経済も個々人の生活も…正常性バイアスの罪

  • 2019.03.13 Wednesday
  • 09:54

参院公聴会における日本総研河村氏のスピーチ。

 

 

このブログで何度も書いているけど、この国の財政は本当にボロボロ。

 

高橋洋一や森永卓郎氏は、日本の国債は国内で消化されているから日銀の信用が無くなることも、ハイパーインフレも起こらないと言っているけど、そんな戯言を信じていたらとんでもないことになるだろうと思います。

 

そもそも国債の4割以上を日銀が買っているのだから国内消化できていて当たり前。

 

日銀がこれ以上国債を買えなくなれば国債価格は暴落、金利は上昇してしまうのだから、そうなったらタダでさえボロボロの財政は利払いが増大して破綻してしまいます。

 

日銀が永遠に国債を買えばいいというのが高橋洋一や森永卓郎の主張だけど、そんなことをすれば国際社会から日銀が信用されなくなってある日突然ハイパーインフレになってしまうでしょう。

 

国債の殆どが日本国内で保有されているから大丈夫という安倍内閣ワンパターンの言い訳はハイパーインフレになれば戯言になってしまいます。

 

だから冒頭の動画の河村氏やまともな経済学者はみな日本の財政、経済に危機感を持っています。

 

楽観的なことを言っている輩は本当のアホか、安倍の政策を擁護するためでしかありません。

 

 

その危機的な事態の到来は何時なのか?

 

経済評論家で参院議員でもある藤巻健史氏によれば、今来てもおかしくないそうです。

 

我々には正常性バイアスが働いてしまうから、そんなことが起こるはずがないと思ってしまいますが、起こるはずのないことが何度も起こっているのがこれまでの歴史。

 

確かに先日読んだ明石順平氏の著作を信じれば(信じる、信じないではなく事実だけど)、今日明日そんなことが起こってもおかしくありません。

 

これが小泉政権以降の経済政策、そして無茶苦茶な安倍政権によって作られた破滅の道。

 

 

既に老後資産の一部は金の現物にしている私だけど、改めて金の資産割合を高めようと考えています。

 

ただし、知らない内に金価格は随分高くなっていました。

 

購入価格は既に1g5000円以上。

 

きっと誰か賢い人が金を買い集めているんでしょうね。

 

近々に、普通預金の一部で金現物を買い増ししようと思います。

 

 

 

今日は、かみさんが義母と一緒に、義父が入院中の病院で地域包括支援センターの担当とケアマネさんで打ち合わせをしてきました。

 

本当は私も行きたかったのだけど、ヴォーカル教室と重なったのでかみさんにお任せ。

 

もっとも、打ち合わせの結果は、退院後はリハビリ病院に転院するという話だけだったそう。

 

ただし、義母はそれなりに色々と考えていて、義父がリハビリ病院を退院した後は老人ホームに入居してもらおうと考えているのだそう。

 

自分自身も高齢だから自宅ではとても一人で義父の面倒を見れないし、いずれは自分も身体が動かなくなってしまうということも分かっているそうです。

 

なんだか義父が可哀想な気もしますが、現実を考えれば仕方がないかもしれません。

 

我が家のそばの老人ホームでも良いかなあと思ったのだけど、義母は今通っている体操クラブのそばにある老人ホームが良いのだそう。

 

そこには義母の友人が既に入居しており、将来義母が老人ホームのお世話になることになったら夫婦で同じホームに入ることもできそうです。

 

 

私の両親の時もそうでしたが、いずれは両親が自活できない時が来ます。

 

そんなことは起こらないだろうと考えたり、あるいは将来のことを考えたくないのだけど、必ずそんな日が来ます。

 

その時のことをある程度早いうちから考えておかないと、現実にそうなってからだと大変なことになってしまいます。

 

冒頭で述べた財政・経済と全く同じです。

 

だから人の持つ正常性バイアスというのは厄介です。

 

 

 

核家族化が進み、生涯独身の人もどんどん増えてくる日本では悲惨なケースがこれから益々沢山発生しそうです。

 

なのに政府は少子高齢化の課題対応が殆どできていない様に思います。

 

保育園、幼稚園を無償化するぐらいではとてもじゃないけどこの問題は解決できません。

 

そもそも男女共同参画社会というのが本当に個々人の幸せを考えて良いことなのか?

 

高い給料をもらうために田舎から出て両親を捨てて都会の一流企業に就職することが良いことなのか?

 

女性が子供を産まない自由があると声高に主張することが良いことなのか?

 

お母さんが小さい子供を幼稚園、保育園に預けて外に働きに出ることが本当に良いことなのか?

 

私には政治のみならず、社会制度についても沢山の疑問があります。

 

自分自身の人生を振り返っても本当にこれでよかったのかと考えてしまいます。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

人との触れ合いのない社会

  • 2019.02.17 Sunday
  • 22:10

これほどいろんな不正疑惑が明るみになっているのに、最新の共同通信の世論調査では安倍内閣の支持率は微減の42%だそう。

 

賃金統計すら偽装しているのだから世論調査結果もメディアに圧力をかけて操作しているのか、それとも本当に国民がアホばかりなのか…。

 

 

今朝は愛犬達をお風呂に入れました。

 

お散歩に出るとすぐに真っ黒に汚れてしまうサンちゃんは、シャンプーで洗った後にシャワーで流すと真っ黒なお湯が出て来ます。

 

だからお風呂から上がったサンちゃんは見違えるようにきれいになります。

 

被毛がほとんど汚れないキュート君もお風呂上りはフワフワになってやはり可愛くなります。

 

お風呂から上がって、二人で散々追いかけっこをした後は疲れてぐったり。

 

IMG_0745.JPG

 

こんな姿を見ていると涙が出そうなくらいに可愛い。

 

 

ぐったりした愛犬達を置いて、私達夫婦はお散歩を兼ねて街に出掛けました。

 

かみさんは途中で知り合いが出展しているギャラリーに立ち寄りました。

 

かみさんは、在廊中だった画家さんと手芸作家さんと長々と世間話。

 

私は退屈しのぎに、外でストレッチ。

 

最近は坐骨神経痛のみならず、両腕も痛い。

 

お散歩だけでなくて、上半身を使うストレッチもしないといけないですね。

 

 

ランチは予約をしていなかったので行き当たりばったり。

 

あちこち物色したけどそれほど食べたいものもなく、ふらっと以前行ったことのあるホテルのランチブッフェへ。

 

ところが満席で30分以上待たなければならないとのこと。

 

一応予約だけして街をブラブラすることにしました。

 

するとそこで発見したのが博多ラーメン店。

 

寒かったのでラーメンも良いかと思って入ると、玄関に券売機。

 

お値段はラーメンにしては随分高い。

 

二人分で2500円近い金額でしたが、一度入ってみることにしました。

 

食券を買って中に入ると、入り口のパネルに席の満空状況が表示されています。

 

なんだか違和感があったけど、そこに行ってみると、なんと10席毎の小部屋の全席がカウンター。

 

それも隣の席とは板で仕切られています。

 

更にカウンターの前には小さな扉があるだけで、厨房の様子も分からないし店員の顔も見えません。

 

そして机の上には、麺の固さや味付けなどのオプションを選択する紙とボールペン。

 

すると目の前の簾が開いて、手だけ見える店員がそれを持って行き、また簾が閉じられます。

 

しばらく待っていると簾が開いて、注文したラーメンが来ました。

 

予め券売機で替え玉を買っていたのですが、それを頼むときはどうするのかと言うと、替え玉と書かれたプレートを所定の位置に乗せると「ピンポーン」という音が鳴って、店員が来てまた簾を開けてプレートを持って行きます。

 

 

つまり、ここは一人で来て店員の顔を見ることも無く、口頭で注文することも無く、そして隣の連れとも話をすることもできないお店。

 

客は一言も発することなく、誰にも顔を見られずにひとり寂しくラーメンを食べることが出来るという仕組み。

 

 

店を出た後は、私もかみさんもなんだかおかしな気持ちになりました。

 

これからAIが発達するとますますこんなお店が増えて行くんでしょうか。

 

回転寿司店はタッチパネルで注文しお会計は自動カウンターになっているし、スーパーでも無人レジが増えています。

 

コンビニではほとんど言葉を発しない外国人のバイトが不愛想にレジを打つだけだし、ガソリンスタンドもセルフ給油。

 

その内、殆どのお店は機械が人にとって代わってしまうんでしょうね。

 

 

自宅への帰路の途中で、先程予約したホテルからかみさんに確認の電話。

 

時間を見ると、聞いていた待ち時間を15分以上も過ぎていました。

 

45分も待つのは大変だったろうけど、それでも気味が悪いラーメン店に入るよりもはるかに良かった。

 

それでも健康の為のお散歩という点ではまず合格でした。

 

 

 

 

私が子供の頃は、家には祖父母がいて、祖母に近所の八百屋さん、お魚屋さんなんかに一緒に連れて行ってもらって沢山お話も聞かせてもらったっけ。

 

外食もできなかったし、携帯電話もパソコンもなかったし、すき焼きやステーキなんて食べられなかったけど、沢山の人とコミュニケーションがあってそれなりに楽しかった。

 

もちろん、周りの人は良い人ばかりではなかったけど、そんな人は反面教師として学ぶこともあったっけ。

 

 

そんなことに思いを馳せると、今の政治、社会って本当にこれで良いのか、人間の幸せの為の進化をしているのかと考えざるを得ません。

 

そんな政治、社会を作ってきたのが我々の世代。

 

大いに反省すべきだと思いました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

バイトテロの背景

  • 2019.02.15 Friday
  • 22:49

今日は確定申告書類を提出しました。

 

今回は初めて特定口座になっていた株式や社債の配当金も含めてやってみました。

 

その点で少し分かりにくいところがあったのですが、提出書類での還付額は17万円強。

 

間違いがあるかもしれないけど、指摘されたら修正すれば済む話。

 

まあ、本当に17万円も還付されるならラッキーですね。

 

昨年も一昨年も配当金を含めて申告すればもっと還付されたかもしれないけど、今から修正するのも面倒だしまあ良いか。

 

 

配当金については来年以降もそうするかどうかは分かりません。

 

金現物を換金したり、ほかってある確定拠出年金を解約した時にも特になるかどうか分からないからです。

 

でもどっちにしても、多少のお金のことでごちゃごちゃするのは面倒ですね。

 

そんなことばっかり考えていると自分自身が卑しい気持ちになってきますしね。

 

 

 

確定申告書を郵送するのに近くの郵便局まで愛犬達も連れてかみさんと行って来ました。

 

今日は昨日と比べるとそれほど寒くはなかったから良かった。

 

帰りにかみさんが吉野家でソフトバンクの特典を使って牛丼弁当をゲットしました。

 

毎週金曜日にタダでゲットできるんだそうです。

 

でも、ソフトバンクがそんなことができる原資を持っているのは高額な料金設定をしているから。

 

そんなくだらないことをしている位なら、もっと料金を下げるべきです。

 

 

吉野家の前で愛犬達と待っていた時にふと思ったのが、最近ワイドショーを賑わしているバイトテロのこと。

 

もちろんバカげたことをしているバイトが悪いのは確かだけど、その背景の根は深いと思います。

 

もともと外食産業やコンビニのバイトの仕事は社会の最底辺の人によって支えられています。

 

そしてそうした企業のトップは法外な利益を得ています。

 

だからバイトの人達の心の奥底にルサンチマンの心理があることは容易に想像できます。

 

お客さんの中にはおかしな奴もいて、横柄な態度をとったり、無茶なクレームを言ってくる奴がいるから尚更です。

 

昔、バイトと言えば、学生の学費稼ぎや専業主婦の半分暇つぶしの副業が大半。

 

それが今では本来正社員となっているべきような人がバイトに甘んじている訳です。

 

そんなバイトがルサンチマンのはけ口としてそうしたテロを行うんだろうと思います。

 

そうでなくても、正社員としてまともな社会人教育を受けることのできない人達が軽い気持ちで悪戯をしてしまうこともあるだろうと思います。

 

 

だから、バイトテロの問題の本質は社会構造。

 

安倍内閣が賃金統計を偽装するために統計対象から突然日雇い労働者を外していたそうですが、それも正社員以外の労働者を軽視している表れ。

 

そもそも、小泉氏以来、政商の竹中平蔵が政府に口出しして非正規労働者を就業者全体の6割にも拡大したのが誤りの元。

 

安倍は、さらに経済界の要請に従って残業代を減らすために労働法を改悪するというとんでもない悪政を行いました。

 

テロを起こしたバイトを批判するのは簡単ですが、我々はもっとその背景を考えてみるべきです。

 

正社員として教育を受ける機会も与えられなかった若い人を一方的に責めて、その人の一生を台無しにしてしまうようなことがあってはなりません。

 

 

ところで自宅そばのコンビニ。

 

店員さんはみなとてもフレンドリー。

 

常連客の私が行くと、必ずなにか一言声を掛けてくれます。

 

今日そのコンビニに行った娘も「とっても雰囲気がいいお店だね」と言っていました。

 

その要因は、若い男性のオーナーさんがとても良い人だからだと思います。

 

今日もかみさんがお店に入っている間、私が愛犬達と外で待っていると、オーナーさんがわざわざ外まで出て来て挨拶してくれました。

 

そんなお店では絶対にバイトテロなんて起こらないだろうと思います。

 

バイトテロは、社会構造の問題であると同時に、雇用者側、お客さん側の問題でもあると思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

健康保険料大幅アップも、今回は役所の無謬性を信じることにした

  • 2018.10.12 Friday
  • 23:27

今日はキュート君の親友のマルチーズ君が遊びに来てくれました。

 

愛犬達へのプレゼントだと言って、マルチーズ君が来ていたお洋服とバンダナを頂きました。

 

キュート君はマルチーズ君が大好きなので大喜び。

 

IMG_0041.JPG

 

サンちゃんも随分慣れて来て一緒に遊ぶようになりました。

 

IMG_0042.JPG

 

このマルチーズ君は14歳。

 

飼い主の女性は、どこへ行くのもマルチーズ君と一緒。

 

近所のお寺で開催されたマルシェに行った帰りに寄ってくれました。

 

一人暮らしの飼い主さんは、もしこの子がいなくなったらどうなるのか、ちょっと他人事ながら心配になることがあります。

 

かみさん曰く、若い時からワンコを飼っていた彼女の愛犬は3匹目なので既に2匹は見送っているから、この子がいなくなっても多分大丈夫だろうと言います。

 

そして、一番心配なのは我が家だと言います。

 

家族は皆きっと耐えられないだろうと思いますが、彼女だっていくら3匹目だと言ってもやはり耐えられないんじゃないかと思います。

 

たまたま午前中は、YouTubeで↓の動画を発見して見入ってしまいました。

 

二匹のワンコの物語で、二匹とも元保護犬。とっても仲の良い本当の兄弟の様です。

 

我が愛犬達も血は繋がっていないけど本当の兄弟の様に仲が良くて、サンちゃんは保護犬。

 

そんな共通点もあって見入ってしまいました。

 

何度も涙腺が崩壊しそうになりました。

 

 

特に最後のほうでは、お兄ちゃん犬が殺処分されるのではないかとハラハラさせられました。

 

でも、ハッピーエンドで本当に良かった。

 

この物語では、ワンコも人間と同じ様な感情をもっている前提で描かれていますが、実際にワンコを飼っている方は分かりますが、本当にワンコも人間と同じように喜怒哀楽の感情があります。

 

お兄ちゃんはとっても優しくて弟に対して優しくしてくれますが、そんな姿も愛犬達にそっくりそのまま。

 

そんな動画を見たばかりだったから、余計にマルチーズ君と愛犬達、そして飼い主さんの姿を見ていろんなことを考えてしまいました。

 

もし、ワンコを飼ってみたいと思っていらっしゃる方がいれば、是非保護犬を迎えてあげて欲しいと思います。

 

ワンコは、人を優しい気持ちにしてくれ、幸せにしてくれます。

 

亡くなった時には耐えきれない位に悲しいだろうけど、それ以上に幸せを与えてくれることは絶対に保証します。

 

 

それからしばらくしてからギター教室へ。

 

曲はもちろん、発表会の課題曲のWhile my guitar。

 

今日は珍しく先生から褒められました。

 

歌もギターも、エフェクタースイッチの切り替えも、ほぼ直すところがないくらいの出来だったと褒めてもらいました。

 

最初の1発目でoKが出たのだけど、先生はこの状態を身体に覚え込ませるためだと言って、なんと3回も繰り返し練習させられました。

 

これなら、本番までなにもレッスンすることが無いねえとも言ってくれました。

 

3回繰り返した後は、エフェクターのスイッチの 微調整。

 

↓の位置でやれば一番良い音が出るということで、それを忘れない様に写真に撮っておきました。

 

IMG_0044.JPG

 

本番はまだ先ですが、私の心の中は次の発表会の課題曲。

 

今回は1曲だけだけど、次はギター中心の曲と、ヴォーカル中心の曲の2曲にしようかなあとも思っています。

 

ギター曲はTsqureのTHRUTHあたりにチャレンジして、ヴォーカルの方はビートルズの曲をギターはストロークだけにして歌に集中できるようにしようかなあ。

 

という話を先生にすると、

 

「来年のことを言うと鬼が笑いますよ。まずはWhile my guitarに集中してくださいね」

 

と言われてしまいましたが・・・

 

 

気持ち良く帰ってくると、市役所から国民健康保険料額の決定通知が。

 

開けてみると、約2倍ぐらいにアップ。

 

今年から厚生年金の報酬比例分がもらえることになったくらいしか理由が思い当たらないのだけど、役所に問い合わせるのも面倒。

 

ここは役所の無謬性を信じて受け入れることにしようと思います。

 

なにしろ実際の医療費は、保険料の4倍ぐらいはあるのですから・・・

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

専業主婦で有閑マダム

  • 2018.07.19 Thursday
  • 09:27

橋本徹氏が、「西日本豪雨被害に際しての安倍らの宴会を批判している人は『論理力無し』」と自身のメルマガで述べているそう。

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/橋下徹赤坂自民亭に怒る人は論理力なし/ar-AAAe2Wp?ocid=spartandhp#page=2

 

一見、筋が通っていそうだけど突っ込みどころは満載。

 

そもそも、我々国民が怒っている観点を彼が勝手にすり替えている。

 

そのすり替えた観点を論理力無しというのは、如何にも橋下らしい。

 

弁護士の彼だけあって、どちらの側に立ってもそれなりの屁理屈を建てられるのが彼の能力の凄いところ。

 

その彼が安倍側を擁護をしているのは、なんらかの政治的意図があると思って間違いないでしょう。

 

 

 

それにしても毎日暑い暑い。

 

昨日はバイトの子が出勤してくれたので、娘のカフェににわかマスターとして立つことはなく済んだけど、と言ってこの暑さではどこに出る気にもならない。

 

家の中でワンコと遊んだり、ギターの練習をしていたら、カフェに愛犬達のお友達が来たとの連絡。

 

下に降りると、ワンコたちが3匹。

 

やはり暑くてどこにも出かけられないので涼みに来たようです。

 

退屈だったワンコ達に、我が愛犬達も加わってしばし大騒ぎ。

 

良い気分転換になったことだろうと思います。

 

 

そのお客さん達は皆さん有閑マダム。

 

毎日お友達と連れだってドッグランや躾教室やドッグカフェを巡っています。

 

娘のカフェにも週2回は来ています。

 

女性も社会進出すべしという社会風潮があるけど、日中は遊んで朝夕は家を守るという生き方も良いものだと思います。

 

 

そう思ったのは、先日かみさんが会った大学時代の友達の話を聞いたから。

 

スッチーだった彼女は次々と恋人を乗り換えて、最終的には病院の勤務医と結婚。

 

その内に旦那様は開業して、しばらくしてから老人介護施設の経営にも乗り出しました。

 

そして彼女は病院の会計、人事等の仕事を手伝うように。

 

毎日資金繰りの心配をしたり、女性職員の愚痴を聞いたりで大変だそうです。

 

超多忙で好きな趣味のこともなかなかできないし旅行にも行けない。

 

勤務医や大学の教授とかなら奥さんは有閑マダムをやっていれば良いけど、開業医になると奥さんも大変です。

 

開業医は定年もないのだから、そんな生活がいつまで続くのかも分かりません。

 

 

お嬢さん女子大を卒業したかみさんの友達の殆どは偶然かもしれないけどお医者さんと結婚。

 

サラリーマンと結婚したのは、かみさん以外には数人だけ。

 

かみさんもお見合いをしていれば、お医者様と結婚できた可能性は高い(と、本人は言っている)。

 

そんなことからかみさんには申し訳なかったと思ったこともあります。

 

でも、開業医夫人の大変な話を聞くと、専業主婦をやった後は好きな手芸教室をやっているかみさんはそれなりに幸せなのかなあとも思います。

 

 

いすれにしても「女性は社会進出すべき」という主張には専業主婦を見下している心理が見え見えで気持ちが悪い。

 

専業主婦だって地域のコミュニケーションに役立っているし、子育てや企業戦士の旦那さんを支える立派な仕事なんだから、何が何でも社会進出をと騒ぐのは如何なものか。

 

そんなことを思った昨日でした。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

会社健保から国民健保への切り替え

  • 2017.04.11 Tuesday
  • 14:58

今日は朝から酷い雨。

 

そんな中、役所に行って国民健康保険の手続きをしてきました。

 

役所までは車で行こうか、電車で行こうかと迷いましたが、たまには雨の中を傘をさして歩くのも良いもんかなあと思って歩いて行くことにしました。

 

家を出てすぐに煙草を忘れたことに気が付きました。

 

でも鍵を開けて4階までエレベータで上がるのも面倒くさいし、一旦お留守番をお願いした愛犬に再度会って、またお別れをするのもつらいもの。

 

なので、近所のコンビニで煙草を買いに行くことに。

 

いつもの陽気なおばさんはいなかったけど、顔なじみの若い男性店員がいて煙草ひと箱でライターを付けてもらいました。

 

男性店員も何人かいるこのコンビニですが、人懐っこいのは彼だけ。

 

男性の多くはコミュニケーション能力がなくて、老人になると寂しい思いをする訳だけど、彼ならきっと大丈夫。

 

私が気付いたのは60歳になるちょっと前だけど、若くてもこうしてコミュニケーション能力の高い男性もいるもんですね。

 

 

市役所に行って整理券を取ると、すぐに窓口の中年男性から「どうぞ」の声。

 

用件を話すと手際良く手続きをしてくれます。

 

先日行った時に、上手くいけば即日発行してくれると聞いた国保ですが、なんのことはない一瞬で保険証を発行してくれました。

 

ただし、それはプラスティックの表面加工はしてあるけど、これまでのカードタイプではなく紙。

 

台紙からはがして折り曲げて使うものだそう。

 

 

窓口の人曰く、

 

「ちょっとみすぼらしく感じられるでしょうが、即日発効という利便性を優先して紙になっているんです」

 

とのこと。

 

どこかの飲食店のポイントカード並みのクオリティなので、間違えて紛失しない様にしなければ・・・。

 

それでも、少しの間でも健康保険証がないという不安から逃れられるのはやはり良い仕組みです。

 

 

定年退職時には、膨大な資料を渡されて、手続きが必要な事柄が膨大にあることが分かって不安だったけど、こうしてひとつづつ着実にやって行けばそれほどのことはないということが分かりました。

 

それも、昔と違って役所の対応がかなり親切になっています。

 

どこかの態度の悪いメガバンクよりよほど丁寧で親切です。

 

 

窓口の人に、

 

「保険料はどれぐらいになるんですか」

 

と尋ねると、計算式が書いてある資料を渡してくれて説明してくれました。

 

役所の端末機では簡単に私の年収も分かる様で、

 

「前〃年度は沢山貰っていたようですけど、前年の収入はほんとうにこれだけしかありませんか?」

 

と聞かれました。

 

ちょっとショッキングな質問でしたが、昨年59歳で定年退職して厚生年金も支給されておらず、僅かな企業年金しかもらっていないのでそれは事実なので仕方ありません。

 

ざっと計算すると、これまで月額5万円近かった保険料は月額換算で2万円以下になりそうです。

 

正確な通知は6月になったらもらえるそうですが、どちらにしてもかなりの支出減になりそうです。

 

 

それに気を良くした私は、帰りに街をちょっとだけブラブラ。

 

現役時代のかなりの期間、そこをスーツを着てネクタイを締めて通ったことを思い出すと、やはり気分は爽快です。

 

 

帰りは、家で待っている愛犬のことが心配になって電車で帰りました。

 

ここ数日、便が柔らかくて気がかりなんです。

 

丁度、ワンコ友達が娘のカフェに来てくれていていましたが、ちょっと世間話をしてすぐ上に上がりました。

 

愛犬は、私に飛びついて喜んでくれました。

 

 

かみさんも娘もいない家に一人で帰っても、愛犬が大歓迎してくれるのでちっとも寂しくなんかありません。

 

 

昨夜は次回のライブのホームページでの告知やフォームメールの設定などやり終えたし、ブログを書き終えたらしばし愛犬と戯れながら一休みしようと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

交通マナーの悪い人は他人からアホだと軽蔑されていますよ

  • 2017.02.17 Friday
  • 09:45

昨夜は学区内の交通安全パトロール。

 

黄色のベストと帽子を着けてコミュニテイーセンターに20分前に到着すると、既に同じ様な格好をした多くの人が集まっていました。

 

私の町内からは、先日一緒にお茶をした大金持ちのおじいさん。

 

数年前に県の長者番付でトップになったことのある人ですが、皆同じ格好をしているので大金持ちには見えません。

 

 

総勢で50人ほどの学区内の交通指導委員に地元警察署と役所の人、それに市会議員まで来ていました。

 

パトロールの簡単な説明に加えて、最近増えている還付金詐欺への注意喚起と、市内の交通死亡事故が前年に比べて5倍に増えているのでより一層の交通安全に尽力してほしいとの説明が警察官と役人からありました。

 

役人のうち一人は、私が街頭立哨に立っていると、いつも自転車で見回りに来て「ご苦労様です」と挨拶してくれる人でした。

 

 

その後は3班に分かれ、警察官に誘導されて学区内をパトロール。

 

危ない個所などをチェックして指摘して欲しいとのことだったので、私はすぐ近所の一旦停止場所二か所を指摘。

 

3割ぐらいのクルマ、特に女性ドライバーが一時停止をせずに突っ込んでいくところです。

 

自転車がやはり一時停止せずに交差点を突っ切ることが多いのでその内必ず事故が起きそうです。

 

ちょっと頼りなさげな警官でしたが、そのうちその場所で取り締まりがされるかもしれませんので、ご近所の方はご留意を!

 

 

パトロール終了後に再度コミュニテイーセンターに集まってミーティング。

 

といってもみんな要領を得たもので、あっという間に終了。

 

参加者には災害時用のお水と図書カードが配られました。

 

ひな壇を見ていると、市会議員も警官も一度は受け取りを辞退したもののしっかりと受け取っています。

 

公務なので違法だろうけど、500円の図書カードだからまあ良いか。

 

 

初めて会った人が殆どだったけど、皆さんはとってもフランクな人ばかり。

 

1カ月に1度、早朝からボランティアで立哨活動をしている人達だから悪い人なんているはずがありません。

 

そんな人達が言っていたのが、

 

「信号無視する人が沢山いるけど注意しても言うことを聞かないし、逆切れしてくる人も沢山いる」

 

ということ。

 

だから、立哨の姿を見てもらって安全意識を少しでも持ってもらうことを願って、注意なんかせずに黙って立っているだけにしているそうです。

 

 

昨年から立哨に参加している私ですが、本当にマナーが悪いアホが世の中には沢山います。

 

一時停止しない人、スマホを見ながら自動車・自転車を運転している人、よちよち歩きしている老人の横を徐行せずに突っ走っていく人、横断歩道に人がいても無視して止まらない人。

 

きっと自分では、大丈夫だと思っているに違いありませんが、そのうちの何パーセントかの人は必ずその内に事故ります。

 

このブログを読んでいる人の中にも、きっとそんな人がいるはず。

 

私自身も高速道路でスピード違反をして赤切符を切られ数年前からゴールド免許ではないので人のことは言えないけど、生活道路では子供や老人などの交通弱者だけには優しくしてあげて欲しい。

 

悲惨な交通事故を無くそうと頑張っている人達もいるのですから、たまたまこのブログにお立ち寄りくださった方には是非とも交通安全に努めてもらいたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

キレる老人。一日5回はキレる私

  • 2017.02.15 Wednesday
  • 15:02

下痢をした愛犬のことが心配で、この二日間は殆ど家に籠りっきり。

 

昨夜の愛犬は比較的食欲もあったのでサツマイモのフードを与えましたが嘔吐してしまいました。

 

吐いてしまったのでほとんど絶食状態だったためか、ウンチも出ません。

 

 

治らなければ動物病院に連れて行こうと思っていましたが、今朝は元気にボール遊びを迫ります。

 

少量のフードに下痢止めのお薬を入れて与えると、お腹が空いていたのかあっという間に平らげてくれました。

 

外を見るとお日様が照っているので、ちょっとだけお散歩に連れていくと途中で固いウンチ。

 

少し安心しましたが、前回獣医さんに指示された通り、しばらくの間は少量の食事を4-5回に分けて与えるようにしようと思います。

 

 

昨夕は久しぶりに三井住友銀行の営業さんが家に。

 

かみさんと娘は何度か会っていたようですが、私は今年初めて。

 

何の用事かと思ったら、昨年かみさんが買ったREITのファンドが値を下げていることを謝りに来たそうです。

 

もともと、損失することも十分覚悟の上。

 

あまりにも頻繁に営業に来てくれる熱意に少しは応えてあげようと買った投信です。

 

私は、長々とした言い訳は要らないからとさえぎって世間話。

 

でも、きっとキレるお客さんも沢山いるんでしょうね。

 

 

ところでこのところ、高齢者の犯罪が増えているそうです。

 

 

 

高齢者の人口が20年前に比べて2.2倍に増えているので、絶対件数が増えるのは当然ですが、それ以上に増えています。

 

件数としては万引きなどの窃盗犯が一番多いのですが、殺人、強盗、暴行、傷害が大幅に増えているのが目につきます。

 

 

 

評論家によれば、増加の原因は

 

1.認知症等の脳機能の老化、障がいによるもの

 

2.社会からの疎外感からくるもの

 

3.団塊の世代が、会社組織から解放されてタガが外れたことによるもの

 

だそうです。

 

 

いずれももっともらしい分析の様に思われますが、本当にそうでしょうか。

 

私には、貧困化が一番影響しているように思えるんです。

 

万引きなどの窃盗はお金があればわざわざやる様なことではないはずだし、お金があれば多少のことにイラついて暴行してしまうことなんてありません。

 

現役時代に社畜となって働き続けたにも拘らず、上の世代と比べて年金支給開始年齢が先延ばしされて、金額も減少。

 

バブル崩壊以降失われた20年で資産運用もままならず、安心して第二の人生も楽しめない。

 

そんな老人達が犯罪を起こしてしまうんじゃないのかと思うんです。

 

80歳以上の老人達は、高金利だった定年前後にそれなりの資産運用ができていたでしょうし、老人医療が無料だった時期を長く過ごしてきたので、そこそこ豊かな暮らしが送れているのに、それ以降の世代は80歳以上の世代と比べて相対的に貧困化しているんではないかと思うんです。

 

これはあくまでも私の直感だけで、様々な数字を計数的に分析したものではもちろんありません。

 

でも、私よりちょっと上の世代(60-70歳)の人は一様に、自分達より上の世代は年金も良かったしラッキーだったと嘆きますから、概ね当たっているのではないかと思います。

 

 

昨日は娘のカフェに町内会長夫人が高齢の男性を伴ってお茶をしに来てくれていました。

 

彼女が手を振って私を招くのでしばし3人で談笑しました。

 

男性は数年前に県の長者番付でトップだったそうです。

 

彼の会社は現在も後継者によって引き継がれているそうですが、彼自身も近所に沢山の不動産を持ち、その所得も沢山あって、かつ自分の趣味の模型造りの為に専用のマンションも持っているそうです。

 

数年前に倒れて脳に傷が出来て少しボケが出てきているという彼ですが、至って温厚。

 

流石に上流老人は風格が違いますね。

 

 

かろうじて中流の私も定年後は滅多にキレることはなくなりましたが、冬になってから毎日5回ぐらいは一人でキレています。

 

理由は、トイレで中々一物が取り出せないこと。

 

ユニクロで買ったのズボン下(ステテコ)の下のパンツが前開きでない場合は、なかなか取り出せないんです。

 

あるはずの穴がなかったり、穴の位置を探り出せなかったり。

 

さらに、股上のみじかいGパンを履いていると更に事態は深刻です。

 

ギリギリまで我慢していた時等は最悪で、「誰だ、こんなパンツを作った奴は!」とトイレの中で一人ギレ。

 

 

こんなことも上流になれば無くなるんでしょうか。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

コンビニのバイト

  • 2017.02.08 Wednesday
  • 00:48

娘のカフェの新人バイトのAさん。

 

勤務二日目の今日のカフェのランチタイムは、最近にない大繁盛。

 

とっても頭も良くて笑顔も素敵なAさんのおかげで、なんとか大混雑を乗り切ったようです。

 

そんな状況になっているとは露知らない私が2時過ぎに外出から帰ってくると、娘もAさんも疲れて茫然とした表情をしているので何事かと思ったら、とんでもない数のお客さんが来ていたとのこと。

 

娘はその後疲労困憊で居室でしばらく休んでいました。

 

かみさんは、いい子に来てもらって助かったと言っていました。

 

 

実は数日前、前のバイトの子から突然体調を崩して当面出勤することができないとの連絡。

 

カフェは娘とバイトの子、そして手芸教室がメイン業務のかみさんのお手伝いでなんとか回している状態。

 

バイトの子に休まれると大変なことになってしまいますが、前の子は突発で休むことが多く、それも約束の欠勤連絡の時間を大幅に過ぎてからメールしてくることも多くて困っていたんです。

 

仕方なく営業時間を短縮したり臨時休業することも何度かあって、お客さんの信頼を失くしてしまいそうでした。

 

たまたま別件で知り合ったAさんがバイトを探していて、そして快く引き受けてもらっていなければ当面閉店しなければならないところでした。

 

 

 

どこかのコンビニでバイトをしている女子生徒が体調不良を理由に休んで代わりの子を手配できず、店主から給料から罰金を天引きされたという話がありました。

 

罰金を給与天引きすると言うのは完全にコンビに側の法律違反でやってはならないことですが、バイトの方も「バイトだから」と気軽に休んだりするのは如何なものかと思います。

 

社員だろうがバイトだろうが、お仕事なのですから同じように責任感を持って臨むべきです。

 

コンビニのフランチャイズビジネスをやっている人は、おそらく脱サラか定年退職後にコンビニを始めたのでしょうが、それなりの金額を投資して必死になって頑張っていたはず。

 

競争が厳しいコンビニ業界では、フランチャイジーは常に倒産というリスクを負っています。

 

既存店の4-5%が毎年廃業しているのですから、店舗や本部との契約に老後資金をつぎ込んで第二の人生と考えている場合は、老後破産というリスクを抱えている訳です。

 

規模にもよりますが、小規模店舗ならバイトに休まれるとなんともならない状況になって困り果てていたに違いありません。

 

 

こうしたニュースは経営側と雇用者という対立構造で捉えられることが多いけど、コンビニ程度の規模だと、「サラリーマンに毛の生えたような個人事業主」と「バイト」という関係のはず。

 

そこには本来ならもっと人間的なコミュニケーションがあるべきです。

 

それがあれば、コンビニ側も罰金を給与天引きするなんてことはしなかったと思うし、バイト側も安易に突発で休むと言うこともなかったはずだと思います。

 

 

娘は、これまでバイトの子には姉妹の様に接して、人生相談にも乗ってあげたり、他のカフェの相場よりずいぶん高い時給を支払っていたので、やはりこうして突発的に休まれたり辞められたりするのは内心辛いと思います。

 

そんな娘をそばで見ている私には、そのコンビニ事件を報道するメディア側の突っ込みが足りないのではないかと感じるのです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

町内のコミュニケーションとイオン

  • 2017.02.05 Sunday
  • 19:03

今朝は町内の公園の清掃&役員ミーティングの日。

 

かみさんから、“清掃は9時からだけど、雨が降っていたら9時半から役員会だけ”と念を押されていました。

 

そして、外を見ると雨。

 

なので9時25分ぐらいに公園内にある集会室に入ると、いつも20人近くいるはずなのに4人だけ。

 

会長さんと副会長さん、会計さん、監査担当さんだけでした。

 

「ミーティングは終わったけどあなたが来るのをお待ちしておりましたよ。」

 

「雨の日は清掃を止めて、役員会を9時からですよ」

 

と言われてしまいました。

 

完全にかみさんの言ったことが間違いだった訳ですが、かみさんに文句を言っても「あんたが役員なんだから自分でしっかり確認しておくべきでしょ」と言われるに決まっています。

 

集会室ではしばし男だけの井戸端会議。

 

その内二人は先日うちで開催したライブに参加されていて、いろいろと注文をつけられました。

 

「あんな満員だと窮屈で仕方がないよ。予約のない人は断ったら良いけど、そうもいかないよなあ」

 

「食べ物なんか出す必要ないからテーブルなんて要らないよ。そうすればもっと大勢でゆったりと座れるから」

 

「食べ物を出さなくても十分に安い料金なんだから、そのままの料金にして浮いた費用を奏者さん達のフィーに還元してあげなよ」

 

等など。

 

ライブに来なかった方は、その話を聞いて、

 

「面白そうだな。次は行ってみようかな」

 

と言ってくれました。

 

 

暖房のない集会室で30分程おしゃべりした後、会長さんと家に向かっていると、今度は喫茶店に誘われました。

 

話題はこの間聞いた、町内で孤独死された方のこと。

 

死後二カ月も経っていたそうで、警察から何度も調査が入ったりして会長さんとしても大変だったそうです。

 

そして会長さんは、

 

「ピンピンコロリも良いけど、自分の母親はせめて2-3日だけでも看病したかった」

 

と言います。

 

80歳だったお母さんは旅行中に突然不調を訴えてそのまま現地の病院で亡くなってしまい、自宅にいた会長さんは全く看病もできなかったのが凄く心残りなのだそうです。

 

私の父は1年間ベッドの上で苦しんだので、ピンピンコロリが良かったのではと思っていましたが、そう思わない人もいるんだなあと思いました。

 

 

3歳ごろからこの町内に住んでいる会長さんは、この一帯は昔は小さな事業をしている人ばかりで、その為か町内のコミュニケーションは今よりずっと良かったと言います。

 

今は不動産収入で食べているご近所さん達も、その昔はこの地で工場をやっていたそうです。

 

それが産業構造の変化とドンドン高層マンションが立ち並ぶようになって、街の様相がすっかり変わってしまったと言います。

 

そしてマンションに住む人たちは町内会の行事に出ることも無く、コミュニケーションが次第に失われていったそうです。

 

 

そう考えると、大企業に生産が集約されて輸出型の産業だけが栄えるようになって、小さな地元の工場や商店が廃れてしまったことが地域のコミュニケーションを少なくしてしまったのかもしれません。

 

 

それでもこの町内はそんな会長さんの人柄のおかげで、私がこれまで住んだどの街よりもコミュニケーションが良いところ。

 

まだまだ新入りの私も、もっともっと町内に溶け込もうと思いました。

 

 

午後からはかみさんがイオンに行きたいと言うので運転手。

 

雨だとイオンは流行るみたいで超混雑。

 

私達は串揚げ屋さんで食事して、百均とユニクロでお買い物。

 

私は人生3枚目のジーパンを買いましたが、試着、裾上げ、支払い、受取と流れる様な仕組み。

 

どこも丁寧な接客だし効率的な運営がなされているけど、会長さんのお話を聞かされたばかりの私はちょっと複雑な気持ちでした。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM