楽しかった日曜日

  • 2018.01.22 Monday
  • 00:52

今日は私のビルでライブを開催する日。

 

朝お風呂に入る時に、愛犬たちも一緒に入れてやりました。

 

今日は丸一日構ってやれないので、せめてお風呂だけでも一緒に入ってやろうと思ったんです。

 

二匹一度に入れて、充分シャンプーした後、一匹づつ湯船の中に抱っこして入れてやりました。

 

お風呂から上がってドライヤーで乾かしてあげる時には、二匹仲良く並んで気持ちよさそうにしてくれました。

 

本当に可愛い。

 

 

お風呂から上がって一服していると、もう奏者さん達がリハにやってきました。

 

これまでも数回のリハを繰り返していると聞いていましたが、朝早くからまたリハするんだから大変です。

 

ところが娘が昨夜から頭痛を発症してしまいました。

 

なので、奏者さんの昼食の支度はかみさんがピンチヒッター。

 

私もその間、ライブで出すドリンクなどの運搬に1Fと3Fを何度も往復。

 

昨日の準備で既に足腰がガタガタになっているので、ちょっときつかった。

 

そうこうしている内に、娘も出て来てくれてなんとか安心。

 

 

お客さんの入りは、これまでの様に超満員とはいかなかったけど定員の8割弱の入り。

 

営業利益は出ないけど限界利益はプラスだし、もともと私の定年後の道楽でやっているのだから文句はありません。

 

 

ライブはもちろん楽しかった。

 

IMG_047-017.jpg

 

最後の曲は、今ブレーク中の「ダンシングヒーロー」。

 

お客さんが全員手拍子をしてくれました。

 

そしてアンコールは「糸」と「川の流れの様に」。

 

用意していた歌詞カードを配布してお客さんにも歌ってもらいました。

 

終演後はお客さんが奏者さんと記念写真を撮ったり、談笑したりで楽しんでいただけたようです。

 

 

びっくりしたのはある男女一組のお客さん。

 

新幹線とタクシーを乗り継いで遠くからわざわざ来てくれたということにもびっくりしましたが、更に着ているものがとんでもなく派手で高価そう。

 

「芸能関係の人なんですか?」

 

と聞くと、女性の方は作曲家だと打ち明けてくれましたが、男性の方は、

 

「カスタネットは世界一だけどね」

 

とはぐらかされました。

 

奏者の人達も、彼らの正体を誰一人として知らないと言います。

 

そして、カフェのレジの前にある保護犬活動の募金箱に千円札と百円玉数枚を入れてくれる気前の良さ。

 

帰りもタクシーを呼んで欲しいと言って、到着したタクシーに乗ってお帰り。

 

そんな彼らは腰が低くて、言葉もフレンドリーだけどそこそこ丁寧。

 

こんな人たちが私の小さなホールのライブに来てくれるなんて本当に不思議です。

 

世の中にはとんでもないお金持ちもいるもんなんだと思いました。

 

 

打ち上げは、一昨日下見したイタリアンへ。

 

IMG_8137-01.jpg

 

いつも思うことですが、これまで全く知らなかった業界の若い人とこうして食事できるって本当にありがたいことです。

 

普通に定年して、その後はカルチャーセンターなんかで習い事や家事手伝いをして、たまに海外旅行にでかけるという、私の先輩、同期たちのような生活をしていたら、絶対に経験することができなかったことです。

 

彼らの恋バナの話も聞けたし、私がかみさんをゲットした時の話もさせてもらって楽しかった。

 

ただし、かみさんは、

 

「そんな何十年前の話をいつまで言ってんの」

 

とご機嫌斜めでした。

 

 

家に帰ると、愛犬たちが飛びついてきます。

 

キュート君は後ろ足で立って前脚でカキカキするだけだけど、まだ幼いサンちゃんは嬉しさを表現する術がまだ分からないのか飛び上がって頭突きをしたり私の手をがぶっと噛んだりします。

 

それが結構痛いんです。

 

でもキュート君が8カ月ぐらいの時はもっと噛み癖が強かったのだから、サンちゃんも徐々に嬉しさを表現する術を学んでくれることだろうと思います。

 

 

今週、私が数時間預かることになっている保護犬だったヨーキーちゃん。

 

今朝、里親さんからメールが入っていて、お外の散歩ができないそう。

 

ビビりまくって道路の真ん中に座り込んで頑として動かないそうです。

 

おそらく、元の飼い主にガリガリになるまで虐待されて公園にカートに入れられたまま遺棄されていたヨーキーちゃんは、お散歩にもロクに連れて行ってもらっていなかったのでしょう。

 

でも、キュート君やサンちゃんと一緒なら、きっと一緒にお散歩もできる様になるはず。

 

私の役割も重大です。

 

時間は掛かるかもしれませんが、可愛いヨーキーちゃんが幸せになるようにお散歩ができるようにしてあげようと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

幸せの第二の人生と犬生

  • 2018.01.21 Sunday
  • 00:59

明日は私が主宰するライブ。

 

午後からはライブ会場の準備があるので、朝から愛犬たちをちょっと遠い公園までお散歩に連れて行きました。

 

公園では、先日会ったシーズーを連れた母子に偶然再会したし、トイプーとヨーキーのミックスらしきワンコとも初めて会ってお話でしたし、なかなか楽しかった。

 

シーズー連れの母子は、なんと20キロは離れている市からこの公園まで来ているそう。

 

そこは相当な田舎町なので大きな公園があると思っていたけど、そうでもないそう。

 

もう少し近い街にもドッグランがある大きい公園があるはずだけど、聞くと公園全体が暗くて全然よくないそう。

 

なので、わざわざ週に1回はこの公園までワンコを連れてくるんだそうです。

 

そんな話を聞くと、この公園から.5キロの距離にいる私も愛犬たちも幸せなんだと思いました。

 

来週は、昨日正式譲渡になった保護犬のヨーキーちゃんを数時間だけど私が預かることになっているので、この公園に連れて来てあげたくなります。

 

でも、はじめて会う子と3匹でのお散歩はちょっと無謀かなあ。

 

また何回も会えるだろうから、慣れるまでは娘のカフェか、私の部屋で遊ばせる方が無難かもしれません。

 

どちらにしても、保護ママさんのSNSでも「可愛すぎ」のコメントがたくさん寄せられているヨーキーちゃんに会えるのがとっても楽しみです。

 

 

 

お昼ご飯は、ビーフピラフを作って一人飯。

 

たっぷりのバターでニンニクやチリペッパーで香りを出したピラフは中々のお味でした。

 

 

お腹が一杯になったけど、ここで昼寝をしてしまうと、明日のライブの準備ができません。

 

気合を入れて準備に入りました。

 

 

会場は、前回若者のイベントに貸し出していたので椅子やテーブルを出したままだったので、それを入れてライブ仕様に設置。

 

スポットライトも脚立に乗って全て照射方向を直して、スピーカーを配置し、マイクスタンド、譜面台を並べました。

 

結構な力仕事。

 

2時間ほどかかってこれだけやると、もうクタクタ。

 

 

それからも、お客さん全員で歌う曲の歌詞を印刷したり、予約者名簿をメンテナンスしたりで、終わったのは5時。

 

やっと休憩できると思って、ソファーで寝ていた愛犬たちをナデナデすると、むくっと起き上がった愛犬たちはワンワン言って私に遊びを迫ります。

 

ご飯を与えれば静かになるかと思って、ドライフードと牛肉の缶詰を合わせたものを与えるとあっという間に完食。

 

完食したと思ったら、またボールをポトンと私の目の前に落としてクーンクーン。

 

こんなに甘えられたら疲れた老体に鞭打ってでも遊んでやるしかありません。

 

そしてなかなかなかやめさせてくれない愛犬たち。

 

結局、ボール遊びに加えて、毎日のルーティンの訓練(おすわり、おいで、まて、お手)もやらされてトータル1時間。

 

ワンコの躾の本を読むと、躾はせいぜい10分程じゃないとワンコの集中力が途切れると書いてあるのに、なんで我が愛犬たちはこんなに長い間躾をして欲しいとせがむのでしょうか。

 

 

夕ご飯を食べてからソファーに横になるといつのまにか熟睡。

 

目が覚めるとなんと0時半。

 

目が冴えてしまったので、ブログを書き始めました。

 

 

すると、Lineにヨーキーちゃんの里親になった方からの報告が入っていました

 

昨日譲渡契約を終えたので、今日は早速動物病院に行って来たそうです。

 

そこで狂犬病の予防注射をして飼い犬登録。

 

保護ママさんが連れて行った病院では、腎臓の数値があまり良くなかったそうだけど、今日の獣医さんの判断ではそんな心配する程のものではないそう。

 

だから、半年後にもう一度血液検査をすれば良いとのことです。

 

もともと、骨と皮だけのガリガリの状態で保護されたヨーキーちゃん。

 

多少は腎臓にも負担が掛かっていたのかもしれません。

 

でも保護ママさんのところで順調に体重を増やして、里親さんのところでも更に身体が大きくなってふっくらしたそうだから、今は腎臓の状態も更に良くなっているに違いありません。

 

 

里親さんは、そんなヨーキーちゃんが可愛くて可愛くてどうしようもない様子です。

 

26734009_2263111627249197_3301523875742313125_n.jpg

 

実際に、↑のように可愛いので、もうメロメロなんだと思います。

 

 

我が家でも二匹の愛犬たちに、家族全員がメロメロ。

 

3年ちょっと前まではそんな愛犬たちがいなかったんだなんて信じられません。

 

お散歩には連れて行かなければならないし、ウンチとおしっこのお世話もあるし、ご飯の支度もいるし、疲れている時でも遊んでやらなければならないし、お金もかかる。

 

でも、愛犬たちがいなければきっと今よりも寂しい老後生活だったに違いありません。

 

愛犬たちのおかげでワンコ友達もできたし、愛犬たちは私の話し相手にもなってくれます。

 

家族の話題も尽きません。愛犬たちを連れて旅行に行くのも楽しい。

 

まさに生活が激変しました。

 

 

ヨーキーちゃんの里親さんも、きっと生活が激変して、それもとっても充実して幸せな生活になったんだろうなあ。

 

ガリガリのまま棄てられていたヨーキーちゃんも、まさにこれからが幸せな第二の犬生。

 

想像しただけで、こちらもとっても幸せな気持ちになりました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

サンちゃんにごめんねって謝ったかみさん

  • 2018.01.20 Saturday
  • 00:42

今日は今年初めてのギター教室。

 

本当はお正月早々に授業があったのだけど、私がすっかり忘れていて無断欠席してしまったんです。

 

なので、この日は遅い「おめでとうございます」の挨拶で始まりました。

 

課題は、Let it beの後半部分のギターのオブリガート。

 

歌いながら演奏する部分なのですが、知り合いのプロミュージシャンからは「それは無謀」と言われているところです。

 

それも完全なソロ部分と違って、裏拍から入るところが多くて、拍の感覚が苦手な私はどうしても遅れてしまったり、早く入り過ぎたりとヘロヘロ。

 

でも、先生は発表会まではまだ時間があるから頑張ってみましょうと励ましてくれます。

 

今日のレッスンで少し感覚がつかめてきたのであきらめずに頑張ってみようと思います。

 

 

今日は保護犬のヨーキーちゃんが正式に里親さんに譲渡されました。

 

里親になったかみさんの手芸教室の生徒さんにヨーキーちゃんを紹介したのは私達夫婦だったということもあって、嬉しさも一際です。

 

一方で、あまりの可愛い姿の写真を見てちょっとジェラシーも感じてしまいました。

 

26993769_2263111560582537_7327303377126483120_n.jpg

 

これなら我が家でこの子ももらって、三兄妹になっても良かったのになんて思ってしまいました。

 

来週はこの子を数時間預かることになっているので、本当に誘拐してしまいそう。

 

保護された時は骨と皮だけだったヨーキーちゃんですが、今ではふっくらして本当に可愛くなりました。

 

25398805_2245088675718159_3313411985967658259_n.jpg

 

 

 

今日は近くのイタリアンにライブ後の打ち上げ宴会の下見を兼ねて夕食に出掛けました。

 

ここに行くのは初めて。

 

町内会長夫人から「いいお店ですよ」と勧められていたのですが、彼女から「ピザのお店」と聞いていたのでピザがあまり好きではない私達の足はそこに向かうことはなかったのです。

 

でも、今回のライブメンバーとの打ち上げはいつも同じ中華料理店。

 

激安だし、若い人の胃袋にはちょうど良いと思ってそこにしていたのですが、流石に6回目もそこだと彼らも飽きているだろうと思います。

 

それで、ものは試しと行ってみました。

 

行くと、お値段は手ごろだし味もグッドでボリュームたっぷり。

 

ピザも出たけど、お肉や前菜、パスタなんかも出るので、若い人にはピッタリです。

 

もっと早くここに来ていれば良かった。

 

やっぱり人の言うことは適当なことが多いから、自分の目と口で確かめてみなければなりません。

 

ここは「ピザのお店」ではなく、「ピザも美味しいお店」だったんです。

 

 

かみさんとの食事の話は、そのヨーキーちゃんのことばかり。

 

保護ママさんのSNSにアップされた可愛い写真をみながら話が弾みました。

 

でも2.5キロしかないヨーキーちゃんをうちで迎えていたら、9キロ近いキュート君と一緒に遠くまでお散歩には行けなかっただろうから、やっぱり4.6キロのサンちゃんで良かった。

 

食事中に、保護ママさんから里親さんを紹介したお礼のLineが入ってきました。

 

 

 

家に帰ってから、保護ママさんのホームページを更新してあげました。

 

先日も更新したばかりなのですが、実はその更新した当日にホームページを見た地元媒体の記者が、保護ママさんの特集記事を書いてくれることになったとのLINEが来ました。

 

媒体で取り上げてもらえれば保護犬活動の認知も大きく進むはずです。

 

ちょうどタイミングよく更新してあげることができて良かった。

 

もし記者が半年も更新してなかったホームページを見ていたら特集記事を書こうとも思ってくれなかったかもしれません。

 

私なんかでも多少は保護犬活動に役に立てたかと思うと、それも嬉しかった。

 

 

娘のカフェに置いてある保護犬募金箱にもお金を入れてくれる人が数人出て来ました。

 

保護犬を飼っている人も賛同して寄付してくれたそうです。

 

 

ワンコを捨てたり、無謀な運転をしたり、政治に無関心な人がいたりと、本当にこの国は壊れかけているのではないかと案じていましたが、他方でこんな優しい人もいるんだと知って少し安心しました。

 

 

ヨーキーちゃんのあまりの可愛さにちょっと心が揺れたかみさんは、家に帰ってからサンちゃんを「ごめんね。やっぱりサンちゃんでよかったよ」と抱きしめていました。

 

サンちゃんもとっても喜んでいました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM