移行時の不協和音も着地点がきれいなら味わい深い

  • 2018.05.25 Friday
  • 22:12

今日はギター教室。

 

楽器店に着くとマンドリンが大量に展示してあります。

 

この楽器店では、時々こうして特定の楽器を集めたフェアをやっていて面白い。

 

興味深く眺めているとスタッフから声をかけてもらえたので、いろいろと話を聞かせてもらうことができました。

 

マンドリンは弦が8本。

 

同じ音の弦が二本つづ、4組あります。

 

スタッフさんはその中の150万円の上級品を取り出して試弾を勧めてくれました。

 

ところが、指板の幅がとても狭いし、張力がかなり強い。

 

上手く音が出せない私に代わって、スタッフさんはそのマンドリンを使って演奏してくれましたが、なかなかの音量があります。

 

ボディーの投影面積はギターと比べて小さいけど、厚みがあるので大きな音がでるんだそう。

 

ただ、そのRが多用してあるボディーの製造が全て細かい板を曲げた手作りなので、ギターと比べてかなり高価。

 

一番安いものでも18万円程で、50万円位が最多価格帯。

 

コンサートなんかで時々見かけるマンドリンだけど、生まれて初めて触ることができて面白かった。

 

 

教室に入ると、先回に続いて先生はWhile my guiter…のやる気満々。

 

今日もエレキではなくアコギを持参したのだけど、殆どの時間をストロークでコードをかき鳴らす練習になりました。

 

ソロに嵌りつつある私は、コードをかき鳴らすだけの演奏はつまらないのですが、今日は収穫がありました。

 

それは「移行音」の重要性。

 

あるコードから次のコードに移る時に、すばやく移動して汚い音がでないようにするのが正しいと思っていたのですが、それだと演奏でもっとも大事なリズムが一瞬だけど途切れてしまって音楽ではなくなってしまうんだそうです。

 

だから次のコードに移る時に、左手が指板を離れて不協和音になっても気にせず、そのまま右手でリズムを崩さない様にストロークを刻むのがギターの正しい演奏法なのだそうです。

 

但し、移行後に次のコードをきれいに正しく音を出すことが肝心で、これができれは不協和音の移行音すらもきれいに聴こえるんだそうです。

 

そしてそれがピアノなんかではできないギターならでは味わいなんだそう。

 

 

ということで、今日はWhile my guiter…でリズムを崩さずに移行音をきれいに出す練習。

 

左手が指板を離れてた一瞬の間も、右手のストロークをリズムを崩さない様に鳴らすのはなかなか違和感がありましたが、先生の見本演奏を聴きながらやっていると徐々に感覚がつかめてきました。

 

それはCDなんかで聴くギターストロークの音色そのものです。

 

うんうん。勉強になりました。

 

 

先生は来週からレスポールのエレキギターを持って来てくださいと言います。

 

発表会まではまだまだ時間があるけど、While my guiter…のギターソロの部分はかなりのハードルなので早めにやり始めて欲しいそうです。

 

そしてこの楽曲に必須のエフェクターを購入して持ってきて欲しいそうです。

 

chorusという音色のものだそうです。

 

手持ちのアンプでもchorusモードはありますが、演奏の途中で切り替えるには別売りのエフェクターが必須だそうです。

 

それはその楽器店でも売っていますが、価格は1〜3万円。

 

先生は中古の楽器店で5千円程度で売っているはずなので、あちこちのお店を覗いてみるようにアドバイスをもらいました。

 

 

ギターを習い始めて4年経ちますが、ここに来てようやく上級曲をエフェクターも使って取り組むようになるんだなんてなかなか感慨深いものがありました。

 

 

ところで、今日ようやく籠池夫妻が仮釈放されましたね。

 

右翼かぶれのとんでもないおやじだったけど、尊敬していた極右の安倍さんに裏切られてからは正気に戻ったと菅野完氏語ったと言われる籠池氏。

 

これからは、まともな政治を取り戻すためにあの独特なキャラを活かし、安倍さんの悪事を暴くのに尽力してくれることを期待したい。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

イメージダウン、イメージアップ

  • 2018.05.25 Friday
  • 00:29

知り合いの弁護士さんの出身校は日本大学。

 

奥さんは、旦那さんが日大卒だということを隠したくて、出身校を聞かれると「東京の大学です」と答えていました。

 

確かに私の学生時代は、「ポン大」と呼ばれた低偏差値校。

 

私の年代プラスマイナス20年程度の人にとっては、三流大学というイメージがありました。

 

でも、最近では当時よりもいい学校になったと言われているし、そもそも社会に出れば東大だろうが日大だろうが関係ありません。

 

それでも、アメフト問題で酷い記者会見を世間の前で晒してしまって、冒頭の弁護士さんのように日大出身であることを隠したがる人が増えるかもしれません。

 

以前良く自宅に来ていたメガバンクの支店長は成蹊大学の出身。

 

彼も、尋ねもしないのに「自分は低偏差値の成蹊大卒で、同じ大学の先輩の安倍さんもアホなので皆さんに迷惑をかけています」とことあるごとに話していました。

 

そんなこともあるのだから、同窓の人達が卑屈な思いをしない為にも、日大の元監督も安倍さんも、ウソをつかず、正々堂々とした姿を見せて欲しいものです。

 

 

今日はお天気も良く、いつもの公園まで愛犬達を連れてお散歩。

 

公園のベンチで読書をしている間、愛犬達は私の隣に大人しく座って寛いでくれました。

 

この時間が定年後の私にとっては至福の時です。

 

 

持って行った本を半分ほど読み終えるともう11時半。

 

そのまま行きつけのドッグカフェでランチをいただくことにしました。

 

ランチを頂いて会計をしていると、そこにトイプードルを連れた女性が寄って来て、愛犬達と仲良くさせようとします。

 

ところが、キュート君はトイプーが大の苦手。

 

なかなか美人の女性には鼻を寄せて行きましたが、トイプーが寄ってくるとワンワン。

 

なんでもキュート君の真似をするサンちゃんも一緒にワンワン。

 

せっかく話しかけてもらったのだけど、どうしてもトイプーが嫌いな愛犬たちなので仕方がありません。

 

適当に会釈して早々にお店を後にしました。

 

 

それにしてもトイプーの多いこと、多いこと。

 

公園に行ってもトイプー比率は3割はあるし、近所を散歩しているトイプーも多い。

 

やっぱり人気犬種なんでしょうね。

 

 

先日、保護ママさんにレスキューされたトイプーちゃん。

 

あっという間に里親希望者が数人現れて、今日からトライアル。

 

他にもチワワやパピヨン、雑種の保護犬達が里親さんを待っているのだけど、希望者がなかなか現れず、一番後に来たトイプーちゃんが先に里親さんが決まりそう。

 

頭が良いトイプーはその分躾が難しくて大変なのだけど、そんなトイプーは保護犬でも一番人気。

 

そして、雑種はどうしても里親が見つかる可能性は低くなってしまいます。

 

 

我が愛犬のキュート君も雑種。

 

流行り言葉で言えばミックス犬です。

 

でも、どこに行っても可愛いと言われるのは雑種のキュート君。

 

シーズーのサンちゃんも可愛いけど、初めて会う人は誰もがキュート君の方に興味を持ってくれます。

 

 

雑種は遺伝子的にも丈夫で病気に強いと言われているし、何と言ってもお利口さん。

 

腕白なサンちゃんにも寛容な優しい心を持つ自慢の長男坊です。

 

だから、キュート君には、雑種の保護犬達の為にも頑張って雑種のイメージアップを図ってもらわなければなりません。

 

日大や成蹊大のようにたった数人の為にイメージを悪くしない様に、キュート君の役割は重大です。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

ウソ

  • 2018.05.24 Thursday
  • 09:44

大好きだった祖母から「ウソはいけないよ」と教えられた私。

 

ウソも方便という言葉があるくらい、うまく世渡りをするには時にはウソも必要なのだろうけど、私にはウソがつけません。

 

中学1年の時、女子生徒の教科書がなくなり担任の男性教師から「お前がやったんだろ。正直に言え」と言われました。

 

やっていない私は「絶対に私じゃありません」と言いましたが、その教師は「ウソをつくな」と言います。

 

祖母からウソはいけないと教えられて育った私はこの言葉に大いに傷つきました。

 

中学入学時にはトップクラスだった成績は、その教師への反発もあってほぼビリまで下降しました。

 

 

今の我が国はウソだらけ。

 

安倍さんはあれほど証拠が出そろってももりかけへの関与を平然と否定し続けるし、日大アメフト部の監督・コーチのうそだらけの記者会見も醜悪そのもの。

 

日本のリーダーであるべき安倍さんが平然とウソをつき続けて国民がそれを許していることが、日大にもなんらかの影響を与えたのでしょうか。

 

 

平然とウソをつく理由の多くは、お金の為、地位の為、名誉心の為。

 

そんなものは幸せな老後に必要ではありません。

 

貧しくても、社会的地位がなくとも、名誉が無くても、家族があって、愛犬がいて、音楽があればそれで十分です。

 

昨夜は私達夫婦が大ファンのバイオリニストさんのライブを聴きに行きました。

 

テナントビルが主宰するライブは入場無料でした。

 

始まる前にトイレに行くと、そこで突然バイオリニストさんから声を掛けられて握手を求められました。

 

「響きが良いので期待してください」

 

と言われました。

 

演目には私が大好きな「カッチーニのアヴェマリア」と「ハンガリアン舞曲」もありました。

 

何度もブラボーしました。

 

ウソだらけの日本にげんなりしていた心もきれいに洗い流されました。

 

 

帰りは、ラーメン店で食事をしました。

 

安上がりで粗末な夕食ですが、ライブの余韻に浸りながらかみさんと感想を語り合ってとっても幸せでした。

 

家に帰ると、愛犬達が飛びついて来てくれました。

 

 

老後の幸せには、お金も地位も名誉も必要ありません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

平然とウソをつき続ける日本の総理大臣と、可愛いワンコを平気で遺棄する国民

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 22:26

愛媛県が国会に提出した加計学院側との打ち合わせ議事録の全文。

 

これほど決定的な証拠が出ても、いまだに逃げようとしている安倍さん。

 

これまで国民にウソをつき続けてきたから、今更認めることはできなくなってしまったのだろうけど、ここまで証拠が揃ったのだから「容疑者否認のまま裁判に…」とでもならなければ、本当に日本はお終いです。

 

いまだに安倍内閣の支持率は38%もあるというのですから、38%の国民はいったいどんな神経をしているんでしょうか。

 

 

先程、私が更新のお手伝いをしている保護ママさんのホームページの管理者ページを開くと、こんなメールが。

 

「経済的事情で飼い犬が飼えなくなりました。よろしくお願いします。勝手な言い分で申し訳ありません」

 

メールアカウントを見ると、携帯電話キャリアのメール。

 

アカウントを見ると、激安キャリアのものではなく、第一種通信事業者のもの。

 

これがスマホなら月に8000円は掛かっています。

 

経済的事情でワンコを飼い続けることができないという前に、なぜ携帯電話を解約しないのか。

 

保護ママさんが、どんな返事をしているかは私にはわからないけど、腹が立って仕方がありません。

 

自分が病気になったとかならまだ分からなくも無いけど、経済的事情でというのは許せません。

 

 

昨年12月に保護犬のサンちゃんを我が家に迎え、保護ママさんのホームページのお手伝いをするようになってから、こうした保護犬が沢山いることが分かりました。

 

当地ではペットショップやブリーダーの遺棄も多いけど、個人による遺棄も相当数あります。

 

人気のない山中に遺棄されていたサンちゃんは、食べ物も無く真っ暗な夜に一人ぼっちで捨てられてどんなに不安だったことか。

 

公園に捨てられていた知り合いのヨーキーちゃんは、どんなに飼い主が恋しくて、お腹が減って辛かったことか。

 

 

たかが犬と思う人も沢山いると思うけど、ワンコは話すことはできないけど喜怒哀楽の感情は人間と変わることはありません。

 

私が熱を出して寝ている時には、そっと背中に寄り添ってくれて身体を暖めてくれます。

 

旅行に連れていくと、クルマの中でも旅先でも本当に嬉しそうにしてくれます。

 

そしてワンコは決してウソはつきません。

 

悪戯してモノを壊した時に、「こら、誰がやったの?」と言うと、目の前に座っていかにも申し訳なさそうに首をうなだれます。

 

お散歩に行くよと言うと、尻尾をブンブン振って喜びます。

 

「犬」という言葉はいい意味に使われないことも多いけど、少なくとも国民の前で平気でウソをつき続ける誰かさんより、ワンコの方がはるかにまともです。

 

 

今日は旅行疲れもあって旅を思い出しながら幸せな気分で昼寝していましたが、安倍さんの厚顔無恥な態度、保護ママさんへのメールで気分が悪くなってしまいました。

 

ウソをいっぱいついた人は老後もずっと後悔することになるし、愛犬を遺棄した人は死ぬまで後悔しながら生きていくことになることが分からないんでしょうか。

 

こんな政治、可愛い飼い犬を遺棄する様な社会を放置しておけば、日本の未来は真っ暗です。
 

・・・・・・・・・・・・・

良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

母の日のお祝いとサンちゃんの誕生祝いで無銭の小旅行

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 00:51

今日まで二泊三日の小旅行。

 

先日退院した母にちょっと遅い母の日のプレゼントと愛犬サンちゃんの1歳のお誕生日祝いを兼ねたものです。

 

土曜日の夕方に家を出て、深夜に実家に到着。

 

この日は全国的に寒くて、途中のパーキングに寄ると気温は僅か5度。

 

折角の小旅行なのにと思っていたけど、翌日からは晴天。

 

 

朝は世界で一番美しいと言われる富山環水公園にあるスタバに寄りました。

 

IMG_4448.JPG

 

ワンコ連れで来ている人も沢山いました。

 

ウサギを連れた人もいてびっくりしました。

 

IMG_4449.JPG

 

IMG_9157-01.jpg

 

公園は運河の水と芝生だけの落ち着いた雰囲気で、ワンコが散歩するにもとっても良い所です。

 

IMG_9149-01.jpg

 

かみさんは、いろんなお花が咲いている公園の方が良いと言いますが、私はシンプルな風景のここの方が好きです。

 

ただし、ベンチが置いていないのでお散歩に疲れたらベンチに座って本を読むということができません。

 

でも、そんな野暮なものがなくても敷物を持って行けば芝生の上に座ることもできるし…と思い直しました。

 

 

珈琲を頂いて少し散歩を楽しんでから、母の住むサ高住へ。

 

部屋に行くとベッドは空なので、談話室に行くと沢山のご老人に混じって母が座っていました。

 

母は私の顔を見るなり、

 

「どっか行こう」

 

と言います。

 

つい先日、高熱が出て救急車で運ばれた母ですが、すっかり元気を回復してくれたようです。

 

早速車椅子のまま駐車場に出るとかみさんが母の日のプレゼントを持って出迎えてくれました。

 

IMG_9160-01.jpg

 

母はお土産のお菓子を早速1個出してペロリ。

 

そのまま車に乗って、ワンコも入れるカフェに向かいました。

 

昨日の気温ならとっても無理だったけど、この日は暖かくてテラス席でも快適。

 

IMG_9162-01.jpg

 

余り食欲が無いから軽いもので良いと言っていた母ですが、ボルシチを一人前ペロリ。

 

IMG_9169.JPG

 

私とかみさんはオムライスをとりましたが、これがハズレ。

 

IMG_9168.JPG

 

卵にご飯とたっぷりのチーズを入れたまま焼き上げたものでしたが、チーズの塩味が強すぎたし、卵が焼き過ぎで固い。

 

滅多に残さない私とかみさんですが、1/3程残してしまいました。

 

次来た時にはボルシチにしようと思います。

 

 

母はサ高住のヘルパーさん達になにかお菓子を買って行きたいと言うので、富山では有名なケーキ屋さんに寄ってお菓子を買いました。

 

サ高住に着くとクルマの中で、「あんたから、『母がお世話になっています』と言って渡され」と言います。

 

61になっても母は私を子ども扱いです。

 

母は、職員さん達に、

 

「これ私からのおみやげ」

 

「それからこのお花、息子の嫁さんが私に母の日のプレゼントだって言ってくれたの」

 

と嬉しそうに話します。

 

母と一緒にいたのは僅か3時間ほどだったけど、母は「とっても楽しかった」と言ってくれました。

 

愛犬達は、しげしげと母の顔を見続けていましたが、「なんでパパとそっくりのおばあちゃんがいるんだろう」と不思議そうに思っていたのかもしれません。

 

 

サ高住を後にして向かったのが、白山にあるホテル。

 

かみさんがワンコ雑誌の懸賞に応募して当ててくれました。

 

つまり、タダ。

 

ワンコの宿泊代は別に一匹1500円づつとられますが、私たちの分は飲み物代以外は全部タダです。

 

ただし、パンフレットで見たホテルはとっても素敵だったけど、実物はちょっとがっかり。

 

部屋は二室あって↓はその内の一室だけど、如何にもツアーバスの運転手用。

 

IMG_4485.JPG

 

それもワンコ連れが泊まれる部屋は一室だけで、それはバスの運転手用の部屋を改造したものだそう。

 

狭いし、安普請だし、いくらタダとは言え、ちょっと後悔。

 

だけど、囲炉裏でいただくお料理はなかなか美味しかった。

 

IMG_9172.JPG

 

ボリュームもたっぷりでお腹いっぱい。

 

だけど、腰が痛い私には座敷はかなり辛い。

 

坐骨神経痛が痛み出して食事は早々に切り上げました。

 

 

翌日の朝食は椅子席だったので助かりました。

 

雰囲気もなかなか。

 

IMG_4483.JPG

 

IMG_4484.JPG

 

78歳になるというお話し好きの仲居さんからいろんなお話も聞けて楽しかった。

 

どちらの食事会場もワンコは連れて入れないというのが私達最大の不満だったので、部屋の狭さもあってもう二度と行くことはないだろうと思いました。

 

でも、懸賞に当たった代わりに、写真を添えて感想を書かねばならないので、かみさんには上手く書いてくれるのでしょう。

 

食事とホテルの裏山のお散歩道と温泉ももまあまあだったので、それを書けばウソにはならないと思います。

 

IMG_9195.JPG

 

 

定年後の旅行はこれで8度目。

 

全て、愛犬も一緒のクルマを使っての旅行です。

 

かみさんが定年後の楽しみにしていた海外旅行には行けなくなったけど、国内でもまだまだ知らない所が沢山あるし、なによりも可愛くて堪らない愛犬達と一緒に行くのが楽しい。

 

 

次回の旅行はキュート君の誕生日前後か、家族記念日の前後。

 

それまで、私達家族も母も、そして愛犬達も健康でいられることを祈っています。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 国民のことを真剣に考えてくれる政治家を選びたい
    porter (04/28)
  • 国民のことを真剣に考えてくれる政治家を選びたい
    鳳凰 (04/28)
  • 幸せそうな老いた男性と老犬
    porter (04/05)
  • 幸せそうな老いた男性と老犬
    sara (04/05)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    porter (03/22)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    porter (03/22)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    鳳凰 (03/22)
  • 人生はやり直しがきかないけど、新しい人生を始めることはできる
    北の国から (03/22)
  • 加計問題でも公文書偽造発見
    porter (03/11)
  • 加計問題でも公文書偽造発見
    鳳凰 (03/11)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM