ニーチェが京都にやって来て17歳の私に哲学のことを教えてくれた

  • 2016.12.09 Friday
  • 09:22

昨夜、ようやく最後まで読み切った「ニーチェが京都にやって来て17歳の私に哲学のことを教えてくれた」という長い題名の本。

 

最近読んだ本の中ではもっとも読み応えがあったし、勉強にもなりました。

 

ネットで哲学者のことなんかを調べながらの読書でしたので時間が掛かりましたが、それだけ興味深い本でした。

 

 

 

どんな人が書いた本なのかと調べてみると…

 

私学の名門京都女子大を中退し、レースクイーンでグランプリを獲得したり、ミスチョロQを選ばれたりした後、アイドルユニットに加入して活躍していた時期もあったとのこと。

 

ホームページも開設していて、トップページにはあのホリエモンと一緒の写真も掲載されていました。

 

https://haradamariru.amebaownd.com/posts/page/2?type=grid

 

そう言えば、ホリエモンは東大文学部中退の文学青年だったとか。

 

そんなホリエモンは別として、筆者の原田まりる氏は教養もあって読者を引き込む文章力もある、なかなかのマルチタレントです。

 

写真で見る限りは、若くてなかなかの美人です。

 

 

哲学なんて大学で一夜漬けで単位を取った程度だった私ですが、そんな彼女の著書のおかげで60歳を過ぎた私でも哲学に触れることができて、感慨深く、面白かった。

 

舞台となっている京都は彼女の生まれ故郷だそうで、随所に出てくるカフェやバー、商店街などの描写もリアル感があってあたかも私自身がそこにいる様な気にもさせられました。

 

俳句の夏井いつきさんも、読む人に場所や情景、思いなど様々なことを思い浮かばせる表現が大事だって言っていますが、俳句だけじゃなくてこうした文書でもただ長いだけじゃなくて読者を引き込む表現がなされていて面白い。

 

 

この本では、「哲学は他の科学と違って実際の生活には何の役にも立たないし、真理というものがないもの」とあります。

 

それでも、人生に行き詰った時に役立つことがあったり、将来に向かって生きていく時に勇気づけられることがあると言います。

 

そして、哲学は学ぶものではなく、みずからが行うもの。「哲学する」というものだそうです。

 

 

なるほど、奥が深い!と思っていたら、他方で、

 

「他の学問はそれなりの知識とスキルが無いとできないけど、哲学は誰にでもできる」

 

という一節もありました。

 

 

たしかに、文系の私が化学を勉強しようとしても、基本的な計算式が理解できないので、概念の部分しか理解できずもどかしい所がありますが、哲学はそうした計算式もないし、法律用語の様な小難しい単語もありません。

 

そして一つ一つが自分自身の経験や心の中にあるものと表裏一体なので、頷きながら、あるいは反論しながら読み進めることも可能です。

 

多読の部類に入る私ですが、そんな私にとっても、とっても新鮮で良い本でした。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM