疑惑が拭えない北朝鮮のミサイル技術

  • 2016.08.24 Wednesday
  • 09:12

今朝、北朝鮮が潜水艦から弾道ミサイルを発射するという衝撃的なニュースがありました。

 

北朝鮮は、核濃縮技術を持って核爆弾を作ったり、大陸間弾道ミサイルを作ったりしていますが、どうして欧米各国との技術交流のないはずの北朝鮮がそうした技術を開発できるのか、とっても不思議です。

 

 

トランプ氏は、「ISを作ったのはヒラリーだ」とまくし立てました。

 

これをトランプ氏の暴言であると簡単に片づけられる話ではありません。

 

ネット上ではそれなりに教養も知見もある人が、ISと米国の軍産複合体が実は一体であることを指摘し、マケイン上院議員等はISの幹部と一緒にいる写真を暴かれたりしています。

 

9.11も米国の偽装テロだと疑われていて、その証拠もかなり出てきているし、9・11を発端としたイラク戦争については完全に米国の陰謀であることが明らかになっています。

 

大量破壊兵器も生物兵器も持たないイラクに、それがあるという調査をでっち上げて主権国家であるイラクに攻め入り、侵略したのはどう見ても米国の石油利権と征服欲によるものとしか思えません。

 

ところがこれだけ明白な事実が出てきているのに、国際社会は米国を追求することなく、真相は謎のままです。

 

トランプ氏は、イラク戦争を起こしたブッシュ家のジェフブッシュに対しても、「その犯罪を暴いてやる」と言って早々に大統領予備選を撤退させましたが、今回のヒラリーに対するISとの関係を暴露しようとしたことも、その流れの一つでしょう。

 

 

これまで「陰謀論」と片付けられてきた様々な事件が、次々と本当のことだと暴かれてきているのですから北朝鮮の核・ミサイル技術も実は米国から流れているとの説も、あながち陰謀論と言う言葉で片付けられるものではないかもしれません。

 

なぜ、米国が北朝鮮に技術を供与するのか?

 

それは、日本や韓国の北朝鮮脅威論を煽り、ハイテク兵器を大量に購入させるためだと言われています。

 

 

安倍政権は我が国の社会福祉費用を削っても防衛費を増額し5兆円を超えてしまいました。

 

なんでも米国軍産複合体(知日派)の言いなりになっている安倍さんならではです。

 

核廃絶を訴えるオバマ氏が「核兵器の先制不使用」を唱えると、安倍さんは即反対し、国連の核廃絶決議にも棄権しました。

 

小泉元首相は、他国に先駆けて米国のイラク戦争を支持したし、安倍さんの祖父の岸信介の薫陶を得た自民党清話会の連中は、かようにことごとく対米隷属の政策を取り続けています。

 

 

「長い物には巻かれよ」「寄らば大樹の陰」という格言が示す通り、それが日本人の体質なのかもしれません。

 

しかし、

 

オリンピックの男子400mリレーで、日本は米国に競り勝ち銀メダルを獲得しました。

 

ボルトが出る前は、陸上短距離と言えば米国の独壇場でした。

 

その米国を日本が打ち破ったのです。

 

頑張れば米国にも勝てるということを4人の若者が証明してくれました。

 

 

日本が真の独立国として平和な国家を実現できるのは、我々老人がこの世を去って、シールズに代表されるような賢く勇敢な若者が日本の中心となって活躍できる時まで待たねばならないのかもしれません。

 

・・・・・・・・・・・・・
良かったら↓のアイコンをポチっとお願いします。
コメントも大歓迎です。是非コミュニケーションしましょう。
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

Check

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

AD

ADa

ad3

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM