信頼できる医師を見極める方法

  • 2019.02.12 Tuesday
  • 18:19

池江璃花子さんに白血病が発見されたとの衝撃的なニュース。

 

まだ18歳だし、五輪の金メダル最有力候補なのにショックです。

 

ただ、白血病は助からない病だと一般的には思われている様だけど、以前仕事で話したことのある遺伝子医学&血液腫瘍学の権威と称される医師によれば、抗癌剤が効きづらい固形癌と違って、血液癌は抗癌剤がかなり有効なのだそう。

 

人によってDNAが異なるから癌細胞も人によって異なるので、細胞にきちっと填まる薬がなかなか見つからないのだけど、血液癌の場合は比較的人による差異が少ないからだそう。

 

白血病で亡くなった芸能人の例などを知っている人には池江さんの容態を悲観的に考える人も多いかもしれないけど、私は彼女の体力や明るい性格もあるから必ずや完治して戻って来てくれるものと信じています。

 

 

今日は月に一度の糖尿病検診日。

 

もちろん町内会長さんも一緒にお連れしました。

 

私は「大豆ファースト」の効果がどう出るのかがとっても楽しみ。

 

だけど、会長さんはインフルエンザが治った後も2週間も声枯れが治らず、運動もあまりできなかったそうで自信なさげ。

 

 

最初は血圧測定。

 

私は過去最低の上117、下が73。

 

看護師さんも「凄いね」と言ってくれました。

 

この辺りで、HbA1cの改善にも期待が高まります。

 

でも結果は先月と同じ6.7。

 

ただ、主治医は他の患者さんがことごとく数値が悪化する2月で先月の状態を維持しているのは立派だと言ってくれました。

 

一緒に行った会長さんも先月より0.1悪化の7.5だったから、糖尿病患者にとって2月は鬼門だと言うのはその通りなのでしょう。

 

 

私が結構好きなものを好きなだけ食べていたのに悪化しなかったのは、やはり大豆ファーストの効果なのでしょうか・

 

主治医によれば、食事前にたんぱく質を摂るとGLP-1 というホルモンがインスリンの出を促し、そして血糖値が下がればGLP-1は速やかに活動しなくなるのと、食物繊維が糖質の吸収を遅らせている為なのだろうとのこと。

 

「ハーパーの生化学には、たんぱく質を摂るとGLP-1が出るなんて書いてなかったですよ」

 

と聞くと、発見されたのはまだ10年ほど前なので、古いハーパーにはその記述はないのだろうとのこと。

 

なるほど、DPP4阻害薬などのインクレチン関連薬が発売されたのは10年程前のことだから、その頃と今では生化学の内容も進化しているんだろうと思いました。

 

考えてみればGLP-1を出すインクレチン関連薬もある訳だから、その作用のある大豆は良いに決まっています。

 

主治医からはこれからも大豆を摂ってくださいねと言ってくれました。

 

なお、ヨーグルトも大豆と同じ様な効果があるそうです。

 

 

クリニックを出た後、声が出ない会長さんをそのまま私立の大病院の耳鼻咽喉科にお連れすることにしました。

 

そこの医師は旧帝大附属病院の医師と講師を兼ねていて、私立病院の勤務は月曜と火曜だけ。

 

病院で会長さんを降ろして私は家に帰りました。

 

 

良性の耳下腺腫瘍の経過観察で半年に一回毎にその大病院の医師に掛かっている私は、能面で愛想が悪いけど極めて正確な診断をしてくれるその医師を信頼しています。

 

そこの看護師さんからも、とっても優秀な先生だし、もし手術が必要になってもすぐに旧帝大の大学病院でも診てもらえるから安心ですよと言われています。

 

会長さんは、近所の内科に行って診てもらったら、喉に内視鏡を入れられて「炎症がありますねえ」と言われて消炎剤を出されただけだそう。

 

如何にもテキトーでどこにでもいそうなやぶ医者。

 

2週間も症状が継続しているのに、血液検査もレントゲン検査もしないって良いのかなあと思ってしまいます。

 

単なる炎症なら良いのですが2週間も治まらないとのことだから、最悪咽頭がんの可能性もあります。

 

夜になってかみさんが会長さんの奥さんに連絡を入れると、会長さんはレントゲンを撮られて更に来週内視鏡検査を受けることになったそうです。

 

ひょっとして、私の耳下腺腫瘍の時と同じように、内視鏡検査は設備の整った大学病院で受けることになったのかもしれません。

 

 

なるべくなら病院にはお世話になりたくないけど、どうせ掛るなら優秀な医師に掛りたいもの。

 

医師の国家試験を通った後はほとんど勉強もしない医師も沢山いる訳だから、自分でもある程度の医学知識を身に着けて信頼できる医師かどうかを見極めることが出来なければなりません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

大豆ファースト

  • 2019.02.08 Friday
  • 11:40

昨日はちょっと遠くのドッグカフェまでお散歩。

 

私はダウンジャケットを着て行ったのですが、暑いくらい。

 

沢山歩くと汗が出て来ます。

 

IMG_0730.PNG

 

iPhoneの万歩計では8600歩強だけど、家にいる時は身に着けていないので、普通の携帯用の万歩計なら1万歩はこえているはずです。

 

愛犬達は途中沢山の人に話しかけられながら頑張って歩いてくれました。

 

その代わり家に帰るとバタンキュー。

 

IMG_0724.JPG
 

サンちゃんの足はドロドロに汚れてしまったけど、こんな姿もとっても可愛い。

 

 

ところで、大豆を摂るようになってから劇的にHbA1cが改善した私。

 

大豆との因果関係を示すエビデンスは見つからなかったけど、昨日の羽鳥慎一モーニングショーで大豆が隠れ高血糖に有効だとの解説をしていました。

 

曰く、大豆の繊維質が糖の吸収を穏やかにしていて、たんぱく質がインスリンの分泌を促しているとのこと。

 

ハーパーの生化学(医学生向けの教科書)を読んでも、たんぱく質がインスリンの分泌を促すということは書いてなかったし、繊維質が糖の吸収を穏やかにするというのも私の体験からはちょっと考え難い。

 

糖質制限食をしていた頃、自分で血糖測定器を買っていろいろと試していたことがあるんですが、食事の際に野菜を先にしても後にしても殆ど差異がなかったからです。

 

だから大豆が糖尿病に良いという説にはいまだに懐疑的ではあるんですが、なにしろ僅か1か月でA1cが0.3も改善したんだから、騙されたと思って毎食前の大豆摂取は続けているんです。

 

モーニングショーに出ていた医師によれば、食事前に大豆を摂るのを「大豆ファースト」と命名したらしい。

 

 

昨夕はスシローに行ったのだけど、行く前に大豆をいただきました。

 

昨日のスシローは蟹が売りだったけど、その他のものも美味しくて沢山いただいてしまいました。

 

お代は、なんと回転寿司なのに二人で4800円弱。

 

食べ過ぎですね。

 

ちょっと反省。

 

 

大豆ファーストを信じて食事のコントロールがいい加減になってはいけません。

 

やっぱり糖質を抑えることと適度な運動が一番です。

 

 

とそんなことを思っていたら、かみさんが、

 

「今日もソフトバンクの特典で吉野家で牛丼が一杯ただでもらえる」

 

と言い出しました。

 

もう一杯買えば、それで昼食には事足ります。

 

 

この前久しぶりに牛丼をいただいたらそれなりに美味しかったのでその話に乗ってしまいました。

 

やっぱり「大豆ファースト」を信じてみるしかないですね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

大豆が糖尿病改善に効くというエビデンスが見つからない

  • 2019.01.17 Thursday
  • 00:25

昨日の糖尿病検診で僅か1か月で0.3も大幅に改善したHbA1c。

 

変化点は大豆を毎食摂るようになったことぐらいしかなく、やはりその影響なのかなあと思ってネットで調べてみたけど、大豆が明らかに血糖値改善に寄与するというエビデンスはなかなか見つかりません。

 

敢えてあげるとすると↓ぐらい。

http://www.fujifoundation.or.jp/report/pdf/034/34_20.pdf

 

素人向けの情報、つまり根拠を示さずにただ「良い」と言っている程度のものは沢山あるけど、私はエビデンスのない記事は基本的に信用しません。

 

まあ、私の数値に驚いた主治医が沢山の医学論文を探して読んでくれているだろうから、来月の検診日までにそれを楽しみにしておくことにしようと思います。

 

 

ところで今日もとんでもなく寒かったですね。

 

お日様が出ているから大丈夫だろうと薄目のダウンで愛犬達と一緒にお散歩に出掛けましたが、近所の薬局への往復だけで身体が凍えてしまいました。

 

それでも愛犬達は寒い中でも元気です。まだ若いからでしょうか。

 

 

夕方はヴォーカル教室へ。

 

ビートルズの夢の人は、ポールお得意の早口言葉があちこちにあって苦労しています。

 

今日は、口を開いて顎を固定したまま「ララララ」と舌を上下に動かす練習。

 

これが難しい。

 

どうしても顎が動いてしまうんです。

 

先生からは「舌が固いから早口言葉ができないのです」と言われました。

 

ギターの方はこの曲はもう完成したけど、ヴォーカルの方は3月の発表会までこの曲が続きそうです。

 

ヴォーカル教室の帰り道は、日が暮れていたということもあってとっても寒かった。

 

 

寒い夜は愛犬達と一緒のベッドが暖かい。

 

だからかみさんとは愛犬達の取り合いになります。

 

最近は夜中に一度はトイレに起きてしまう私ですが、一緒に寝ていてくれていたはずの愛犬達はその間にかみさんのベッドに移動。

 

それでも私が寝室に戻ると、二匹とも私のベッドに潜り込んで来てくれます。

 

とってもあったかです。

 

ただ、キュート君はしばらくしたら暑くなるのか床に置いてある自分のベッドに戻り、寒くなるとまた私のベッドに戻ってきます。

 

その時に、鼻で私の顔をちょんちょんとつついて布団をめくって欲しいと要求するんです。

 

その度に起こされるので大変だけど、私が起きるまでそっと鼻を私にこすり続ける姿がとってもいじらしい。

 

そして朝は、私が起きると一緒に寝室を出てリビングに。

 

すぐにシートでおしっこする姿がまた可愛い。

 

そしてダイニングの椅子に座る私の膝の上に二匹一緒に乗っかってきて顔を埋めてくれます。

 

暖かいし、可愛いし、お利口さんだし、二匹とも仲が良いし、ほんとうに嬉しい。

 

私のHbA1cが改善したのは、大豆のせいではなくてそんな愛犬達に癒しをもらっている為なのかも。

 

金曜日はサンちゃんだけトリミングを予約してあるけど、また二人とも寂しがるんだろうな。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

糖尿病に大豆効果テキメンか?

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 17:56

今日は月一度の糖尿病検診日。

 

きっと数値は大幅に悪化しているだろうと覚悟していました。

 

だって、寒いのを理由に愛犬達とのお散歩もサボりがちだったし、お正月は好きなお餅も沢山食べたし、何度も外食もしたし、娘が懸賞で当ててくれたミスドやケーキも沢山いただいたからです。

 

昨日も近所のフレンチでランチ。

 

たまたま愛犬達とお散歩に出ると、普段予約で満席のお店がなんと席があると言います。

 

予約も滅多に取れないお店なので、寒い中のテラス席だけど嬉しくなって入ることにしました。

 

お肉と魚だけなら血糖値に影響はありませんが、ソースが美味しかったのでそれをつけて食べるパンのお代わりをいただいたし、付け合わせのマッシュポテト(血糖値をあげる最強の食材)も完食。

 

IMG_0607.JPG

 

それでも愛犬達も楽しそうだし、お料理も美味しいし、顔なじみのシェフもご機嫌だからまあ良いかあと開き直りました。

 

IMG_0606.JPG

 

IMG_0605.JPG

 

 

そして糖尿病検査日当日の今日。

 

先日の町内の役員会で一緒に行くと言っていた80歳のおばあさんは結局行かないと連絡を頂いていたので、一緒に行ったのはいつもの町内会長さんだけ。

 

会長さんは先月数値が大幅に悪化したので、この1か月はそれなりに頑張ったそうだけど、やはり心配顔。

 

私も7.0が7.3ぐらいには悪化しているだろうと覚悟していました。

 

 

ところが、私のHbA1cの結果はなんと0.3改善の6.7。

 

もちろん正常高値の6.2にはまだまだだけど、1か月の改善幅としてはここ数年経験したことのないもの。

 

その要因として考えられるのが、この1カ月以上続けている毎食前の大豆の摂取。

 

医師にそれを伝えると、

 

「大豆のイソフラボンの効果もあるだろうけど、そうやって食事に気を配ることになったことの方が貢献しているのでは」

 

とのこと。

 

だけど、大豆を摂ること以外は普段よりかなり不摂生をしていて、思い当たるのは大豆の摂取を始めたことのみ。

 

だから、おそらく大豆のおかげだろうと思いますが、大豆が糖尿病に効くなんていうエビデンスなんか聞いたことがないから、もう少し検証が必要だろうと思います。

 

それと中指だけが真っ白になるレイノー症についてですが、主治医によれば、

 

「寒い時に身体が内臓や脳を守るために、熱を奪う指先への血流を止めているための生体防御反応だから、心配する必要はありません。その反応が過剰なだけです。ひどくなると指が壊死することもありますが、それほど重度でなければ指をさすって血流を送れば大丈夫です」

 

とのことでした。

 

勉強熱心な主治医のことだから、きっとあちこちの論文を検索して調べてくれたんだと思います。

 

先月膠原病の検査もして大丈夫だったし、レイノー症が発症する機序を知れば安心です。

 

 

なお、会長さんの方は、先月より0.2改善の7.4.

 

だけど、先々月は7.3まで下がっていたし、脳梗塞や心筋梗塞のリスクがあると言われる6.8には程遠い。

 

そして会長さんは私の数値を聞いてがっくり。

 

同病相哀れむと言いますが、同じ病気の人が改善して自分が改善していないとショックなものです。

 

 

気分が良くなった私は、帰宅してから愛犬達をお散歩に連れて行ってから、お昼にお餅を二ついただきました。

 

それからサンちゃんをお風呂に入れてやりました。

 

そしてかみさんが仕事を終えて帰って来てから、

 

「やっぱりかなり悪くなって・・・」

 

と脅してやろうと思いましたが、

 

「いなかったんでしょ」

 

と言われてしまいました。

 

私がお風呂に入っている間に、検査結果の紙を見てしまったんだそうです。

 

先日も膠原病の検査結果の件で引っ掛からなかったし、面白くありません。

 

今夜の夕食は、我が家の定番の常夜鍋。

 

豚バラスライスとほうれん草だけのシンプル鍋ですが、身体が温まるし豚の甘い油がほうれん草ととっても合います。

 

今日届いたばかりの美味しいうどんもあるので、今日は粉ものも罪悪感を持たずにいただくことにします。

 

もちろん大豆もいただきます。

 

でも過信は禁物ですね。

 

正常高値の6.2までは、あと0.5もあるんですから。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

レイノー症

  • 2019.01.10 Thursday
  • 23:10

今日は交通安全立哨当番。

 

とんでもなく寒いので、ユニクロのパジャマの上にシャツとセーターを着て、さらにダウンジャケットに交通安全と書かれた黄色のベストを着けて行きました。

 

そして先日買った厚手の布製の手袋をつけて、その中にホッカイロを入れました。

 

もともと寒がりではないのですが、つい先日から発症したレイノー症が心配だからです。

 

↓が発症した時の写真。

 

IMG_0594(1).JPG

 

主治医に診てもらって血液検査してもらった結果では、その原因として考えられる膠原病ではなかったのは良いけど、それ以外の原発性のレイノー症は原因が不明で有効な治療方法も無く、とにかく指が冷たくならないようにしておかねばならないとのこと。

 

準備万端だったはずですが、それでも外に出ると中指だけがすぐに真っ白になってしまいました。

 

なので手袋の中で指を抜いてホッカイロで温め続けました。

 

血流を改善するためにギュギュと指を動かしました。

 

10分ほどするといつもの赤みを帯びた指に戻っていましたが、こうして頻繁に発症を繰り返すのは良くないみたいですね。

 

 

立哨の途中で、市役所の人が回って来てご挨拶。

 

向こうは仕事でやっているのだろうけど、それでも早朝から寒い中を大変ですね。

 

毎回立哨の日は同じことを書いているけど、本当に交通マナーの悪さには腹が立ちますね。

 

特に自転車が無茶苦茶。

 

そんなことをしていたら事故を起こす可能性が高いことを理解できないアホは、私達ボランティアが旗を持って立っているよりも、徹底的に取り締まって罰金を科した方が余程良い。

 

まあ、国家公務員法違反容疑濃厚な安倍にすら手を出せない司法には、そんなこともできないでしょうけどね。

 

 

家に帰ってお風呂に浸かるとぐったり。

 

外に出る気もしません。

 

なので、昨日買って来たおからを煮ました。

 

おからに人参と長ネギを入れて油とお砂糖(うちはラカント)、しょうゆで味付けしたおからは私の大好物。

 

小さい時によく祖母が作ってくれました。

 

定年してからは、その味を思い出して時々自分で作ります。

 

この2カ月ほど、糖尿病に良いと(高脂血症にも)いうことで食前に大豆を煮たものを30粒ずついただいているんですが、健康番組によれば一日100gの摂取が必要だとのこと。

 

大豆はとても甘くて美味しいのだけど、流石にそれだけで100gは無理。

 

なので納豆もいただく様にしているのですが、おからも一緒に頂けば必要量の100g(本当かどうかは分からないけど)は簡単に取れそうです。

 

そして安くて美味しい。

 

ついでに圧力鍋で煮豚も作りました。

 

皮付きのバラ肉なので、絶対に美味しいはずです。

 

今日の夕食は、その煮豚とおからとマグロのお刺身とトン汁。

 

もちろん、煮た大豆もいただきました。

 

とっても美味しかった。

 

 

ところで、先日フィーバーしたpaypay。

 

20%ポイント還元に釣られて私もかみさんも沢山お買い物をしていまいましたが、ようやくそのポイントが残高にチャージされました。

 

20%還元しか当たらなかった私は50500円。

 

IMG_0595.PNG

 

洗濯機を買って無料になったかみさんは203000円弱の残高になりました。

 

ただし、現在はpaypayが使える店舗は家電量販店以外では僅か。

 

なので、かみさんは銀行口座に振り込んでもらうと言っています。

 

私はファミマでアイコスを買うのに使おうと思います。

 

金額的には大したことは無いし、そもそもポイントを得るためにその5倍の金額を使っているのだけど、なんだか嬉しい。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

私の「即入院」という言葉に続いたかみさんの言葉

  • 2018.12.18 Tuesday
  • 13:31

今朝は歯科医と内科医の病院巡り。

 

ちょっと昔に、病院が老人達の憩いの場になっていると問題になったことがあったけど、62歳になった今の私もそんな感じかもしれません。

 

まず歯科医。

 

右上奥歯ですが、今日は血膿もほとんど出ずにまず順調。

 

歯周ポケットが8ミリあった右上前歯も6ミリにまで改善していました。

 

ただし、いまだに抜歯寸前の重傷であることには変わりありません。

 

歯科衛生士さんからも、油断せずにこれからもしっかりとお手入れをして下さいねと念を押されました。

 

 

そして次はいよいよ内科。

 

先日右手中指が真っ白になってレイノー症の疑いがあって、その原因が膠原病の為かもと言われて採血した結果を聞きに行きました。

 

検査結果は全く異状なし。

 

指が一本だけ真っ白になって痺れた原因は不明だけど、とりあえず膠原病ではないと分かって一安心。

 

ちなみにこの3〜4日は一度もその兆候がありません。

 

そして先回の検査データで、リパーゼが正常高値の2倍ぐらいになっていたのでそれを尋ねると、糖尿病薬のカナリアを飲んでいる人は皆その数値が高くなるんだそう。

 

ネットで調べると、リパーゼが高い場合はすい臓がんとか膵炎の可能性が高いので心配していましたが、医師は即座にそう答えてくれました。

 

そんな人の中で実際に膵炎を発症した人は一人だけで、それも以前膵炎に罹ったことのある人だったそうです。

 

主治医は自分自身でそうしたデータをデータベース化しており、この件についても先日学会で発表してきたばかりだそう。

 

他の人の書いた論文ではなく、自分自身でデータを取っているのは凄い。

 

主治医曰く、他の人の論文は医薬品メーカーの意図が入っているなど信じられないものもあるので、必ず自分自身でデータを取って分析しているんだそうです。

 

50近くになっても勉強好きな医師なんて滅多にいないと思うけど、そう言う意味でも優秀な医師に出会えてラッキーでした。

 

 

実は一昨日クルマを契約した時はこんな思いもあったんです。

 

・私が死んだら、かみさんは狭い駐車場に自分で入れられないだろうから、新型Cクラスの完全自動パーキング機能は必須だな

 

・自分としてはEクラスが良いんだけど、かなりでかくなるからかみさんが乗るならCクラスが限界だろうなあ

 

・C43AMGは魅力だけど、パワーがあり過ぎてかみさんには運転はむりだろうなあ

 

そんな訳で、今と同じCクラスにしたんです。

 

その話を要約してやはりクルマが趣味の主治医に言うと、

 

「旦那さんにそこまで考えてもらうなんて奥さんは幸せですね」

 

と言われました。

 

 

家に帰って、かみさんにどうだったかと聞かれた私は、

 

「即入院・・・・」

 

と答えましたが、かみさんはそんな私の言うことを見透かしていて、笑顔で「しなくて良いんだよね」と続けます。

 

 

まあ、今回はなんともなかったけどいずれは死に至る病に侵されるのが人間の宿命。

 

一日一日を大事に生きたいものです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

癌死を覚悟してから早5年が経過

  • 2018.12.03 Monday
  • 21:09

今日は大きな総合病院へ。

 

半年に一度の耳下腺腫瘍の経過観察です。

 

もう腫瘍が発見されてから5年くらいになるでしょうか。

 

最初は癌宣告、そして癌死も覚悟したのですが、MRI、CT検査、更に細胞診の結果ではワルチン腫瘍と言う良性のもの。

 

それでも頭頚部外科の医師曰く、細胞診はあくまでも腫瘍の一部を右代表で取ったものだから、他の細胞に悪性のものがあるかもしれないので、基本は手術で全摘だといわれました。

 

糖尿病の主治医に相談すると、手術をすれば場所が場所だけに顔面麻痺や言語障害が残るリスクもあるので、悪性では無ければ手術を避けて経過観察した方が良いんじゃないかとの意見。

 

私自身も全身麻酔で人工呼吸器を入れられて万が一にも手術死するのが怖くて手術を回避。

 

頭頚部外科の医師も、最初は2カ月に一度の経過観察に来ることを条件に手術回避に同意してくれました。

 

2年目からは半年に1度の経過観察になりましたが、いつ腫瘍が悪性になるかもしれないと脅されているので、経過観察に行く時もドキドキです。

 

旧帝大の講師も務めている医師は、いつも念入りに首を触診して、口の中を覗いて検査してくれます。

 

幸いにも、今日も進行していないとのことで安心しました。

 

 

病院への往路はかみさんにクルマで送ってもらいましたが、帰路は歩き。

 

3キロはありますが、帰り道にある皿うどん屋さんに寄るのが楽しみなので苦になりません。

 

でも、やはり愛犬達を連れたお散歩の方が楽しい。

 

一人で歩いていても誰にも話しかけられないけど、世界一ハンサムなキュート君と世界一可愛いサンちゃんと一緒だと必ず誰かに話しかけられるからです。

 

皿うどん屋さんは見つかりませんでした。

 

廃業したのか、私が場所を間違えたのか分かりません。

 

でも雨も降っていたのでうろついてお店を探すのはやめました。

 

その代わり百貨店に入って、何度か行ったとんかつ屋さんに入りました。

 

カツカレーをいただいた後はエスカレータで楽器店まで向かいましたが、中年の女性がエスカレータで私のすぐ一段後ろに乗って異常接近。

 

あまりにも異常接近されるので顔をチラ見したのですが、向こうは知らん顔。

 

それも何階もずっとだったので気持ちが悪かった。

 

たとえ、それが若くて美人さんでもやっぱり気持ちが悪いもんです。

 

皆さんもエスカレータで前の人に異常接近するのはやめましょう。

 

耳下腺腫瘍の経過観察に行ってなんともないと言われるとその日はずっと気分が良いのだけど、今日はそんな出来事ですっかり気分が悪くなってしまいました。

 

 

 

ところでこのところブログに毎日書いている保有株のこと。

 

金曜日はストップ安になって週明けの今日の動向が心配だったけど、前日比僅かなマイナスのみ。

 

前回の様に含み益が全部なくなってマイナスになることがなくて良かった。

 

近々になんらかのIRも出るだろうしそうなったらある程度株価も安定してくれることと期待しています。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

糖尿病性自律神経障害

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 22:57

今日は月1回の糖尿病検診日。

 

玄関に出ると既に一緒にお連れする町内会長さんが来ていました。

 

検診結果は、HbA1cが先月比0.2改善の6.9。

 

今日は血管年齢測定もしてもらいました。

 

結果は70歳と半年前より若干悪化。まあ横並びですね。

 

そしてその他のデータも揃って主治医に診てもらった結果は、糖尿病性の自律神経障害。

 

糖尿病患者に最初に現れる症状だそうですが、症状は多岐に渡るそう。

 

CVRRという数値が、60歳以上の健常者で2.8、糖尿病者で1.7以上なければならないのですが、私の数値は1.93。

 

糖尿病者としては最低ラインを少し上回っていますが、健常者と比べるとかなり低い。

 

自律神経障害はとっても複雑だそうだけど、私の場合の自覚症状は起立性低血圧。

 

ネットで医学論文を見ると突然死のリスクもあるそうだからちょっと心配です。

 

そして一番怖いのは立ちくらみがして転倒して頭を打つことだそうです。

 

立ちくらみがしたら、すぐに蹲ってフラフラが収まるまで、つまり脳に十分血液が行き渡るまでじっとしていることだそうです。

 

主治医によれば有効な治療法があまりなく、とにかくHbA1cを6以下に保つことだそう。

 

その状態を数年続ければ改善の可能性があるそうです。

 

定年後に健康診断を受けていなくて、時々立ちくらみの症状がある人は、是非糖尿病専門医にかかることをお勧めします。

 

 

そして、一緒に行った町内会長さんは、HbA1cが先月比0.2改善の7.3。

 

毎日歩いたり階段を上り下りしている成果が表れたようです。

 

それでも正常高値の6.2まではまだまだ。

 

お互いに頑張りましょうという話になりました。

 

 

そんなこととは別に、帰ってからは愛犬達を連れて公園までお散歩。

 

途中の薬局に処方箋を持って行って、そのまま公園に向かいました。

 

途中で若い女性達のグループが前方から来て、全員が大きな声で「キャー、なに!可愛い」と言ってくれました。

 

可愛いと言われるのはすっかり慣れっこですが、7〜8人のグループ全員に一斉に言われるとちょっとびっくりします。

 

公園の庭にはバラがポツポツと咲いていました。

 

IMG_0023(1).JPG

 

愛犬達はそんな花には無関心で、ひたすら公園内を歩き回ります。

 

IMG_0025(1).JPG

 

愛犬達との毎日のお散歩は私の血糖コントロールにも大いに役立ってくれています。

 

愛犬達がいなければ、毎日こうして歩くことなんてなかっただろうから、とっくに糖尿病が悪化して死んでいたかもしれません。

 

可愛い愛犬達には本当に感謝しなければなりませんね。

 

明日はヴォーカル教室はお休みなので、愛犬達に遠くまでお散歩に付き合ってもらおうと思っています。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

まともな歯科医は30軒に1軒もない

  • 2018.08.24 Friday
  • 22:59

今日は伝説の歯科衛生士さんのいる遠くの歯科医へ。

 

前回は、3本が末期だと言われて2回目の前回も血膿が沢山出たけど、今日は殆ど収まっていました。

 

それでも8个箸い状況は変わっていないので、あとはどれだけ自分で手入れができるかということだと言われました。

 

来週もう一度検査をして結果が良ければ、今度は日を開けて他の健康な歯もスケーリングするそうです。

 

これまでは健康な歯をいじると口腔内のばい菌によって悪影響が出る可能性があることと、体の免疫力を悪いところに集中させる必要があるので触れなかったそうですが、急性期を脱したので次の段階に入るとのことでした。

 

 

今日も治療時間は40分程掛かりました。

 

これまで行っていた歯科医は10分以下だったので4倍以上です。

 

歯科衛生士さんは、

 

「正直言えば、殆どの歯科医では予防歯科に真面目に取り組んでいないから、歯石を取ると言っても目に見える表面を機械で取るだけ。奥の方まできれいにすることは殆どありません」

 

と言います。

 

そして、

 

「歯科衛生士そのものがレベルが低いというのもあるんです。専門学校では一応のことは習うけど、実際に歯科医に入ると保険点数の低い奥の方までのクリーニングなんてしないから、経験を積むことも無いのが実情です」

 

「歯科医も経営が苦しいので、ついつい抜歯やブリッジ、インプラントなんかに走ってしまうのは仕方がない面があるんですけどね」

 

だそうです。

 

私が、きちんと予防歯科をしてくれる歯科医ってどれぐらいあるんですかと聞くと、

 

「30軒に1軒あるかないかですね」

 

ええっ!ということは殆どの歯科医では私の様な患者はまともに治せないということです。

 

なるほど、その歯科衛生士さんに見てもらいに400キロ以上離れたところからも患者さんがくるはずです。

 

確かに、引っ越してからその歯科医には行かなくなって他の歯科医に定期的に行ってたけど、悪くなるばかり。

 

そして思い出すと治療時間はせいぜい10分。

 

結局4年間の間に歯を3本も失くしてしまいました。

 

 

このブログで何度も書いたけど、糖尿病に関しても同じ。

 

医者をちゃんと選ばないととんでもないことになるってことです。

 

 

夕方はギター教室へ。

 

昨日手元に来たばかりのギターを持って行きました。

 

先生に音を聴いてもらうとなかなかいい音がするそうです。

 

先生には紙袋いっぱいのおつまみとお酒を差し上げましたが、いつも私の顔を見て「はーい」と笑顔を見せてくれる女性店員にもお菓子を一袋あげました。

 

とっても喜んでもらえました。

 

私としては、その楽器店でギターを買わなかったことへの贖罪なんですけどね。

 

レッスンが終わってから新しいギター用のストラップを先生に見立ててもらって買いました。

 

さすが先生の見立てだけあって、疲れずに使いやすそうでした。

 

その先生は生徒数が150人近くいるそうです。

 

歯科衛生士さんにもギターの先生にも恵まれている私です。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

末期宣告

  • 2018.08.17 Friday
  • 21:33

今日は歯科医へ。

 

伝説の歯科衛生士がいる歯科医です。

 

4年前まで通っていた歯科医です。

 

 

2週間ほど前に前歯が腫れて、先週、今通っている歯科医ではなく、4年前に掛かっていた歯科医に行きました。

 

かみさんと娘も連れて行って欲しいと言うので連れて行きました。

 

かみさんと娘はなんにも悪いとことはないと言われたけど、私の歯は先週と同じ様に血膿がたくさんたまっていました。

 

また血膿を出してもらってかなり楽にはなったけど、ドーンとした痛みが残ったままです。

 

しばらく1週間ごとに通うことにしました。

 

3本は深さが8个繁期だそうですが、なんとか少しでも長い間残すために抜歯せずに済む様な治療を受けることになりました。

 

 

「末期」と聞いてちょっと落ち込んでいます。

 

歯磨きも歯間ブラシもこまめにしているのにこんなになってしまいました。

 

 

今日もギター教室に入ったりいろいろありましたが、歯がどんよりと痛むので、今日はこの辺で。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM