国防費よりも治水事業に金を使え

  • 2020.07.07 Tuesday
  • 23:23

テレビではずっと洪水災害のニュースが流れています。

 

コロナで経済が低迷している中で、さらに店舗や住宅を失った人をみると本当に気の毒だと思います。

 

若い人ならやり直しもできるでしょうが、私の様に歳を取った人はもう一度やり直そうという気力が残っているのでしょうか。

 

私の郷里、富山では一級河川が7つもあり、暴れ川と言われる常願寺川を中心に何度も洪水や土石流が起こったそうです。

 

私の実家はその常願寺川と、イタイイタイ病で有名になった神通川の真ん中。

 

亡き父は今の家を建てる際に、水害を避けるために小高い台地を選んだそう。

 

幸い、私が生まれて以降一度も水害被害はありませんが、富山県の長年の治水対策が功を奏していたのだろうと思います。

 

治水事業は様々な課題があってなかなか有効な対策はないとのこと。

 

自民党支持の人達は、今回の水害を「民主党時代に脱ダム宣言などいい加減なことを言ってきたからだ」と言っている様ですが、ダムも決して治水の決め手ではなく、河川の底を掘る浚渫(しゅんせつ)、川幅の変更、流れの変更など様々な対策を総合的に講じなければならないと言われています。

 

その他の治水事業を推進してこなかった自民党が、こんな時に民主党を批判するなんて人間性も頭の中身も疑ってしまいます。

 

そもそも沖積層(山から河川が土砂を運んできてできた地層)がほとんどの日本では、根本的に洪水を防ぐことはほぼ困難だとも言われています。

 

抜本的な対策は、水没するような土地には住まないことぐらいだそうです。

 

中国でも、黄河の流域で農業はさせるが、住むところは遠く離れたところだと命令されていたそうです。

 

今の日本でそれができるかどうか。

 

ただ、イージスアショアやF15戦闘機を爆買いし、莫大なお金をかけて米軍の為の基地を辺野古に作るくらいなら、それらの予算を治水事業に使えばいいのにと思います。

 

北朝鮮や中国が日本に攻めてくるリスクと、自然災害のリスクとどちらが大きいかは言うまでもないでしょう。

 

一方で、中国の香港支配には暗鬱たる気持ちになります。

 

20年ほど前に香港旅行した時に、ホテルの大理石の階段で足を滑らせて膝を怪我し、車椅子に乗って帰国したという苦い思い出がありますが、そんな中でもとっても親切で優しい男性ガイドさんに多大なお世話になったことは良い思い出です。

 

彼は、中国と言う単語を使うのをとても嫌い、中国語を話すから中国人と同じだと言われるのがとても嫌だと言っていました。

 

そんな彼は、香港をとても愛していてお国自慢も凄かった。

 

私も白人国家に旅行した時よりも、香港に旅行した時の方が楽しかった。

 

そんな当時の香港が無くなってしまうのはとても残念です。

 

そんな中国が日本を侵略するのではとの懸念はもちろんないことはないけど、どの道、現代社会では武力でそれを解決することはほぼあり得ません。

 

まどろっこしいけど、双方の国民の文化交流と、政治家同士の話し合いしか解決方法はないと思います。

 

国防費にお金を使うくらいなら、治山治水事業にもっとお金を使うべきです。

 

その点でも、米国の言い成りになっている安倍政権には一刻も早く退場してもらいたい。

 

彼は外交力が自慢らしいけど、米国の言い成りになって貿易協定を結び、武器を爆買いしてトランプ氏と表面的に仲良くなったこと以外、良くなったことは何一つありません。

 

拉致被害者問題、北方領土問題、そして日米地位協定問題など・・・・

 

今回の東京都知事選で、安倍と根っこが同じ(極右思想の)小池が楽々当選したことには大いに失望しました。

 

こんな政治家を選んでいる限りは、我が国は自然災害でさえ抑えることはできそうもありません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

日本にはウソが蔓延

  • 2020.07.06 Monday
  • 21:59

相変わらず我が国にはとんでもないアホとウソつきがいます。

 

関東圏から地方に来てコロナをまき散らす輩です。

 

そいつは有名なユーチューバーだそうで、地方のレストランで懇親会を開いてファンと握手をしたり、パチスロをやっていたらしい。

 

そんな人間だからキャバクラか風俗で感染したんでしょうが、少なくとも報道では感染源は明らかにされていません。

 

ウソをついている可能性大です。

 

アホはまだしかたがないとしてもウソはいけません。

 

そして、その地方では陽性患者が複数名発生。

 

その他にも、新宿、池袋ではホストクラブやキャバクラでコロナ感染が蔓延しているそう。

 

日本人は同調圧力が強いから、休業要請、外出自粛要請が強制力や罰則規定がなくても守られると言われているけど、そこからはみ出した大バカが一定数存在します。

 

 

アホは国民にも権力者にもいるのが国家というもの。

 

だから国民を縛るために法律があり、権力者を縛るために憲法があります。

 

ところが安倍一味の様に平然と憲法、法律を破り、ウソをつき通す輩がいるから、国民も真似をして法律違反をし、ウソをつきます。

 

 

先日、我が家の傍の道路でJeepが一旦停止不履行でパトカーに捕まりました。

 

ところが若い男性ドライバーは、

 

「一旦停止をした」

 

と言い張ります。

 

私も見ていたのですが、確かに多少の徐行はしていたけど間違いなく一時停止はしていません。

 

それでもドライバーはやっていないと言い張ります。

 

本当に見苦しい。

 

私も若い時に何度か交通違反で切符を切られて、警官に抗議や言い訳をしたことがあるけど、ウソはつきません。

 

「そこで見ているのだったら、事故の未然防止の為に街頭指導をすればいい」

 

「パーキングメーターが僅か10分過ぎただけで取り締まるのか。周りにはパーキングメーターのないところに沢山駐車違反のクルマがいるのに」

 

などと文句は言いますが、ウソはつきません。

 

大好きだった祖母から、ウソをついてはいけないと教えられたからです。

 

 

ホストクラブやキャバクラで感染したと疑われる人たちは、決してそれを話したがらないそう。

 

つまりウソをついています。

 

日本人がみなウソをつかなくなれば、感染拡大も防げるし、犯罪も少なくなるはずです。

 

でも、総理大臣が見え透いたウソをつく日本ではそれは期待できないでしょう。

 

アホはまだ許せるけど、上手にウソをつく輩はいけません。

 

安倍が政権についてからますます日本にはウソが蔓延してしまいました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

豪雨、コロナ禍で外出が出来ない時は楽器演奏がストレス解消になる

  • 2020.07.04 Saturday
  • 21:59

今日も東京で131人の新規感染者、全国では261人。

 

加えて熊本、鹿児島では豪雨被害。

 

さらにこの頃あちこちで大きな地震が頻発。

 

そして昨年10月の消費増税で経済はガタガタで更にコロナ禍でリーマンショックを超えるマイナス景気。

 

日銀短観も最悪の状況を示し、さらにGPIFの年金運用はとんでもないマイナス。

 

一体、日本はどうなってしまうんでしょうか。

 

 

午前中は晴れ間を見つけて愛犬達とお散歩へ。

 

不安なことが続く中だけど、無邪気に散歩を楽しむ愛犬達の姿を見るとその間だけでも不安を忘れることができます。

 

午後からはかみさんが大ファンのバイオリニストさんのYouTubeライブがあったけど、今日のピアニストさんは典型的なジャズ系。

 

クラシック出身のバイオリニストさんがジャズをはじめいろんなジャンルの曲をこなすのは凄いなあと思うけど、ジャズが嫌いな私には大いに不満でした。

 

なので本日の投げ銭は無し。

 

来週はクラシック系のピアニストさんとのライブが控えているので、投げ銭はその時までにとっておくことにしました。

 

 

今日は我が家の音楽室にあるかみさんのエレクトーンで、昨日のソルフェージュ教室で上手く出来なかったピアノの初見練習をしました。

 

39歳でピアノを始めてバイエルを習っていたころのことを思い出しました。

 

簡単な譜面だけど、ト音記号とヘ音記号の両方の音符を見ながらブラインドタッチで鍵盤を弾くのは結構頭の体操になっている様な気がします。

 

その後は、ギターで様々なコードトーンの練習。

 

1.3.5.7、1度と声に出しながら弦を弾きます。

 

3,7度はメジャーでもマイナーでも3,7と声に出すのですが、いろんなコードトーンを練習していると特に7度のところで間違えやすい。

 

そして下降のところでは、1,7,5,3、1度となるのだけど、これがどういう訳か上向時よりも難しい。

 

こちらも頭の体操になっている様な気がします。

 

 

ピアノもギターもあまり曲を弾かずに基本練習をしているこの頃ですが、ボケ防止と思えばこれも良いもんだと思い始めました。

 

60を過ぎて果たして初見や即興で演奏ができるようになるのかは分かりませんが、いつの日かそんな演奏ができる自分の姿を夢見て頑張ろうと思います。

 

なによりも、豪雨、コロナで外出が出来ない時には大いにストレス解消になりますからね。

 

遊びを要求したり、べたっとくっついてくる愛犬達も私がギターを弾いている時は、傍でおとなしくしてくれています。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

大人が楽器を学ぶ上での課題

  • 2020.07.03 Friday
  • 23:33

今日は午後から雨との予報なので、午前中に愛犬達と散歩へ。

 

かみさんが郵便局に用事があるというので一緒に出ました。

 

涼しくて気持ちが良かったのでもっと沢山歩いても良いかなあと思ったけど、雨がポツリ。

 

ちょっとだけ歩いてお散歩はおしまいにしました。

 

 

午後からはソルフェージュ教室。

 

先生は前回の初回レッスンの結果で私のレベルは「まずます」と判断してくれたそうで、小学校低学年のテキストではなくて、ちょっとだけ難しいレベルの拍打ちのテキストを自作してくれていました。

 

IMG_1778.JPG

 

ところが裏拍やシンコペーションが沢山あるとやはり私にはハードルが高い。

 

なんども直されながらようやくクリア。

 

次はピアノ初見。

 

これも久しぶりに見るヘ音記号の譜面をブラインドタッチで両手で弾くのは難しい。

 

これらを10分やってから、5線譜読み。

 

こちらもト音記号は完ぺきだけど、ヘ音記号のドから下を瞬時に読むことができず間違えたり遅れたりしてしまいます。

 

30分のレッスンで汗びっしょりになりました。

 

やはりピアノをやめて10年のブランクは大きい。

 

 

それにしても大人のピアノ教室やギター教室では、楽典やソルフェージュを学ぶことはほとんどありません。

 

基本ができていないままでショパンを数曲演奏できるようになっても初見で簡単な曲すら弾けなかった私には、そうした基本が極めて大事だと思うんですけどね。

 

どうも小さい頃から音楽をやっていて自然にリズム感や読譜能力が身についている先生たちには、楽典やソルフェージュはわざわざレッスンするものでもないと思っているんじゃないかな。

 

まあ、私が通う音楽教室ではようやくそれに気が付いて大人のソルフェージュクラスを設けてくれたから良かったですけどね。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

コロナのせいでワンコ友達ができる機会も無くなった

  • 2020.07.02 Thursday
  • 23:20

藤井聰太さんの活躍凄いですね。

 

息子も小学校低学年の頃は将棋が強くて、5,6年生に交じって地域の大会で優勝したり、新聞社主催の大きな大会で優勝したりしていました。

 

藤井さんの活躍を見ていて私が、

 

「親は嬉しいだろうなあ」

 

と言うと、かみさんは、

 

「嬉しいよりもドキドキしてしまう」

 

だそうです。

 

この辺は、父親と母親の違いかもしれませんね。

 

 

そして今日の新型コロナの新規感染者数。

 

すぐそばに感染爆発が迫っているのではと心配です。

 

それでも政府も東京都も経済優先に舵を切ってしまったためか有効な手立てを打とうとしません。

 

もう行政は当てにせず、自分自身で自分の家族を守るしかありませんね。

 

 

今日はギター教室。

 

もちろんマスクをして、ベルトには携帯用のアルコールジェルを着けて出かけました。

 

エスカレーターやエレベーターに乗るときにはもちろん手摺には触らないし、建物を出る時はアルコールジェルで手と顔の周りを消毒します。

 

レッスンの待ち時間にはピアノを弾いて遊んでいることもあったのですが、今では触らないようにしています。

 

今日は先週貰った二枚目の楽譜で演奏。

 

譜面はとても簡単なのだけど、やはり右手の親指と人差し指でピックを持って、さらに他の3本指も使って弦を弾くというのはかなり難しい。

 

ピックを使わずに4フィンガーで弾くと何と言うこともない曲なのだけど、先生から指示された奏法は大変。

 

IMG_1777.JPG

 

先生曰く、こうした奏法も技術の幅を広げる為なので頑張って欲しいとのことですが特に普段使わない小指が痙攣しそう。

 

他方で弦を押さえる左手は人差し指、中指、薬指をメインで使って、小指はあくまでも予備的存在というのだから話がややこしい。

 

ピアノだと、左右とも小指を使うことが多いのだけど、その点でもギターはピアノとは全然違うってことですね。

 

 

それからコードトーンの3度の音をどの弦で弾くのが良いのかを教わりました。

 

長3度は無条件に一つ下の弦の1フレット上を使えば良いのだけど、短3度の場合は1度と同じ弦か、下の弦を使うか迷ってしまうことがあるからです。

 

特に決まりはないけど、3度の次の音が何かによって変えなければならないとのこと。

 

これも鍵盤上で同じ音が一か所しかないピアノと比べてギターのややこしいところですね。

 

うーん、ギターを学べば学ぶほどピアノの方が楽だなあと思ってしまいます。

 

それとピアノの場合は鍵盤の大きさが決まっているけど、ギターの場合はギターによってフレットの長さが違うからブラインドタッチも難しい。

 

先生も使い慣れたギターでないとブラインドタッチが難しいので、大きくフレット移動する時は3,5,7,9フレットに打ってある目印を目で追うしかないのだそう。

 

今の課題曲は1フレットから8フレット迄の跳躍箇所が沢山あるから、楽譜を見ながら演奏するのも大変。

 

なかなか一筋縄ではいかないものですね。

 

 

夕ご飯をいただいて外が涼しくなってから愛犬達をお散歩に連れて行きました。

 

途中で沢山のワンコ達とすれ違いました。

 

その度に愛犬達も向こうも吠えるので大変です。

 

雨が降ったり、日中は蒸し暑い等の理由で、夜のお散歩に出かける人が増えたんでしょうね。

 

私に話しかけたそうな人が何人かいましたが、こんな時期だから他人様と会話することは避けた方が無難。

 

コロナのせいで、ワンコとの散歩で知らない人と知り合いになる楽しみも無くなりました。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログへ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

AD

ad

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM