新型Bクラスのこと、腫瘍の摘出手術のこと等など

  • 2019.06.14 Friday
  • 21:56

今日はヤナセへ。

 

愛車Cクラスの半年点検です。

 

11時に着いて2時間ほど掛かるというので近くのショッピングモールまで歩いて出かけました。

 

今日はかみさんも付いてきました。

 

もちろんショッピングモールのランチがお目当てです。

 

 

ヤナセのショールームには新型Bクラスも置いてあるかもと思ったけど、流石に発売開始されたばかりでどこにも見当たりません。

 

スタッフにBクラスはいつ来るの?と聞くと、実はつい先ほど入庫したばかりだそう。

 

早速上階の駐車場から下ろしてきてもらってチェックしました。

 

Bクラスが玄関先に到着するまでの間、美味しいコーヒーとお菓子を頂きました。

 

IMG_1295.JPG

 

コーヒーはドイツの最高級ブランドのものに変わったそうです。

 

とっても美味しかった。

 

 

さていよいよBクラスのお目見え。

 

昨年末モデルチェンジしたばかりのAクラスの内装は、これがエントリー車かと見紛うばかりの豪華さ。

 

特にインパネがメーター類とナビが一体化されていて未来の自動車の様。

 

BクラスはAクラスの派生車だからきっと良いはずだと思ってはいましたが、ずんぐりむっくりしてスマートとは言えない外観に未来的なインパネが装着されているBクラスは更に意外性があって面白い。

 

内装周りのプラ素材も前モデルと比べてはるかに高級感のあるものとなってSクラスとさほど変わりません。

 

更にCクラスと比べてBクラスが良いと思った点が、ドアの入り口部分が大きくえぐってあって乗降時に足を入れる邪魔をしないこと。

 

加えて全高があるので身体をかがめる必要もなし。

 

トランク部分もサイズ的にはCクラスより小さいけど、開口部が広くなって車椅子も乗せやすそう。

 

そして全幅も1795僂Cクラスより25仂さく、1800个離ラウンとほぼ同等。

 

これならかみさんも運転しやすそうです。

 

そして各種安全装備はベンツらしくSクラスとほぼ同等。

 

安全装備については他車もカタログ上ではいろんな機能を付けるようになっているけど、実際の性能はベンツには遠く及ばないのは実際に確認済み。

 

かみさんはこれから義父の介護でクルマの運転頻度が多くなりそうなのでセカンドカーとして考えても良いかなあと思います。

 

 

20分ほどBクラスを触ってから近くのモールのレストラン街に。

 

外食はこのところ外れが多かったのですが、今日は大当たり。

 

地元の有名店の小規模なフランチャイズ店ですが、厚さ2僂呂△蹐Δというロースかつはとっても美味でした。

 

 

1時間ほどしてヤナセに戻るとまだ点検が終わっていません。

 

コースティング機能が働かないという私の指摘を確認するためにテスト走行に出ているんだそうです。

 

待っている間に、担当営業スタッフが帰ってきて私が喫煙所でアイコスを吸っている間にノベルティーを持ってきてくれました。

 

傘とバッグです。

 

ヤナセのノベルティーは、いわゆるノベルティー然とした安物ではなく、なかなか高級感のあるもの。

 

傘は以前に2本貰っているので、これは娘婿に上げようと思います。

 

そして赤いステッチにAMCのロゴが入ったバッグは私がヴォーカル教室に通うときに使おうと思います。

 

 

30分以上待ってサービススタッフがメカを伴って説明に来てくれました。

 

結論としてはどこにも悪いところはなく、バッテリーが完全状態でない場合にはコースティング走行ができないのではないかとのこと。

 

でも高速道路を長距離走行した際にもコースティング走行できなかったのだから・・・と言うと、もう一度ベンツジャパンに問い合わせて確認してみるとのことでした。

 

そしてそもそもCクラスのお客さんからそうしたクレームは皆無で、私からのクレームが初めてなんだそう。

 

まあ実際の走行にはなんの支障もないのだからそれならそれで良いんですけどね。

 

バックの際に下向きになる左サイドミラーが前進時に元に戻らないことがある点については、ソフトウェアをアップデートしてくれたそうです。

 

ただ、帰りに寄ったスーパーでまた左サイドミラーにその症状が発生。

 

ひょっとして私が知らない内にミラーのスイッチを触っているのかもしれません。

 

もう少し様子を見てみようと思います。

 

 

夕方はギター教室へ。

 

先生がすべての参加者で同じ譜面を共有化しなければならないと言って、先生の持っている方の譜面をコピーしてくれました。

 

最後のFO(フェードアウト)の処理や、ポールとジョンが違う歌い方をしている部分の調整(当時はいい加減なレコーディングをしていたらしい)を譜面に書き込んでくれました。

 

同じものをヴォーカルの先生にも渡してくれるそうです。

 

音源もいくつかの異なるものがあるので、先生の持っている音源をやはり全員で共有することになりました。

 

家に帰ってその譜面を、ベース担当の娘とサックス担当のかみさんとも共有しました。

 

かみさんは早速その譜面をサックス用に3度下げの譜面に書き換えていました。

 

発表会がとっても楽しみです。

 

 

ところで今日はちょっとショックなことが一つ。

 

ギター教室の帰り道でばったり会った、キュート君の大親友のマルチーズ君。

 

私の顔を見ると近づいてきてくれましたが、どことなく元気がありません。

 

すると、足に大きな腫瘍ができて明日手術するそうです。

 

幸いにも悪性ではないそうですが、3冂に膨れ上がった腫瘍はみるからに醜悪そうな顔をしています。

 

シニアなので心臓が手術に耐えられるかどうか心配だそうですが、放置するとどんどん大きくなってしまうので手術することにしたんだそうです。

 

飼い主さんの為にも、親友のキュート君の為にも無事に帰ってきて欲しい。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

後半は【グロ:閲覧注意】です。グロが嫌いな人は絶対に見ないでください

  • 2019.05.24 Friday
  • 11:00

愛車のCクラス。

 

これまで乗った2台のCクラスには「新車6カ月点検」という制度はなかった記憶があるのだけど、先日「新車6カ月無料点検チケット」というものが届きました。

 

IMG_1222.JPG

 

至極快調のCクラスですが、気になる点が3つほど。

 

一つは、左サイドミラー。

 

ギアをバックに入れると自動的にミラーが下向きになって前進する際にはまた元に戻るのは便利なのだけど、10回に1回ほど元に戻らないことがあるんです。

 

Cクラスは側面衝突防止装置があるから左サイドミラーが見えなくても危険ではないのだけど、やはり見えないというのは不安。

 

 

もう一つは、コースティングと言う機能。

 

信頼できるクルマ専門サイトを見ると、エコモードにして高速走行をしている時にアクセルを緩めるとエンジンがストップしてコースティング走行(慣性走行)をする機能が付いているらしいのだけど、これが働いたことがありません。

 

 

3つ目は、新車契約の際、大幅値引きの条件として組まされたローン。

 

僅かとは言え、不必要な金利を支払うのはもったいないから、解約したいと思っているんです。

 

 

それでまずは担当営業マンに電話。

 

点検や不具合のことについては担当サービススタッフに直接連絡して欲しいとのことだったのでローンの解約について相談しました。

 

すると解約は1年経過しないとダメなんだそう。

 

ローンは、ベンツにしては破格の値引きの条件だったから仕方がないけど、やっぱり腑に落ちませんね。

 

 

次はサービススタッフに電話。

 

ヤナセでは、新車購入時に担当サービススタッフも決めてくれます。

 

だからお客は、営業マンだけでなくサービススタッフとも親しくお付き合いをすることになります。

 

新車点検の日程は今月中はサービス向上が満杯なので来月になるとのことでした。

 

このところ絶好調のベンツは輸入車シェア3年連続NO.1。

 

保有台数に対してサービスの投入度が追い付いていないのかもしれませんね。

 

(ここから先が【グロ:閲覧注意】の記事です)

 

 

 

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

 

今朝、鼻毛を取りました。

 

切るんじゃなくて「取る」「抜く」です。

 

その道具が↓。

 

IMG_1219.JPG

 

ええっ!とびっくりするくらいに取れます。

 

IMG_1221.JPG

 

痛くないかと言われると、ちょっとだけ痛いです。

 

でも鼻毛カッターだとすぐに伸びてくるけど、これだと2〜3カ月は大丈夫です。

 

商品名は忘れました。

 

ご興味のある方はご自身でググってみてください。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

ペダル踏み間違いの私なりの原因分析

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 11:05

高齢者の事故で加害者の言い訳には「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」「ブレーキを踏んだのに加速した」というものが多いようですね。

 

今朝も羽鳥慎一モーニングショーで高齢者が起こした事故被害者の映像が流れていました。

 

その事故も80歳の男性がペダルを踏み間違えたというもの。

 

池袋の事故でも踏み間違いが原因の様です。

 

警察の事故原因分析では、ブレーキとアクセルの踏み間違いが65000件、死者が450人もあるそうです。

 

 

事故現場の写真を見るとプリウスが多くて、中には「ハイブリッドでブレーキ/アクセルバイワイヤのプリウスは遠隔操作で事故を起こされている」との観測もあるようです。

 

確かに私の愛車C200も、自動運転機能が自動的に速度調整、前車追従、進路変更などを行ってくれるのですから、自動車のハッキングも技術的に不可能ではないでしょう。

 

でもあったとしてもそれはほんの一部であり、大半は操作ミスだと思います。

 

 

 

そんな中で私がペダルの踏み間違いで思い当たることが二つあります。

 

一つ目は、ペダル配置が左側に偏っているクルマが結構多いこと。

 

特にスペースに制約のある小型車は、前輪のホイールアーチが車室に侵入しているのでアクセルべダルが身体の中心線ぐらいのことろにあることがあります。

 

フロントオーバーハングが短いFF車では更にその傾向が顕著です。

 

 

私はペダル配置には結構こだわりがあります。

 

昔アウディーのA3に乗っていたことがあったのですが、これがとっても良いクルマでした。

 

それでその次はA4に乗り換えようと思っていたのですが、展示車に座ってみただけで買う気が失せました。

 

それはセンタートンネル部分が運転席側に大きく張り出していて、ペダルが極端に右寄りだったからです。

 

ちなみに左ハンドルの場合は問題ありませんが、私は左ハンドル車は怖くて運転できません。

 

この場合はブレーキを踏もうとしてアクセルを踏んでしまうことはありませんが、その逆にアクセルを踏もうとしてブレーキを踏んでしまうこともあります。

 

アウディーもすぐにこうしたユーザーの意見を取り入れて、今では気にならない程度に改善されていますが、当時はとても乗りたいとは思いませんでした。

 

 

もう一つはペダルの形状。

 

小型車は殆どが、アクセル、ブレーキとも釣り下げ式。

 

そして普通車の多くは、アクセルはオルガン式、ブレーキは釣り下げ式となっていて、ペダルを踏んだ時の感触は明らかに違います。

 

オルガン式のアクセルペダルは下に踏み下ろす感覚、ブレーキペダルは奥に押し込む感覚です。

 

だから踏み間違いがない。

 

それがアクセル、ブレーキ共に釣り下げ式の場合は踏んだ時の感覚が同じ。

 

 

この二つが踏み間違いの原因になっているのは間違いないだろうと私は思っています。

 

 

マイナーチェンジ前のCクラスは、自動運転スイッチと最高速度制限スイッチ、それとウインカースイッチがステアリングコラムの左側に並んでいて時々操作をミスすることがありました。

 

高速道路で自動運転スイッチで速度調整する際に最高速度制限スイッチを押してしまって急減速して焦ったことが2〜3度あります。

 

ウインカースイッチと自動運転スイッチは形状が似ていることもあって何度も間違えたことがあります。

 

それがマイナーチェンジ後は、ほとんどのスイッチがステアリングの前面に配置されているので間違えることがなくなりました。

 

さらに視線移動も最小で済みます。

 

もともとCクラスはフロントウインドウに速度や簡易ナビが投影される機能になっているので、前方から視線を外すことが本当に少なくなりました。

 

加えて各種の安全機能。

 

カタログ上の仕様では分からない彼我の実力差があることは言うまでもありません。

 

ベンツは「絶対に事故は起こさない」という信念を訴えているように思えます。

 

 

操作ミスを起こすのは高齢者がほとんどだと言われますが、ペダルの踏み間違いは高齢者に限らず発生しているそうです。

 

日本の自動車メーカーはこうした「ポカヨケ」機能を装備することを真剣に考えたほうが良い。

 

そして、我々も車購入の際には、スタイルや価格以上にこうした機能があるかどうかをきっちりチェックすべきだと思います。

 

高速道路を130キロぐらいのスピードで走っている軽四を時々見かけます。

 

そんな速度を可能にしているのはターボ。

 

そんなことにコストをかけるくらいなら安全装備にかけて欲しい。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

免許証返納までのステップ

  • 2019.04.25 Thursday
  • 09:51

今朝のニュースは高齢者の運転するクルマの事故で亡くなった被害者の夫の記者会見の話題で一色でした。

 

彼が記者会見で述べた言葉は国民全員が重く受け止めなければならないと思います。

 

 

5年前に当地に引っ越してきてから、我が家では、自家用車を所有するのを止めて公共交通機関とタクシーにしようか、という話題になることが増えてきました。

 

一つは駐車場代が高いこと。

 

屋根付きだけど1台で3万円近い金額はやはり年金生活者にとっては痛い。

 

そして家から各種交通機関の駅は徒歩で2〜10分ほどのところに複数あって、目的地が駅から近ければクルマよりも公共交通機関の方が便利。

 

問題は荷物があったり、目的地が駅から遠い場合。

 

でもこんな場合でも、よくよく考えればタクシーを使えば済む話です。

 

タクシーというと贅沢だ、もったいないと思ってしまいますが、実は自家用車を持つことと比べればそれほど贅沢でもありません。

 

自家用車を保有すると、プリウスの場合でも車両本体だけで月に5万円ほどの償却費の計算になります。

 

これに税金、保険料(自賠+任意、車両保険)、ガソリン代、駐車場代を入れると月8〜10万円程の出費になります。

 

安全装備が国産車と比べて断然充実しているベンツなら、月に20万円程にもなります。

 

 

 

もしクルマを止めてタクシーにすれば、月に8〜20万円のタクシー代が使える計算になります。

 

毎日使っても3000〜7000円は使える計算です。

 

それ以外に公共交通機関も使えば、更に一日当たりに使える金額は増えます。

 

経済面を考えれば、タクシーは自家用車を所有することに比べてそれほど贅沢でもないことが分かります。

 

目的地は大抵駐車場が混雑していたり、代金がべらぼうに高いからタクシーだとそれを心配する必要もありません。

 

さらに、交通事故の加害者、または被害者になるリスクを考えればタクシーの方が良いとも言えます。

 

 

 

問題は、自家用車と違ってタクシーを呼んだり捕まえるのが面倒だということ。

 

ただし、これも普及し始めているスマホ配車アプリを使うとそれほど面倒ではありません。

 

実際、私もひざを痛めて運転ができなかった期間はスマホアプリを使ってタクシーを呼んでいました。

 

今ではさらにウーバータクシーも増えてきているのでさらに便利になっているはずです。

 

 

 

それでもタクシーより自家用車の方が便利だと思っている人が大半だろうと思います。

 

だから、最大の問題は自家用車とタクシーを経済的に比較した場合の錯覚。

 

自家用車の場合は現金一括で購入すれば、後の月々の料金だけなので安く感じてしまいます。

 

でも、かように自家用車はタクシーと比べて経済的だということは決してありません。

 

 

 

私たち家族にとって残る問題は、愛犬達を連れて公共交通機関やタクシーを使い辛いこと。

 

クレートやワンコカートを用いて別途代金を支払えば利用できるのだけど、こちらはかなり面倒。

 

道を歩くときはクレートから出してリードを使っても、手には結構重いクレートを持たなければなりません。

 

加えて、吠えて周りの人に迷惑をかけてしまうこともあります。

 

これがワンコに優しいドイツなら、クレートに入れなくてもリードをつけて地下鉄やバスに乗れるのだから、日本もそうなれば問題ではなくなります。

 

 

その他の課題は、私のようにクルマが好きで運転するのが好きだということ。

 

良いクルマに乗ってスムースな動きや乗り心地に「良いモノ感」を感じるのも好きです。

 

自動運転機能に「すごい技術だなあ」感嘆するのも楽しい。

 

ただ、かみさんは旅行に出かけて自動運転任せにしている私を見て、

 

「そんな何もしなくて良いんだったら運転しても楽しくないんじゃない」

 

「もっと自動運転が進んだら、運動性能や安全性能、乗り心地なんて関係なくなるよ」

 

と言います。

 

確かにそうかもしれません。

 

特に前のCクラスに代えてからはスピード違反もしないし、コーナリングを楽しむということも無くなりました。

 

ちょっと昔は気晴らしにドライブということもあったけど、愛犬達を迎えてからは一緒にお散歩に出る方が楽しくなりました。

 

 

私も今年で63歳。

 

先日の事故のニュースを見て、早めの免許返上も考えなければいけないかもしれません。

 

あと3年は運転することは考えていますが、最後のあがりの車にはベンツSクラスに乗ってみたいなあ。

 

他にもっと高価格の超高級車はあるけど、実用的な高級車としてはSクラスは頂点のクルマ(フェラーリやマクラーレン、ランボルギーニなんて座面が低すぎて老人には乗降不能)。

 

海外出張した時にSクラスのハイヤーに乗ったり、ヤナセで試乗させてもらったこともあるけど、やっぱりとっても良かった。

 

免許証返納までは一度は所有してみたいクルマです。

 

でも、きっとかみさんからは反対されるだろうな。

 

・・・・・・・・・・・・・

良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

新型Cクラスの唯一の不満

  • 2019.01.25 Friday
  • 00:25

地球温暖化どころかそのうち全球凍結でもしてしまうんじゃないかと思う位の寒さ。

 

定年後の日課である愛犬達との公園散歩もあまりの寒さでなかなか行けません。

 

だから今日は近所をちょこっと回っただけ。

 

愛犬達にはダウンジャケットを着せて行きましたがそれでも寒い寒い。

 

大通りで歩道の工事をしていて臨時で作られた狭い道を歩いていると、先方から自転車。

 

こっちに突っ込んでくるだろうと思っていたら、じっと待っていてくれます。

 

近づいて顔を見ると、ご近所のワンコ友達の女性。

 

モデルをしている彼女は普段ならどんな遠くからでも彼女と分かるのですが、今日は帽子をかぶってマフラーを巻いて更にマスク。

 

寒い中で自転車に乗るのだからそれぐらいの防寒対策が必要なんでしょうね。

 

あまりの寒さで次の角で曲がって帰宅。

 

愛犬達もエアコンが効いたお家が一番良いようです。

 

IMG_0635.JPG

 

IMG_0636.JPG

 

 

その後はアイコスが切れたので一人で近所のコンビニへ。

 

顔見知りのおばちゃんがいれば、愛犬達を連れていても店の外に出て来てくれて注文を取って決済もしてくれるんですが、そのおばちゃんは遠くのお店の責任者として異動してしまいました。

 

お店には顔なじみの若いオーナーさん。

 

人懐っこいオーナーさんは行くといつもベラベラと世間話をしてくれます。

 

今日もPay Payのことやらなんやらで、他に待っているお客さんがいるのに私との話に夢中。

 

普通のお客さんなら怒ってしまうところでしょうが、そのお客さんはなかなかレジが空かないと更に店内でお買い物。

 

そっか!売り上げ単価を上げるにはそんな手もあったのかも・・・

 

今日はPay Payでアイコスを2カートン買いました。

 

お代は1万円なので普通ならもったいないなあと思うところですが、Pay Payで付いたポイントなので持ち出しはゼロ。

 

本当にラッキーでした。

 

 

夕方はかみさんがスーパーに行きたいと言うので運転手になりました。

 

私も買ったばかりのCクラスに乗れるので運転手をするのは吝かじゃあありません。

 

途中でスタンドに寄って納車されてから初めての給油。

 

スマホアプリのメルセデスmeによれば納車以来の燃費は5.8/ℓ。

 

 

平均で10キロだった前のCクラスより随分燃費が悪い。

 

48vの電動モーターが付いて燃費も良くなっているんだろうと思っていたけど、今のところマイルドハイブリッド化の効果は無いみたいです。

 

寒さもあるだろうし、街中のチョイ乗りが燃費には悪影響なんでしょうね。

 

それでもこのモーターのおかげで走りは極めて静かでスムース。

 

僅か1500佞4気筒だけど、パワーは10年以上前に乗っていたプロナードの3ℓ6と同じくらいだし、流石に微かに4気筒らしい音はするものの静粛性は皇室御用達のセンチュリーと同じくらいの感じ。

 

そして乗り心地はメルセデスライドそのものでとっても快適。

 

赤い本革シートも、限界までなめした某国産車のようにペラペラではなく、革自体が厚くて高級感満載です。

 

唯一の不満は自動駐車機能のパークトロニックがなかなか上手く作動してくれないこと。

 

スーパーの駐車場でも空いていると駐車場所を認識してくれないし、借りている狭い駐車場では全く反応してくれません。

 

駐車場のオーナーさんが短い白線をテープで足してくれたけど、それでも狭すぎると駐車場とは認識してくれないみたいです。

 

 

母の住むサ高住は現在インフルエンザ対策で面会できないので、楽しみにしていた新車での帰省ができなくなったけど、再来週になれば閉鎖も解消されるだろうと思います。

 

その時の高速走行がどんな具合なのか試すのが楽しみです。

 

だけど、自動運転機能が進化しすぎて運転が楽しくないのかもしれないなあ。

 

まあでも、前車より格段に静かになって安全性能も増したそうだから、数百キロの帰省の道のりも以前より更にずっと楽になっているのだろうから年寄りには良いんだろうなあと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

新型Cクラスの評価

  • 2019.01.09 Wednesday
  • 23:45

またまた安倍が絡んだ国策捜査が疑われている日産ゴーン氏の件。

<LITERA>

http://lite-ra.com/2019/01/post-4478.html

<郷原信郎氏ブログ>

http://nobuogohara.com/

 

あの郷原氏が「そもそも無理筋」と評しているくらいだし、安倍一強下でやりたい放題の日本政府だから、そんなことがあったとしてもおかしくありません。

 

その日産から、従来から連続航続距離が1.5倍に強化されたEV、リーフが発表されました。

 

満充電で540キロとのことだから、実走行はその6掛けとして324キロ。

 

それはテスラのモデルSとほぼ同等だけど、価格は1/3。

 

使い方によっては十分実用性がありそうです。

 

ただし、月に1回母に会いに長距離運転をする私にはまだまだ対象外ですが・・・
 

 

私の新しい愛車C200もEVではないけど、48Vのモーターが付くようになって、低速走行時にはかなりEVに近い走りになりました。

 

発進時からトルクが強くて静かというのはとにかく運転手にストレスが掛からない。

 

リーフの様な完全EVは、充電に時間が掛かるなど使い勝手の面で難があるので本格的な普及はまだまだ先のことだと思うけど、Cクラスの様に全く普通の内燃機関エンジン車として使えながらEVのメリットもあるというこの仕組みは、これからドンドン増えていきそうな予感がします。

 

そのCクラスですが、先日初めて走行モードをスポーツモードにしたら、なかなかのものでした。

 

これならAMGのC43でなくても十分にスポーツ走行も楽しめます。

 

排気量は僅か1,500佞世ら、高速でのスポーツ走行はできないかもしれませんが、空いた国道や山道を楽しむくらいならこれで十分過ぎるほどです。

 

まあ、普通に街中を走る時でも自動走行スイッチをオンにしていれば安全で楽チンなので、わざわざスポーツ走行する気にもなりませんが・・・

 

ちなみに、「ハ―イメルセデス」と話しかけて答えてくれる機能=MBUXは、私のCクラスには付いていませんでした。

 

AクラスのTVCMでやっていたので、それより上級モデルのCクラスなら当然ついているだろうと思っていたのですが、Aクラスより一足早く発売されたCクラスには付けられなかったんだそうです。

 

付いていたのはメルセデスmeという、スマホでクルマの状態(駐車場所、燃料残量、燃費、ドアロック状態など)を確認したり、ドアロック等の一部遠隔操作ができるというもので、話しかけたら答えてくれるMBUXとは別のものでした。

 

また、スマホの置くだけ充電機能もAクラスにはあって、Cクラスにはなし。

 

Aクラスより価格が高いのになんだかなあと思いますが、それほどベンツの技術進化が速いということなんでしょうね。

 

 

営業マンに上手く乗せられて衝動買いしてしまった新型Cクラスだけど、かなり満足です。

 

自動駐車システムは、なかなか駐車スペースを認識してくれないから自分で運転した方がはるかに速いなど、まだまだ不満点もあるけど、安全性、快適性と言う点では前のCクラスより数段良くなっています。

 

そのCクラスですが、2〜3年後にはフルモデルチェンジを計画しているそう。

 

そんなニュースに触れると、今のCクラスこそ「あがりのクルマ」にしようと思っていたのに、またまた楽しみになってしまいます。

 

またモデルチェンジ後のCクラスに乗れるようになるために、私が株を持っている会社には頑張ってもらいたいなあと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

「ハーイ、メルセデス」→「・・・・」

  • 2018.12.30 Sunday
  • 22:49

今日は義母のお買い物に連れて行って欲しいとの要望に応えてかみさんの実家へ。

 

近所で注文してあったお餅を半分持って行くついでにお買い物にも付き合ってあげることにしました。

 

家につくと義母はすぐに出て来ましたが、義父は出て来ません。

 

義母に聞くと、今朝も喧嘩したばかりだそう。

 

話を聞くと義母の言い分は分かりますが、義父が可哀想になります。

 

仕事一筋で生きてきた義父は人とのコミュニケーションが苦手。

 

家族とも上手くやって行けません。

 

身体が動かなくなって義母とも上手くやれないとなると、孤独で辛いだろうなあと思います。

 

 

スーパーに行くと、義母は大量のお買い物。

 

持ってきた袋に入りきらずに段ボールに入れて運びました。

 

新型Cクラスは、車両後部で足をボディーの下に入れるとトランクが自動的に開くようになりました。

 

これまでも一部グレードにその機能がありましたが、今回のマイナーチェンジでC200にも標準装備になりました。

 

両手に荷物を持っている時はとっても便利です。

 

 

実家に着いたけど、私達が家の中に入るとまた義父母が言い争いを始めるのは明らかだったので、家に入らずに帰ることにしました。

 

もしかして一緒に昼食でも食べるのかなあと思っていたけど、そんな様子だと仕方がありません。

 

スーパーでもかみさんは買うものが分からないと言って、殆ど買いませんでした。

 

そして、

 

「昨日はステーキだったからねえ。なにを食べたらいいか分からないわ」

 

と言います。

 

これはお寿司でも食べたいというサイン。

 

義父母の様にならない様に、私がかみさんに気を遣って、

 

「スシローでも行こうか」

 

と言うと、嬉しそうに同意。

 

 

TVCMで見た雲丹は期待どおり美味しかったけど、一皿300円する大トロはそれほど美味しくなかった。

 

それでもかみさんはブリトロやエビ天婦羅を美味しいと言って食べてくれてご機嫌です。

 

スシローのレジは、この間から無人レジになっています。

 

仕組みが分かりやすいので問題はないんだけど、なにか空しい気がしますね。

 

 

ところで、新型Cクラス。

 

TVCMでは

 

「ハーイ、メルセデス」

 

と呼びかけるとそれを音声認識してAIが返事をしてくれていますが、私のCクラスはなんの反応もしません。

 

おそらくその機能を使うにはなんらかの設定が必要なんだろうと思いますが、まだ説明書も読んでいないのでやり方を知りません。

 

スマホ連携の方は昨夜なんとか設定をして、クルマから離れていてもいろんな情報が分かるようになったけど…

 

IMG_0572.PNG

 

IMG_0573.PNG

 

肝心の車両側での操作方法が分かりません。

 

スマホページにも取り扱い説明と解説ビデオがあるけど、字も映像も小さすぎて見えません。

 

IMG_0574.PNG

 

まあ、とりあえず困ることも無いから、その内じっくりと説明書を読んでみようと思います。

 

 

そして私がかみさんの為に一番役に立つと思っていたオートパイロット。

 

駐車スペースを発見すると、クルマが自動的に駐車してくれる仕組みですが、これがなかなか上手く働いてくれません。

 

どうも駐車スペースの白線が不明瞭だったり、スペースが狭小だったりすると働いてくれない様です。

 

当然、我が家で借りている駐車場もダメ。

 

これにはかみさんも憤慨。

 

これもなにかコツが必要なのかもしれません。

 

世の中は自動運転への期待がドンドン高まっていますが、世界の最先端を走るベンツでさえこんな状況ですから、実用化はまだまだ先なんだろうと思いました。

 

 

今日はそんなこんなで忙しかったけど、その間同期の男から何度も電話&メール。

 

独身なので定年してから暇でしょうがないのだろうと思います。

 

今からでも奥さんをもらえば良いのにと思います。

 

 

ただし、義父母の様子を見ていると夫婦というのもなかなか厄介。

 

歳をとってから夫婦仲が悪いと、特に弱い立場の男は大変です。

 

なかなか「これは正解」というのがないところが人生の難しいところですね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

赤い本革シートの新型Cクラスが納車されました

  • 2018.12.28 Friday
  • 23:50

今日は待ちに待った新型Cクラスの納車日。

 

12時45分にヤナセに行って、今の愛車のスタッドレスを新車に付け替えたのち受け取るという手筈です。

 

ヤナセに行く前に、だいたい同じ方向にあるかみさんの手芸教室の取引先メーカーに行って教材の仕入れをしました。

 

不況の為なのか、皆が手芸をしなくなってしまった為なのか、原材料メーカーの方では在庫がだぶつき気味なんだそう。

 

今日行ったところはその原材料を二次加工して卸をしているのだけど、人の良い社長さんはどんどん製品を引き取っているらしい。

 

なので、かみさんも毎回そこへ行くと沢山の製品を仕入れます。

 

 

それからヤナセに向かいました。

 

到着したのは12時10分。

 

早過ぎだけど、ヤナセにクルマを置いて近くの大型ショッピングモールで昼食をいただこうと思ったんです。

 

頂いたのはしゃぶしゃぶ食べ放題。

 

お腹が減っていたからたくさん食べられるかと思っていたけど、お代わりしたのは牛肉4皿だけ。

 

食事前はお腹が減っているからと思っていても、やはり歳をとると食べられる量はかなり少なくなってしまいました。

 

 

食事を終えてヤナセに行くともう納車の準備ができていました。

 

ところがそこでも大量の書類にサインさせられます。

 

クルマの納品書だけでなく、キャンペーンで付いてくる旅行ケースの受取書やらなんやらかんやらで5〜6枚の書類にサインして押印。

 

さらにメルセデスmeというサービスに登録するために、先日新規登録したサイトにログインしなくてはなりませんでした。

 

そこへの車両登録は営業マンの方でやってくれるとのことですが、なにしろ先日登録したアイパスが思い出せない。

 

パスの再変更をしてやっとログインできました。

 

メルセデスmeは音声認識やスマホでも様々な車両管理ができる優れものだそうだけど(テレビCMでもやってますね)、とにかく機能が多過ぎてまだ訳が分かりません。

 

そのうちじっくりと勉強してみることにしました。

 

それからようやく納車。

 

外板色は今と同じ白だけど、内装は赤の本革シートにしました。

 

今のものはベンツ特製のフェイクだけど、ワンコを乗せる私にはちょうど良かったのだけど、一度はフェラーリの様な赤のシートが欲しかった私は本革シートを選んでしまいました。

 

外見はほとんど変わらないし、運転席もメーターとナビ、ステアリング周辺のスイッチ類の位置変更がなされているけど、あまり変わり映えがありません。

 

その点、赤のシートは変わり映えがして良かった。

 

営業マンからの操作説明を受けるのはそこそこにして、早速新型車で家までドライブ。

 

以前より若干静粛性が増したし、出足が良くなっていたけど、それ以外の乗り心地はほとんど一緒。

 

かみさんも、「新鮮さがないね」と一言。

 

初めてCクラスを買った時には、その重厚な乗り心地に感激したし、次のCクラスの時はハンドリングにも自動運転機能や安全装備にも感動したけど、今回は大規模といえマイナーチェンジだからしょうがないですね。

 

ただし、このクルマの本領が発揮されるのは長距離ドライブ。

 

その機会が来た時に、買って良かったと思うようになるんだろうと思います。

 

でも、正月に予定していた旅行は天気予報を見て中止にしました。

 

母の顔を見るのを楽しみにしていたけど、大雪のニュースを見ると昨年あちこちで起こった大渋滞に巻き込まれる可能性もあるしあきらめざるを得ませんでした。

 

 

本当は今日ももっと運転を楽しみたかったのだけど、夕方はギター教室。

 

まっすぐに家に帰って30分程休んでから教室に向かいました。

 

先回上手くできなかった「夢の人」のギターイントロ部分ですが、今日はまあまあ。

 

先生と合奏もできました。

 

ただし、間奏のソロの部分はピックのアップ、ダウンの一部が表拍と裏拍が逆になっていると指摘されました。

 

私のもっとも苦手なシンコペーションのところがピッキングでもできていないということです。

 

裏拍はアップピッキングでやる癖をつけないと、一度リズムが狂うとどうしようも無くなってしまうんだそうです。

 

何度も先生と一緒に繰り返している内にようやくできる様になりました。

 

 

そう言えば、私のレッスンの前に入っている新入りのおじさん。

 

レッスン風景をガラス越しに見ていると、先生が何度も手拍子を打ちながら拍を教えていましたが、おじさんはなんどやってもできません。

 

私達老人世代は、日本の民謡や歌謡曲の拍が身に沁みついているので、洋楽で重要なシンコペーションは皆苦手なんです。

 

 

先生からは「あとは、英語の早口言葉が必要なヴォーカルですね。」と言われました。

 

ギターの方はこの曲は後1回位のレッスンで終わりにして、その後はいよいよTRUTH のギターソロに挑戦しようということになりました。

 

 

ピアノを習っていた40過ぎの頃は、1年半でショパンのノクターン9番、3年ほどで別れの曲、4年目には幻想即興曲が弾けるようになったんですが、60歳近くから習い始めたギターの方はなかなか上達が進みません。

 

指も動かないし、譜面を見る視力も衰えてしまっています。

 

ピアノにしろギターにしろ、若い時からやっておくべきでしたね。

 

でも、上達は遅くても毎年少しずつ新しい曲が弾けるようになっているのだからそれで良しとしなければなりません。

 

ギターにしろヴォーカルにしろ、シンコペーションに苦労する私を先生が一所懸命に指導してくれて、若い人とのコミュニケーションも図れますから。。。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

とんだ一日で疲労困憊

  • 2018.12.22 Saturday
  • 23:35

今朝は少し匂いが出てきたサンちゃんをお風呂に入れました。

 

やっぱりサンちゃんはシャンプーして3日が限界です。

 

シャンプーだけなら大したことはないのだけど、脂性のサンちゃんは毛玉ができないようにブラッシングしながらドライヤーをかけるのはそれなりに大変。

 

ちょっと毛玉が出来始めたサンちゃんなので、今日は念入りにブラッシングしたのでかなり疲れてしまいました。

 

それが終わったら倉庫から愛車のとんでもなく思い夏用タイヤをクルマに積み込んでヤナセへ。

 

年内に新車納車の予定なのですが、正月にクルマで旅行するのに新車に今の愛車についているスタッドレスタイヤを装着してもらうためです。

 

先日ヤナセの営業マンから、とんでもなく忙しいので持って来てもらうとありがたいと言われたのでわざわざ20キロ以上離れた郊外のヤナセの支店に行ったんです。

 

小雨の中ヤナセに到着すると、若い女性スタッフが大きな傘を持って来てくれて私に差し掛けてくれました。

 

先日行ったヤナセの別の支店ではまったく相手にされなかったのに、それと比べるとなんとも言えない厚遇です。

 

相合傘をされるのはちょっと恥ずかしかったけど、この支店ではちゃんと顧客として遇されているんだと思うと悪い気はしません。

 

中に入ると顔なじみのサービススタッフが出て来て「今度買われたCクラスにスタッドレスをつけられるんですね」と言われました。

 

営業マンとサービススタッフ間でキチンと連携がとれているんだと感心しました。

 

ところがです。

 

営業マンと話している内に、年内納車は難しいかもしれないと言い出します。

 

それなら正月にクルマで旅行に出掛ける私は今のクルマでスタッドレスでないタイヤで冬の高速を走らなければならないことになります。

 

それなら今タイヤを入れ替えてはいけないことになります。

 

営業マンは私が正月に旅行に出掛けることをすっかり失念していて大慌てでサービス工場へ走って行きました。

 

帰ってきた営業マンはサービススタッフに叱られて渋い顔。

 

半分ほど作業が進んでいたので無駄な作業をさせてしまったことになります。


納車まで今のクルマにスタッドレスをつけたままにすることにして、持ってきた夏用タイヤはそのままヤナセで預かってもらうことにしました。

 

ところが、タイヤの入れ替えを中断して玄関前に停められたクルマの中にはまだ夏用タイヤが積んだまま。

 

営業マンがちゃんとサービススタッフに伝えていなかった様です。

 

そしてクルマは再度サービス工場へ。

 

2分ほどして営業マンがクルマを玄関まで運んで来てくれました。

 

ところが、メーターパネルを見ると、「キーが認識できません」との表示が。

 

いつも彼にクルマを預けるとセンターコンソールにキーを置いてくれているはずなのにそれがありません。

 

キーは確かに営業マンに渡したはず。

 

それでも彼はキーは受け取っていないと言います。

 

そんなことは絶対にないからポケットを確かめて、というとやはり彼のポケットにキーが。

 

営業マンは度重なるミスに茫然。

 

普段はきちんとしている彼ですが、このところの激務で疲労が溜まっているんでしょう。

 

先日はまだ9台しか販売していないので是非買ってください、と言っていた彼ですがその後更に3台を売って今月だけで13台の受注。

 

流石に全国で20人足らずの優秀営業マン表彰を受けるだけのことはあります。

 

それも今月頭には注残がゼロだったのに、猛烈なスパートをかけてそこまで行ったのだそうです。

 

クルマは1台売るだけでも大変。

 

まれに試乗もせずに契約してくれる大金持ちの固定客もいるそうですが、殆どの場合は1〜3回は試乗して商談も数度に及びます。

 

レクサス店の様に店頭販売で完結させる方針ではないから、なんども客の自宅まで足を運ばなければなりません。

 

そして売った後の事務手続きが大変です。

 

ヤナセでは車庫証明の取得や登録などは全て売った営業マン自身が行わなくてはならない上に、12月のベンツのキャンペーン(メーカーオプションが全て半額)の条件を達成するためにはローンを組まなくてはならない仕組み。

 

12月のキャンペーンはその手続きがプラスになります。

 

それを1カ月だけで13件もこなすのだから激務で頭がフラフラになるのは当然です。

 

店を出る時、彼は「今日はちゃんと寝ます」と言っていました。

 

 

だけど、予定が狂った私もがっくり。

 

年内納車が間に合わないというのもショックだったし、せっかくタイヤの入れ替えの為に重いタイヤを倉庫から出してクルマに積んだのが無駄。

 

さらに今日は道が混んでいたのに往復40キロ以上の運転は結構きつかった。

 

 

なので家に帰ってからはソファーでぐったり。

 

胸の上に飛び乗って甘えてくるサンちゃんを撫でながら2時間ほど午睡してしまいました。

 

 

そんなこんなで今日は一日無駄に過ごしてしまいました。

 

そしてテレビをつけると、大谷選手と一緒に映っている醜悪な安倍の顔。

 

経済も外交も内政も支離滅裂なことをして不支持率が上がっているのに、平然と100兆円を超える予算案を組み財政改革を先送りしているとんでもないアホが大谷選手とニコニコと握手をしている姿を見てさらに気分が悪くなってしまいました。

 

先週半ばから大崩れの株価。

 

リーマンショック級の経済変動があれば消費増税も見直すと言っていたけどどうなるんでしょうか。

 

すでに消費増税を上回る対策費を予算案に含めている中で、どんな対応を示すことができるのか見ものです。

 

早く参院選で自公を惨敗させなければますます我が国は酷いことになりそうです。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

新型Cクラスを注文してしまった

  • 2018.12.16 Sunday
  • 21:20

クルマ好きな私は大体3年おきぐらいに買い替えてきました。

 

今のCクラスは「あがりのクルマ」にしようと思って定年直前に買ったのだけど、安全装備や自動運転機能がドンドン進化するなかで、来年か再来年には買い替えたいなあと言う気持ちがムラムラと…

 

だけど高価な買い物だけに、事前にいろんな車種を調べて必要があれば試乗しておくのが私の主義。

 

今日は新型Cクラスを試乗しておこうと思って、担当セールスに電話。

 

来週火曜日はヤナセの近くにある歯科医と糖尿病専門クリニックに行く予定があったので、その日の都合を聞きました。

 

すると、良ければ今日にでも来て欲しいと言います。

 

かなり遠いので一瞬渋ったのだけど、今日はかみさんと娘が企業のイベントのお手伝いに一日出張で私は暇だったから時間はあります。

 

なので、ドライブがてら郊外のヤナセ迄出掛けました。

 

 

試乗したのはC200と、C43AMG。

 

そして最初に試乗したのがC200。

 

基本的にはマイナーチェンジだからエクステリアもインテリアもあまり大きな変化はないけど、48Vのマイルドハイブリッドかによってスターターの音がとっても静かになっていて、アイドリングストップからの再始動時にもほとんど振動がありません。

 

急加速する時はグーンと出るパワーが無くなっていると思ったけど、ミッションが7段から9段になってキックダウンした時のショックが少なくなっているだけで加速そのものは変わっていないそう。

 

そしてタイヤがランフラットから普通タイヤに代わっていたので、段差でガツンと来ることもなくなっていました。

 

そして自動駐車システム。

 

現行のものはステアリング操作こそ自動だけど、ギアチェンジは手動。

 

これならかみさんでも狭い駐車場に楽に入れられそうです。

 

外観も内装もあまり変化はないけど、中身はフルモデルチェンジ以上の改善がされていました。

 

 

次に試乗したのがC43AMG。

 

いつかはAMGを保有してみたいと思っていたのだけど、これがとんでもないじゃじゃ馬。

 

3リッターV6ツインターボは恐ろしいくらいのパワーがあるのはまだ良いのだけど、バリバリとエンジン音もうるさいし、バカでかいタイヤを履いているのでロードノイズもそこそこあります。

 

C63と比べれば街中でも乗りやすくしてあるとのことだけど、低速で少々ぎこちない動きをする傾向があります。

 

あと10歳若ければ良いけど、60を過ぎて乗るクルマじゃないとコースをショットカットしてショールームに戻りました。

 

C220Dも試乗車にあったけど、担当営業マンは絶対に勧められないというのでやめました。

 

 

あとは、ワンランクアップしてEクラスということも考えたのだけど、これぐらいのサイズになるとかみさんが運転できない。

 

うちの駐車場の狭さを知っている担当セールスも、正直お勧めできないと言うので試乗するのはやめました。

 

 

これで目的は達成したので帰ろうと思ったら、担当セールスが持ってきたのがC200の見積書。

 

私が試乗している間に査定をして、洗車も済ましておいてくれました。

 

ちょうどベンツがプレオーダーキャンペーンというのをやっていてメーカーオプションが全て半額になるのに加えて、事故歴(駐車場でリアパネルをちょっとぶつけただけ)のある私のクルマの査定額もまずまずだし、びっくりするような値引き額。

 

どうしてかと聞くと、あと1台売れば全国優秀セールスマン賞を獲得できるんだそう。

 

年内の納車に間に合うには来週火曜日までに注文して車庫証明を取らないとだめだそうで、今ホットが数件あるけど年内納車には間に合わない可能性もあるんだそう。

 

今月はまだ9台しか売っていないと言いますが、高価なベンツを月に9台も売れば立派なものです(一般的には月に3〜4台売れれば十分のはず)。

 

それでも、ヤナセに行くとどこでも冷たい対応しかしてくれなかった中で、唯一フレンドリーに接客をしてくれて長時間の試乗もさせてくれた当時は新人セールスの男。

 

普通は試乗コースはきれいな舗装路面だけだけど、彼は敢えてガタガタ道に案内してくれて、キャッツアイの上を走って見てくれと言いました。

 

次の試乗待ちのお客さんがいたけど、高速道を運転してみたいという私の希望を聞いて高速道を含めて1時間以上も試乗させてくれました。

 

3年前に今のCクラスを彼から買った年には、初めての優秀セールスマン賞を受賞することが出来たと言って、わざわざ電話で連絡して来てくれ、奥さんが涙を流して喜んでくれたと話してくれたことを思い出しました。

 

 

私もかみさんもそんな彼が大好き。

 

家に見積書を持ち帰ると、かみさんはあっさり「買っていいよ」と言います。

 

ただし、ベンツ純正のワンコ用キャリアカーをサービスでつけてくれたらね…の条件付き。

 

早速電話してその条件を伝えると、上司の許可がとれるかどうか分からないし、先程の見積書の値引き額も実はOKがでないかもしれないとのこと。

 

10分ほどして彼から折り返しの電話があり、今日中に決めてくれたらその条件を飲みますとの返事。

 

当然、私達もOKしました。

 

 

ということで、ここ数日のお買い物癖が続いてクルマまで買ってしまいました。

 

私の保有株が騰がって気が大きくなっていることもあるかもしれないけど、友人が社長をしている会社の株はそう簡単に売ることもできません。

 

社長さんには10倍になるまでは売りませんとも宣言しています。

 

だから、代金は現役時代にコツコツ節約して貯めたお金が原資。

 

それはそれで良いのだけど、保有している株価が10倍になったらEクラスのAMGでも買いたいなあという夢は消えてしまいました。

 

あとはギターと歌が上手くなりたいという夢はあるのだけど、これはお金で買うことはできません。

 

この10日間で大体欲しいものは手に入れたのだから、後は自分自身で努力するしかありませんね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM