて市会議員に要望を出す仕事もあるし警察署との打ち合わせもあるし、毎月の役員会だけでなく年に数回の行事。

 

それが報酬ゼロの完全ボランティア。

 

それでもこの歳まで好き勝手に生きてきた私なので、そうした地域活動というか社会貢献活動もやらなければならないと言う気持ちはないこともありません。

 

ただ、問題は田舎のサ高住に住む92歳になる母のこと。

 

一昨年〜昨年は、三度も救急車で病院に運び込まれたということもあって、1〜2カ月に一度は母に会いに帰省しています。

 

それに加えて、定年して4年目の私はまだまだ遊びたい盛り。

 

ライブやコンサートに出掛けたり、愛犬達を連れて旅行にも出かけます。

 

 

加えて、この頃の義父母のこと。

 

86歳になる義父は急激にボケが進んで来ています。

 

そんな義父のこともさることながら、その相手をしなければならない義母のことはもっと心配です。

 

自分の父母の経緯を鑑みると、義父母にもそう遠くない将来になんらかのイベントがあってもおかしくありません。

 

長男夫婦も妹夫婦もちょっと頼りないし、義母からすれば長女のかみさんが頼り。

 

そうなったら、私も色々と手助けしなければならないことになります。

 

実際に一昨年末に、義父が歩けなくなった時に何度も病院へ連れて行って付き添いをしたのは私。

 

今後もなにかあれば私がやらなくてはならなくなるのだろうと思いますし、一生の伴侶として選んだかみさんの親だから役に立ちたいという気持ちもあります。

 

 

町内会長を引き受ければ、新たな人脈もできるし、やりがいもあるんだろうとは思います。

 

でも、そいろんなことを考えるととても引き受けられないというのも確かです。

 

会長さんはすぐに結論は出せないだろうからと、これ以上の話し合いは後日ということになりました。

 

 

ところで今朝は愛犬達を連れてかみさんとお散歩に出掛けました。

 

とっても寒かったので、愛犬達にダウンジャケットを着せて行きました。

 

愛犬達はとっても楽しそうです。

 

ワンコの寿命は10〜20年。

 

人間と比べればとても短い一生だけど、そんなことを思い悩むこと等せずに、とにかくお散歩を楽しんでくれます。

 

本当に可愛い。

 

あまりにも可愛いので、昼食はワンコも入れる遠くの中華料理店まで出掛けました。

 

中国特級調理人のいる絶品の料理を出してくれるお店です。

 

愛犬達はここでもとっても楽しそうにしてくれました。

 

IMG_0589.JPG

 

愛犬達のおかげで、私もかみさんも一日に何度笑顔になれることか!

 

もし愛犬達がいなければ、老夫婦二人で一日中むっつりとしていたかもしれません。

 

 

ところで明日からいよいよ本格的な株式市場。

 

大発会は一時は700円を超えるマイナスだったけど、終了寸前に急激に戻しました。

 

おそらく日銀とGPIFの買いが入ったのでしょう。

 

そのGPIFは、株式でマイナス14兆円というとんでもない損失を出したそうです。

 

<共産党試算資料より>

 

8357.png

 

明日はダウの上げを受けて日経も戻すだろうけど、安倍が官製相場で市場を無茶苦茶にかさ上げした罪は大きい。

 

もりかけ問題で平然にウソをつき通している安倍は、GDP統計をごまかしたり、株式市場を操作しても知らん顔をしている恥知らず。

 

この程度の頭の安倍に騙されている国民も国民です。

 

内閣官房参与で京大の大学院教授の藤井聡氏。

 

内閣官房参与という職にあるにも関わらず、12月20日に開催された保守系の勉強会で安倍の政権運営を批判しました。

 

こんな状況で消費増税を行うなどとんでもないことだと主張しました。

 

すると案の定、彼は内閣官房参与を辞職。

 

辞職の形をとっているものの、安倍が辞めさせたのは間違いありません。

 

当然、メディアはこの事実をまったく報道しません。

 

我々国民はメディアで話題にもならないこの動画を見ておかねばなりません。

 

 

安倍は、「国民はアホだからマスメディアを通じて簡単にマインドコントロールができる」と思っているんです。

 

無教養で無知の安倍にそんな風に思われていて悔しくないんですか!

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM