義父母の大喧嘩を見せられたが優しい娘のおかげで楽しい父の日になりました

  • 2019.06.16 Sunday
  • 21:13

今日はリハビリ病院に入院中の義父の一日退院日。

 

徐々に自宅での生活に慣れていくためのものだそうです。

 

本当は義父の息子がすべてを取り仕切るべきだと思うのだけど、義弟は義父と不仲。

 

というか義弟は義母ともかみさんともほとんどコミュニケーションがありません。

 

という訳で、一日退院のお手伝いは私たち夫婦だけ。

 

私としては義父の一日退院を手伝うことは吝かではないのだけど、今後のことを考えるとちょっと心配になります。

 

朝、病院から義父を家に連れてきたのは良いのだけど、さっそく義父母で凄まじい夫婦喧嘩。

 

脳梗塞の後遺症で尿意も便意もなくした義父は一定間隔ごとにトイレに行く必要があると病院から言われています。

 

それで義母がトイレに行くのを促したら、それだけで義父は不機嫌になり、大喧嘩。

 

義母は、

 

「それができないなら私は面倒みれません。施設にでも入ってもらうよ」

 

とまで言い、それに対して義父は必死になって反抗しています。

 

ただ、認知症に加えて脳梗塞の後遺症で口が回らないので、何を言っているのかほとんど理解できません。

 

義母とかみさんが台所に立っている間、義父は私に自分の言い分を認めてくれるように話してくれますが、やはりなにを言っているのかさっぱり理解できません。

 

お昼ご飯に父の日と義父の誕生祝いを兼ねたお寿司を食べた後は、私はいたたまれないのとやることもないので外に出て一人でカフェで夕方まで時間を潰しました。

 

キンドルを持って行ったので時間を持て余すこともなくて良かった。

 

夕方になって義父を病院に送り届けてから、義母とかみさんと私で老舗の喫茶店に入りました。

 

義母には、私が手伝うことは一向に構わないけど実の息子にもっと頼るべきだと進言しました。

 

かみさんにも自分の弟なんだからちゃんと話したらと言いました。

 

でも二人とも全く聞く耳を持ち合わせていません。

 

そしてそもそも、一昨年の義父の通院、入院時に運転手と付き添いをしているのに、義弟からは一言の礼もありません。

 

私の両親がいろいろあって大変な時には、遠く離れて住んでいる私に代わって義兄(私の姉の旦那さん)がいろいろとやってくれて、私は義兄にお土産を持って行ったり何度もお礼をしたのですが、義弟から私には一切なし。

 

全く困ったものだし、ばからしくもなりますが、義母が何度も私に「ごめんね。ありがとう」と言ってくれる姿を見ると仕方がないかなあと思ってしまいます。

 

でもいっそのこと、私が手伝わない方が義父母にとっては良いのかもしれないとの思いもあります。

 

 

そんな訳で私自身にとっては散々で暗い一日になったと思っていましたが、家に帰ると愛犬達の熱烈歓迎。

 

疲れもふっとんでしまいます。

 

そしてすぐに娘が降りてきて、私に父の日のプレゼント。

 

愛犬達も興味津々。

 

IMG_1300.JPG

 

プレゼントの中身は、ヴォーカルトレーニングの機械と、

 

IMG_1302.JPG

 

アコギ用の親指用ピック。

 

IMG_1303.JPG

 

娘は毎回、音楽が趣味の私に合わせてプレゼントを考えてくれます。

 

前回は発表会の課題曲の「While my guitar gently weeps」のロゴ入りのTシャツでした。

 

優しい娘に育ってくれて良かった。

 

自分の母のこと、義父母のこと等いろいろと悩みはあるけど、優しい娘と愛犬達がいるから差し引き大幅なプラスです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

イラン危機で年金云々どころではなくなる危険性

  • 2019.06.15 Saturday
  • 11:54

ホルムズ海峡で日本籍船が砲撃にあったとのニュース。

 

いろんな見方があるけど、どうもまた米国の仕掛けた罠の匂いがプンプン。

 

そうした話は陰謀論だと片づけてしまうのがいわゆる常識人だそうだけどそうする論もかなり怪しい。

 

陰謀論は本当に沢山あってインチキ陰謀論も多いけど、その中には本当のものもあります。

 

9.11は今ではイラク侵攻を正当化するための偽旗事件であることが濃厚(トランプ氏が大統領選の際にばらしそうになった。多数のジャーナリスト、研究者がビル崩壊の原因が小型核爆弾であったと証明している等)だし、ボストンマラソンの爆破事件についても米国の大手メディアでさえ様々な証拠写真をあげて偽旗事件だと報道しています。

 

イラクに大量破壊兵器がなかったことはその後の調査でも判明しましたが、CIAは「イラクには核兵器がある」とでっち上げてブッシュにイラク侵攻を進言しました。

 

主権国家であるイラクに大量の爆弾を投下して、民間人を多数殺害し、正当な理由なしにフセイン大統領を殺害した米国。

 

そしてそれを支持した小泉政権(当時の幹事長は安部晋三)。

 

本当に恐ろしい。

 

そもそもアーリア人(白人)の世界侵略の歴史をたどれば、そうした陰謀で先住民を皆殺しにして他国を乗っ取ってきました。

 

アメリカ大陸のインディアンを騙して土地を搾取し、それに抗議する人々を皆殺ししてついには国土を自国のものだと宣言。

 

南米大陸でも先住民の殺戮を繰り広げ、男は皆殺し、女は子供を産ませて混血の国家を作り上げてしまいました。

 

豪州でもそれは同じ。

 

崖の上に立たせて銃を向け飛び降りろと命じて、先住民が死んでいくのを見るのを娯楽にしていたそうです。

 

侵略先は更にフィリピン、そして日本へと進みます。

 

殆どの有色人種の国は白人の言いなりになってしまいましたが、その中で唯一抵抗を見せたのが我々日本人。

 

白人からアジアの黄色人国家を守ろうとして太平洋戦争を行いました。

 

それを主張するのが歴史修正主義者と呼ばれる人々。

 

そんな人々には自民党、日本会議などの右翼団体が多い。

 

そんな人たちを私は決して支持しないけど、他方で白人に世界中が侵略されてきたのも厳然たる事実です。

 

 

今回のイランの件についても不可思議な話がいっぱい。

 

そもそもハメネイ首相に、米国隷属が明確な安部が会って何を説得できるのか。

 

朝日新聞の報道によると、安部のイラン訪問はトランプに要請されたものではなく自ら「両j国の橋渡しができるのは私だけです」とうそぶいて手を挙げたそうです。

 

これに対し、安部と会談を終えたハメネイ氏は以下のように不快感を表明したそうです。

 

我々は、安倍晋三の善意と真剣さは疑いません。しかし、あなたが米大統領から伝えられたことについていえば、私はトランプをメッセージのやり取りをするにふさわしい相手とは思っていない。トランプへの返答はありませんし、彼に答えるつもりもありません。
安倍晋三氏よ、アメリカ大統領は数日前にあなたと会って、イランについても話した。しかし、日本から帰国した後、彼はすぐにイランの石油化学産業に制裁を科しました。これが誠実なメッセージですか? これで彼が嘘偽りのない交渉をする気があるということが示されると?
安倍晋三氏よ、あなたは、トランプは米国との交渉がイランの進歩につながるだろうと話していたと、そう言いましたね。我々の進歩は、交渉や制裁解除がなくとも、神の恵みによってなされゆくのです。

 

 

ハメネイ氏にしてみれば、自国への侵略を狙っている米国は強盗犯と同じ。

 

その米国にヘラヘラとへつらっている安部が「核武装を止めてほしい」と言われてほいほいと従うはずもありません。

 

民間ベースではせっかくイランと友好関係にあった日本ですが、安部の訪問をきっかけにおかしな方向に行く危険性も出てきました。

 

そんな中での日本籍船への砲撃事件。

 

戦争をしたくてたまらない米国の軍産複合体&CIAの陰謀だと考えても全然おかしくありません。

 

不幸中の幸いは、トランプ氏が軍産複合体とは一歩間を取っていること。

 

口げんかが得意なトランプだからいろいろと過激発言もしているけど、戦争に至る可能性は少ないだろうと言われています。

 

だけど、米国軍産複合体の圧力にトランプ氏が屈する可能性もゼロではありません。

 

そうなったら原油価格は急騰し、年金が少ないなんてことを言っている場合ではなくなるかもしれません。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

新型Bクラスのこと、腫瘍の摘出手術のこと等など

  • 2019.06.14 Friday
  • 21:56

今日はヤナセへ。

 

愛車Cクラスの半年点検です。

 

11時に着いて2時間ほど掛かるというので近くのショッピングモールまで歩いて出かけました。

 

今日はかみさんも付いてきました。

 

もちろんショッピングモールのランチがお目当てです。

 

 

ヤナセのショールームには新型Bクラスも置いてあるかもと思ったけど、流石に発売開始されたばかりでどこにも見当たりません。

 

スタッフにBクラスはいつ来るの?と聞くと、実はつい先ほど入庫したばかりだそう。

 

早速上階の駐車場から下ろしてきてもらってチェックしました。

 

Bクラスが玄関先に到着するまでの間、美味しいコーヒーとお菓子を頂きました。

 

IMG_1295.JPG

 

コーヒーはドイツの最高級ブランドのものに変わったそうです。

 

とっても美味しかった。

 

 

さていよいよBクラスのお目見え。

 

昨年末モデルチェンジしたばかりのAクラスの内装は、これがエントリー車かと見紛うばかりの豪華さ。

 

特にインパネがメーター類とナビが一体化されていて未来の自動車の様。

 

BクラスはAクラスの派生車だからきっと良いはずだと思ってはいましたが、ずんぐりむっくりしてスマートとは言えない外観に未来的なインパネが装着されているBクラスは更に意外性があって面白い。

 

内装周りのプラ素材も前モデルと比べてはるかに高級感のあるものとなってSクラスとさほど変わりません。

 

更にCクラスと比べてBクラスが良いと思った点が、ドアの入り口部分が大きくえぐってあって乗降時に足を入れる邪魔をしないこと。

 

加えて全高があるので身体をかがめる必要もなし。

 

トランク部分もサイズ的にはCクラスより小さいけど、開口部が広くなって車椅子も乗せやすそう。

 

そして全幅も1795僂Cクラスより25仂さく、1800个離ラウンとほぼ同等。

 

これならかみさんも運転しやすそうです。

 

そして各種安全装備はベンツらしくSクラスとほぼ同等。

 

安全装備については他車もカタログ上ではいろんな機能を付けるようになっているけど、実際の性能はベンツには遠く及ばないのは実際に確認済み。

 

かみさんはこれから義父の介護でクルマの運転頻度が多くなりそうなのでセカンドカーとして考えても良いかなあと思います。

 

 

20分ほどBクラスを触ってから近くのモールのレストラン街に。

 

外食はこのところ外れが多かったのですが、今日は大当たり。

 

地元の有名店の小規模なフランチャイズ店ですが、厚さ2僂呂△蹐Δというロースかつはとっても美味でした。

 

 

1時間ほどしてヤナセに戻るとまだ点検が終わっていません。

 

コースティング機能が働かないという私の指摘を確認するためにテスト走行に出ているんだそうです。

 

待っている間に、担当営業スタッフが帰ってきて私が喫煙所でアイコスを吸っている間にノベルティーを持ってきてくれました。

 

傘とバッグです。

 

ヤナセのノベルティーは、いわゆるノベルティー然とした安物ではなく、なかなか高級感のあるもの。

 

傘は以前に2本貰っているので、これは娘婿に上げようと思います。

 

そして赤いステッチにAMCのロゴが入ったバッグは私がヴォーカル教室に通うときに使おうと思います。

 

 

30分以上待ってサービススタッフがメカを伴って説明に来てくれました。

 

結論としてはどこにも悪いところはなく、バッテリーが完全状態でない場合にはコースティング走行ができないのではないかとのこと。

 

でも高速道路を長距離走行した際にもコースティング走行できなかったのだから・・・と言うと、もう一度ベンツジャパンに問い合わせて確認してみるとのことでした。

 

そしてそもそもCクラスのお客さんからそうしたクレームは皆無で、私からのクレームが初めてなんだそう。

 

まあ実際の走行にはなんの支障もないのだからそれならそれで良いんですけどね。

 

バックの際に下向きになる左サイドミラーが前進時に元に戻らないことがある点については、ソフトウェアをアップデートしてくれたそうです。

 

ただ、帰りに寄ったスーパーでまた左サイドミラーにその症状が発生。

 

ひょっとして私が知らない内にミラーのスイッチを触っているのかもしれません。

 

もう少し様子を見てみようと思います。

 

 

夕方はギター教室へ。

 

先生がすべての参加者で同じ譜面を共有化しなければならないと言って、先生の持っている方の譜面をコピーしてくれました。

 

最後のFO(フェードアウト)の処理や、ポールとジョンが違う歌い方をしている部分の調整(当時はいい加減なレコーディングをしていたらしい)を譜面に書き込んでくれました。

 

同じものをヴォーカルの先生にも渡してくれるそうです。

 

音源もいくつかの異なるものがあるので、先生の持っている音源をやはり全員で共有することになりました。

 

家に帰ってその譜面を、ベース担当の娘とサックス担当のかみさんとも共有しました。

 

かみさんは早速その譜面をサックス用に3度下げの譜面に書き換えていました。

 

発表会がとっても楽しみです。

 

 

ところで今日はちょっとショックなことが一つ。

 

ギター教室の帰り道でばったり会った、キュート君の大親友のマルチーズ君。

 

私の顔を見ると近づいてきてくれましたが、どことなく元気がありません。

 

すると、足に大きな腫瘍ができて明日手術するそうです。

 

幸いにも悪性ではないそうですが、3冂に膨れ上がった腫瘍はみるからに醜悪そうな顔をしています。

 

シニアなので心臓が手術に耐えられるかどうか心配だそうですが、放置するとどんどん大きくなってしまうので手術することにしたんだそうです。

 

飼い主さんの為にも、親友のキュート君の為にも無事に帰ってきて欲しい。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

政治に無関心でいるといつかは戦争になるかもしれない

  • 2019.06.13 Thursday
  • 20:30

今日は晴天。

 

その割に暑くはなく、適度な風も。

 

なのでいつもの公園まで愛犬達とお散歩。

 

ベンチに座ってキンドルで読書していると、隣のベンチに小さい子供を連れたお母さんが座ってパンを食べ始めました。

 

可愛い男の子でした。

 

小さい子供が好きな私はチラチラと子供がお母さんにパンを食べさせてもらう姿を見ていました。

 

するとその子も私の顔をずっと見てくれています。

 

私が視線を外してもずっと子供がこちらを見ているのが分かりました。

 

すると愛犬達がやきもちを焼いたのか、突然ガウガウ。

 

でも小さい子供もお母さんも全く怖がることなく笑顔で「ワンちゃん可愛いねえ」「うん、可愛い」と話しています。

 

あまりにも可愛い子供だったので声をかけたかったのですが、お父さんのいない母子に声を掛けると変質者と間違えられるかもしれません。

 

だから愛犬達のリードを持ってベンチを立ち、歩きながらできるだけさりげなく、

 

「ママと一緒にご飯良いねえ」

 

と声掛けしました。

 

するとお母さんが満面の笑顔で、

 

「ごはんじゃなくてパン食べてます。ワンちゃん可愛いですね」

 

と答えてくれました。

 

さらに母子で、

 

「ワンちゃんバイバイ」

 

と言って手を振ってくれました。

 

小さい子供がぎこちなく手を振る姿は本当に可愛い。

 

母性愛溢れる母親と小さい子供の姿って心が癒されますね。

 

 

家に着いたら愛犬達はぐったり。

 

やはり小さいワンコには今日のような日でもアスファルトの照り返しが少々暑くてばてたのかもしれませんね。

 

うとうとしながらも必死に目を開け続けようとして、そして最後にはこてっと寝てしまう愛犬達は狂おしいほど可愛い。

 

 

ところで最近話題の年金話についでだけど、無職の配偶者の妻の年金の見直しが検討されているそう。

 

健康保険に関しても、一時取りやめていた妊婦加算がまた復活しているんだそう。

 

少子高齢化対策が急務だと言いながら全く矛盾した政策です。

 

今日のような幸せそうな母子がもっと増える政策が打てないものですかねえ。

 

安部は先日の国会で、

 

「財源がなけれな出とバランスを取らないと年金制度は成立しないんですよ」

 

と野党の追及にまともに答えないで、当たり前の分かり切った話にすりかえましたが、他方で法人税減税を継続し、高額所得者の累進性を緩め、そして米国から1兆円以上もの軍備購入を約束している口でよくそんなことが言えたものです。

 

やはり年金制度は近いうちに崩壊してしまいそうです。

 

GPIFは現在でも積立金が年金債務の2〜3年分しかない上に、その多くを株式投資に回してしまっています。

 

株価が下落すれば年金債務は支払い不能になってしまいます。

 

最悪は税金で補えば良いのだけど、こんなバカげた対米隷属の歳出をし続ければその財源もなくなってしまいます。

 

もともとの制度設計が甘いうえに、グリーンピア等の無駄な厚生年金施設をあちこちに作って結局民間に激安で売却して多額な売却損を出し、厚生官僚は事務所にマッサージ機を買ったり公私混同も甚だしい無駄使いをしてきたのだから、破綻も当然の運命です。

 

それを徹底追及した民主党政権は、米国と官僚、マスメディアの罠にかかって政権の座を追われ、もはやそれを徹底的に追求されることも無くなってしまいました。

 

そして国民の方も「年金だけでは足りないのは分かり切ったこと。野党はそれを蒸し返して政局の材料としている」なんて言っているのですから自民党は楽なもんです。

 

我々の世代はそれなりの貯えもあって、年金なんてそんなもんだと悟り切ったことを言ってしまいがちですが、

少なからずの国民が「100年安心年金」のスローガン(小泉政権時。安部は幹事長)に騙されていることも忘れてはなりません。

 

香港の国民は政府が何かしようとすると国民の多くが立ち上がって命を懸けたデモをしているけど、日本人はおとなしいものです。

 

 

哲学者のアーレントは、

 

「悪とはシステムを無批判に受け入れることである」

 

と言っています。

 

悪はそれを意図して行う者によってなされるのではなく、むしろそれを意識することなく無批判かつ受動的になされることに本質があると言いました。

 

戦争もそんな状況の中で行われてしまうそうです。

 

↓は「戦争jの作りかた」と題されたアニメ。

 

 

先日偶然見つけたビデオですが、ホルムズ海峡で日本船が襲撃にあったとのニュースを聞いてそのビデオを思い出してしまいました。

 

自分は関係ないから、と傍観者を決めこむべきではありません。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

「ロゴス」「エトス」「パトス」

  • 2019.06.12 Wednesday
  • 21:45

アリストテレスは、本当の意味で人を説得して行動を変えさせるためには「ロゴス(論理性)」「エトス(倫理性)」「パトス(情熱)」が必要だと説いています。

 

それは「弁論術(レトリック)」と言われます。

 

それに対してソクラテスは、真実に至る道は対話しかないと批判したそうです。

 

なぜならアリストテレスの言うところの弁舌(レトリック)は一見正しいように聞こえても、人心を誤らせることがあるからだそうです。

 

実際にヒトラーや、新興宗教の創始者なんかも弁論巧みに人を騙してとんでもないことをしたのだから、ソクラテスの言い分に軍配が上がりそうです。

 

 

国会で野党が与党の政策や行動を追求している姿を、見苦しいとか無駄だとか批判する人がいるけど、それはソクラテスのロジックからすると対話を否定するということだからダメっていうことになりそうです。

 

よく話題になる菅官房長官の記者会見時の東京新聞望月記者の執拗な質問に対して、これを封殺しようとする政府・自民党もやってはならないことをやっているということになりますね。

 

 

政治家に限らず、誰かが一人で演説をすると自分だけでロジックを組み立てるので、一見良いことを言っているように思ってしまいがちですが、「パトス(熱弁)」に隠れてとんでもない「ロゴス(論理性)」があることも多い。

 

安部や麻生が一人で話しているのをよく聞いていると「ロゴス」が無茶苦茶なことがとても多い。

 

それでも彼らを支持する人が沢山いるということは、ロゴス以外のところで人々の心を捉えている部分もあるんでしょう。

 

だからこそ、野党の厳しい追及も必要なんだと思います。

 

蓮舫氏や枝野氏のちょっとエキセントリックな話し方に嫌悪感を覚える人もいるだろうし、彼らのロゴスにも矛盾がある場合もあるけど、やはり質疑(対話)は絶対に必要です。

 

そしてそれが民主主義というもの。

 

民主主義はとても面倒だけど、そんなステップがなければ「独裁」を許してしまうことになります。

 

安部友や右翼系のメディアなどで、金融庁レポートに対する野党の追及を無駄だ、見当外れだとする論調も見られるけど、そんな考え方自体も危険な匂いがします。

 

 

 

今日はヴォーカル教室。

 

先生の前で初めて「Hard Days Night」を歌いましたが、先生からの評価はボロボロ。

 

やはり英語の発音が全然できていないと指摘されました。

 

拍の取り方も加山雄三の歌い方だそうです。

 

なので1番だけを何度も歌い直し。

 

前回の発表会で歌った「夢の人」と比べてそれほどの早口言葉もないと思い込んでいたけど、やはり正確に英語の発音をしようとすると上手く旋律にはまらないところもあります。

 

更に、山の最高音部の発声も全然だめだと言われました。

 

レッスンはあたかも英会話教室の様になりましたが、英語の歌を歌うんだから仕方がありません。

 

本人が楽しければ、聞く人も楽しいだろうからそれで良いんだからという人もいるけど、英語が分かり音楽的耳のある人にも聴いてもらうんなら相手に歌詞の意味や作曲者の意図も十分伝えることができるようにしなければなりませんね。

 

そうでなければ聴いてくれる人との対話も成立しないんでしょうね。

 

今日のレッスンではそんなこともあって、アリストテレスとソクラテスの話を思い出してしまいました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM