周防市の救出劇で思ったこと

  • 2018.08.16 Thursday
  • 09:24

山口県周防氏で行方不明になっていた幼児を救出した尾畑さん。

 

メディアのインタビューに屈託のない笑顔で答えている姿がカッコ良かったですね。

 

ご本人は、65歳で鮮魚店を辞めて以来全国を飛び回ってボランティア活動を続けていらっしゃるそう。

 

本当に素晴らしいことですね。

 

他方で気になるのが、大勢で捜索にあたっていた警察や消防が何故幼児を見つけることが出来なかったということ。

 

たった一人の78歳のご老人が僅か30分で発見できたのに、どうして彼らが出来なかったのか。

 

 

私の勝手な考えだけど、その差は「私情と義憤の有無」じゃないかと思います。

 

他方は仕事だと思ってやっている人達、そしてご老人はひたすら純粋な思いで人を救いたいとの私情と義憤による行動。

 

この「私情と義憤の有無の差」ってかなり大きいと思います。

 

もちろん警察や消防の人たちも一所懸命に捜索にあたってくれたのだろうけど、どこか心の片隅に「仕事だから」という気持ちがあればもう一歩踏み込んだ活動に至らないという面があるんだと思うんです。

 

 

現役時代に新規事業企画を担当していた私。

 

マーケティングやビジネスモデル、パートナーの組成などに取り組まなければならないのだけど、そんな時に出会った私の人生・ビジネスにおける生涯のお師匠さん。

 

彼が教えてくれたのは、

 

「この世の中のこんなところを変えたい、こんな世の中にしたいという私情や義憤がなければ新規事業は成功しない」

 

ということでした。

 

はじめは、なにを言っているんだろうと思った私ですが、彼に仕える様になってその意味が少しづつ分かるようになってきました。

 

セコムの企業理念は「セコムの憲法」として有名ですが…

http://www.secom.co.jp/corporate/vision/

 

セコムが病院経営に乗り出したのが、ある地域で消防と病院が癒着して救急医療が歪められたある事件を知ったことが発端だそうです。

 

こんなことで良いはずがないと考えた創業者と社長さんは、それ以来数々の制約を押しのけて病院経営に乗り出すことが出来たのだそう。

 

私の師匠の凄いところは、私を実際にセコムの社長さんに会わせてくれたこと。

 

師匠は予め私を会わせる目的を社長さんに告げてあったのでしょう。

 

他にもいろいろと為になるお話を聞かせていただきました。

 

 

周防市の件は、そんな師匠の教えを思い出させてくれました。

 

 

考えてみれば、私が59歳で早期退職を選んだのも、専業主婦だったかみさんが手芸教室を本格的に始めて会社を作ったのも、そして中古のビルを買ってリノベーションして直営の手芸教室とカフェを作って、私の趣味のコンサートを企画・開催するようになったのも、全てお師匠さんのアドバイスや考え方に影響を受けてのもの。

 

私はそのお師匠さんから貰った講演会の原稿はいまだに大切にとってあります。

 

しばらく読み返していなかったのだけど、ちょっとだらけてきた今の生活を見直してみるためにもう一度読み返してみようと思いました。

 

それにしても尾畠さんの笑顔が印象に残る周防市の救出劇でした。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

心配になってきた次回の発表会

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 10:30

昨日行ったとんでもなく美味しい鰻屋さん。

 

かみさんが食べログで調べると、なんと我が家の近所の有名鰻店の二番手調理人が独立して始めたお店だそう。

 

いつもお買い物帰りにそのお店の前を通るのだけど、そこは長蛇の列。

 

外にはテントと椅子が並べてあってそこに沢山の順番待ちのお客さんがいます。

 

でも、そんな長蛇の列に並ぶ気がしない私達は一度もそのお店に入ったことはありません。

 

 

昨日たまたま見つけた鰻屋さんが、そのお店から独立した料理人が始めたところだなんてびっくりです。

 

この5月に開店したばかりだそうです。

 

昨日は超満員でしたが、店員さんに聞くと普段はそうでもないそうで、この日は予約が沢山入ったのと飛びこみのお客さんが重なっただけなんだそう。

 

でもこれだけ美味しければきっと繁盛するに違いありません。

 

世の中不景気だと言っても、ランチに4000円払える人は沢山いるってことです。

 

年金生活の私でも、これだけ美味しければ月に一度は行きたいなと思っている位ですから…

 

 

昨日はバスで出掛けた私達ですが、今日も愛犬達にお留守番を頼んでクルマで出掛けました。

 

目的地はメガドンキ。

 

いつも行く激安スーパーがお盆でお休みだからです。

 

途中でニトリとしまむらに寄りました。

 

ニトリには目的のものがなかったためすぐに退店。

 

そしてしまむらへ。

 

かみさんが私がカフェの手伝いに入る時に使うエプロンを買うためです。

 

私が同意していないのに、かみさんの頭の中ではいつの間にか、私が恒常的にカフェを手伝うことになったのかなあ。

 

まあ、お盆休み明けにはまた沢山の予約が入っているからその日だけはとりあえず手伝うしかありません。

 

 

あちこち寄ったら既にお昼。

 

ところがメガドンキの近辺にはレストランが見当たりません。

 

マックはあったけど、昨日美味しい鰻丼をいただいたばかりでマックはちょっと…

 

それで他に何かあるだろうと思ってクルマを走らせたけど、倉庫と工場ばかりのこの辺りにはなんにもありません。

 

昨日のパターンと同じです。

 

かなり走ってようやく見つけたのが博多ラーメンのお店。

 

博多ラーメンは私の好みではないけど、仕方がありません。

 

ところが出てきたラーメンが絶品。

 

豚骨ラーメンは独特の臭みがあるのが嫌いなのだけど、ここは臭みは一切なく濃厚かつ深みのあるスープ。

 

麺の量も博多ラーメンは箸で3〜4回すくったら無くなってしまうことが多いのだけど、そこそこの量。

 

プラス170円で辛子明太子ご飯もついて、680円と最近になく低価格のラーメンはここ数年食べた中でも一番美味しかった。

 

あまりにも美味しくて写真は↓だけ。

 

 

二日続けてランチに大当たりした私達はご機嫌。

 

メガドンキでのお買い物も楽しかった。

 

 

帰って一休みしてから私はヴォーカル教室へ。

 

先回はYou Raise Me Me Upを歌って先生に音痴だって言われたのだけど、今日は今度の発表会で演奏する予定のWhile My Guitar…を一度歌ってみて欲しいと言います。

 

ジョージの曲は音域がポールの曲の様に広くないし、抑揚もほとんど無いので楽に歌えたけど、自分でもなんだか変な感じがします。

 

歌った後に先生の顔色を窺うと、なんだか不満顔。

 

先生曰く、

 

「この曲はダラーっとした曲だから、下手に歌うと余計に下手に聴こえて格好悪くなりますよ」

 

とのこと。

 

英語の発音でいつもの「R」のある個所をいくつか直されたうえで、発表会までなんとかまともに歌える様にレッスンをしましょうとのことになりました。

 

それとバッキング録音してあったCDを聴いた先生は、

 

「かなりソロが長くて難しいですよ。ギターの練習の方は大丈夫ですか?」

 

と言われてしまいました。

 

チョーキングだらけのこのソロは確かに不安要素だらけ。

 

次の発表会がなんだか心配になってきました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM